長崎支部長;切り返し時腕は「縦」

自由落下で切り返しいますので、切り返し時の反動はありません。

切り返しのトリガーは もの凄く ある意味 視線で切り返しているとも言えます。
ボールの見方を変えて切り返しています。


からだの回転、からだの向きの変更は
前傾姿勢(股関節部の大腿骨と骨盤の角度差)があるとは言え
横への運動(移動)です。

腕の付け根(肩)部もそれに伴い
横に移動し、軸運動になるので
最終的には 半円を描くように移動しますが、
腕自身(グリップ)を 横移動主体にしてしまうと
クラブの重さ、腕の重さがそのまま 遅れ になり
スイング、そして クラブの構造上、
その遅れは そのまんま ロフト&フェースの「開き」に
なってしまいますから  当たらないか、
当たっても 右に飛び出る 右回転の球、
度合いにもよりますが、ひどくなると
 上がらない緩い球(抜けた、くぐったような球)になります。

ですので 腕の移動を横移動主体にしてしまうと、
からだの回転の終わり か、減速、中断によって
からだの回転を後からなぞるように 腕を振らなくては
まとも「に見える」球を打つコトが出来ません。
これが のちのち 手打ちに定着していく「始まり」と思われます。

横移動、縦移動を別な言い方にすると
傾きの有る からだの回転 を基準にすると
その軌道よりも アップライトな軌道で腕、グリップを動かさないと
カラダの回転の後に 手を振らざるを得なくなります。
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment

シンプル化していくには 『その腕、グリップの移動の
原動力はからだの回転』
にさせましょう。
腕そのものでやらない とは言いませんが、
 それはあくまでも補助と考えて良いと思います。
✋グリップの移動の原動力をからだの回転にするには
 クラブの重さでグリップを下に「落とさない」と
 出来ないかも❓
グリップを横移動させようとすると
 重さを支える と言う不必要な動作(無意識)が入るので
 どうしても 移動自体が取り残されてしまうような気がします。

手で振りたくないのに…
手打ちしたくないのに…
フェースターンなんかしたくないのに…
  でも 結果、手で振ってしまう、フェースターンしてしまう
のからくりはこんなトコロにもあると思います。


素振りやゆったり振れるショット で
トップの位置、切り返しから
 まずは クラブの重さで腕、グリップを落としてみる✋
そうすると
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Momentトップの位置のクラブ位置、クラブ姿勢 も
自ずと決まってくると思います。


出来るだけ 近道で、楽にインパクトに入れる
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)そういう『重さのかかり方』が出来る位置は
許容範囲はありますが、だいたい決まっています。

グリップ、腕の落ち具合に合わせて
 からだの向きを変えてみる 位の感じで良いと思います。