◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2012年03月

クラブヘッドを振ってしまう人
フェースをローテーションさせてしまう人

実は多くの人は それ そのモノを望んでいないようだ

望んでいないけれど 仕方が無いから行う

実はその要因のひとつが この動きにあったりする、
  もしくは 動きの順序 にあったりする

クラブを動かさずに ダウンスウィングの始動を
完全な脚任せ  …特に右脚の蹴り→複雑な回転
にしてしまえば この動きは大変難しい上 忙しく
ボールを打つ 当てる 目標方向に打つ 飛ばす
そんなショットそのモノの目的達成の他に
自分を守らなければいけない バランス感も必要になる

Img_005あえて クラブを動かさずに始めた動き
あまりに煩雑な為
クラブを動かす時期を失ってしまう

クラブはよりロフトも増え
向きを全く変わり
そして 重く動かし辛くなっている

本当に 左への体重移動なんかも含め
クラブを動かす為の
俗に言う クラブを降ろす 為に行った筈の
下半身主導なダウンスウィング
本末顛倒・・・ よりクラブを動かさなくしてしまう

体は 左を向きかかっている
体のラインも 左サイドが上がり始めている

このままでは クラブはより体の右サイドに残ってしまう

☆ここには ヘッドはインサイドから入れろ!
 みたいな この行為を肯定する考えも含まれるだろう


もう ここまで来たら
あとは 腕回りの動きでクラブを出してくる他
ボールを打つ方法は無いと思います

下側だった右腕を 上側に変える
腕を捩じる動きを使って ボールを打つ他 選択なし

体の左サイドがボールより遠ざかりつつある上
腕のローテーションでクラブを動かせば
クラブヘッドの円弧は 急激に内回りしまうから
ボールは右脚寄りにセットして置かなければ
届かなくなる

ボールを右に置けば
テークバックを含め
インパクトまでの時間は短くなるのですから
より一層忙しくなる

ボールを右に置いて
左サイドを遠ざけながら フェースターンすると
強い球なら左に 弱い球なら右に 
  とはっきり分かれます

こうして 多くのゴルファーが
本来のターゲットよりも やや右を向いた
スタンス、セットアップをし
意図的に 目標方向に 引っかけを打つ
そんな 打法を生みだしている訳です


個人的に感じるのですが
何故 ここまで クラブと言う存在を無視するのでしょうか
クラブを従属させるような打撃方法では
当たり前ですが その機能は発揮してくれません
自分がまず こう動く
そして クラブをこう動かす
と考える前に
クラブには その形状的特性から
動きたがる方向や姿勢が有る訳で
クラブの姿勢によっては
その動きを助けてくれる場合や
その反対の邪魔をする場合もある訳で
多くの人が
ナイスショットの感触は
大体の場合、クラブが軽く
想い出しても どう動かしたか
良く分らない・・・
いつの間にか 誰かが替りに
打っちまった?の? って感じ…
う〜ん どうやったんだろう って
 そんな体験してるでしょ?!

クラブが やたら重い状態
素晴らしいショットを打った経験って
あんまり 無いんじゃないかな?!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

多くのレッスンでは ダウンスウィングは
下半身から始動する とあるけれど
簡単にゴルフを覚えていくのには
実は その定説は 無視して取り掛かるべきだ

仮に 準備万端のトップオブザスウィングが出来た としよう

Img_001

体の構造上
軸になる背骨と土台になる両脚の関係上
体が正しく右を向く姿勢を取ると
自動的に右の脚の上での行動になる

そこまでは理解出来るだろうか…

成人男性だと だいたい体重は70キロ位
この8〜9割が右足の上に掛かっている

ここで 下半身
ま 意味合いとしては 脚 だと思うけど
その脚から 運動を始めた場合

体重の掛かっている右足は
人間が本能的にバランスを取る為
過激な 素早い動きは 取りづらいだろう

あえて 右脚を動かすとなると
右膝を折る 位しか出来ないだろうから
これでは 軸足への負担が大き過ぎる

クラブも含め ベルトから上でも30〜40キロの
重さがある訳で 右膝が曲がる = 下がるのだから
ベルトから上は 写真上で 右 → 左 へとは
移れなくなってしまう
Img_001
多くの人が この場面で
右脚の蹴り → 回転 を行う訳だけれど
この写真から想像して貰うと良いけれど
ベルト付近の腰部 を回せば
ダルマ落しのちょうど中ほどを回すことに
なるから やはり 上部は右に残ってしまう

体が横に くの字 (この場合は逆くの字)に
折れてしまい 右サイドが下がるのだから
その対になる 左サイドがあがってしまう

ボールに届きにくくなる上に
例え ボールに届いても そのくの字分と同等に
ロフトは増えてしまうので ボールは飛ばない

運動そのモノも あちらこちらに忙しさが分散してしまい
急いでいる割には ヘッドそのモノを
ボールの飛球線方向に動かすスピードには成り難いだろう

多くの人は 右脚の蹴り を やや上方向に取るので
その動きは強くなり その蹴りの力を回転
しかも 右軸を残したままの回転にするのだから
更に複雑化する

アドレス時の正面が出来ず いきなり左向きに
なってしまうので 高さだけでなく 遠近感も
左サイドにとっては ボールから離れる傾向にある

回転 と 体重移動 
これに箱根細工のような矛盾を感じている人は
是非 一度 この部分を考察し直して貰いたい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆ 宮城県石巻 まで 物資を運んで頂ける方
  募集しております。
  行って頂ける方のスケジュールで結構です。
 
 (普通乗用車で運べる程度のモノです…
   理想的にはステーションワゴンやファミリーバン
   タイプの方が良いのですが…。)
  ご連絡お待ちしております
    046-804-1480  野澤まで




 ◆次回 4/15 も野菜・苺等計画しております◆

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

出来れば 15日にあります。
カレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】
振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480

ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP

牡鹿半島方面支援サイト

ojika.future@gmail.com
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あまりに当たり前過ぎて ニュアンスは伝わり難いとは
思うのですが
昔から 
「上げるのはクラブに任せろ、 自分で上げるな!」
と言われます
sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット
その基本発想は
視覚的に見える ヘッドとボールのコンタクトにある
と思うのです。
ロフトの立ったものは
ボールに対し 飛球線後方から 
ボールの真横から  みたいな感じで入ってきます
ロフトの大きなウエッヂなどは
その形状から スコップのように
ボールの下をすくう ように入ってきます
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
しかし これは ロフトによる
クラブの形状による違いで
実際には ロフトの大きなクラブは
短いシャフトに装着されている訳で
ロフトの小さなクラブよりも より一層
上からの入射角度になるのです。

出来れば ボールを打つイメージ
ボールとヘッドがコンタクトするイメージは
全て ロフト0度 の板のような
イマージを抱く事が大切だと思うのです。

確かに 視覚的には ウエッヂなどは
ボールの南極をこすり上げるように 見えるでしょう

しかし それは クラブ の仕事であり
同じ方法で ロフトの違いによる作用 ですから
それに関して 人間は何ら 対処する必要はないのです。

短いクラブを上から打つイメージ
そして ボールの下側をさらっていくようなイメージ
を抱いてしまったのでは
ボールは上がるばかり
もしくは回転するばかりです

そのイメージは 飛球線方向 ボールの進行方向に対し
逆の ボールを後ろに打ちだすイメージに
繋がってしまいますから メリットはなにもありません。

ウエッヂであっても ロフト0度のイメージ
 しかし ヘッドには50数度のロフトがある
結果としては エネルギーは 高さとスピンに分散する
しかし 創るエネルギー 与えるエネルギーは
7番アイアンと変わらない
 そのエネルギーの分散配分はクラブの仕事で
人間はいつもと変わらぬ 同じことをすれば良いだけです
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あるお客様の感想レポート(口頭代筆)

eicyan-122フレームショット

そこそこ 長くゴルフをやってきました
そんなに 頻繁にゴルフクラブを買い替える
コトは出来ないので
古い 安価なゴルフクラブで
自分なりに 練習もしたつもり なんですが…

今日 初めて  が解けました

一生懸命 練習し 球数を打っても
20年前と さして進化がないし
このまま やっていても
  何の兆しも見えない…
その上 あまりに痛い
思いっきり 打つと 痛い
ミスすると 痛い
成果が上がらない上に 痛いのは勘弁です

自分は素人ですから
当然 上手くならない 上手く打てないのは
 自分の腕が悪いからで
そんな自分に ゴルフクラブを投資しても
無意味だと思っていたんです

ところが 新悶絶クラブ とやら
を打つと 当たるじゃないですか…
どんな球になって
スゴイ飛んでいるか は分からないんですが
当たり方が全然違う
そして なにより 痛くない・・・

sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット


で 自分のクラブを調べて貰うと

 と書いてあるアイアンシャフト

振動数ってのが 307cpm
スウィングウエイトが C-7
悶絶クラブが 190cpm
スウィングウエイトが D-8
店長曰く 
 「ファイブエックス位かな?!」って
R って書いてありますよ
 「いや〜 このクラブの R であって
  すべてのクラブの R ではないよ。」

そ そんな・・・

平均 とか 標準 と言う意味で
 という特殊ではないモノを使っていて
それが上手くいかない
即ち 自分が下手 腕が悪い
と 今日の今日まで思っていたけれど
「このクラブで ゴルフを覚えても
 ヘッドはどこにあるか分からないから
 繰り返すのは難しいし
 当たっても飛ばない上
 ヘッド重量が無いから衝撃がモロに
 手に入ってくるから 痛い よね。」
って

自分が上手くないから と
一生懸命 練習したり
技術的なコトを雑誌で勉強したり
でも なんとなく 第六感みたいな部分で
このままでは駄目だ みたいなのは
実は合っていたんだ・・・

店長曰く
「多くの人は R とか SR と言うラベルを
 信じて 自分が悪い って一方的に思っている。
 その実 それは 軽いヘッド 硬いシャフト
 単なる模造ゴルフクラブだから
 痛い上 スウィング感覚みたいなモノが
 まったく身に付かない。
 自分が下手だから と一方的に思い
 不自然な動作でも 反復練習で
 クラブ感とは関係なく 完全なる機械動作
 として スウィングを刷り込んでいる。
 多くのゴルファーは 感覚を遮断しているので
 自分のクラブと悶絶クラブの違いを
 感じられないんだよ。」

エッ こんなに違うのに?
 
「そうだね。
 良いとか 悪い 好きとか 嫌い
 振り易い とか 振り難い 以前に
 スウィング中にクラブから入ってくる情報
 を感じていたら 痛くて あまりに苦痛
 鼻をつまんで 通り過ぎる
 みたいな習慣も 長年やると
 感覚のスウィッチ そのものが入らなく
 なってしまうのかもね・・・。
 その上 距離やスコアだって
 20年経っても 大きく変化が無いから
 そりゃ クラブにお金はつぎ込めないよね。
 知らず知らずの内に
 自分自身が無機質な感覚を持ってきちゃうから
 違いを感じるコトが出来ない。
 感じていたら バッグの中に
 多種類の性格のクラブは入れられないよ。
 でも この痛いのは犯罪だな〜。」


**やらせではなく本当の実話です

  ちなみに これには「オチ」がありまして
 所有の 某メーカーのドライバー
 ご自分の R シャフトと思っていたモノに
 合わせて 購入されたそうなんですが
 ナント ナント
 硬すぎて 振動数が測れないのです
 振動数計は シャフトのストローク(動き)
 を 上下に揺らし
 赤外線の前を何度横(縦)切るかを
 測って 一分間に何回ストロークするか
 で 硬い柔らかいを数値で判別しますが
 硬すぎて シャフトの太さ分以上に
 シャフトがストロークしてくれず
 赤外線をまたがないので 数値が出ないのです
 生まれて初めての経験です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

さぁ この高さにあるボール
この傾斜にあるボールを打つとしよう

単に この状況を脱出するだけでなく
50ヤード 100ヤード 飛ばさなければ
ならないとしたら どうしょう?

