◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2012年01月

以前の記事を重複する部分もあるとは思いますが
ご理解の上、ご拝読くださいませ。

普通 シャフトの役割は
しなって、弾いて 飛ばす みたいな
グリップが固定されていて先端が動く 
そんなシャフトの使い方をイメージされている方が
大半だと思います。

そのイメージの増幅が
 スウィングになっていくのだと思うのです。

ヘッドを振るイメージはもしかすると
そこから生まれてしまうのかも知れません。

駄目なストロークの代表

僕が考えているコトは それとは全く反対です。

使い手にとって ゴルフクラブの ヘッドとグリップ
動かすことの出来るのは グリップです。
勿論、ヘッドも動かせはしますが
非常に間接な動きの関係であり
まして 自分の動かそうとする通りに動く訳でも
ありません。

そう ゴルファーが動かせるのはグリップだけです
ヘッドを動かそう とする概念から
一度 頭を切り離した方が良い訳です。

BlogPaint

そして シャフトにおいても
シャフトの動き 動き方に於いても
すこし ヘッドを動かすという概念を捨て去り
ヘッドを基準に グリップが動く
と言う風にお考えください。

ヘッドの重さや位置、姿勢…
そして 製品としてのクラブヘッドの形状、構造が
シャフトと言う伝達装置を通して
グリップの進行方向や位置を決めていく…

シャフトから伝わってくる 重みや方向性によって
グリップは動かされ、その結果ヘッドも動く
そう考えると シャフトは伝達装置 というか
誘導機能を持っている のだとお考えください。

ですので 今まで 考えていた シャフトの使い方とは
全く反対の グリップを動かすための装置は
シャフトであって シャフトはヒモ でも その役割は
果たしませんし 逆に 何も伝えない硬い棒でも
その役割は果たしません。

そう考えていくと クラブの使い方も
スウィングのイメージもだいぶ変わっていくのかと
思いますし、今あるクラブの位置や姿勢が
シャフトを通して 次のどこへグリップを
誘導して行くのか 考えるようになるのでは
ないでしょうか・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


オーダーメイドでゴルフクラブを作る場合
一番 重要になることは
それぞれの方の 「時間地図」「時間座標」
読み取ってあげるコトです。

目の前の 結果 に縛られた ゴルフクラブ を
作ってしまうと 確かに 手にした時は
今までよりも 良い結果 
が味わえるかも知れませんが
すこし長い時間で考えると
お互いに 何も残らない 何も得られない
モノになってしまいます。

僕自身にとって 「結果だけ出す、導き出す」
そんなゴルフクラブを作るのが 一番簡単です。
今まで 使ってきた、使っているクラブよりも
ちょっとだけ 柔らかく ちょっとだけ 重く
握りかえても 違和感のない程度にしておけば
必ず 結果は出ます。
単に数字の変更 だとも言えます。

でも その手のクラブをおつくりになられる
お客様とは それ一度きりの
お付き合いになるコトがすくなくありません。
きっと 次は 有名メーカーの
ヒット商品を手にされている コトでしょう。


IMGA0238


ゴルファーの殆ど は
ちゃんとしたゴルフクラブの扱い を
知りません。

それは 面白い程 逆説的ではありますが
数十年 殆どのゴルフメーカーは
販売 と言う名の元で
お客様の目先のニーズに応え続けてしまった
からで 振り易い
正しくないクラブ扱いでも
真っ直ぐ 遠くへ飛ぶ
 ような
クラブを通して お客様を
ちゃんと ゴルフが出来る
ちゃんと ゴルフクラブが扱える
ところとは 反対の方向へ
誘ってしまったからです。

一見すると それは便利な様な気がしますが
かなり はっきりと 長い時間を掛けて
ゴルフ業界を衰退させていきます。

ゴルフクラブとは
本来 扱い難いモノです。
手でボールを殴っても
足でボールを蹴っても
せいぜい 40m程度しか
飛ばないモノを
その5倍も6倍も飛ばさせ
遥か遠くに 思った方向へ
行かせようとするのですから
何がしかの大きなエネルギー
破壊力を持っている筈なのです。

ですから 
ゴルフクラブが無いよりも
有った方が 打ち易いけれど
ゴルフクラブを持っていないよりも
持っている方が 振り難いのは
当たり前
 だと思うのは
僕だけでしょうか…

その方その方の
時間座標 時間地図を
読み取ってあげ
ゴルフクラブを通して
クラブの正しい扱いを
覚えて貰い
それが 正しいゴルフとの付き合い方
にもつながっていく
それが
ハミングバードのゴルフクラブです

