◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2012年04月


地面に置いてあるボールを基準に
その高さを ゼロ とすると
クラブの種類や肉体的な多少の差はあっても
ヘッドの一番高くなる時の高さは2m50位になります

0⇒2m50⇒0⇒2m50

と考えると 大きくクラブを腕で動かさなければ
いけないような 錯覚 に陥りますが
実際には そうではありません。

この写真をご覧ください。

スナップショット 2 (2012-03-06 4-00)

スナップショット 7 (2012-03-06 4-02)

昨日の話 を思い出せば
こと上半身に関しては 変りはないのですが
地面基準にすると ヘッドの高さ変化が起っています。

この練習は脚のトレーニングが目的ですから
腕は殆ど動かしていない  にもかかわらず
この地面基準に対しては ヘッドは 靴の高さから
ベルト〜へその高さ まで 動いています。
この場合 1m20位の高さまで 高くなり
そして 靴~地面の高さ まで低くなっています。

しかし 動作として あげたり 下げたり
しているのではないことが分かると思います。

スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)スナップショット 2 (2012-01-10)


















この2枚の写真 インパクト付近〜フォロー ですが
これも 腕の動作として クラブを上げているのではなく
単に 前傾姿勢&向きの変更 が あるだけです。

慣性や構造上の特性を除けば
クラブの高さの変化 の主力エンジンは
前傾姿勢&体の向きの変更 によって起こるのです。

運動中 動作中に 前傾姿勢を維持しようと
意識するモノではありません。
正しい言い方をすれば 前傾姿勢を維持しなければ
ならない、維持してしまう脚の使い方を
憶えれば良いだけで ま どちらにしても
ヘッドの高さ変化を生む 主力エンジンは
体の向きを変える 脚の働き である

ということなのです。

本当は脚の仕事... 全部とは言いませんが
脚の仕事である クラブヘッドの高さ変化
部位として その対極にある 腕や手で
作ってしまったら 上手くいかない...


長い棒の先に 重さがあって
その重さは 全体の重さの6割〜7割もある。
しかも 先端の打撃部分は偏重した歪な形で
ルール上も構造上も 立体のある面でしか
打撃することが出来ないし 距離を打ち分ける
為の番手によるロフト構成の隣同士の差異は
3〜4度程度しかない。

脚に比べると 筋力も弱く クラブの不可抗力の
影響力を大きく受けやすい 腕や手で
運動させると 15キロ〜20キロ 相当の
負担になる ゴルフクラブを クラブヘッドを
上下に動かしてしまったら 上手く生かすのは大変。。。

筋力や体力があって 練習量豊富な状態であれば
維持できるかもしれないけれど。。。

009

出来る出来ないは別にしても
クラブヘッドの高さ変化は 腕ではしない
と考えてから スウィングを始めることのほうが
近道だと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

004

ブログ開設 記念

L字型ブリストルタイプパター


◆30本限定販売します◆

77b63111

刷毛塗、もしくはクラブのスライドで
ショット、ストローク出来る方には
史上最高のパターとなる筈 です

プロのような…
イヤ 
プロ以上の素晴らしいコロガリ
まさに 至宝のコロガリを生む自信作です

003

絶対にショートしない!
絶対届く! 必ず届く!
ストロークが小さく出来るから安定する!
自分の思った距離感を実践できる!
ゆっくりした転がりで遠くまで飛ぶ!
グリーン周りからのアプローチにも最高!
迷っても 
絶対引ける!
絶対 パターイップスにならない!

