◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2012年03月



すべては順調にいくハズでした。

練習場でもうまく打てましたし、
アイアンのフェースにもくっきりと
ボールの打痕がついていたのですから。





悶絶クラブでの初ラウンドは、
以前ブログにアップしていただいた通りです。


どうにもならない、八方塞り、
なんて状態でもなかったですし、
今後の取り組みについても店主より
しっかりアドバイスいただいておりましたので。





http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1217673.html









でも・・・ ラウンドすればするほど、
コンペに参加すればするほど悩みは多く、
深くなっていきました。


何より、周りの反応が大きく変わってしまった
ことが一番辛かったでしょうか。





「なんでそんなクラブを作ったんだ?」

「なんだ?そのフニャフニャしたシャフトは?」

「そんなクラブで打てるのか?いったい幾らしたんだよ?」





このクラブと店主に出会った経緯や、
このクラブの特徴。

また持病の腰痛を発症させたくないとか
“表面的な”理由を説明するのですが、
誰一人として聞き入れてはくれませんでした。 

コンペに出ても、今までの私を知る人達からすれば
かなりの「ハイスコア」(120オーバー)で回ってくるものですから





「ダメダメ!そんなクラブじゃ。ぜんぜん飛ばないジャン」

「そんな変なスイングやめろよ!何かの宗教みたいじゃないか(笑)」

「そんなじいさんみたいなことは止めて、
 アスリート系に戻ってくださいよ」etc



もう、それこそ普通の人間じゃ無い!
みたいな言われ方もしました。
私の新しい試みを、どうしてこうも排他的な
見方しかしてくれないんだ・・・ 


このクラブを使うことで「ある程度」は
周りの反感があるかな?とは思いましたが、
これ程冷たい反応をされるとは思ってもいませんでした。





正直なところもう普通のクラブに戻そうかとも思いました。









事実、義弟に買ってあげたM社のフルセット
(もちろんガチムチのスチールシャフト)を
借りて練習場で打ってみたこともあります。





でも悲しいかな、すでに身体が「重たいヘッド」、
「やわらかシャフト」に慣れてしまい、
普通のクラブではまったく前に飛ばないのです。


<前にも進めず、後にも戻れない・・・ まさにこれが悶絶!?>


練習を止め帰宅し、横須賀の店主に愚痴の
メールを打ったことを覚えています。





その後も試行錯誤し、
練習を繰り返しますが一向に「新悶絶くん」
(まだ先生とは思っていない)は言うことを聞いてくれません。 


ついにはイライラが限界に達し、
地面に叩き付けてシャフトを折ってしまおうとしたこともあります。

 

電話で店主にこのことを詫びると

「だいじょうぶですよぉ〜 けっこう強いですからぁ〜
 うちのシャフトはぁ〜」なんて笑っていましたね(苦笑)





できない苦しみはありますが、
この店主の人柄を信じてもうちょっと頑張ってみようと思いました。





その後、“ちょっとした閃き”から徐々に
事態が好転しだすには、
さらに数ヶ月の月日を必要とするのでした。



続く 


2007wo88

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




クラブが完成するまで、店主に借りた5番アイアンで
練習に明け暮れました。


刷毛塗り“らしき”動きをしてみたり、
やたらと飛ぶフルショット
(たぶんあおり打っていたんでしょう)
に自信を持ち、いつしかブログにあるような
“悶絶”なんてしないんじゃないか?
と思うようになっていました。


自慢げに自分のスイング動画を店主に送り、
店主から褒められるとより一層自分の
修二が固く 
 鼻が高くなっていきました。



ひと月が経過し、待ちに待った自分の
アイアンセットが完成しました。
喜びに打ち震えながら横須賀に向かいクラブを受理。
  否ヘッドに被せてあるビニールを外し、
グリップしてみると
『違う!!借りていたクラブと全然違う・・・』
ではないですか(こんなにフニャフニャなのか?)


その心境を店主に悟られぬよう
「お〜、いいですねぇ〜」なんて嘯いてみましたが、
その時たぶん私の膝はプルプルと小刻みに震えていたハズです。

その後しばらくレッスンを受けその日深夜に帰宅しました。


以下は訪問時のレッスンを書き留めたものです↓



sample 091029

7/17 hbs
にて

・右肘より、右二の腕を上に上げる感じ。
 上げた腕は下方向に力(圧)をかける感じ。

体が右を向いてるうちに、
 右手を左ひざ方向に向けて伸ばしていく。
 (右手はかなり早いタイミングで動かす必要あり)

・回転はダメ。回転の動きは、
 当事者では無く第三者に動かされている感じ。
 クラブを縦に動かす動作にしか介在してはいけない。

・刷毛塗り、クラブフェースは斜め下を向いているように。
 開いてはダメ。

・スライド、左足の左側よりも頭が左にいくようなイメージ。
 このくらいのスライド意識が欲しい。

・クラブシャフトは扇状に動かしてはいけない。
 遠心力が働いているのに、
 更に回転の動きを加えようとするのはダメ。
 グリップが下に落ちるイメージを持つ。

・スイングは常に「等速」で「加速減速」
 があってはならない。早く振ろうと急ぐとクラブフェースは開き遅れる。

・上記、インパクト付近を特にゆっくり行う
 (グリップをゆっくり落とす)ここがスイングの“ミソ”

・体をねじって溜める動きはダメ。
 足で体の向きを変える。あんまり前傾をキツクしない。
 トップから右腕はなるべく「高い位置」で動かす。



・グリップは常に体の中心にあるようなイメージ。
 左手の甲は甲側に折れていて良い。
 そうでなければ体の中心に位置できない。



 今読み返すと、
すでにこの時に答えを教えてもらっていたんですね。

そうとは知らずこの後約1年間、
苦渋に満ちた“悶絶地獄”を味わうことに
なろうとは誰が想像できたでしょうか・
・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「このゴルフクラブ、フラワーロックみた〜い」