004


ゴルフクラブ以上に
スウィングやゴルフを
教えることは不可能

なのが 弊社のモットーです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クラブの機能やスウィング
その行き着くところは ヘッドの重さ です。
重心距離にしても 慣性モーメントにしても
クラブの長さにしても スピードにしても
結局は 重さ 対ボール との質量対決 です。

その上で考えると
多くの人が ヘッドの重さの使い方を
勘違いしていると思うのです。

ヘッドの重さは 人間にサインを送るコト
にも利用出来ますが それは あくまでも
ミス 間違い との境 を教えるモノで
主目的としては
やはり ボールと衝突する コトに使われるのです。

006

ですから 重いヘッドのクラブ は
それを 重く使わない と言うのが基本です。
*重く感じるように 使わない
天の邪鬼 のように感じますが
人間が重く感じる、より重く感じる というコトは
それは 人間の移動や動作 の妨げにしかなりません。

クラブを動かさず それを持った人間の方が動く。

横の動き・・・ 向きの変更は
クラブ   の向きを変えるのではなく
クラブを持った人間の方が向きを変えるのです

そうであれば クラブの重さは
大きくは変化して感じないでしょう。

動かすモノの総体 に対して
クラブヘッドの重さの数十グラムなど
非常に微々たるものです。

しかし ヘッドやクラブだけを動かす となると
一メートルも先にあるヘッドが 数十グラム重いのは
大きな違いになってしまいます。

上げる行為 は厳密には存在しませんが
ヘッドの位置エネルギーが増えるのも
向きの変更 + 傾き
それに クラブの自分の方に鎌首をもたげた
その形状がその動きの主力エンジンで
自分自身は クラブを動かすコトは非常に少なく
あえて 言えば クラブの重さを増やさないように
クラブ自体を自分に近づけ
真上から見た時の クラブの長さを短くして
 重 さ × 長 さ 
を調整して 同じ重さ感でいられるよう
クラブに慣性を テークバックで 付けないように
しているに過ぎません。

悶絶仲間の多くは
クラブヘッドの重さを使って
スウィングしよう
 ヘッドの重さを利用する目的 →
  スウィングするコト
 としていますから
結局は その重さは  ボールにではなく
使用者に向かってしまうのです
 ・・・それが使用目的なのですから


まったく クラブヘッドの重さを使って
スウィングしない、訳ではありませんが
スピードや慣性、勢いなどの為に
重さを使うのでもありません。
出来るだけ いつも 同じタイミング
同じ動作になるように 活用するためで
アクティブな動きの為に使うのではありません。

sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

お持ちでないお客様には
勿論、無料でお分けいたしますが
多くの悶絶仲間は
多種多様な映像を見ている筈です。

殆どのモノが
まるで トリックを使ったように
重いクラブを軽そうに
しなるシャフトをしならせないで
使っていると思います。

何も伝えずに 数球 打った後に
悶絶クラブを一般の方に打たせると
持った瞬間とそれまで見ていた印象が
一致せずに「重〜い」驚くと思います。

まるで そこそこ 硬いシャフトを
打っていたかのように 使う のと
平均的なアマチュアゴルファーのように
硬いシャフトをしならせて使うのとの
大きな溝と言えると思います。

重いヘッドのクラブは
 重く使わない。
しなるシャフトは
 しならせて使わない。
が 基本中の基本 と考えています
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


☆ロフトを立てる
☆ボールを潰す
☆ボールを捕まえる
☆ボールを上から打つ


これって すべて同意語 で
同じ現象を指している言葉 だと認識してますか

まずは やっぱり この写真から

99fe6633-s

同じ話を同じ写真でしているような記憶があるけど
ボールを潰す ボールを捕まえる
というのは その言葉の通り 
ボールの逃げ道の断つ事

ボールと言うのは 当たり前だけれど 球体 だから
液体と同じで 逃げ道があれば 必ず そこへ向かう。

それが ロフト なんだ

というコトがお分かり頂けてるだろうか…

そこを大前提に考えていくと 極端な言い方をすれば
フェースとマットでボールを挟むこと
と言い換えても イメージがしやすく成るんじゃないかな

だから ボールを上から打つ
と言うのも ヘッドを下に向かって振ってしまったとしても
(本当は必要が無いんだけど)
ソールを下に振るような 振り方をすれば
大袈裟に言えば 6番アイアンも120度とかのロフトで
打っているのと 同じになってしまう。

