長崎通信:SWです。

アドレスは ほぼ 左脚体重にして、

あまり体重移動せず バックスイングしていますので、左脚体重のまま です。

切り返しは 左脚体重なので 左脚軸で 左回転しています。

切り返し後 腕は全く動かさないつもりです。

プロショットを味わう事が出来る様に感じます。

コースでの アプローチに使えます。

(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment
✋腕は全く動かさないつもり とありますが、
 クラブや腕の重さ に対し
 本当に動かさない〜その場に残しておくと
 最終的には 手で振らなければならなくなります。

「からだの回転に左腕が付いていく(遅れない)」
その感覚が習慣化しているので そのフィーリングは本当なのですが、
Rさんのように からだの回転に対し、本当に残してしまっている場合
『左腕を先行して動かす
(落とす)』位の意識が必要だと思います。

最終的には 左腕の単独の動き は
イコール からだの回転になっていきます ので
カラダの向きが変わることによって 行くであろう場所に
先行して 左腕を動かしてみましょう。

【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment✋トップの位置、クラブの姿勢にもよりますが、
左腕を動かすのは 慣れていないと簡単ではない、ので
クラブの重さで 下に落ちる、下に落とす
 を活用しましょう。




ヘッドの自然な遅れ を ロフトの立ち
 フェースの下向き、ロフトを円の外に向ける は
グリップとヘッドの縦関係が必要 です。

グリップの真上にヘッドがある と言う意味ではありませんが、
相対関係で ヘッドがに上にあり、
それよりも低い位置にグリップがあるので
クラブの重さによって グリップが押される…
 からだの回転に対し 横遅れが消せる のです。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)
どの位 とは言い辛い ですが、
いろいろな ヘッドとグリップの相関関係を作ってみると
その境目は感じてくると思います。

ですので 素振りで 先にクラブの重さでグリップを落とす…
自分にぶつからないタイミングで左を向く
と言う素振りはかなり有効だと思います。

今更 ではありますが、
ボールがつかまる 〜プロショット
ボールをつぶす、上から打つ は
ヘッドの軌道に対するロフト の問題で
よく言われる フェースが開く、閉じる 右向き、左向き
 の横の問題 とは一線を画します。
フックボール、ドローボールとつかまった球はイコールではなく
つかまらない ドローボールもあれば
つかまる スライスボールも存在します。
つながりが全く無いとは言えませんが 基本、違うモノ です。
✋ソコが曖昧になっていると
Rさんのように 開いたフェースを閉じるため 開く
  →閉じるために クラブを寝かして フェースを開く

という マッチポンプに陥りガチ ですので 注意が必要です。