私の愚妻が借りてきた1本のアイアンを持ってそう呟きました。

確かに、天を突くように逆さにしてゆらゆらと揺らすと、声に反応して動くあのおもちゃのようにも見えなくもありません。こんな素晴らしい感性を持った妻を一生大切にすると誓った瞬間でした。





「絶滅危惧種のクラブ創ります」

私はこのブログを2週間じっくり読み込みました。

最初はネット上にある有象無象のゴルフブログと一緒なんだろう?と訝しい顔で読んでおりましたが、書いてある言葉にナゼか私の心は惹きつけられました。

「刷毛塗り?」「スライド?」「不可抗力?」「悶絶!?」そして「しゅっ、修二??」この言葉の羅列を見てゴルフに関連付けられる人はあまりいないのではないでしょうか。2週間も考える時間があったのは、この筆者はいったい何を伝えようとしているのか。またオーダーメイドクラブというけれど、ものすごく高価なものじゃないのかという疑念を抱いていたからです。 その間、真似ごとでアイアンヘッド(なぜか共栄のハーフキャビティタイプのヘッドを持っていました)に30gの鉛を貼ってスイングしてみたり※危険ですのでやめた方がいいです。

YOUTUBEにアップされている門下生?達のスイングを観たりして自分なりに考えを巡らせていました(はじめは何だこのスイングは“神主”か?と思いました)

ブログの記事のなかで一番衝撃的だったのは、私の使用しているシャフト「NS950」を「スイング破壊兵器」などと言い放っていることです。これはキチンと説明してもらわなければ納得がいきません。

いつまでも悶々としていても始まらないので、意を決して店主に電話し、その翌日には車を横須賀へと走らせていました。





看板も無く、怪しい色遣いの建物の扉を開けると、そこには坊主頭の店主の姿がありました。少々強面ですが、優しい笑顔と熱いコーヒー(夏なのに)そして異様にでかい水槽に温かく迎えられました。

ここから先は、悶絶系クラブオーナーの方々であれば皆同じような段取りで進んできたのではないでしょうか。私も訪問の経緯、カウンセリングを受け早速スイングを診てもらいました。

「ジーン・リトラーにそっくりだね〜 言われない?」なんて言葉から始まりましたが、数球打ったところで









店主「怒って帰っちゃうかもなぁ〜」「言ってもいいっかなぁ〜」

なんて言い始めました。





『ここまで来たんだから何を言われてもいいや』と心の中で呟いていましたが、当時はかなり辛辣なことを言われたような記憶があるような無いような・・・





結論から言いますと(だいぶ前置きがありましたが)その日に悶絶クラブの購入を決めました。自分の中ではたぶん、横須賀に訪問する前から決めていたんでしょう。

自分のゴルフを、そして自分自身を変えたかったんだと思います。

その日はたまたま悶絶クラブオーナーの先輩である“長野のS”さまがいらっしゃって「大丈夫!打てちゃうから」「ブログにみんな書いてあるから平気ですよ」なんて背中を押してもらいました。でも何といっても最後の決め手は、店主の人柄でしたね。

確かに?怪しげですが、この人なら自分を変えてくれそうだ、という期待感もありましたし。





帰り際、“5”と刻印された「やさしい揺れ」のフラワーロックを1本借りて帰路につきました。









              続く


 


 


 


 


 


 


 


 スナップショット 1 (2011-02-27 18-50)


 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1331961171130


1331961187573
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



今となってはトキが絶滅危惧種なのか、
そうでないのかはどうでもよくなってしまいましたが、
私が絶滅危惧種のクラブと天然記念物的オヤジ
に出会うことは、いたって必然だったのかもしれません。




 それまでの私は、ごく「ふつ〜」のゴルフクラブを使用し、
これまた「一般的」なスイングをするゴルファーでした。

初めてクラブを握ったのが15〜16年前。
仕事柄、ゴルフは覚えておいた方がいいからと
先輩社員に勧められたのがきっかけでした。

もともと人よりちょっとだけ運動神経がいい私は(自称)
すぐにコツを覚え、一緒に練習に行った先輩社員が驚くほど
上達していました。





初めてのラウンドは軽○沢72でした。
初ラウンドにも関わらず113という点数で上がり、
これまた他の社員に驚かれたことを記憶しています。
その後、106、95と3回目のラウンドで100切り。
その後も順調にスコアを縮め、調子がいい時は80台前半
。悪くても90半ばくらいでは回れるようになり、
どんどんゴルフにのめり込んで行きました。

 

同じくゴルフ大好きな同僚と「ゴルフ合宿」と
称して全国を飛び回り、いろんなコースでラウンド
できたのもこの頃でした。夕陽の中、コース所属の研修生と
一緒に練習して汗を流したり、レッスンしてもらったり。
 夜は夜で、地方特有のいわゆるそういった場所で
なんとも形容し難い汗というか、レッスンというか、
いろエロと・・・ ものすご〜く楽しい時間を過ごさせてもらいました(笑)






 道具やスイングにも凝りました。
あらゆるゴルフ雑誌を読み漁り、流行りのスイングを模倣し、
流行りのクラブをとっかえひっかえしていました。
たぶん、書籍や道具にかけた金額は2\\万を
下らないんじゃないかと思います
(今思えば悶絶系クラブが何セット買えたことか・・・)


 私の上手くなりたい向上心は青天井。
いろんなレッスンや講演会にも通いました。


*ゴルフスイングは左手リードが命!右手の意識は捨てなさい。

*ゴルフは右手が命!右手で叩きなさい!

*ゴルフスイングはいかに遠心力を発生させるかです。
  物理の法則に任せるのです。

*タイガーウッズのスイングが史上最高のスイングです。
 タイガーしか通せない「タイガーラ○ン」にクラブを通しなさい!

*ゴルフはスナップだ!ボールを投げるように!

*いやいや、ゴルフはボクシングのアッパーカットだ!
 空に向かって打ちなさい!