だから 100歩譲って 下に振るにしても
フェース面を下に振れば 疑似的ではあるけれど
ボールを捕まえる事は体験できる。

ヘッドを振ってしまっている人にとっては
ある意味 製品ロフトの立ったもの程 捕まえられる
ということになるだろうね。

ヘッド重量はエネルギーの源 であって
クラブの機能、構造的な機能とは言い切れないから
ロフトというのは クラブの機能そのもの と言ってもいい
それを利用できるか 出来ないか が 即
クラブを使えているか どうかになる訳だし
ココの部分が ゴルフクラブの謎 の本命とも言える。

ここ よく理解してね。

どうやったら フェースとマットでボールを挟めるのか
ここで 間違った考えは
 どう動かしたら いいのか
だと思う。 どうやって のニュアンスの中に
何かしなくては 何か動作をしなくては
と言うモノが含まれているでしょ。

ココの解決方法は たった一つ
クラブは動かさず 自分が動くコト
これが 出来れば一発で解決する。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




 

クラブに扱われるようになってきたかな〜〜〜と・・・

自分では思っています。

確証の有る反面、微妙に曖昧な所もあります。



 

基本的には、足(脚)を使った向きの変更と
右肘の引き押し(戻し?)で、

それ以外に自発的な動きを入れると・・・orz

と言う感じではありますが、

・グリッププレッシャー(ユルユル〜シッカリ)

・手首のホールド感(ユルユル〜シッカリ)

・スタンス(狭め〜広め)

・左膝に乗っかる(受け止める?)感じ(弱め〜強め)

みたいな感じで色々と試してみています。

後は、脱力加減と言いますか、

力入ってないよぉ〜みたいな感じから、
おりゃ〜!!みたいな感じ。

って箇条書きにしてますが、
複合的に絡むので一つ一つって感じでは無いのですが。



 スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)


今の段階で一番ミスが少ないのは、

グリッププレッシャー10段階の4とか5ぐらい

手首のホールド感10段階の5とか6ぐらい

スタンス広め。しっかり左膝に乗っかる(受け止める)。

あっ、あと右肘の引き加減は左手が右乳首前ぐらい。

です。



 

とりあえず手首は、

クラブの重さで余り動かされない程度、

押した時にグネッとならない程度にしています。

それに伴いグリッププレッシャーも

ユルユルより少し力が入った感じになっているかと。



 

これが一番、押す方向が分かり易い感じと言いますか、

押した瞬間に「あっ違う」と言うのが少ないかと。



 

スタンスは狭くすると、その場で回転しようとしてしまうと言いますか、

正直よく分からないのですが、ミスが増えます。

何なんでしょう?今の所原因不明。



 

あと、たまにボールの上をソールで擦るような感じになる時は、

恐らく下に振っているのでは無いかと・・・

昨日のツイートを見て、そうでは無いかと思いました。確証はありませんw



 

てな感じで。調子良く打っていて、だんだん調子に乗ると振ってしまっているのか、

自発的に回転入れて振らされているのか・・・まだまだ修行が足りません。


スナップショット 2 (2012-01-10 17-57)


 

何と言うか、ちょっとした事なんですけど、クラブを無視すると嫌われます。

ちょっとした事じゃ無いですけどw



 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ご好評頂き、昨年完売させて頂きました
 ブリストルタイプ パター


多くはありませんが 
希望数が集まりましたので
残り 6本(右のみ) になりました

L型ブリストルパター
  
  再販リリース致します


006

多分 現在 流通しているパターでも
唯一の存在 
軟鉄削り出しのL型パター

企画、製作、販売までに一年余かかった
ハミングバード刻印入り パターです。

通常 アイアンなどでは 毎回毎回 少しずつ
手直しして改良していくのですが
このパターの限っては 原形が完成して以来
一年半以上経ちますが 全く手がいれるところが
見つからない程 僕にとっては完成形。完全版。
これを超えるパターは 二度と作れない と思っています。


004


原型は ジョージロー スポーツマンの
量産型「ブリストル」
これをベースに 軟鉄で作りました。

弊社オリジナルアイアンの
シェイプを取り入れ
仕上げ、素材、メッキともに
アイアンと全く同じです。
0番アイアンとしての
イメージを持っています。

003

無駄な飾りをすべて 剥ぎ取り
シンプルかつ重厚に仕上げてみました。

004

このパターの為にのみ 開発した
グラファイトシャフト
☆100g やや硬め  
  装着時振動数 230cpm
☆90g スタンダード
  装着時振動数 190cpm
の二通りをご用意しております