ロフトによる ボールの飛ぶ方向はちょっと無視して
ロフトが少ない5度とか 10度とかの アイアンと
仮定して だいたいで良いから アドレス方向に
80ヤード打つとしよう

ローテーション?
当たったとしても 強烈に左に行くよ

いつも通りの 腰の回転?
十中八九 届かないでしょ

クラブを遅らせて 体だけ回す
 俗に言う タメを作ったら?
ヘッドが地面にめり込むよ


確かに この状態を 主に 打つために
 クラブヘッドは作られていないから
ネック周りとか邪魔だし ライ角度も邪魔だけど
この状態で ある程度の距離を打つのには
刷毛塗 しかないでしょ
何か ほかのアイディアある?

一番 確立良く ボールに当たって
繰り返して 出来る方法・・・
一か八か でなくてね

少しでも 距離が必要なら
体の回転だって 打つ方向へのスライドの意識持つでしょ?

トップの位置から いきなり 右足蹴ったり
左腰引いたら 自分のスタンスの傾斜によっては
自分が 落石になっちゃうよ

右ひじを下に向けたり
シャフトを捩じったりすれば
ボールに 打撃面である フェースが向かない

ショットの目的である
ボールを目標方向に打つ は フェースとボール
そして目標方向の三つのベクトルや向きの関係で
成り立つ訳でしょ?!

通常のショットでは
その動きに ヘッド重量の重力落下
そして運動エネルギーが使えるから 距離が出る訳で
このショットでは 安定して 体の向きを変えられる
遅めの運動エネルギーだけが 距離の頼り…

実は 運動エネルギーを上げると
そこから発生する不可抗力も倍々に増えることを
知っているから ゆっくり動かすし
この場合 ミスの度合いが激しく
まったく 前進できない可能性も少なくないから
クラブを捩じったり 短くしたり しないでしょ?!

このショットは 
 正しい刷毛塗 と 正しい向きの変更 
必要で 通常のショットの前傾無し版 とも言える
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【野菜購入 支援 ご協力お願いします】


☆ 宮城県石巻 まで 物資を運んで頂ける方
  募集しております。
  行って頂ける方のスケジュールで結構です。
 
 (普通乗用車で運べる程度のモノです…
   理想的にはステーションワゴンやファミリーバン
   タイプの方が良いのですが…。)
  ご連絡お待ちしております
    046-804-1480  野澤まで




 ◆次回 4/15 も野菜・苺等計画しております◆

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

出来れば 15日にあります。
カレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
046-804-1480

ハミングバード ツイッター
 http://twitter.com/HummingBirdSP

牡鹿半島方面支援サイト

ojika.future@gmail.com
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





「マイゴルフ トレ」と銘打たれた動画には、
何やら2体の怪しい物体が蠢いています。


注目すべくはそこではニャく、店主のこれまた怪しげな動作です。


両足をやや広めに、両のつま先はかなり
外側に向けられています。その状態から「右、左」と
膝を深く曲げ上体がシフトするような動きが見てとれます。


ご本人は「トレーニング」と称し、
何とな〜く、軽〜く動作しているように見えます。


さっそく店主の動きを見よう見まねで実行してみました。


姿見の前で「右」→「左」。また「右」・・
 「ひだ〜〜 り」.....

 んっ?


なんか違う、おかしい...? 膝の曲がる角度、左右に動ける量が
店主の行うそれとは明らかに異なっているのです。

さらに右に回転(こんなに右向くの?)
左にシフト(こんなに左行く??)していますが、
同じようには動作できません。


『“シフト”ってこんなに動くの?』


『“向き差”ってここまで作らなきゃいけないの?』


店主の動画にも驚きましたが、
その動作ができない自分にも驚いてしまいました。


と、同時に今までいかに「下半身」(秀二も含め)を
使えていなかったか、ということに気づき愕然としました。


振り返れば、ラウンド中にミスヒットが出た時は、
決まって打ち終わった後に左足が後ろに引ける、
いわゆる「明治の大砲」になっていたし、
腕さばきを中心としてショットを構成していたので
「再現性」が非常に低かったような気がします。


確かに右肘、クラブのスライドも大事な動きではありますが、
それよりもっと大事なのは脚(下半身)の

回転を伴わないスライドなんですね。


インパクトのイメージも、グリップが体を
追い越したような半ば強引な「ハンドファースト」を作るのではなく、

アドレスで左足踵のラインに置いたボールを、
インパクトで体の中心までもってくるような「シフト」が必要だった訳です。


頭では分かっているツモリだったのですが、
頭の中にあるイメージと実際の体の動きとは大きく乖離していたようです。


でも、youtubeのスイング動画で
店主や達人達の動きを観察すると

「そんなに大胆に(大きく)動いてはいない」

ように見えるんですよねぇ〜。


ブログの記事にもありますが、
やはり視覚情報からスイングを学ぶことはできないようです。


・その場でクルッと回っているように見える


・下半身が先行してクラブを遅らせて打っているように見える


・腕を縦に振って(キャスティング)ボールに届かせているように見える


だけであって、実際にそれをイメージして打ったら

“絶対に”うまくいかないでしょう。



こうやって打つべき、こうやって打っているハズだ
という固定観念を打破しない限り、

大人の...いや、オモチャの鼓笛隊は現れてくれない気がします。


現在、また一からやり直すべく脚を使った体の向きの
変更(シフト)の練習中です。



MOL061_Sc


<スナップ写真を>


・右にシフト。右膝が割れようがお構いなし。思いっきり右へ。


・向きの変更。秀二が右太ももに挟まれてうっ血しようがお構いなしです。


・左へシフト。飛球方向へ背中が向き、左膝が体の部位で一番低くなることをイメージ。


・インパクト。左足首がこれ以上曲がらないっていうくらい深いイメージ。秀二は左太ももに挟ま
れうっ血しています。





<動画>


この人、いったい何処に行くのやら・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 ☆ 宮城県石巻 まで 物資を運んで頂ける方
  募集しております。
  行って頂ける方のスケジュールで結構です。
 