そして スウィング造りの切り札?!
かも知れません…
これが欠けているから出来ない??のかも…
スウィングの答えを出すために
待っているお客様も多数います。
002

お金を頂く側の人間が
こう言うのも申し訳ないのですが
(金額はお問い合わせください)
金額以上の代物です。
問い合わせ 046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

007


パター単品でも
こんなすごい
そして馬鹿げたパター
作る人間は後にも先にも
私だけでしょ…

でも… ストロークの
そして 
「ショット」
秘密をすべて詰め込みました
何よりも 重さ と言うモノが
ゴルフクラブの機能のすべてだ!
と身に染みるコトだろう

005


総重量は 650g強


Wニッケルメッキのサテン仕上げ

シャンパンゴールドです



長さは 31〜34インチ

ご指定下さい

 
お薦めの長さは 32.5インチ

短か目をお薦めします!


シャフトは完全オリジナル

このパター専用のグラファイトです
 で通常のパターシャフトよりも
アイアンシャフトに近く
かなりはっきりと手元を緩めています

約90g

色はアイアンのGSW5よりも

ややメタリックの強いシルバー


今回は スチール(アルミ製)シャフトも
ご用意いたします(140g)


シャフト硬さは

その方のセットに応じて

各人対応型-数種用意
スウィングウエイト 計測不能…


グリップはお好みで
ご指定下さい

003

サンプル
001

1.ロイヤル パフォーラップ 86g
巻の入ったオーソドックスな非常にソフトなラバー

2.ロイヤル スロットコード 82g(廃版)
コードが入っているけれど ソフトでスタンダードな全天候型

3.プライド ツアークラシックラバー 83g
正3角形の様な形状の生ゴムタイプです

4.ラムキンバドル ラバー 79g
パドル形状と言えば このグリップが始まり

5.ラムキンバドル コード 79g
かっちりしたハード目なコードです

其の他 お好みのパターグリップをご指定下さい


002

形状によって一概には言えませんが
重量が「太さ」の一つの目安です
一応 上から 太さの順?と考えてください


006





☆追記☆
お客様からご指摘がありましたが
このパターをキャディーさんや
人に手渡す場合
「重いからね」
と一言お声掛けください!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



こんな質問を頂きました。

ダフリが止まりません。

主な原因はダフリです。

トップからクラブを振り下ろしているからなのでしょうか?
ほとんどダフリます。
腕とグリップを自由落下させる感覚で
動かすことが必要なのでしょうか?

ダウンに入ると、上半身の右向きが解けてきますが、
トップで作ったディッシュアングルを確保しようとしても、

ヘッドの遠心力に負けて、ボールの手前に着地してしまいます。


クラブの動かし方(動かさない方法?)のイメージを教えてください。


スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)