007

ヘッド重量   470g
シャフト重量   90g
総重量     650g前後
ロフト角度     5度
ライ角度     71度
バンス角度     3度
推奨長さ     32インチ
オリジナルヘッドカバー
 
…L型ゆえ ちょっと緩いですが
オリジナルグリーンフォーク付

006

既にお持ちで 2本目以降の
スペア等としてのご購入の方には
「特別価格」をご用意しております

お尋ねください☆046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


かつて、こんな練習を「ジャンボ」が行っていたような
そんな記憶が有りますがね…

スナップショット 1 (2012-01-10 20-05)


これ 難しい ッス。

スナップショット 2 (2012-01-10 20-05)

ホント 数センチでも下に振ったら
痛い なんてもんじゃなく
ボールじゃなくて マットが飛ぶわ
もしかしたら 人によっては クラブ放しちゃう かも

ボールを打ったり しないで
マットみたいな 柔らかいモノを置いて
素振りでも十分難しいです

回転する椅子に深く腰掛けないで
センターの心棒が背骨に来るくらい
浅めに腰かけます。

ゆる~く で良いから 前傾を取ります。

僕はボールを置いて実際に打ちましたけど
打つために アドレスすると
グリップが 両脚の間に挟まれている…

体の回転と別に腕でクラブを回す
回転させる人にとっては この脚が
邪魔になるだろうなぁ〜 って感じました。


スナップショット 3 (2012-01-10 20-06)

体の向きの変更(回転)・・・ この場合 椅子
で行っていれば グリップは高さは微妙に変れど
常時 脚の間にあるんで 全く邪魔になりません。

スナップショット 04(2012-01-10 20-06)

ライ ロフトの関係から 意識しないで打つと
ボールは真左に飛んでしまいますが
慣れてくると パカン パカン とあたり
実験は6番アイアンですが 70ヤード位は
打てそうです。

動画では 行っていますが
刷毛塗の意識をしっかり持って プッシュ気味に
打つと ターゲットラインに普通に打つことも
可能だったりします。

肘を曲げたり 伸ばしたり クランチしたり
肘を使うと クラブがどうなるのか 非常に明解に
判り易いです。 普段の刷毛塗の成果が
非常にはっきり表れます。
利き肘を使って 運動フィールド上に
胸に沿って クラブをスライドさせられれば
比較的 短期間でボールを触れるようになります。

シャフトを扇のように縦に振ったり 斜めに振る人は
50センチ位 
下にある仮想の地面に向かって
ヘッドを振っていこうとするのですから
ボールを打てるはずもありません。


クラブを下に振ったら 当たる とか 当たらないの
レベルでなく 相当 手前の地面をぶっ叩き
椅子から転げ落ちそうになります。

意識改善には 結構良い訓練かも知れません。
ま 参考までに…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



惜しむらくは クラブの重さで前傾を左股関節に移せるようになると
もうすこし簡略化できると思う。

これでは 下に振ることによって、インパクト時のロフトが暴れる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


いつも思うのです。
映像などの視覚情報を見る場合、
多くの人は 見えているモノを見ているのでなく
見たいものを探し求め 見つけよう としています。

今回の画像も大変 誤解の生みやすい ものですが
スウィングというのは クラブを扱う本人の
イメージ と 最終的な映像とは
 「当然」食い違いがあります。

最終的な映像には クラブの遠心力や重さなどの
不可抗力が加わる訳で、事前のイメージの中では
それが加わることを当然考慮しておかなければ
ならないのです。

例えば この映像

スナップショット 2 (2012-01-10)

本人は手を伸ばしているイメージでは無く
刷毛塗 の 肘のイメージそのものなのですが
結果として クラブの外力 外への膨らもうとする力
によって てが延ばされている に過ぎません。

逆に、ココで手を伸ばそうとすると
画像の方向にクラブは出ず、体に巻き付くような
そんな形になってしまいます。

本題に入りますが
この映像を比較ください。
スナップショット 1 (2012-01-10 17-56)

ショットそのものは 刷毛塗のイメージ
 そのもので行っています。
では この二つは…


スナップショット 2 (2012-01-10 17-57)

細かい事はさておき どれも 体が回っただけで
股関節から上には 大きな運動
アクションは 存在していない。

スナップショット 2 (2012-01-10)