*い〜やいやいや、ゴルフはフィッシングだ!
 釣竿を振るようにスイングしなさい

*何を言ってる、ゴルフスイングは出かかった
 う○こを落とさないように振ることが極意なんだ etc





今だから言えますが、上記のように誰とは言いませんが、
いろんな人がいろんな理論を掲げるものですから、
全部やろうとしてクラブをどう振ったらいいのか
すら分からなくなってしまったほどです。
でも、知識(役に立たない)だけは豊富でしたので
会社の上役や後輩から「ゴルフのことならあいつに聞け」
なんて言われて、ちょっとテングになっていた時期でもありました。


2年くらい前からは「ネット」に情報を求め出しました。
このご時世、パソコンやケータイさえ持っていれば、
ありとあらゆる情報が入手可能です。

ゴルフの理論についても例外ではありませんでした。

有象無象、それこそ掃いて捨てるほどの
ゴルフ理論があちこちに転がっています。
私もそのうちの何個かに興味を持ち「有償で」教えを
請うことになったのですが、
正直どれ一つとして上達に繋がるものはありませんでした。


その頃、練習場だけには熱心に通っており、
自分のスイングを維持する為にたくさんボールを打っていました。
でも熱心が過ぎたのか持病の腰痛を悪化させてしまい、
しばらくの間ゴルフをお休みしなければならない状態になってしまいました。


 半年ほど経ったでしょうか。

かなり腰の状態も良くなりました。
そろそろボールを打ってみようかな?
 でも怖いな・・・ そうだ!体に負担の掛からない
「やさしいクラブ」に変えてみようと思い、
ドライバーのシャフトをSからSRに。

アイアンのシャフトをDG200から「NS950」
にチェンジしてみました。 
ヘッドはもちろん誰が打っても良いと評判のD社のセッ・・・
否、ゼ○シオでした。 クラブ自体が非常に軽く、そして振りやすい!


インパクトエリアが広いので多少「芯」を
外してもナイスショット!が出るハズ・・・ 

だったんですけど。。。 


おかしいですよね。
今まで何十種類とゴルフクラブを取り換えてきましたが、
ナゼ思ったほど結果が出なかったり、
すぐに手放してしまったりするのでしょうか?
 理解できず混沌たる日々を過ごしておりました。





そんなトキ(時)開いてしまったんです。
絶滅危惧種のナンタラカンタラ〜のブログを。





妻があの時「トキ(朱鷺)って絶滅危惧種なの?」
なんて夕方のニュースを観ながらポロッと呟かなければ・・・・・ 



      


 


 




 


 


11100002
 


 


 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


下半身のリード… 変な意味じゃないよ…

この言葉の対になっているのが
手打ち だそうだ。

sample 2009_09_15_19_47_47-59フレームショット

この 言葉の発想 は
多分 下半身は 脚 を指しているのだと思うけれど
多くのゴルファーは
 上半身=シャツ 
 下半身=ズボン 
だと思う。

そうなると ベルトの付近で
どうしても 差を作らなければならなくなって
しまい 体を捻る ねじる必要が出てきてしまう。

スナップショット 6 (2011-01-21 1-05)視覚的な問題も伴う。
多分 下半身のリードとか
ダウンの始まり となると
参考にするスウィング映像はこの飛球線後方からのアングルではなく
s6こちらからのアングルになるだろう。クラブの構造やクラブ自身が負荷となっていることも考慮にはいっていないし このアングルでは 一番先頭にある 左脚の動きが一番目立つ。どんなに腕やクラブを先に動かしていても視覚情報的には「下半身のリード」に見える

確かに 脚 は体を動かすための
唯一の器官
 と言えるのだが
骨盤まで含まれる 下半身 となると
それは はっきり間違っている と言える。

脚の動きは そのまま 体ソノモノの
向きの変更だし 一番ダイナミックな
ゴルフのアクションと言える。

ただ これには 前傾姿勢維持 と言う
非常に大切な条例 が付いて回るので
絶対に前傾姿勢を失ってしまう
 下半身リード のダウンスウィングや
脚のアクションは スウイングの
条例違反 と いうコトになってしまう。

ま ゴルフだけに限らず
下半身が 何かをリードしていくのは
トラブルの元 だというコトか・・・

くれぐれも
 秀二の使い方には細心の注意を…





続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


      蛸長さんより お借りしました。


明日でもう1年・・

思いおこせばもう1年経つのですねあの大災害から

地震速報がテロップで流れ、しばらくすると出汁で満タンの大鍋の中の出汁が、円を描いているのです。大きな横揺れがゆっくりしていたのに気付いたのは、TV映像にて東北地震の被害状況が映し出され始めてからです。
やがて津波映像が流れ始め、地獄絵図を見ているような・3D映画を見ているような・こんな事現実に起こったらアカンやろ、早く逃げてそこアカンなどと番頭さんと2人でTVに向かって叫び続けていました

あまりの衝撃に仕事をする気力も湧かず臨時休業にしようかと思いましたが、何とか開店しました。すると、会社が宮城県にある方、北海道の方、被災地に関係のある方々が多数ご来店頂きまして、逆に私に元気を与えて下さいました。
自分達の方が精神的に一杯一杯だったのにです。

その時からこの日を忘れないように、また励まして頂いたお客様に恩返しと共に何とか自分自身で被災地に支援が出来ないかと模索しました。
その時にハミングバードの親父が立ち上がりそれに賛同して是非被災地に行くべきと、行動に移りました。
その時にはハミングバード先発隊として徳島のS&E店主・河崎さんがすでに被災地に入り情報をいろいろ流していましたし、また被災地に居るお客様からも少しづつ情報が入り要る物リストが世間より1歩進んでいたことを思い出します。
ガソリンを被災地に届けている河崎さん
P1010187
今は全然進まない災害復興に苛立ちを覚えながら
小さく支援をしています

改めまして
被災され亡くなれれた方々のご冥福をお祈りします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


想像力ってのが重要になってくるのだけれど
ゴルフクラブの重量配分や形状 って
ゴルフショット・打撃の運動のフィールドを
簡単に形成するために、
嫌味に思われるかもしれないけれど
その 
運動のフィールドをオートマチックに
無意識で形成させるためのモノ
と言って良い。

