からだの回転を 横の輪切り にし
腰で廻っても、肩が、
肩で廻っても、腕が  遅れてしまうのでは
カラダの向きの変更は
 手を振るための準備に終わってしまいます。

(左折注意_Moですので
カラダを縦に割り、
 進行方向通り
👉右を向く時は 虍梢
👉左を向く時は 菷梢

を 1ユニットとして からだの向きを変える意識
 が良いのではないでしょうか❓

胴体が何もしない とは言いませんが、
主に お尻も含めた足廻りで行うコト をお薦めします。
 補助的な意味では 肩や腰 なども使うのでしょう


腰や肩などの 胴体部分を主力に
カラダを廻すのをお薦めしない理由は
スイングの基礎姿勢には 前傾姿勢があり、
✋それは 股関節を境とした 骨盤と大腿骨の角度差 であり、
その前傾姿勢によって【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment
 スイングの「ふところ」が作られます。
このスイングの「ふところ」を利用(通す)すれば、
腕が長くなっても(伸びても)
その腕の長さ分の『重さ』を受けずに済みますので
 全体への姿勢に影響が少なくなります。

腕がフトコロから大きく外れてしまえば
大きく重さがかかりますので 右サイドが下がったり、
左サイドが伸びたり、フトコロ(前傾姿勢)も消えてしまいます。


また ダウンスイングで

【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)腕やクラブが そのスイングの「ふところ」に入る、
もしくは 通過するコトによって
その重さで 無意識の内に 
 前傾を維持し易くなります。

スイングの中で 運動速度が速く、
忙しい ダウンスイング〜インパクトで
感覚としてとらえにくい「前傾姿勢」
からだの回転、そしてそれに伴う
腕やクラブの重さ〜不可抗力によって 作ってしまう
と考えた方が良いと思います。

前傾姿勢…股関節部を…
 ダイレクトに意識して 維持するのは かなり難しいと思います。