僕からすると 前傾の無い素振りで クラブが
円弧を描いてしまう事が ナンセンスで
体の向きの変更と前傾によって
このような 斜めの円弧が出来上がる。

ジュラ紀 とか 白亜紀 みたいな
時間区分として ダウンスウィングとか
フォローなんて 呼び名はあるけれど
動作やアクションとしては フォローなんてものは
存在しないし それが出来ない人は
クラブの一番ダイナミックに動く、この部分を
腕さばきで行っているだけだし
体の向きの変更がほぼ活用されていない というコト。

腕と体を別々な時間に動かしているし
体を止める その反動で腕やクラブを振っている人
には この写真は正しく見るコトが出来ないだろう…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

120107_101017

120107_101307



オマケ映像 タイトルは「添い寝」

120110_1003~02



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ご好評頂き、昨年完売させて頂きました
 ブリストルタイプ パター


多くはありませんが 
希望数が集まりましたので
残り 15本(右のみ)

L型ブリストルパター
  
  再販リリース致します


006

多分 現在 流通しているパターでも
唯一の存在 
軟鉄削り出しのL型パター

企画、製作、販売までに一年余かかった
ハミングバード刻印入り パターです。

通常 アイアンなどでは 毎回毎回 少しずつ
手直しして改良していくのですが
このパターの限っては 原形が完成して以来
一年半以上経ちますが 全く手がいれるところが
見つからない程 僕にとっては完成形。完全版。
これを超えるパターは 二度と作れない と思っています。


004


原型は ジョージロー スポーツマンの
量産型「ブリストル」
これをベースに 軟鉄で作りました。

弊社オリジナルアイアンの
シェイプを取り入れ
仕上げ、素材、メッキともに
アイアンと全く同じです。
0番アイアンとしての
イメージを持っています。

003

無駄な飾りをすべて 剥ぎ取り
シンプルかつ重厚に仕上げてみました。

004

このパターの為にのみ 開発した
グラファイトシャフト
☆100g やや硬め  
  装着時振動数 230cpm
☆90g スタンダード
  装着時振動数 190cpm
の二通りをご用意しております

007

ヘッド重量   470g
シャフト重量   90g
総重量     650g前後
ロフト角度     5度
ライ角度     71度
バンス角度     3度
推奨長さ     32インチ
オリジナルヘッドカバー
 
…L型ゆえ ちょっと緩いですが
オリジナルグリーンフォーク付

006

既にお持ちで 2本目以降の
スペア等としてのご購入の方には
「特別価格」をご用意しております

お尋ねください☆046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ご好評頂き、昨年完売させて頂きました
 ブリストルタイプ パター


多くはありませんが 
希望数が集まりましたので
残り 17本(右のみ)

L型ブリストルパター
  
  再販リリース致します


006

多分 現在 流通しているパターでも
唯一の存在 
軟鉄削り出しのL型パター

企画、製作、販売までに一年余かかった
ハミングバード刻印入り パターです。

004


原型は ジョージロー スポーツマンの
量産型「ブリストル」
これをベースに 軟鉄で作りました。

弊社オリジナルアイアンの
シェイプを取り入れ
仕上げ、素材、メッキともに
アイアンと全く同じです。
0番アイアンとしての
イメージを持っています。

003

無駄な飾りをすべて 剥ぎ取り
シンプルかつ重厚に仕上げてみました。

004

このパターの為にのみ 開発した
グラファイトシャフト
☆100g やや硬め  
  装着時振動数 230cpm
☆90g スタンダード
  装着時振動数 190cpm
の二通りをご用意しております

007

ヘッド重量   470g
シャフト重量   90g
総重量     650g前後
ロフト角度     5度
ライ角度     71度
バンス角度     3度
推奨長さ     32インチ
オリジナルヘッドカバー
 
…L型ゆえ ちょっと緩いですが
オリジナルグリーンフォーク付

006

既にお持ちで 2本目以降の
スペア等としてのご購入の方には
「特別価格」をご用意しております

お尋ねください☆046-804-1480
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クラブからの側面 というか クラブ使いの本道
っていうか そちらからスウィングを考えることが
大切なのは確かです。
 ま しかし 悶絶している方々が少しでも
ゴルフショットで快楽が味わえるように
ちょっと ヒントを・・・。

何度か書いたけれど
始めて弊社のクラブを手にして
刷毛塗とか、そんなのを意識しなくとも
普通に悶絶せず、クラブを使えて
すご〜〜いヘッド重量の恩恵に授かれなくとも
打ててしまう人と、悶絶してしまう人の
一番大きな差は 肘の使い方にある。

