下記口座」もお店としては嬉しいんですけどね😜 


ゴルフのスイングの話し では
切っても切れない、除外するコトの出来ない
からだの回転の話し です。

「からだの回転で」…のニュアンスですが、
もう念仏というか、商売している人にとっての税金…
みたいな ちょっと煩わしいニュアンス を含んでいますよね🤒
とりあえず 知ったかぶり❓ 上級者のフリ❓には
「お前は手で振っている、からだの回転で振れ」
って言うのが一番手っ取り早い、んでしょうけれど、
その言葉を使っている人も 
それがなんなのか掴めていない 場合が少なくない と思います。

【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment


➀先ずは それが何なのか から始めましょう。

 ヘッドにはロフトやライ、フェースの向きなどの
 ボールを飛ばしたり、狙い通りの方向に打ったりする為の
 鍵になる『角度』が備わっています。

 どの角度を、どのようにボールに当てるか によって
 ヘッドスピードなりに飛ぶか、
 構えた方向に飛ぶか、
 真っ直ぐ行くか、曲がってしまうか 決まってしまいます。

 そのゴルフクラブは 両手で握っており、
 打撃部であるヘッドではなく、
 棒の反対側のグリップを握っているので、
 左右の手の長さ具合 や その腕の付け根の高さや位置 に
 よって 弾道、距離などを決まってしまいます。

 繰り返す〜再現性、安定性と
 ゴルフショットの最大の魅力 飛距離
 その両立には 出来るだけ複雑にしないで
 動かす、意識しなければいけない箇所を減らす方がベター
 というのが 「からだの回転で」 の始まりです。
似ている➁

 ですので からだの回転は「からだの回転」が目的ではなく、
 ヘッドの付いたグリップを移動させるコト、
 それを安定して、効率よく移動させるのが目的なのを履き違えないように
 する必要があります。



支部長のコメントにもありましたが、
最近の 職業ゴルファーの主流は
「腕を振り、それに合わせてからだの向きを変える」です。
これで 安定して、再現性もあり、飛ばせるのなら
別に意見するコトはありませんが、
アマチュアゴルファーの基礎的な身体能力や練習量、
そして クラブの基礎構造を考えると
✋クラブを持った腕
✋その腕の付け根を 左右丸ごと
✋カラダの向きで変えた方がベター
 と言うだけのコトです。


 からだの回転を意識し過ぎて
 ヘッドの付いたグリップ
 そして それを持っている腕
 その付け根を左右丸ごと動かす
 と言う目的を忘れてしまって、
 カラダばかり回してしまっては意味がありません。