大概のゴルファーはクラブの形状や重さなんかを
負荷として「抵抗勢力」として 力ずくで
ショットしている。クラブの形状や重さが作り出す
不可抗力を 敵 として扱っているけれど
本当は そのクラブの作り出す不可抗力によって
必然で上手く打たされてしまったり するもの。

そう考えていくと 現代の市販のクラブが硬くて軽いのも
理解出来るだろうし、そのクラブを使って
どのようにショットしたらいいか と言うのも
良い意味ではないけれど 理解出来ると思う。

スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)

だから クラブを持って 動作をする時も
全ての基本は 先週から書いている
脚を使った 体の向きの変更。
それに内包されている 軸足に対する前傾姿勢の
移行と言うか 維持(無意識な感じ)なんだけど
それを オートマチックにするのには
一般的に行っている 体とクラブの動かす順序を
逆さにしないと 出来ないよ。
一般論では 体を先に動かして 遅れ というか
何の意味かよく分からないけれど タメ を作って
結局は 腕力でボールを打つ 
そうではなくて クラブの形状を考え
クラブを先に動かすことで 体も動かされる
クラブの動いて行く方向に誘われて 体も動く
という 動作として 受け身な感覚を持って良いと思う。

鼓笛隊 モデルケース-121フレームショット

想像力を働かせて クラブがどの姿勢だと
どこにあると 次はこう動かなければならないか
正しい方向やタイミングで 動かさせられてしまう
クラブの位置や姿勢を模索する必要があると思う。

それが見えてくると クラブは人の口では教えられない
タイミングと言うモノを教えてくれるので
パートナーとしては最高の存在と思えるようになる。

…ま そのためには モノ言うクラブが必要だけれど

s12

クラブの縦横(ロフト・ライ)と運動のフィールドの
関係を間違わなければ クラブはそんなに厳密なモノでなく
割に ファジー、アバウトな存在だから
そんなに難しくは無いと思うのだけれど。。。

理解が深まってくると 今までイメージしていた
インパクト ボールとヘッドのコンタクト姿勢が
とんでもなく トンでもないもの って分かるようになるし
自分の視覚情報によるイメージとは
余りにもかけ離れたモノって 分かるようになると思う。

クラブも動作も運動のフィールドも
すべてが 垂直とか平行とか 90度もでも
45度でもない 中途半端な斜めの集まりであるから
インパクトでなにがしかの垂直を作るとか
飛球線に対し、平行に何かするとか
言う発想自体が ショットを壊してしまうのよ。

正しいインパクトのヘッドのイメージは
皆さんの想像している姿勢とは 全く異なる と
だけ 言っておきましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    S&E 河崎氏より お借りしました

去る2011年3月11日に起こった大地震とそれによって巻き起こされた大津波 その震災からはや1年が経ちました
改めて このたびの震災により亡くなられた方々に対しまして ご冥福をお祈り申し上げますとともに 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます
また 1日でも早い復興 そして生活に活気が戻るよう願っております

norengai_logo.jpg


さて このところ震災を振り返る的な映像をよく見かけますので ここではちょっとした思い出話をしたいと思います

IMG_1901_20120311024050.jpg


あるきっかけにより私も震災の支援活動に携わらせていただくことになりました
その当時は何もかもが初めての経験で失敗ばかりの連続…で逆に迷惑をかけていたことも多数あったと思います

現場で右往左往することもよくありました
今考えれば段取り通り進むはずもないのは当たり前なんですが…
しかしながら 人間どんなハプニングにも対応してくるもんで 事をこなすにつれ段々とスムースに行くようになったように思います
その裏には協力してくれている仲間がいてくれたおかげなのは言うまでもありませんが



活動期間も当初考えていたのとは 全くもって想定外 のことでありました
はじめての行動が3月末 そして一端の区切りというか地元に帰ってきたのが7月末
ですから約4か月ですか
拠点と東北を行ったり来たり 現地での滞在は長いものになると2週間ぐらいいたこともあったと思います
そのおかげ?かどうなのか
車は家である
そんなおかしな感覚が私にはあります
それは必要にせまられてやむなく というのが始まりでした
なにせ あの状況で宿泊というのは まず危険が回避できるところ というのがまず先に立ちます
通常では考えられない状況がそこにあって 特に日が沈むと ここは日本 といっても誰も信用しない そんな風景(と言っても見えなんですけどね 街灯は勿論 信号機も消えたまま 建物は真っ暗 暗闇という言葉がぴったりあてはまります)が360度の状態です

当時の寝床は活動現場から車で約1時間ほどの高速パーキングでした
パーキングっていうと聞こえいいんですけどね
想像しているようなコンビニがあってトイレがあって明るくて
……なんてトンデモナイ!
確かにあったのかもしれませんけど…っていう感じ
お世辞にも安心していられる雰囲気は皆無(それも次第に慣れてしまいましたけどね…慣れってある意味コワイね)


そんな経験から?ウチの自慢のゴルフクラブをもって
全国行脚(勿論車で)するのが夢 というかやってみたいな〜
日本全国津々浦々回ってみたいですね

009_20120308234752.jpg








そんな状況にも明るい兆しが見えてきてね
物資支援が活動の中心だったんですけど 幸いにも現地での協力者(家族)が出来まして

84f4f90d-s_20120311032310.jpg

それは沢山の支援者の方のおかげで物資が大量に集まりだしたことがきっかけ
その時の活動は 全国から届いた物資を車に詰めれるだけ詰め込み東北へ向けて運搬するというものでしたが その量が(ハンパなく)増加していくにつれ これらを直接現地まで送ってもらえるようストックしておく場所を確保できないかという発想になりました
効率を考えればそれは自然な流れというか そうしないと物理的に無理 そんな状況でしたから


これがまた運よく?これまでの活動の付き合いで快くスペースの提供を受けることが出来ましてね
それと同時に強力な現地のサポートも受けられ万々歳
そして(ここ重要!)意図していなかった寝床の確保にも繋がりまして!