スナップショット 2 (2011-11-12 0-25)

この形のような肘使い であれば
両肘と胸との関係を見て貰えば、分かる通り
左肘は胸から離れ、右肘はアドレスから動いていない

こうで あれば ゴルフクラブは横に寝かされた
状態になってしまっているから、ロフトは開き
重心位置と言う存在のお蔭で、シャフトは捩じられてしまう

ここから ダウンスウィングをすれば
クラブを使う状態の中では、最大の重さ
運動への負荷になってしまうだろう。

自分がこれから動きたい、動かしたい方向(ベクトル)
と 立体的に真反対の負荷が掛かってしまうから
オートマチックに「力まなければならなく」なるし
重さの負荷によって 右側は下がり 左側は上がる

クラブの重さ、ヘッドの重さ、クラブの構造
ヘッドの構造は すべて「負荷」にしかならず
ボールを打つコトを邪魔しても、手伝ってはくれない。
ボールを打つ破壊力には当然なり得ない。

ボールを打っていくのに
 ◆近づきながら 遠ざかり
 ◆上げながら 下げる
 ◆回転させる 回転を制御する
という 真逆なことを同時進行で進めていかなければ
上手に打つコトは出来なくなる。

クラブを体の右側から 左側に横断というか
巻き付ける動きをするのだから
全ての動作の中に、色々な角度の、色々な大きさの
円運動が同時多発的に発生するコトになるだろう。


この肘使い、クラブ使いをする方は
どうしても 体を動かす=腕を止める
体を止める=腕を動かす という 
2アクション
2モーションでしか ボールを打つコトが出来ず
必然的に、一番体の中で筋力のある胴回り
脚力やお尻、腹筋、背筋などが打つコトそのものに
利用する事が出来なくなってしまう。

スナップショット 5 (2011-11-12 0-27)

他方 両肘が同じ運動量を持っていると
クラブは捩じられず ロフトは変化していない。
利き肘が腕立て伏せの外へ張った状態になっている。
弊社では クランチ と呼んでいる。
今のこの状態で クラブの重さは
腕を降ろすことにかかっている訳だし
それは 元の姿勢に戻ることを促している。

これであれば 横のクラブの移動は
体の大きな部分での作業になる訳だし
クラブの構造を含めた重さは 打つコトに使える
というか 打つコトを推進していくのだから
これも 必然で力む可能性もぐんと低くなり
ロフトも寝にくくなるし、重さも破壊力として
使えるのだから 明らかに距離も稼ぎやすい。

そこの部分、基礎の基礎 だが 今一度
自分のそれを振り返って貰いたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


補足 になりますが
飛ばない と言う症状の原因になるのは

ロフトが大きくなってしまう事

と書いたと思うのですが
もう一つ 長さも関係があります。

クラブはロフトが寝ると 偏重したヘッドの構造上
必ず クラブが重くなり 円弧が大きくなりがちです。

ボールを上から打つ と言う意味は
ヘッドが急角度でボールに向かう と言う事でなく
フェース面がボールを上から入る のですが
ボールを打つ前に 円弧が大きくなれば
ボールの打ち出し角度が増えてしまいます。

1206-2


ロフトが大きい上に 打ち出しが高くなるのですから
飛ぶエネルギーは圧倒的に失います。

走り幅跳びの世界記録は 10m弱
高跳びのそれは 2m50弱

ロケットのエンジンは巨大
それに比べセスナのエンジンはさほどで無い。

どの位のロスかは 想像がむずかしくありません。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフクラブの機能にとって ロフトというのは
非常に大きな部分で その全機能の数割にも値する。

多くの人が気付いていないが
ロフト そのモノではないけれど
そのロフトの持つ機能 と言う意味合いでは
クラブの長さ も含まれるコトを忘れないで欲しい。

スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)

何回も行っている説明なので 少々飽き気味では
あるかも知れないが 繰り返させて頂く。
多くのゴルファーは、クラブの長さはヘッドスピードを
左右させ、距離に直結するものだと思っている。
最終的な答えとしては「間違い」ではないのだが
その経路というか、過程は大きく異なる。

スピードは上がる のは確か。
しかし、長さが長くなると打撃点であるヘッドの重量は
均等に下がっていくので、ボールを打撃するエネルギーは
ほぼ変わらない。 逆に、ぶっ叩かれるとしたら
クラブではウエッヂ、パターは一番 危ない凶器になりうる。
(いいコト知っちゃったな って思わないように)