 (普通乗用車で運べる程度のモノです…
   理想的にはステーションワゴンやファミリーバン
   タイプの方が良いのですが…。)
  ご連絡お待ちしております
    046-804-1480  野澤まで




 ◆次回 4/15 も野菜・苺等計画しております◆

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

出来れば 15日にあります。
カレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


年末に横須賀虎の穴に訪問し、店主より
「卒業!」と言われてから数ヶ月。

その後どうなったかと言うと・・・ 
現在も悶絶真っ只中です。

あの時は、確かに感じたんです。
「シャフトが勝手にボールを打ってくれる」感覚。

これが悶絶クラブを使うってことか!
なんて小躍りするくらい喜んだものです。


しかし、この数ヶ月で練習場に行ったり、
極寒の中2回ほどラウンドしたりしましたが
結果は変わらず。 また、もんもん・悶絶の日々です。


 練習場では、ちょっと調子に乗ってスイング動画を
撮って店主に送ったら
「下に振ってるから前傾失ってるぅ。
大丈夫、そのうち振り回すから。
や〜い、や〜い真ん中骨折!真ん中骨折!! 
秀二骨折しちゃえ〜(笑)」注)秀二に骨はありません。

なんてイジワルなことを言われました。

私は反骨精神が人一倍旺盛なものですから
「何を!見ておれ〜」と怒りに任せて秀二・・・

 いや、クラブをブンブン振り回してしまっていました。

まさに店主の予言した通りです。
私の秀二は8ヶ月になる愛息のそれよりも
収縮してしまいました。

虎の穴で見た景色、
イメージを呼び起こすべくクラブを持って動いてみます。


自宅の庭のお手製練習場でボールを打って見ます。
が、何か違うんです。

クラブヘッドがボールに衝突する感覚、音が。

そこでいろいろ考えてトライアンドエラーを繰り返します。

  グリップの修正:
グッと握り締めている感じでした。
両手の親指が触れないくらい極端に指の先で支えてみました。


 
右ひじの送り:身体から離れていました。
右のあばら骨を擦るくらい近くを通してみました。

  左ひじの抜き:飛球方向に抜けていました。
意識してう〜んと右方向に抜いてみました。


 
アドレス時のクラブの姿勢:
今まではシャフトを右から見ていましたが、
インパクトでボールよりもグリップが先行
することを考ると、ややハンドファーストの方が
都合がいい感じ?

などなど。

でもどれも「その場では」いいのですが、
翌日同じことをやろうとしてもまったくできないのです。

できたとしても他のクラブに持ち替えるとできなくなる。


なぜに??

横須賀のイジワル店主はこうなることを
見抜いていたんでしょうね。

悔しいですがこれが現実。

やっぱりそんなに簡単にはいかないようです。

冷静に考えると・・・ 
改善しようとしているポイントは

全て「手さばき」なんですね。


ぜ〜んぶ秀二から上の範囲。
身体の細かい部分、小さい筋肉の部分でした。

もう一度ハミングバードの過去ログを
読み返し頭の中をリセットしようと思いました。


そんな折、3月初旬から
「体の向き そのメカニズム」なる記事が
ブログにアップされ始めました。


正直「過去に書き尽くされた内容だよな〜。
あっ、またガイコツの写真だよ。
もうネタも尽きてきたんじゃないのぉ?」
なんてあまり真剣に読む気になれませんでした。



ところが、後日
youtubeにアップされた
その記事にリンクする動画を見て、
驚き打ち震えることになるのです・・・

続く

 

 

 

 

 

 

 


 スナップショット 4 (2011-12-20 21-56)

 

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【野菜購入 支援 ご協力お願いします】

 ◆次回 4/15 も野菜・苺等計画しております◆

石巻障害者地域活動支援センター
 みどり園さま


画像 002

出来れば 15日にあります。
カレーの日には 野菜や果物等を
ご提供したいと考えております
是非 ご協力ください。

画像 005


【W支援パック】

振込み先
よこすか葉山農協 佐原支店
(普通)0011794
福島&被災地 W支援友の会
フクシマアンドヒサイチ 
ダブルシエントモノカイ

【お問合せ先】
〒238-0024
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


単純な比較をしてみよう

市販ドライバーに装着される ヘッド重量の平均
    
190g
弊社で取り扱っているドライバーヘッドの重量
    
235g

市販アイアンに装着される ヘッド重量 #5
    
240g
弊社で取り扱っている#5アイアンヘッドの重量
    
290g

市販ドライバー 45インチ 
 Rシャフトの平均的な硬さ 振動数
    
250cpm
弊社で取り扱っている 43.5インチ
 ドライバーの振動数
    155cpm

市販軽量スチールシャフト #5アイアンの振動数
    
280〜290cpm
弊社の5番アイアンの振動数
    
180cpm

量産型 市販品のパターヘッドの平均重量
    
320g
弊社の L型ブリストルパターのヘッド重量
    
470g

004


かなりの違いがある事に気付くだろう。

190gのヘッドに250cpmのシャフト
235gのヘッドに155cpmのシャフト

果たして これが 同じクラブ扱いで
同時に遠くへまっすぐ飛ぶだろうか。。。

愚問でしたね。

イメージして欲しい。

グリップを支点に、もしくは体を動かさず
ヘッドだけ振り子のように振るのには
どちらが適していて
ヘッドを支点として ヘッドを動かさず
体を動かすイメージを持った時に
真っ直ぐ飛ぶのはどちらだろうか

これも愚問でしたね。

そう 
ヘッドを動かさず グリップだけ動かす とか
ヘッドを動かさず 体だけ動かした時に
ヘッドがすごく重たくて
シャフトがすごく柔らかい と言う方が
より一層 ヘッドは動かない。
多少のルーズな動きのズレも、ミスも
ヘッドの重さとシャフトの柔らかさが
吸収してくれると考えてよい。