何回かのシリーズで説明いたしましょう
是非 みなさま 参加して頂き どしどし質問して
疑問や矛盾を解いていきまひょ〜〜〜

まずは ボールの高さについての話です。

ボールは地面に置かれています。

ドライバーでティーアップをしても
せいぜい 6センチ程度の高さですから
ボールは一律地面 という感覚でいて下さい。

ボールを打つのは。。。 ボールに唯一触れられるのは
ゴルフクラブ。。。クラブヘッドです。

それは 腕で持っていて。。。
腕は 当たり前ですが 胴体から生えています。

さて そこで考えなければいけないのですが
ゴルフには 前傾姿勢 というのがあります。

ボールは地面、体で言うと足=靴 の高さにあるのですが
前傾姿勢の有る無し では 胴体(上半身)に
対しては違いがあるでしょうか

前傾姿勢の無い 直立の状態であれば
地面〜靴の高さにボールがあるのは 下半身に対しても
上半身に対しても 同じです。

しかし 前傾姿勢のある場合
下半身(脚)にとっては 地面〜靴の高さにありますが
上半身にとっては それと同じではありません。

少々 極端ではありますが この写真を見て下さい。

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

直立した状態では ボールはベルトの高さにあります

これを 前傾姿勢と同じく 傾けます。。。

lesson 2009_10_31

では 今度は普通の姿勢です。

BlogPaint

そう アドレス(静止状態)を基準とした場合
前傾姿勢とは 脚〜大腿骨 と 骨盤の角度差を言います。

ですから ボールは上半身に対しては
ベルト付近の高さにあるのですが
それが前傾姿勢をもっているので 下半身に対しての
靴の高さにあるのだ。。。というコト。

クラブを持っている腕は 上半身から生えていて
その上半身は前傾しているので 感覚的には
ベルトの高さ ベルトの正面の高さを振れば
ボールに届くのです。

imga200

これは 普通のアドレスを逆の角度
前傾姿勢分 起こした写真です。

詳しくは 別の記事で書きますが
クラブと言う物体を使って 重量物であるボールを
遠くに飛ばすのには 腕を使って上下に振るのではなく
脚を使って クラブを持った腕の生えた上半身を回す
それの方が より重く より強い破壊力を作れる
という考えから 前傾姿勢は生まれたと思われます。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

逆を言えば ベルトの高さのボールを打てばいいのに
上半身にとって 存在しない筈のベルトより下の低さ
にクラブを持って行こうとすれば 身の安全の為
体はそのスペースを作り出そうとしてしまいますから
下に振る=前傾姿勢を失う は パックな動き
必ず リンクする動きで 前傾姿勢を維持したまま
下に振れば かなり地面をぶっ叩くことになります。

僕個人で言えば ボールに届きが悪い時
当たりが薄めの時に 意識するのは
当然 クラブを下に振ることでは無く
如何に 左軸足になる過程での
左股関節の前傾維持 というか
左股関節に前傾を受け渡せない原因を考えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

非常に残念だったのですが
今回は支援金が集まらず、断念致しました。
皆様の負担を考えますと 心苦しいのですが
次回のカレーの日には支援を と思っておりますので
是非 よろしくお願い致します

来月のカレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】
振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480

ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP

牡鹿半島方面支援サイト

ojika.future@gmail.com

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


グリップ・・・ グリップの仕方には
理由と言うか それぞれの人の「必然」があって
グリップを全く違うモノに替えるのは
その「必然」に当たる それぞれの人の
クラブの動かし方がある限り 必ず 元に戻る

imageCA19VSPF

例えば このように 左手がフック
右手だけ形式上 スクエアっぽく握る人は
テークバックの、始めの一歩の動きを
左腕のローリングから入りたい という表れだし、
この左手をスクエアに替えたとしても
数球でその動きのし易い 元のグリップの戻る。

全体をフックグリップのしている人も
左手の動きでクラブを動かしたいし
フックグリップのよって 右肘が自分を向いていれば
直ぐに右腕を畳めるので 動きがしやすい
という理由 からの 必然と言えるだろう。

駄目なストロークの代表

殆ど同じコトを言っているのだけれど
今度はショット・ストロークの話。
上の絵は ハミングバードを除く 一般的な
パターストロークを図解しているもの。
ハミングバードでは パターストロークに体の
回転よりも 肘さばきでのクラブのスライドを
お薦めするけれど 上は ショルダーストローク
という 振り子の動作である。
パターストロークで体を使うべきかの論議は
割愛するけれど このショルダーストロークは
立派な腕の動きであり 普通のショットでも
体の回転を肩甲骨を中心とした肩周りの動きで
するゴルファーはものすごく多い。

肩甲骨... 特に左腕の動きでテークバック(アウェイ)
をショルダーストローク 肩の回転で行うと
体が捩じられ 背中が引っ張られ
ちゃんとした脚での回転よりも早めに
体の張りを感じることになる。

体が堅い と嘆かれる方が少なくないけれど
これは それが正常で
背中には 体を引き臼のようにまわす関節や機能は
殆どなく いくつかある軟骨部を歪める形で
よじっているに過ぎないから 出来ないことの方が
正解なのである。

4190-1-2

正に このテークバックがそうである
肩甲骨を捻っても 体の芯の部分は動いていないから
当然 90度なんか絶対無理。

自分で 腕を使わず 肘も伸ばしたまま
前ならえの姿勢から 肩周りだけで 疑似テークバック
を取ると分かるけれど 疑似的なテークバックや
トップの位置では 両手の長さが合わなくなる
左手の方が長さが足らなくなる筈。