スピードにクラブの長さは重きを置いているのではなく
実は、ヘッドの入射角度に重きを置いているのだ。

ゴルフが大人の遊び と言われる所以でもあるのだが
ゴルフクラブの機能はダイレクト、直接的な働きより
非常に遠回りな、間接的な働きを持っている。
ある部分、一捻りしないと 答えは出てこないトンチの
ようになっている。 
クラブは捻りませんように。

それも その長さはダイレクトに働くのではなく
長さが作り出す、前傾姿勢によって ヘッドの入射角度
が決まってくるのである。

クラブの打撃エネルギーは ロフトと入射角度によって
ボールのスピード、打ち出し角度、スピンにエネルギーが
分散され 距離を打ち分けられるようになっている訳だ。

そこで 良く考えて頂きたいのは
長さによるスピードの 距離に対する影響は
実は思っているよりも ウンと少ない。
一インチ(2.5cm)程度では 殆ど変りはない。

ちなみに ヘッドの重さ 15g はヘッドスピード
3msに相当する破壊力である。

で ロフトで考えると
時計の秒針の一秒は6度
フェアウェイウッドやアイアンの番手間の差は
3〜4度程度、要するに 秒針一秒分のズレで
番手の意味を失ってしまう というコト。
3秒分もずれてしまったら 何が何だか…

だから 飛ばない人 って言うのは
スピードや力が無いのではなくて
例えば 6番アイアン(6番と書いてあるクラブ)を
8番アイアンや9番アイアンのロフトで打っているに
過ぎない訳で、そこを勘違いしてはイケナイ。


秒針一秒分 ズレタら 番手の意味が無くなる?!

にもかかわらず その角度の差異でクラブは作られている。

ココにも クラブの使い方のヒントが隠されている
そう思うのと、思わないのとで 果たして同じになる?!
かしらね…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの形状をもう一度ご覧ください。

ボールを打つ部分 ヘッドは非常に偏った造りを
しています。自分から向かって、
シャフトより右にしかヘッドは存在していません。
アドレスの状態を基本に
そのまま クラブ全体を高くし
グリップを緩めてください。
必ず 右に 自分から向かって 時計回りにしか
回転せず 作為的にクラブを捩じらない限り
ヘッドは左回転しないのです。

kamui456sil

ヘッドも含めたクラブ全体が作り出す遠心力
クラブが 重さ(運動速度が加算された形で)によって
外に膨らもうとする力 外に引かれる力ですが
ゴルフクラブが 製品として
ヘッドの重さの中心点(重心位置)がシャフトの軸線上
にあれば まだしも 右に偏重した形状である限り
遠心力の効果は クラブの形状と 闘いになってしまう
可能性は否めません。

クラブを扱い ボールを打つこと そのモノに
遠心力が助けになることは否定しませんが
こと ボールを飛ばす主力エネルギー(エンジン)には
なり得ません。

右に開きやすい性質を持った 重心構造というか
形状に 遠心力を加えると ロフトの開きが
付いて回ってしまうので、遠心力を含めた
スピードが加速させ多分、ロフトは増えてしまうので
それが純粋な距離なることは 偶然の産物 と言えます。

080430_part01_01

ジェットコースターに乗っていると
坂を下りるスピードやカーブを曲がる遠心力は
その楽しみ
(楽しみと感じるかどうかには個人差がありますが)
一つと言えます。 しかし乗り物そのものが
進むスピードに対し 遠心力は
ブレーキにはなっても 加速要素にならない
場合があります。
それは進行方向と遠心力の掛かる方向が
大きく異なる場合です。

ゴルフクラブも軽く素振りをして感じ取って
貰いたいのですが 遠心力はクラブが外に
膨らんでいこうとする チカラであって
ボールを飛ばしたい方向とは多くの場面で
大きく異なっている筈です。

鳥かごの練習場などでテストしてみると
ボールが当たる直前〜数十cm手前で
クラブを離す と 
クラブはマットに向かって
地面に向かって 外にはらみながら 飛んでいくだけで
ボールを打とうとしてくれませんし
ボールを希望方向に打とうとするのとは
立体的ですが 90度以上指向性が異なっています。