さぁ そこまでのイメージはついたとしても
あとは ヘッドを動かさないで
どうやって 多くの破壊力を創り出すのか
そして それソノモノを信じられるのか
ということなんだけど
今解説した グリップを動かして ヘッドを
動かさない って言うのは 肘周りの 肘さばきの
話であって、傍から見た時に
クラブ也、クラブヘッドがダイナミックに移動
して見えるのは 何度も繰り返すけれど
前傾姿勢の有る上での 体の向きの変更なのだから
その心配は要らないし
その動きも スピードや加速度によって
ボールを遠くへ飛ばす と言う点においては
補足でしかなく やっぱり ボールを打撃する
遠くへ飛ばす破壊力は 重力を利用して上での
ヘッドの重量なんだ っていう
いつも通りの オチにならないオチで終了。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット
正直 ここまでの 向き差
そして 前傾差 を 
右大腿部と骨盤に
作れる才能は羨ましくも思います
素振りやスローな動きで
 この二つの写真は
大変参考になる 静止画としては 垂涎の2枚です

この右向きの動きは ご覧のとおり 左脚のアクションによって
作られるのですが その際 忘れて欲しくないのは
右ひじと同時進行・・・そう歩くのと同じ交差な関係で
動き出してほしいのです

このように 下半身回り 体周りのテーマを強調すると
必ず 意識はそこに行きます

 向きを変えてから

 → 上 げ る

Img_001

これを 別々の二つのアクションにしてしまった時点で
行きはヨイヨイ、帰りは恐い
が待っています
行きに別々に動かしたアクションは
そのアクション差がかなり拡大した形で
帰りに繰り返されることを
 頭の中では十分承知しておいて下さい


この脚の動きが完了した時点で
クラブのポジションも完了していないと
期せずして 背中にねじれが発生し
捩じってクラブを使うことになるのは
悪い意味で保証されています

振りたくないのに 力みたくないのに
クラブと言う負荷を クラブに近いところの
小さな筋肉で動かすことになり
当然 クラブの必要以上に重くなっています

歩くのと同じ動作で
左脚 右ひじ を同時に動かすことが
かなり大きな部分 自主的にアクションする
最初で最後の部分とも言えるでしょう

上げる 動作・・・ 僕自身は必要だと思いますが・・・
上げる そして 下す その反動というか
その勢いで打つ というのは出来るだけ意識しないで
欲しいのです(無理だとは思いますが)
どちらかと言うと クラブは構造上
左から右への動きがあまり得意ではなく
放っておくと パラシュートのようにブレーキの役割を
果たしてしまうので 適切なタイミングで機能させるため
格納・収容するというイメージを
テークバック(アウェイ)に持って貰いたいのです

確かに 重量物であるヘッドに
高さという 位置エネルギーを与え
運動エネルギーも伴い落下させる訳ですが
勢いを付ける のとはちょっと違うニュアンスというか
エンジンはクラブが持っていますから
運転手たる自分が 気合でアクセルを踏む必要は
殆どないと言うか
あまりに それに伴う 非確実性や効率低下 は
スピードやパワーでは補い切れないと思うのです

逆に 自分がスピードを生み出し クラブを動かす
のではなくて
クラブが タイミングやスピードを生み出し
自分が後追いし それに運動エネルギーを加えてあげる
そんなイメージを持って貰いたいのです

それには 上の写真は
次なるベクトルを表す 大変良い教材になると思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

究極 クラブ扱いのコツ と言えば
クラブを捩じらないこと と言えるでしょう

で クラブを捩じらないようにするには
背中、背骨を捩じらないようにすること になります


背中の上下で 捩じり差を作ってしまうと
横のずれなのにもかかわらず
その延長線上にあるクラブの構造により
問題は必ず 縦方向の動きで処理せざる負えなくなります

タイガーウッズ選手の動きなども
骨盤を回さず 背骨を捩じりあげ それを使った
ゼンマイ打法な為 ボールを捕まえるのに
上への動き 上への急激な動きを採用して
無理やりロフトを立てる(軌道に対し)
ちょっと アニメの世界のような打撃方法です
ですから 複雑な背中のねじれ
上下の動きの伴う横のねじれが背骨を傷めます
また それを支えるのに 伸びた状態の左ひざに
同じねじれを加えるので 上半身をまるでステロイドを
利用しウエートトレーニングによって増やされた体重は
ワンスウィングごとに 彼の体を蝕んでいくでしょう

Img_001

元来 正しく使えば
ゴルフ程度の動き スピードであれば
お尻回り 大腿部 そして背中 おなか の
筋肉は 非常に大きく 強いものです

悪く言えば やや鈍重で 痛みにも強く
人間の基本動作という 何万回繰り返す動作にも
耐えられる機構、機能を持っています


上の写真のような姿勢は 美しく
しかも 背中に殆ど負担が掛かっていません
右の大腿部と骨盤に前傾差があり
そして向き差もある

殆どの人が実はこの姿勢が出来ていないのです
勿論 一番の山場は次に来る訳ですが
この姿勢が出来ない限り
クラブの基本機能を利用することは不可能です

流行のオンプレーンスウィング
ゼンマイ打法を採用しているゴルファーの
俗にいう トップオブスウィングでの
背中は 肩周りがもっと盛り上がっていて
背中全体が丸く反り返っています


上の写真には 大変わかりやすいヒントが隠されている
と思います ご本人とは長いお付き合いになりますが
悶絶にめげた代表でもあり この姿勢が作れるように
なっただけで 僕は大変安心しています
自分に 帰るおうちがある のと同じだから です

   それでは また 明日・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そう 前傾姿勢 って何でしょう?

直立姿勢 と対になるような言葉ですよね

では 前傾って 何に対して? でしょう・・・

勿論 直立姿勢に対してですが その部位はどこですか?