ひとつの行動がこんなにもいい方に進んでいいのだろうか?
そんな思いがよぎったのをおぼえております
しかも思惑以上にパワーアップして ですからね(しかし現実です)

その時点で 路上ジプシー生活とはオサラバ!
のはずだったんです…でもね〜そうは問屋が卸さないところが現実のおもしろいところであります
そのステージを完結すれば 新たなステージが見えてくる
ってなもんで 活動範囲 内容は そこから飛躍的な展開とあいなったわけでございます

0bc584bb-s_20120311032320.jpg

そして 完全に帰るタイミングを失っていた私を強制連行するために わざわざ徳島からミッション クーラーなし の軽トラ で来てくれたのが
悶絶ゴルフのブログ時々バイク
http://blogs.yahoo.co.jp/ryoujit1300
の彼です
それは夏真っ盛りの出来事でした…
その節は 誠にお世話になりました

c7b20ecc-s_20120311025624.jpg


物資支援に一役かってくれたのが 例の?
目指せ72ゴルフ奮闘記 の彼
http://blogs.yahoo.co.jp/koto_48club
どうも ありがとね!


img_258611_3412841_0.jpg


そして物資のみならず多数の支援に骨を折っていただいた方々
本当にありがとうございました
この場を借りて お礼申し上げます










(震災記 番外編)
長かったようで短かったような そして終わったようで終わってないような
そんな支援活動で ある形として頂いたものがあります

それが コレ!

016_20120311030012.jpg

わかるかな?この船の模型 パーツが竹で出来ているんだ
その一つ一つは手作りでね 相当の技術と手間がかかっている代物
その精密さが写真で伝わるかどうかわからないけれど 宮城県石巻市でこれを作っている人がいてね
よくできてるでしょう
間髪入れずに いる!!! ってその場でもって帰ってきたんですよ
そんなに数作れるものじゃないしね
今は ウチの宝物 になっております
こういうの興味がある人がいたら 聞いてみてあげるよ
もしかしたら 分けてくれる船 あるかもしれないから

こちらまで連絡ください
S&Eスポーツ 河崎
sandes@mxi.netwave.or.jp
090-1002-1035

014_20120311030338.jpg
017_20120311030348.jpg
018_20120311030354.jpg

これを頂いた家族は 今もなお仮設住宅での生活を余儀なくされております
しかしながら持ち前の元気と底抜けに明るい性格でなんとか乗り切っています

c0a21db6_20120311030613.jpg

支援という言葉を何度も使いましたけど この震災 私は学ばせてもらったことばかりでした
その時間は他では得難い貴重な財産となって今もありがたく感じております
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スウィングを創っていく上で
大変、重要になるのが『想像力』である。

例えば ヘッドを通したい軌道
移動させたいラインがあるとすると
動作や落下のスピードが上がり、遠心力や
外力、重力が増した場合にどうなるのか?

逆に それが増した時に
自分の思い描いている軌道に乗せるというか
不可抗力によって 完結する には
どうしたらいいのか という想像力が
絶対に必要になってくる。

スナップショット 6 (2012-03-06 4-01)

多くのゴルファーは自分の意思通りに動くと
結果も思い描いている通りになると思っているが
後から 自分のショットやスウィングをビデオなどで
見てみると 予想とは遥かに違い、まるで 別な人
同じ服を来た他人がスウィングしているのでは?!
と思うことも少なくないと思う。

スウィングの結果 は
 ☆自分の動作(意志)
 ☆その動作に伴う不可抗力
   それらの複合的な影響によって
混じり合って 創り出される
 そこには 絶対に想像力が必要になってくる。

スナップショット 4 (2011-12-20 21-56)

スウィングには 向きの変更とともに
軸足にある前傾姿勢が重要で 全体として
その前傾姿勢によって 斜めに傾いた運動のフィールドが
形成される
(ここ、ちょっと難しいかしら…)

そのフィールドをなぞって クラブを振ったり
同じことを言うのだけれど それを 
スウィングプレーン
だと錯覚、誤解していると
それによって 作り出される遠心力や不可抗力によって
必ず その運動のフィールドは右にズレテしまうし
かならず 想定よりも手前 手前に ヘッド軌道は
外や下へ膨らんでしまう。

そうなれば 必ず その運動のフィールドは
影響… 崩されてしまうので
崩されながらも ボールをヘッドで そして概ね
目標方向へ打つのには たくさんの複雑な動作で
補正して行かなければならないし 毎回、毎回
それは微妙に異なるであろう。

運動のフィールドを維持するのには
前傾姿勢・・・ 軸足の骨盤と大腿骨
骨盤と太ももの角度差 を指すのだけれど

右向きは修正も効くし 動作も遅く
不可抗力が発生しにくい(もしくは小さい)
から 難しくは無いかも知れないけれど
その 右軸足の角度差を 自然な形で
ある意味 無意識に 左に移す所は
大変難しい(ホントはすごく簡単なんだけど)
のではないかと思う。

ここが出来ていれば 悶絶はしないと思う。

この左右の軸足の角度差⇒前傾姿勢が
存在しないと 斜めの運動フィールド(土俵)は
崩れてしまうし 毎回違う動作を修正、修正の中で
打撃しなければならなくなるので、運動性能低下や
加齢で練習量などが減ってくると 距離を諦め
スピードを落としてしか出来なくなってくるのが
実は 加齢による距離の減衰だったりする。

そうねぇ その斜めの運動フィールドは
前傾姿勢也 なんで 意外にフラットなモノであるし
そこをなぞるのは両肘 ってイメージが持てるコトは
非常に大切。

そして クラブは ろうそくのように
 その運動フィールドに ずっと突き立っている
イメージも 実は大切かも・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


到着依頼、様々な実験・検証を行なってきて、
本当にすごい製品だと実感しています。

 

 購入の動機はもちろんパターとしての
使用もありますが、それより野澤さんの作成した
 

0番アイアンのクラブからの情報を抜き取る事もありました。


004
 

 パターとしての実験は前・後ろ・真上から
スーパースローで撮影しながら、ボールと
 

 コンタクトする時のシャフトの状態の確認がメインでした。

 