また 遠心力には 遊園地の回転ブランコと
同じ作用が働きますから クラブを持った腕にも
遠心力が掛かってきます。 スピードを上げれば
重さは 一直線上に揃おうとする特性が働きますので
腕の付け根である 肩の高さに近づいて揃おうとします。
それによって 前傾は解けやすく為り
打点である ヘッドの部分も上がろうとします。
それを補うために ダウンスウィングという
一番忙しくて 時間の無い場面で
色々な微調整をせねばならず 言葉は悪いですが
瞬間芸に属するような動きの為
その良し悪しは 次のショットにはフィードされることは
ないのです。

確かに ヘッドの軽い シャフトの硬いクラブであれば
そうやって 振っても遠心力による負担は少なく
関節をフルに 腕力をフルに使いますので
打った 振った クラブを動かした実感は
味わえると思うのですが…
 それでは クラブの意味は失ってしまいます。


一秒でも早く 頭の中から 
遠心力で
ボールを飛ばす
 という 悪魔を取り払って貰いたい
と 祈る今日この頃であります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

003

002

001

004

005

006

008

009

010

012

014

015

017

019


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日、午前10時より 本年度営業開始。

今年もよろしくお願い致します。


112979731_thumbnail_v1323742236



さて クラブ扱いを考える際に
クラブの側からも人間の動きを考えてみましょう。

スウィング破壊兵器である硬いシャフトや軽いヘッド
を使っている場合は、仕方がないのですが
少なくとも ある程度、運動するシャフトや
必要最低条件を満たすようなヘッド重量が備わった
クラブを使っている場合、
クラブやクラブヘッドの重さ など
から発せられる 感覚情報を
感じてみましょう。

重さは動作中の何時発生するでしょうか

それも いつも同じ箇所ですか

重さの具合は一緒でしょうか

重さが発生すると、力みませんか




もう一歩進んでみると

その重さには指向性がありませんか

その指向性は自分の進みたい
自分の動かしたい方向と同じですか

その差はどの位ですか



スナップショット 4 (2011-12-20 21-56)


では その重さと指向性を
自分の動きたい、動かしたい方向や重さに
変えるコトは出来ないでしょうか

クラブの行きたがる方向を
出来うる限り 自分のそれと揃えてあげる

そう考えていくと
より少ない動作や労力で
簡単にボールが打てるかも知れませんよ。


これらの情報はクラブやヘッドの重さを
シャフトを通して ユーザーに伝わります。

僕はその部分が一番の
シャフトの役割と考えています。

硬いシャフトであると その情報を
リニアにユーザーに伝えません。

柔らかいシャフトで ヘッドでボールを
弾いて飛ばす という誤った認識を
持った方が少ない無いかと思うのですが
本来の シャフトの役割は
そのまったく反対なのだと考えています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 さて 本年度の記事はこのお題から…

ゴルフスウィングに限りませんが
一般に謳われていることを、鵜呑みにして
長年過ごしてしまうことは少なくありません。
 自分が遠くで見ている立場であれば
それでも困ることは少ない訳ですが
それを実行する当の本人になってしまうと
その
「常識」「当たり前」が手枷足枷に
なってしまいます。

スウィングは円運動
円を描くようにクラブを振る

これは一般的にゴルフスウィングの常識
と言われています。

しかし、本当にそうなのでしょうか

ゴルフショットは 人間のなにがしかの動作と
ゴルフクラブの機能 との融合によって
創り出されます。

スナップショット 5 (2011-12-20 21-57)

人間は訓練によって、色々な動作を習得が
出来るのは確かですが、ショットのパートナーたる
ゴルフクラブはどうでしょうか。。。

円運動するに適切な形をしているでしょうか・・・

円運動によって作り出される遠心力
本当に ボールを飛ばす
主エネルギーになるのでしょうか

ゴルフクラブの元型は 250年以上前に
確立されています。 微妙な形状や素材などの
変化はあったとしても、科学や計算式の発達した
現代であっても、その姿は殆ど変えていません。

当初はプレイヤーが自身で削ったり、工作をして
造られたモノを、ゲームとして普及させるために
今の形に落ち着いたと言われています。

クラブを持った方が難しくなる 筈がないと思います。
簡単に、少ない労力で、頻度よく ショットを
打って行けるように ゴルフクラブは作られています。

そう、スウィングの答えは手の中
クラブにあるのです。

シンプルに、シンプルに考えてみて下さい。
自分の言葉で考えてみて下さい。

自分の言葉でしか、動作として体に染み込みません。

スウィングはクラブからしか
 教わることは出来ないのです。

その手の中にあるクラブが
 貴方のショットの半分以上を構成する要素なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