多くの方が 前傾姿勢 を
腰をかがめること→ 背中を折り曲げる?意識を持っています

☆間違いです☆

前傾姿勢も やはり 股関節
大腿部と骨盤の角度差のことを指すのです。

lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット

誤解を生まない為に言っておきますと
厳密には お尻は大腿部の一部です
えげつなく言うと 皆さんが食べる
鳥料理の脚の美味しい部分は 脚でもあり お尻でもあるのです
ハイレグのパンツで 露出している部分は
実はお尻であって 脚でもあるのです

ですから 以降 お尻 や 秀二 は骨盤と言います

アドレス時は
両脚と骨盤に 向き差 がないので
両脚と骨盤に 前傾差 が作れるのですが
双方 向き差が発生すると
そうはいかなくなります


正しく前傾姿勢を作るには

実は 向き差と前傾差 は絶妙な関係にある

と言ってよいと思います

右を向いているときは
右と大腿部と骨盤に前傾を任せます
運動を始めると
正面と言う意識は持ちにくいですし
また 持つべきではありません
ですから それをすっ飛ばして
左を向く準備として
前傾を今度は左大腿部と骨盤に託すのです

この一連の動作を覚えるのには
素振りや特にゆっくりした動作で
脚と骨盤に色々な差 を作ることが重要です

多くの方の動きを見ていると
前傾差だけでなく 向きの差を
背中で作ろうとしている気配があります

某レッスンプロの抗議(講義)では
肩甲骨ラインと腰ラインで作る としています
人間の背中は 雑巾ではありません
背骨には 背中には 遊びや余裕、クッションとして
捩じる機構はないとは言えませんが
主要動作としての 横運動をする機能は
殆どないと考えるべきですし
10代の体操選手であるのなら いざ知らず
50歳を超えた平均的日本のゴルファーには
これは いささか乱暴な理論です

普段の生活から 大腿部と骨盤に 差 を作る意識をすると
姿勢もよくなりますし 歩く姿も美しくなりますよ

   それでは また 明日・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前傾姿勢を基本に 体の向きを変える

その双方が ある部分を指しています

体の向きの動き というと
胸の動きとか 肩のラインとか お尻の動き
なんかが 多く取り上げられる訳ですが
ゴルフスウィングの中で 言われる
正しい 向きの変更 とは

大腿部と骨盤 の向きを変更を指します

しかも それには
弊社でお薦めする通り
両足 という事ではなく
必ず その動作に伴う 片側ずつ の動きになります

右向きの場合
右の大腿部と骨盤(お尻)

左向きの場合は
左の大腿部と骨盤(お尻)

そのそれぞれに 向き差
右の場合 右の大腿部の向きと骨盤の向き

左の場合 左の大腿部の向きと骨盤の向き

これが 体の向きの変更の詳細 です

股関節 と聞くとなんだか 高等な動作に感じられますが
股関節自体、それのみを動かすことは出来ない訳で
簡単に言えば お尻に対して 脚、大腿部を動かすことを
指すわけです

ですから ゴルフのスウィングにとって
向きを変える動きは
1.右に軸足を作り
2.右の大腿部とお尻に向き差を作ることで

左足と骨盤は一体にして動かす訳で
左足に向き差を作る必要はない訳ですから
テークバックこそ 左脚のアクションで
その 右大腿部と骨盤の向き差を作ることになるのです

鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット

ここまでは スローなアクションで
割と簡単に出来る ところではあります

ゴルフスウィングの場合
難しいのは ここから
実際には 難しくしてしまっているだけです

ここに 単純なルール があるので
もう一度 思い出してください

人間には 体のバランスを取ろう とする本能が
あります。 これは ボールを当てることや飛ばすこと
上手く打つことよりも 圧倒的優先順位は高く
本能的に バランスを失う事や痛い思いをすることを 嫌います

それを利用し そしてクラブの基本構造を利用すれば
ここからは オートマチックに近く
あまり 人間が動作で関与する必要は多くありません。

逆に ここを 動作でカバーしてしまおうとすると
縦 横 が斜めに存在することもあり
縦を修正すると 横に問題が…
横を修正すると 縦の問題は歪みとして発生する上
立体動作がゆえに 遠近 や 上下の問題も出てきます

 また 明日に続きますが 重要な項目です
 この記事をおさらいした上で 明日の記事もお読みください
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今日は握り、人間の握りの方のグリップでは無く
用品と言うか、ゴルフクラブの場所、部位としても
グリップのお話。

IMGA0214

初めてお店にこられたり、悩み相談とか
クラブ診断なんかで お客様がお店に来られた時
何気なく 見ているのがグリップの傷み。

一番多いのが 右手の親指のトコロだけが
傷んで、摩耗しているケース。


これは明らかに シャフトが硬い、ヘッドが軽い
多分、その合併症を具現化しているグリップの痛みで
手の触れる全体に比べ 極端に右親指部分が摩耗し
場合によっては シャフトが見えてしまう例もある。

スウィング中にどうしても 右親指・人差し指で
グリップを握り直すというか インパクト付近で
その2本の指を締め直すので スウィングの回数分
ショットの回数分、摩耗することになる。

クラブそのものに ボールをどかす ボールの質量をどかす
ボールを遠くに飛ばす 破壊力が乏しいのと
シャフトを硬さを シャフトを撓らせ 不必要な
シャフトの動きを作り そして抑制するためには
右手の親指と人差し指の 握り直しみたいな部分は
不可欠なんであろう。

自分で、自分のグリップを確認して欲しい。

通常、悶絶系のクラブを持っていると
グリップは痛んでも 全体的、平均的に痛む。
悶絶系のクラブで、洒落じゃなく悶絶しているケース
であれば 十中八苦(九) 右親指部分が痛んでいる。

IMGA0209

さて もう一つは グリップの痛みの長さ
というか その右親指の痛みの部分 これを基準に
すると その場所が どこらへんにあるかである。

グリップエンドから 何処位 下の方にあるか
どの位離れた所にあるかを確認する。

通常 右親指部分の痛みの激しいゴルファーほど
その痛みの場所は グリップエンドから離れた場所にあり
両手のグリップで接触する面と言うか長さは
非常に長くなる。

ま、その原理は非常に簡単で
左手を支点に 右手でシャフトを回転させるから
左手グリップと右手グリップは離れている方が
グリップが長くなる…と言う表現を使うけど
グリップが長くなった方が 回転させやすい
正しい事ではないけれど 理にかなっている...

