そもそも 腕で振る、腕を振る のを主体とするのを
お薦めしない理由はなんなんでしょう


腕を振った方が「スイングした」「強く打った」「振った」
「叩いた」と言う実感が強いのは確か
、なのですが、
腕を振るのをスイングの主体とすると…
例えばダウンスイングですが、
 グリップを強く下に下げようとすると
 それとほぼ同等に 左肩が上に逃げます。
 それは 右肩を下がるのとおなじですので
 ヒトによっては 肩の縦回転 なんて言っていますが、
 左右の腕の長さの都合が付き難くなります。
似ている➁

折角、強く振った、叩いた…のに
 右肩が下がり、
 それによって右腕の長さが短く
 左腕の長さが長くなってしまったのでは
 ロフトも立ちませんし、
 フェースが開いたり…

 それでは効率よく飛びません。

また ティーアップした空中のボールを打つのには
 それでも何とかなる…可能性もありますが、
 地面にあるボールを打つコトや
 アプローチなどに支障をきたす可能性もあがり、
 ショットの総合力、
と言う点ではマイナスです。

振れば振るほど 右肩が下がり、左肩が上がりますが、
 腕を振ると それに応じて からだの向きも変わります。
ラヂオ体操の要領ですが、
 からだの回す、、、つもりで無くとも
 腕を振ると カラダは捩じられ 向きを変えます。
 からだ自体を廻して 腕の付け根を動かしたのとは異なるのです。
その 受け身、反応として からだの向きが変わった
 ソノモノではボールが打てず、その後に別の、
 追加の打撃動作が必要になります。
 そして それが打撃の本番 になる訳です。

ボールと言う定点がありますので
 ボールから離れた左腕の付け根(左肩)
 ボールに近づいている右腕の付け根(右肩)

ボールを打たないのであれば
 左腕は伸びやすく、
 逆に右腕は伸ばし難くなります。
その長さの入れ替え が 手の返し、フェースローテーションです。

まっさらなゴルフスイング知識であれば
 これが複雑で 再現性が高くないのが理解できると思います。


🤒ここからが問題なのですが……
 
 腕を振るコト
 それによって からだの向きが変わる

 【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 腕の振りで、カラダが捩じられるコト が からだの回転 で
 長年打っている方、打てている方に
 本当の意味での「からだの回転」を説明しても
 見た目は似ているが故に より一層伝わり難いと思います。

 からだの向きが変わって
 腕の向き、角度が変化する のと、
 腕を振って、それによって
 からだの向きが変わるのは、
  見た目は似ていますが、全く異なる…のです。