両手のひらを合わせた状態で
骨盤 秀二 お尻を脚の動きで回せば
両手のひらをずっと合わせたまま 向きを変える事が
出来るけれど 肩周りの動き 体のヒネリで
行っていると 常時 腕の長さを調整する必要が
出てくるはずだ

それがグリップの仕方の違いになったり
左右のグリップの上下への離れであったり
アドレスの姿勢へとつながっていく

スウィング中の動作であっても
肩周りや体のヒネリで 疑似回転をしている人の
両肘さばきは クラブさばきでは無く
単に 両腕の長さ調整の為にある と思う。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

004

ブログ開設 記念

L字型ブリストルタイプパター


◆30本限定販売します◆

77b63111

刷毛塗、もしくはクラブのスライドで
ショット、ストローク出来る方には
史上最高のパターとなる筈 です

プロのような…
イヤ 
プロ以上の素晴らしいコロガリ
まさに 至宝のコロガリを生む自信作です

003

絶対にショートしない!
絶対届く! 必ず届く!
ストロークが小さく出来るから安定する!
自分の思った距離感を実践できる!
ゆっくりした転がりで遠くまで飛ぶ!
グリーン周りからのアプローチにも最高!
迷っても 
絶対引ける!
絶対 パターイップスにならない!

そして スウィング造りの切り札?!
かも知れません…
これが欠けているから出来ない??のかも…
スウィングの答えを出すために
待っているお客様も多数います。
002

お金を頂く側の人間が
こう言うのも申し訳ないのですが
(金額はお問い合わせください)
金額以上の代物です。
問い合わせ 046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

007


パター単品でも
こんなすごい
そして馬鹿げたパター
作る人間は後にも先にも
私だけでしょ…

でも… ストロークの
そして 
「ショット」
秘密をすべて詰め込みました
何よりも 重さ と言うモノが
ゴルフクラブの機能のすべてだ!
と身に染みるコトだろう

005


総重量は 650g強


Wニッケルメッキのサテン仕上げ

シャンパンゴールドです



長さは 31〜34インチ

ご指定下さい

 
お薦めの長さは 32.5インチ

短か目をお薦めします!


シャフトは完全オリジナル

このパター専用のグラファイトです
 で通常のパターシャフトよりも
アイアンシャフトに近く
かなりはっきりと手元を緩めています

約90g

色はアイアンのGSW5よりも

ややメタリックの強いシルバー


今回は スチール(アルミ製)シャフトも
ご用意いたします(140g)


シャフト硬さは

その方のセットに応じて

各人対応型-数種用意
スウィングウエイト 計測不能…


グリップはお好みで
ご指定下さい

003

サンプル
001

1.ロイヤル パフォーラップ 86g
巻の入ったオーソドックスな非常にソフトなラバー

2.ロイヤル スロットコード 82g(廃版)
コードが入っているけれど ソフトでスタンダードな全天候型

3.プライド ツアークラシックラバー 83g
正3角形の様な形状の生ゴムタイプです

4.ラムキンバドル ラバー 79g
パドル形状と言えば このグリップが始まり

5.ラムキンバドル コード 79g
かっちりしたハード目なコードです

其の他 お好みのパターグリップをご指定下さい


002

形状によって一概には言えませんが
重量が「太さ」の一つの目安です
一応 上から 太さの順?と考えてください


006





☆追記☆
お客様からご指摘がありましたが
このパターをキャディーさんや
人に手渡す場合
「重いからね」
と一言お声掛けください!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

巷にはまるで無限地獄のように ありとあらゆるゴルフクラブが存在し
 ありとあらゆるゴルフスウィング理論が跳梁跋扈しています
  そんな果てしない海を彷徨うゴルファーの道標となるような
   クラブ、そしてそれに基づくゴルフスウィングを考え
    新たに このホームページを開設しました





もし その難解な迷路のようなスウィングを覚えなければならない
このこと そのものを殆んど省けたとしたら どうしますか?