グリップが長くなれば 右手はより離れた所を
握らなければならなくなるから アドレス姿勢も
くずれてしまう… アドレスの状態で既に
体が立体的に捻じれた姿勢。。。
 これで コンスタントに真っ直ぐ打つのは
至難の業、運動神経と練習量は必須になる。

捻じれた姿勢だから 不必要な捩じる運動になるし
クラブが作る負荷、遠心力なんかも不必要に多い…
 体 壊すよね。。。

グリップの汚れや傷みに クラブ扱いの
全てが出てしまうよね、当然だけど。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 


ここ最近の記事を読みまして、
色々踏まえた上でのレポートです。



えぇっと、まず私、
中学生の頃に自転車で友人と塾に向かっている際

斜め前を走る友人の自転車の片足スタンドが
自分の自転車の前輪に絡み、

前に吹っ飛んで、右手の平を着いて(突いて?)
手首を痛めました。

一応、整骨院には通っていたのですが、
少し傷みが引いた時点で

面倒になり、行かなくなってしまいました。



それ以来、重たい物を持った状態で手首を捻ると、
すぐに痛めてしまうように

なってしまいました。

メチャメチャ痛い訳でもないので、
そのまま放置しております。



で、悶絶クラブを手にして以来、
練習中に「捻る」と痛くなっていました。

なるべく「捻らない」ように色々と考えていました。



そして、ディッシュアングルの維持を考えた際、
手首が動かないように固定。

と言う所に行き着いていました。



が、やはり無理をしているのか、少し痛くなります。



そして、先日の記事。



ディッシュアングルを維持してしまう

そんなところにクラブを送り込めば



これを読んで、もう少し考えてみました。



更に、例の素振り。



右に壁が有ると仮定して、ここから壁に当たらない所・・・



えっ!?



ここ!?





そんなに!?





いくら何でもココは無いだろう?



と思いながら、打ってみました。







あれ!?



どうやら、ソコだったみたいです。



力強い打球。そして手首も痛く無い。



室内なので、飛距離は分かりませんが・・・





一応、今迄もかなり自分の身体が
邪魔そうな所に向かっているつもりでしたが、

ココは完全に自分の身体をクラブが通過するのでは?

と思うような所でした。



この時点で、色々な人の言葉の意味が
完全に理解出来たように思います。

そして「振らない」も「ヘッドを動かさない」
も分かりました。



少し無駄な道のりを通っていたみたいです。

その無駄な道のり分、
無理に左に持って来ようとしていたように思います。



それから何度か打ってみましたが、
ミスと言えば身体のバランスが崩れた時。

すこし覆い被さるような前傾になってしまった時。

それぐらいで、後は概ね同じような強さと高さでした。

とても再現性が高いのではないかと・・・


結局、スタンスの時点で殆どが決まっている訳で、

後は押す方向さえ間違わなければ、
クラブが勝手にやってくれる。



今日、レンジに行って確認しようかと思っていたのですが、

仕事で右手首を痛めてしまいましたorz



傷みが引いたら、それが正解なのか確認しに行ってみたいと思います。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 

秀二の起った・・・ 
いや、ロフトの立ったインパクトを迎える方法、
またロフトが開いてしまう原因とは・・・・



それこそ何通りもの原因があると思いますが、
ひとつひとつ考えてみようと思いました。

食事中、商談中、運転中(私はハンドルを指で握ります)
5ヶ月の息子を抱っこしながら
 (これも危険ですので推奨しません)
それこそ夢の中で刷毛塗りするくらい考えました。


「下手な考え休むに似たり」でしたが、
それでもあと数点、今のイメージを転換すれば
いいところまでいくのでは?と思えるようになりました。


スナップショット 1 (2011-12-18 21-59)

12
月某日。前回の訪問から3ヶ月しか
経っていませんでしたが、
ここをクリアしなければ新年も迎えられないと思い、
またも横須賀(HBS熱帯魚センター)に向かっておりました。

 


この1年半、往復6時間掛けて横須賀虎の穴まで
何度お邪魔したことでしょう(数えたら6回でした)


その度に長時間に渡る密着プライベートレッスン、
ありがたいお言葉の数々、美味しい夜食
(奥様の手料理が一番美味しかったです)をいただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。



前戯・・・ いや、雑談を済ませレッスンを
開始したのですが、玉(球)を打ち始めて間もなく、
背後から「“毒”あるけど打ってみる??」
なんていう声が聞こえてきました。 

その“毒”とは、あまり詳しいことは言えませんが、
新悶絶を凌駕するようなかなり危険な劇薬のようです。


その毒をお借りし何球か打ってみましたが、
カスッ!とかペチッ!とかいうインパクト音で全く歯が立ちません。  


そこから試行錯誤を続けること数時間。
何かのきっかけで店主が私にアドバイスをくれました。
そのアドバイスはハミングバードブログにも
度々登場する悶絶クラブ扱いの基礎となる動作です。


店主

「もっと手を下ろす!」

「もっと秀二に向かって!!」

「違う!振ってる! 振るなぁ〜〜!!」

「ズドン!!!」



何球目かにすごい音がしました。
インパクトの音なのか、
それとも自分の身体に受けた衝撃なのかは分かりません。
額からは脂汗が流れ、全身鳥肌が立ち、
   秀二が・・・(自主規制)〜います。 


振り返ると店主が中指、いや親指を立ててニコニコしています。


「卒業!」そう店主が呟きました。
    注)ちょっとズルいやり方でしたが。



なんとも形容しがたいのですが、
すごく不思議な感覚です。

自分で打った感触が無い、
それどころかクラブを振ったという感触すらない。


自分の感覚ではハーフショット以下、
時計の針でいうと「4時〜8時」くらいの
振りごたえでしょうか。

でも撮影してもらった動画を見ると
フルショットになっている・・・  

これが「悶絶クラブを扱う」「クラブが勝手に打つ」
ということなんですね。


店主から「やっとクラブと意思疎通できましたね」
と言われ実感が沸いてきました。


その後いろいろなスペックのクラブで
打ってみましたがどれでも打てます!