 初めて真上から撮影しましたが、
いかにラインに対してヘッド面が垂直なまま
 

 移動させることが困難かものすごい実感しました。

 

 また、ヘッドを動かして平行イメージですると、
ヘッドの重さも無関係でカコって音がして
 

 スローではシャフトが逆しなりしていました。

 

 ただし、刷毛塗り打法では音も、
 シャフトのしなりも大丈夫でした。

 

そこで、自分はいつもアプローチで
やっているジャンボさん方式でパッティングすることに
 

 しました。

 

両踵を合わせて、ややオープンスタンスで
グリップを身体の中心で固定して体を
 

 動かしてパットをする方法です。

 

これだと、スーパースローで確認しても
ボールへのコンタクトはいつも一定でしたし
 

テイクバックの概念がないので、
どんなに緊張しても全然大丈夫です。
 


 
フォローもラインとは全然違うけど
そこには意味はないので無視してます。

 

(ただ、自分はスコアにはそれほど興味は
ないので緊張はあんまりしたことないですけど)

 

 この方法はアドレスでセットしたら
あとはオートマチックにヘッドが打ってくれるんで
 

 あとは実践での距離感だけなので、
経験値をあげるだけなんで超簡単な印象があります。
 

 実際、毎日ジャンボ流アプローチ法
パターの練習していることもありますが、
今日のラウンドでも
 

 チップイン3回で26パットとアプローチが
飛躍的にうまくなっていましたし、
今までよりはるかに簡単な
印象でした。


 
同じことを繰り返すと
こんなに簡単に変わるんだと実感しましたし、
今後を考えると超ラッキーな
 

 感じがします。すべてがつながりはじめました。

 

006


 
次に、ショットでの応用で、
ジャンボさんの「アドレス→トップ→
インパクト→フォローで腕が

 地面と平行な時の両腕の状態」をあのパターで
再現するやり方を研究しました。

 

 その結果、インパクトでの画像を追うと
再現できないで(逆しなりになりやくく、左手首がインパクト
 

 付近でてこになる)、トップとフォローの状態だけを
イメージして中間を無視すると、スーパースローで
 

 確認すると、結果的にジャンボさんの
グリップファーストのインパクトになっていました。

 

 これが、野澤さんのおっしゃる時間の経過中に
起こっている事なんだと理解しました。

 

そうなると、グリップは右手首が左手首を
押す動作な感覚や、ただ、トップから
 

 一直線の感覚でフォローまでもっていくと、
いつのまにかボールを打てっているし、
 

 ボールって結構重たいし、ドライバーの
打球の質や音も変わってきました。
 


 
ドライバーの打球は弾丸ライナーで低く、
音は割れたボールで卓球している時の様な感じの音で、自分は
 

 初めて聞く音でした。

 

 ただ、この音がいいのかどうかはわかりませんが、
打球の質(スピン量が減って、低い弾道で
 

 ただ、まっすぐ飛んでいきます)でOKかなと判断しています。


 
自分の一番の改善点(理解点)はテイクバックは
左ひざをアドレス時より下げると自動的に前傾分勝手に
 

テイクバックが上がっていくことを理解できたのが
大きくて、これもあのパターのおがげです。
 

 意識的にさらにあげると、右手で左手を押しにくく
なるのでNGな感じです。
 


 
本当にあのパターを購入してよかったと
実感していますし、この2週間ちょっとの加速学習は
 

 すさまじかったです!


006
 

 今後とも本当に大切に使用していきますし、
まだまだ、クラブ扱いの理解不足や、勘違いがあると

思ってますので ブログにて
勉強していきたいと思っています
 
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【野菜購入 支援 ご協力お願いします】

 ◆次回も野菜・苺等計画しております◆

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

出来れば 15日にあります。
カレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


これも 体の向きの変更の補足 と言える。

ゴルフを始め、覚えていく過程で
ボールを打つイメージ、捉えるイメージというのを持ち
練習場などで その理想とするイメージに沿って
当然、訓練していくのであろう。

スウィング、ショット は動作としては非常に
シンプルで、動きそのものは多くない。
クラブの移動なども含め 当然立体の動きであるから
ナカナカイメージが付き難いのだと思うけれど
その立体の動作方向というか それソノモノが
間違っていることが スウィングを迷わせていると思う。

スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)

何度も繰り返すことになるけれど
多くのゴルファーは クラブの横/水平方向の
動き…そのスピードがボールを飛ばす破壊力を
生んでいると誤解している。

そのメカニズムの説明は割愛するが
ヘッドは飛球線、ボールの後ろから
飛球線方向に動いて ボールを飛ばす
と思っている。

間違いとは言わない。
しかし、それは体の向きの動きであり
体の部位で言えば、脚の役割であるし
先週の一連の説明でした通り、
体が右から左、軸足を変更していく過程での
意識の余り入らない回転でのさばきである

しかし このボールさばきを
腕で、もしくは肩周りの振り子の運動で
と思っている人がことのほか多い。

ボールの後ろ〜ボール〜飛球線
この動きは アプローチやパターそのもので
あって ココがゴルフのスコアにも直結する部分

また フルショットのインパクト付近を
抽出したような動きであるから 非常に重要であるが
その動きを脚に委ねられないといけないし
それに対し 腕の役割というか
クラブの役割で…動作としてはあまり意識する
必要が無いのだけれど ボールを飛ばす、どかす
その破壊力の源は 垂直とは言わないけれど
重力方向に限りなく沿っていくモノとしっかり
理解しよう。

スナップショット 1 (2012-01-10 20-05)

さて 弊社のお客様はここまでは理解出来ると思うんですが
ここからが体さばきも含め 分かれ道と言えるのかも…

クラブをトゥダウン方向 垂直方向に動かしたら
ボールを ソールで地面に埋めることになる

ソールを下に向かって動かせば
ロフト 数度の違うのロフトの意味合いは殆どなく
打撃のエネルギーの殆どが スピンもしくは浮力へと
逃げてしまう。。。 勿論最低限の浮力は
飛ばすのに不可欠ではあるが、その方法では
あまりに無駄な 破壊力が距離になり難い。。。

