若くて力のある時、スピードのある時は
ボールが高すぎたり、スピンが多過ぎて飛距離が喰われる…だったのですが、
疲れたり、年齢を重ねてくると
 すくい打ちは 逆にボールの浮かない 問題に直面します。

その問題の修正にトライ…してみました。

この場合もそう…なのですが、
問題は技術的な部分 ではなく、
打ち方、打撃、振り方は「こうなんだろう…」と言う思い込み、
イメージのミスが大半です。

➀スイングは円軌道です。
 その円軌道はカラダが向きを変えるから で、
 『クラブ腕さばき』は円に関与しません。
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment
 スイングはクラブを円に動かす、円に振る のではなく
 クラブを持った自分が向きを変える から
 円になるのです。

👉ですので 修正する場合は、
 クラブは動かさない、クラブと自分の相対関係は固定
 で からだの向きを変える です。

➁地面にあるボールを『さらう』感覚を身に付ける
 例えば ボールを赤道で二つに切っておく とします。
 多くの方は 下のボール半分 を打とうとします。
 正解は
『下半分のボールにティーアップされた 上半分のボールをさらう』
 感覚です。 
(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(3)

変な例え ですが、遠隔地で 遺跡などが発見され
それを研究所に持って帰り 調べたいのですが、
輸送機(飛行機)が着陸する場所が確保できないので、
網やひもで縛り フックをかけ、
そのフックを 同じく飛行機から垂らしたフックで
引っかけても 持ち去る・・・・ そんな感覚に近いです。

 下に向けて置いた、下向きのフェースを固定したまま
 からだの向きを変える。
 腕の仕事は からだの回転に「付いていくコト」と
 「フェースの下向き気味を維持し続けるコト」です。


フェースローテーションの多いスイングやすくい打ち、
しゃくり打ち、あおり打ち の方は
カラダが開くのを恐れて か 左向きが苦手です。
 (同時に 左への体重移動も苦手✋ それも解決します)
当り前、と言えば当たり前 ですが、
左向きを強くすると ヘッドが返せない、
ヘッドがグリップを追い抜けない から なのですが、
左向き イコール ヘッドの返し になるのですから
それを辞めないと、その手さばきを辞めないと
左向きは生まれてきません。
 その切り替える勇気は必要です。

インパクトポイントが15〜20cm位ズレてくれれば
良いだけで 全く全部を無くす必要はなく
打ってから 行えば良いだけ とも言えます。

(ゴルフスイング)インパクトポイントの改善_Moment(2)

また Rさんの時もそうですが、
ここでも 切り返し以降の
『からだの回転に対する左腕の付き』が出てきます。
基本、インパクトでフェースを返すとか、
何かの手作業の意識があると 左腕は付いていきません。
マッチポンプ ですが、作業をするために 溜まる のです。
円は回転に任せ、腕の仕事は下向き気味のキープ
 と言う意識は『からだの回転に対する左腕の付き』には
必須と言えるかもしれません。