(アルグラン+SPD507はさすがに手が痛かったですが)

1球打つごとに笑いが出るんです。
それほど面白いんです。

もしも第三者が見ていたら救急車か
パトカーを呼ばれてもおかしくはなかったでしょう
ほとんど変態の世界)

 

あれほど苦しんで、悩んでいたのに
こんなにもあっけなくできてしまうんですね?
偶然ってすごいです。と言ったら
「それは違う。すべては必然なんですよ」と店主。


今までの経験があってこそ打てたってことなんですね。



私感ですが、店主のアドバイスを聞く、
ハミングバードブログを読む、
youtube動画を真似るだけでは
悶絶クラブ扱いは難しいと思います。


自分で創造すること。
一つ膜・・・ いや、壁をぶち破る勇気を持つこと。


そして何よりクラブの声に耳を傾ける
(クラブの意思に従う)ことが大切なのだと思います。
 ちょっと宗教じみてしまいましたが(笑)


変えるべきは“型”(断片)ではなく“動き”(流れ)

 

 意識すべきは“感覚”ではなく
  “景色”(いい当たりをした時に見える光景)





そして変わるべきは“他人”ではなく
  “自分”ではないでしょうか。

スナップショット 2 (2011-12-18 21-59)

自分を変える媒体が、
たまたまこの悶絶クラブだった。
クラブと意思が通えば自分も変われる。

 
店主の思いはここにあるのかもしれません。

私はやっとゴルフというゲームをするための
スタートラインに立たたせてもらいました。

これからも店主や、悶絶クラブは進化しつづける
でしょうから、それに伴って自分も進化して
いけたらいいなと思います。


   「いじわる店長!これからもよろしくね!!」


               一応完



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



きっかけはある動画(youtube)でした。
http://www.youtube.com/user/HummingBirdSports?feature=mhee

その方の打ち方を見るとクラブ全体で
ボールを「押し潰す」ような動作が見て取れました。 


早速見よう見まねでその動きをなぞり、
軽くボールを打ってみるとなんだかいい調子です。


言葉にするのは難しいですが、
自分がイメージしていたトップからダウンへの
クラブヘッドの
「角度」がちょうど“90度”違っていた
感じです。 


『こんな角度で落としてボールが前に飛ぶのか』 

不安に思いながらも義父の手作り練習場で
フルショットしてみました。


最初は自分の左足を直撃しそうで、
ものすごく怖かったんですが、
身体が回転することを考えれば
必然的に飛球方向へボールが飛び出します。

しばらくはこのやり方でクラブを振っていましたが、
ラウンドではあまりいい結果は得られませんでした。


その後、ハミングバードブログを読み返したり、
「仕事」で横須賀
にお邪魔したりして、
自分の中のイメージを少しずつ変えていきました。 

非常にイジワルな店主は、
ちょっとずつヒントをくれますので
(ご本人曰くその人の成長に合わせているんだとのこと)
そのヒントを基に自分で考え、構築していかなければいけません。 


さらに時間が経過し、
今度は「クラブをその場に置いておく」
イメージが出始めました。

アドレスした状態から横方向にはクラブが動かない、
身体の中心に沿って上下させるイメージです。


例えるなら、下半身がゆっくりと巡航する
「航空母艦」で、その甲板にクラブヘッド「ハリヤー」
(垂直着陸できる戦闘機)が降り立つイメージです。


これはけっこういいイメージでした。
ラウンドではやっと三桁を切るくらいまでになりましたし、
ロングゲーム(特にドライバー)のミスが格段に減りました。


でもこの手法も自分の中で消化できない
部分がありました。
刷毛塗りのような短いショット(アプローチ・パター)と
フルショットの「繋がり」が無いのです。


このギャップをどうやって埋めよう・・・ 

大きな課題が残ります。


006


2011年9月某日。
今思えばこの日が「新悶絶先生」と
意思疎通できた分水嶺だったのかもしれません。


その日も午後から横須賀に訪問し商談開始。


この時のお仕置き内容が以下の通りです


9月○日 hbsメモ


*アドレスお尻を下げる⇒
 足首の角度を気にしながら膝を前に出す。
 あまり膝は曲げない。


*クラブのバックフェースをずっと見ているイメージ。


*クラブのトゥが上。ヒールが下。この姿勢を維持。


*グリップがボールを追い越す。
 クラブの重さでグリップを下げる。
 やや右(身体の向きに対して正面)に向けて。


*左へのシフトの大きさが飛距離に比例する。


 *左手の甲を下に向ける。


 *ボールを潰す。北極とレイキャビックを打つ。

 
 *左にハンドルを切る。

 
 *左肘を右肘で抑える!


*「ロフトの立ったインパクトを
 迎えるのが正解ならば、ロフトを開いて
 インパクトしてしまう何通りもの原因を
 潰していくことが正解への道」



*パターアドレスで自然に腕を伸ばす。
 左手が下にダランと垂れた位置。
 右手人差し指(掌底)で押す。左手は添えるだけ。
 逆オーバーラップは有り。
 ややフック回転が正しい。ショットも同じ。


上記の「左にハンドルを切る」とは
 テイクバックは車のハンドルを
「左に切っていく」イメージ。という意味なのですが、
 **これを運転中にイメージしてしまうと
   非常に危険ですのでお止めください。


そうではなくで、赤字のところ「ロフトの立った〜
という店主の何気ない呟きが“自分自身で考える”ことを
気づかせてくれた珠玉の言葉でした。


当時は気づきませんでしたが、
店主はよく「ロフトと修二は立てろ!」とか

「真ん中の直立脚を使え!」とか言っていたような気がします。

こちらの方が珠玉のお言葉でしょうか?(笑)

            続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