さて では どのようなイメージを持つと良いのか
と言うと。。。 まさにこの写真 

99fe6633-s

フェース面を下に動かす
ボール方向に動かすこと

このイメージを身につけるには
クラブを持つ腕の役割を 横/水平方向の動きから
解き放たないと出来ない。

それが 同時に 体の向きの変更方法も
身につけさせていくのではあるが。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

○W支援
 こちら、まだまだ続いております
 現在は、石巻にある福祉施設に野菜や苺を送る支援に使わせていただいています
 詳しくは、ハミングバードのブログをご覧下さい
 ハミングバード>野菜購入 支援 ご協力お願いします
 皆様の無理の無い範囲でのご支援を、よろしくお願いいたします
○石巻マルシェさん
 牡鹿までは行けないけど、牡鹿のものを購入したいという方に朗報です
 毎週土曜、東京の大森にある山王サンロード商店街にある「石巻マルシェ」さん
 にて、牡鹿復興Tシャツや浜のお母さんの手作り品などが、販売されています
 こちらTシャツ
こちら、牡鹿関連の商品を販売しているコーナーです
 石巻マルシェさんのホームページ
http://reishinomaki.net/marche
 石巻マルシェさんは、「ReISHINOMAKI」さんがその復興支援Pjの
 一環として運営されているショップです。詳しくは、リンク先のホーム
 ページをご覧下さい

なお、石巻マルシェさんのオープンは、毎週土曜のみ
期間は5月末まです。ご注意下さい

【急募】 土木関係の道具類、他

2012/02/15 4:43 に future ojika が投稿 [ 2012/02/15 4:43 に更新しました]
Pikariプロジェクトさんでは、土木関係の道具類の協力をお願いしています
対象は、
○土嚢ぶくろ
○アメリカンレーキ
○つるはし
○スコップ
○手押し車
○手袋(軍手、ゴム手)
などなど。人手を使って作業を行う際に必要となるものです
なお土嚢ぶくろは、480×620(mm)の一般的なサイズを探しています
理由ですが、こうした道具類の消耗や破損が激しいためです
今年は雪も多く、寒さも厳しいたため、雪が残っていたり、氷が張ったまま
の場所での作業が多く、道具もすぐ壊れてしまいます。そのため、購入しても、
数が追いつかない状態だそうです
実物の支援でも結構ですし、寸志のご提供でも構いません
ご協力いただける方がいましたら、Pikariプロジェクトさんのツイッター
を通じ、直接現地までご連絡をお願いいたします
石巻牡鹿ボラPikari支援プロジェクト
また引き続き、ボランティアの呼び掛けも行われていますので、ご興味や
関心のある方がいましたら、詳しくは上記ツイッターをご覧下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



平成23年3月11日

午後2時46分18秒

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


左右の軸足が出来てからの向きの変更
これを 成功させるか どうかも
左右の軸足に思いっきり 体・・・
頭や顔も含めた 上半身を
思いっきり・・・速度と言う意味では無く
移しておくことによって 是が非が決まる。

筋トレも含めたトレーニングでは
スタンスが広めだから
少々荒っぽい脚さばきになってしまっているが
筋トレ の意味合いも濃いので了承願いまする。

スナップショット 6 (2012-03-02 19-54)

厳密にする必要はないけれど
靴の中で しっかり指が地面を掴んでいる
そんな範囲で出来るコト
その範囲の中で 思いっきり右左の軸足に
体を乗せて欲しい

膝や足首、前傾姿勢を除いて
このアングルからの映像では
足から頭まで 地面に対し 垂直になっているような
そんなところまで しっかり行って貰いたい

スナップショット 9 (2012-03-02 19-56)

左に移る部分が一番 今までとは異なると思う

クラブを持たない練習では
一番 左膝深く曲がる時が インパクト
のイメージを持つべきで
その意味合いは インパクトまでは
左サイドの方が右サイドよりも低い
という クラブ扱いにおいて 非常に重要な部分。

スウィングの時間区別と言う意味での
ダウンスウィング〜インパクトまでの間
左サイドが低い というのが クラブの機能を活かす
部分で非常に大切である。

スナップショット 5 (2012-03-06 4-01)

スウィング クラブを持ってショットをしての
結果論としては 右グリップの方が 低い位置にある分
アドレス自体が 右サイドの方に傾き 低いため
視覚的にはそう見えないが あくまでも
イメージとしても 動作 としても
インパクトまでは 右サイドの方が高い というのを
非常に強く意識して貰いたいと思う。

それを意識することによって トップの位置からの
クラブの動き出しの順序も理解出来てくるし
左へ純粋にスライドする動きの中に
意識的な回転 や  蹴りなんかが入ると
全てが台無しになっていくのが分かると思う。

クラブがあればクラブの重さを使うのだけれど
今の時点では、左ひざの低さを上手に利用し
意識的な遅れや 意識的な回転の伴わない
左へのスライドを憶えて貰いたいし
それを行う為の筋力も鍛えて貰いたいし
思っている以上に 股関節の開け閉め を
するので 運動して可動域というか
通り道を作って貰うと良いと思う
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【野菜購入 支援 ご協力お願いします】

 ◆次回も野菜・苺等計画しております◆

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

出来れば 15日にあります。
カレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールは体のセンターに置く


そんな言葉があります

その本当の意味には 言葉が欠けています


インパクト時の

です


sample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット

弊社のクラブを使う限り
しゃくってしまって あおってしまって
上がり際にボールを打つのでない限り
必ず ヘッドはボールに届きます
ボールを拾う 地面に置いてあるボールを拾う機能は
マックスで備わっていますから
自分で クラブヘッドを下に下げる行為
自分自身が下がる行為は 一切要らない と言えるでしょう

出来れば フルショットをする限り
フェアウェイウッド〜ウエッヂまで
左の靴 と ボールの関係 は一定にして下さい
はっきりと どこ とは言えませんが
ボールの前面がかかと線上 位が基本と言えるでしょう