巷で言われている ありとあらゆるスウィング理論
 それをすべて ひっくるめて まったく覚える必要がなかった
  そうしたら あなたはどうしますか
   もし それを すべて 自分以外のモノ

ゴルフクラブに すべてを任すことが出来たとしたら
あなたはいったい どうしますか 使いますか 
それとも やっぱり 自分でやりますか


 今までは  正しいゴルフスウィングを教えてくれる
  そんなクラブ創り中心でしたが  これからのゴルフクラブ
     名付けて  「おもちゃの鼓笛隊セット」  は
元来 覚えなければ いけないような技術を ほぼすべて省略し
      ナマケモノへの道 一直線のクラブ  
 果たして それを望むか それとも やはり自分でやりたいか は
       すべて  あなた次第

  • 出来るだけ筋力を使わずに ボールを遠くに飛ばし
  • 出来るだけ訓練せず ボールを確実に打つことを他力本願で行い
  • 覚えてからも 特に反復練習を必要とせず
  • おおむね どの場合でも 繰り返せる

そんな夢のような 嘘のような まるでインチキなクラブを創り出し
 大いにゴルフを楽しんでしまおうではありませんか



どうせ 散々 ゴルフクラブでも ゴルフスウィングでも 
    騙されてきたのですから  
最後にもう一度 この脱力オヤジに騙されてみるのも
       オ モ シ ロ い か も し れ ま せ ん よ


golf


皆さん こんな経験をしていませんか
最近流行りの スチール 軽量スチールシャフト社内のベスグロの人や
 うまい人 先輩から「クラブは重いほうがいい」と言われ
 変えたけど重いものの良さなんか、 何が重いのかも よくわからない…
(重いのがいいのに {軽量}スチールなの?)
距離も飛ばなくなったし ラウンド後半に決まって失敗が続く…
気温の低いときには 手首や肘が痛むようになってきた。
ボールの位置なんかを工夫し 
やっと打てるようになってきたけどそれにつれて 
前よりもドライバーがうまくいかなくなったおかしいなぁ… 
フェアウェイウッドなんて チョロ トップばっかり
今年のモデルの R69にしたのに 
あんまり変わらないシャフトだって 最新の緑の海蛇 
ツアーエエでぇ〜のなんとかにしたのにウッドは当たらないから 
ユーテイリティを2本買ったけどあんまり当たらないから 使わないし
ま でも スコアは良くなっているし 上手くなってるんだろう?!

  それが根本的にゴルフクラブのせいから始まっているとしたら
    どうしますか
  言葉は悪いけれど 今まで 単に知識が足らなかっただけで
  いま その事実を知ってしまったら あなたはどうしますか

多分 多くの方は 日本人特有の 修業論や技術論
日本の典型的な 上級者=ハードスペック論に 疲れているはず

☆異論 反論 も多いと思うけれど
こと ゴルフに限って言えば ゴルフに関することを論ずる場合
それぞれの人が その専門の側面からしか見ていない
 一歩通行の感触をぬぐえない

それぞれ みんなが自分の分野以外のことを知らないことを認め
 お互い協力し合えば 見えてくるかもしれないのに
  みながみな 自分の専門分野からの側面からの一方通行の発言…

スウィングをする上で 体の使い方は重要かも知れないけれど
いちいち そんなことを気にしていたら 歩くのもぎこちなくなってしまう
正しい体の仕組み  だけでは道具が使えない
ましてや 多くのゴルファーは そんなことに飽き飽きしてしまっている


道具を使う
この行為で 道具を持たない よりも 道具を持った方が
 目的の遂行が難しくなる ゴルフ以外のモノを考えてほしい

  • クラブを持たない方が正しく振れる
  • ボールを打たない方が正しく振れる

 なんだか おかしくないですか
道具は人間が作業の効率をあげたり 楽したりするために ある筈
道具にはその目的 ゴルフで言えば
  • ボールを確実に打つ
  • ボールを遠くに飛ばす
  • ボールを安定して狙う
これを遂行するための 機能や機構が存在するはず…

現在のゴルフクラブは おおむね450年前
 殆んど 同じ形状や種類になったのは140年前です
  その目的を遂行「しにくい」 何があれば必ず淘汰され
   進化や変化をしているはずなのですが…


100年前のゴルフは ネクタイを締め ドレスを着て 行う
非常に 社交的な 優雅な 遊び だった筈
近年のゴルフは 自分の筋肉、靭帯や関節が悲鳴を上げるまで 酷使する

何かがおかしくなっている と感じませんか




道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
 答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
  そろそろ その行為 動作 
   そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃?
     じゃありませんかね


    楽する為    効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
 道具を持った方が上手く出来ない
  こんなコンピューターが進んだのに
   基本設計 基本構造は変わらず
    原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ

   それに「理由」が隠されているって思いません?
   それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
   こんなにやっても こんな人数でトライしても
   こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです



自分の側から クラブを見るのではなく
クラブの側から 自分を見つめる時が来たのでは
 ないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


【重心アングル(角)】シャフトの中心線の延長と
ヘッドの重心との間に出来る角度


IMG_NEW

クラブを考える場合 重心 というのを
避けて通る訳には行かない

重心の作用 は その位置をボールの打点との関係
という 静物的な感覚では無く
重心のもたらす運動作用と考える方が良いだろう

円運動 クラブ自体の円運動と結びついてしまわないよう
しっかり分けて考えて欲しいのだけれど
体の向きの変化を主エネルギーとする
加速等の運動が加わると その外力、、、俗に言う
遠心力が加わる方向に 物体の重心は一律に
直線状に揃おうとする働きがある

そこを基本に置いて 重心位置とシャフトの中心線の
関係を見てあげると ゴルフクラブの機能や
それぞれの違いなどが見えてくる。

重心角度がある ということは
別な言葉で言えば 重心位置が深い ということでもあり
重心距離と重心深度との対比 とも言える

単純には 重心距離≒重心深度であれば
重心角度は 45度の半分になる と考えていいだろう

重心角度にはライ角度も絡んでは来るけれど
重心深度の効能 みたいなモノとイコールと考えて良い。

IMGA0235

重心深度が深い 重心角度は多い
と どうなるか。。。 先ほどの
運動が加わると重量は直線状に揃おうとする働らき
から考えてみると 単純には
ヘッドはより前に出ようとする。
ヘッドは シャフトを軸とした L字型の構造である為
ヘッド というか フェース面が前に出ようとすると
左を向く(右利きのクラブの場合)
それが 右へのボールの飛び出し スライスを避け易く
なる訳で カタログ上に書かれている

*数値が大きい程インパクト時にフェースが返り易いため
ボールが捕まり易くなる

は 1/3 は正しく 2/3 は間違っている

フェースが返り易い。。。 という言葉は適切では無いが
フェースが左を向きやすい というのは合っている。
ただ 回転を想起させる言葉を使うのは
なんだか 腑に落ちない。

そして、ヘッドが返る事、回転することと
ボールがつかまるコトは一切関係なく
ヘッドが左を向くコト と 捕まる
ヘッドが右を向いていること と 捕まらない
は 全くもって関係ない。



新商品のカタログなどを
ショップで貰い 眺めてみるのは
ゴルフの楽しみの一つ と言っても間違いではない。
無料であるカタログに書いてある 文言 などから
出来るだけ クラブの扱いを吸収しよう とする
その姿勢も ごくごく普通な感覚 だと思う。

そこに書いてあることが 大きな嘘 でなければ。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