そこが インパクト時に 体のセンターになる場所 です

ですから 足腰に自信があったり
シフト スライド サイドステップが得意な方は
もっと 左でも良いかも知れませんし
そうでなくとも 出来るだけ 左足かかと付近
そして それを 統一させて下さい

クラブによる スタンスの差は
それを基準に 右足(靴)の位置を変えるだけです

これで ヘッドとボールのコンタクトの基準点が出来ました
番手による違いがなく 一貫したボールの位置
その基準になるのは さきの言葉
インパクト時に 体のセンターになる場所


ドライバーも含め ティーアップするモノは
その高さ分 更に左 と考えて下さい

左足かかとのボール位置 は
ゴルフのショットには非常に重要です
そこが インパクト時 体のセンターになり
概ね 体はボールに正対している
両方の腕の長さが揃っている
体のラインがターゲットに平行

結論として そこに行き着くのには
ヘッドを振る動きでは無理がありますし
ダウンスウィングで 腰を先に切る 動きでも
そこには到達出来ません
クラブを後ろに倒して 寝かせれば
必ず体を開き 右サイドが下がりますから
それも そこへ到達出来ません。

体の向きの変更
その動きを 脚さばき
左右へのサイドステップを身につけなければ
そこに行けないのです

その場所から 巻き戻して
クラブ扱い ゴルフスウィングを構築するのも
ひとつのアイディアかもしれません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


体の向きの変更、俗に言う回転とは
世の中では非常にアクティブな、ダイナミックな動き
と思われている節がある

しかし、体の向きを変える、回転する目的ということを
理屈として、基本として捉えていけば その運動性や
スピードなど正しく理解していくことができると思う。

スナップショット 8 (2012-03-02 19-55)

しつこくなってしまうけれど、ボールを打つ、打撃する、飛ばす、叩く
それらの 主力エンジンはヘッドの質量。。。重力方向の働き
スピードなどの運動性能ももちろん加算の対象ではあるけれど
あくまでも それは ヘッド重量に掛ってくる係数であって
主力エンジンとしてのものではない。

とかく 横の動き 体の回転を速く 力強く と考えがちであるが
体の回転とは その主力エンジンを 水平方向に変換するための
ものであるので そう考えていけば 正しくヒットし
目標方向へボールを飛ばしたいのに むやみに急ぐ、スピードを上げる
理由は全く見えなくなる・・・

確かに 体の含め、クラブを重量に逆らい 横に速く動かすことには
ダイナミズムというか 「やったぜ!」 みたいな充実感がないとは言えない。
否定はしない。 それもゴルフだろうし、それもゴルフの魅力かもしれない。
しかし、それを追い求めている人に 弊社の考えも、クラブも 双方
邪魔にこそなれ、何も手助けにもならないだろう。

スナップショット 4 (2012-03-06 4-01)


体の向きの変更は 右への準備をしたら
あとは 回転を意識しない左へのスライド という
非常に 自意識のない受け身な動作で その中には
上半身のねじりや溜めなど 力感のある動きはほとんどなく
脚を使って 横スライドするのに伴う自然な、バランス感覚に
任せた 向きの変更のほどき。。。解け であって
なんだか 気合い一発で回転する そんなものは一切ない!

スナップショット 6 (2012-03-06 4-01)

そして この動きは ゴルフの覚えるべき動作の
2/3に値するほど おおきな基礎であって ここは筋力も含め
みっちりと覚えてもらうと 長いゴルフ人生の財産になるべき
部分だと思う。

しかも しかも 大きな特典が漏れなく付いてくる。
クラブのない 肘裁きをしない動きであっても
この動作の方向や動作そのものは
自分の体重やクラブの重さを使って 出来るので
アクションとしての運動能力も筋力もほとんど要らない。

**筋力は耐えることに使って貰うだけ
(結構キツイけど…)


ちゃんと 体をひねったり 溜めを使ったりせず
脚の動きで向きを変えられるようになると
肘裁きが入った時に、クラブの重さや形状によって
更に さらに オートマチック度が高くなる

この時、初めて クラブの形状の意味を知ることになると思う。

だから この部分 時間をかけても 手抜きをせず
しっかり覚えてもらいたいし 自分でしっかり理解して貰いたい。

ぜひ 質問等 求む!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

         元ネタ…蛸長さん



友達じゃない!
決して友達じゃない、こいつは仲間や!こんな事、思う人が貴方にいますか?
何か友達とは違う間柄と言うか、愛かな・・・変な意味でなく
私には、います
仲間と言える人が
そんな一人にハミングバードのおやじがいます
彼は本当に変わってる人で・扁壺・頑固・我儘・八方的な仏さん
掴みどころが無いようで実は懐が深いし、多大な人生経験が彼の今を作り、それに繋がる人々の感性によりまた彼は新たな芽を出す!
「俺は俺、何も変らない・・」と彼は言うがその変化を周りの人々は気付き見守っているかな
私が東北地震復興支援を決意させたのも彼です!
彼の行動力と発想力・人材力・決断力・そして知能力は見てて楽しかったです!
彼の震災支援活動はテレビニュースで流れ・新聞報道され・各自治体や施設等から数多く感謝状が送られる程の凄さでした。
今は第一線から引きボチボチと支援活動とゴルフ屋をしてますが・・
我儘なゴルフ屋の親父にしておくにはもったいないと思うのですが
ゴルフ屋の親父をしている事が彼にはとても居心地が良いようで・・
ゴルフで悩んでいる人がいれば一度ハミングバードの親父に☎してみて下さい
蛸長と言えば無碍にはしないと思いますが・・
彼のことですから確約は致しかねます(*^_^*)

P1010120

彼が考案?推奨?  実は不変の動きでした



鼓笛隊打法のサンプルです 16倍遅くしてあります
立体的に刷毛塗りを初めてトライした状態なので 結果 初期段階でヘッドが外に上がって見
えますが 問題ありません。
フォローのシャフトの立ちあがる場所に注目☆☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