◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2011年12月

 一年間、色々とお世話になりました。
オーダーメイド… それもちょっと特殊?な
ゴルフクラブを扱うお客様方だけでなく
今年は、震災の関係で大勢の方の
お世話になったかと思います。

 本当に有難うございました。

弊社のクラブを例に取りますと
全ての事象には 不可抗力 というのが
必ずは働きます。
読んで字の如しでありますが
あがなうことの出来ないチカラ
というコトです。

自分の言動や生き方、ゴルフであれば
クラブや体が作り出す重さ、負荷、抵抗、
「人生のシナリオの半分は他人が書く」
とも言われています。

重力であったり、遠心力であったり
張力や外力であったり・・・
不可抗力には時間の流れと方向 が
必ず伴う訳で
それらが 自分の望んでいる行動やスウィング
などを 邪魔したり 誘導したりする訳です。

それに逆らうように、労力や筋力などの
力で対抗するのではなく
対抗しなくても良い不可抗力を生み出す
そんな環境創りや正しい動き
望ましい方向へと誘ってくれる
嬉しい不可抗力を造る環境創り
そんなことに 皆さんがすこし
少しだけ 『考え方のベクトル』
変えてくれると良いかな と思います。

(勿論 私もですが…)

お地蔵様

皆様にとって
2012年が幸多き一年になりまよう…






 有難うございました。
  来年もよろしくお願い致します。

   
ハミングバードスポルテ  店主

スナップショット 1 (2011-12-24 12-53)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スタッドレスタイヤ 装着!

stdtyre


ごはん 調達!

005

008



***オマケ映像

001



***オマケ映像 その2

ウチのラブちゃんです(女の子です)

014


そして なぜか この表情に…

009
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いやいや な〜んか今思い起こすと

まるで夢の出来事のなかで暮らしたような1年でありました



呑気にテレビを付けて

お客さんとゴルフの話に花咲いていた ごくありふれた日常に

とんでもないCG作りやがったな

これなんて映画のプロモーション?

なんて ホントにしばらくの間そう思っておりました

だってそうでしょ

あの映像が現実のものなんて とてもじゃないけど 信じられない

でしょ

それが現実のものだとわかったのはしばらく後で

その時のショックは 同時多発テロ どころの話じゃなかった

あれはあれで 衝撃を受けたけども

これが自国 日本の光景?!とはなかなか信じられなかった…

それが2011年3月11日





R0011140_歌津


そのただ事ではない現実から

なにかしなきゃ みたいな思いはあるのだけれど

なにをどうしていいものなのかもわからず 右往左往しているところ

ある一本の電話から すべては動き始めました



いや実はこれまで ボランティア というものには

全くと言っていいほど興味はありませんでした

ソレガナンデコンナコトニ…

物資を集め それを送り 必要なところに届くといいなぁ〜

なんて 満足した心地でいたはずなのに…

ナンデオレハセンダイニイルノ?

それですぐ帰国じゃなかった帰郷したのもかかわらず

アレ?トクシマニイタノハキノセイダッタノカ?

そうそう 気のせい 錯覚 まぼろし

そんな自問自答の中

クルマデノロジョウセイカツガハジマッタ…

その間の出来事は今回のシリーズでまとめられておりますので

そちらで どうぞ!



携わってくれた みなさまのおかげで

事故なく トラブルなく ミッションをこなすことが出来ました

どうも ありがとう!

そして お店をほったらかしにした間

切り盛りしてくれた ミスターTさま

そこに追い打ちをかけるように

真夏にエアコンなしのミッション車

それも軽トラを持ってこさせたその罪はなんで償いましょう?

価値の無い 軽い頭ですみませんが ホントに頭があがりません

ビザギレニヨルキョウセイソウカン

その大役をだまって担ってくれた彼

感謝です!

IMG_NEW


今回のシリーズ その抜かりなくまとめられたその記事に

なにも言うことはありません

な〜んて 人間の出来た思考は残念ながら持ってないんで

すらずらと書いてみたんですけど

ほんの少し残っている脳みそで読み返すと

トテモヨメタモノデハアリマセン

良い子が真似しちゃうと困りますから ここはあえて 自重 しておきます

とてもじゃないですけど 公共の情報にのせるべきものではありません



ということで お蔵入り ボツ原稿としてそっとしまっておきます

その中には この年では感じることが少なくなった

喜怒哀楽 がすべて詰まってる(本来すばらしい)ものなんですけど

なにせ ねじがゆるむどころじゃなくて

完全に外れた状態でのチーム行動ですから 性質が悪いの何の…

その行動の陰にはいつも…ダメダメ ホントそれこそ訴えられちゃうよ!

でもま その中でひとつだけ これはいいかな〜というのを少し



物資搬入が活動の中心だったこの頃

人に手渡すものなんだから 身を持って性能を確かめておく必要がある

なんか「カッコいいセリフ」ですよね

なるほど 人として 技術者として さすが 言うことが違う!

な〜んて感心してた こっちがバカでしたよ



その中のひとつ 電動アシスト付き自転車

これはホントに威力を発揮したものでした

被災地の足となっている公共機関の乗り物が完全にダウンしてしまっている状況

プラス 路面状況の悪さ からしてバイクでは危険

そんな環境にマッチした すぐれもの でした

その切り替えによって 坂路でも難なくこなせる機能もアリ

あれ 何台運んだんでしょう?

途中からはもうわからなくなるほどでしたから


110806_140932


でもですよ

誰ですか?

1回の充電でどこまで走行できるのか?なんて言いだしたのは

誰ですか?

それをあえて 坂 路 ば か り の ところで閃いたのは

誰ですか?

それも雨上がりの暗闇になってから決行したのは



ちなみに

ソレハイイダシッペガセキニンヲモツモノデハナイデスカ?

すると すかさず

その実験対象は 電動自転車 であって アナタの意思は関係ない!

ときたもんだ



いや 実験は破壊ポイントが重要だから

なんて楽しそうに言われてもね

でも その破壊って どう考えても物質が対象でしょ

なのに その笑みは 間違いなく人間に対してだよね

ホントニヤルキデスカ…

ここは牡鹿半島のど真ん中ですよ

その名の通り 鹿の住む場所なんですよ

鹿は 平地 には確かいませんよね

平らなところで住んでいるシカは 奈良公園 ぐらいのもんですよ

よし! じゃあ行ってみよう!

って あの〜人の話聞いてます?

よしって何?じゃあってどういうこと?



やりますよ やりゃあいいんでしょ!

ん?嫌なら別にいいよ

(なんで そんな言い方なの〜〜〜〜ちょっと甘えてみただけじゃん)

すみません 喜んでやらせて頂きます!



ま その実験は 予想よりはるかに短い時間できりあげることになったんですけど

(当然だ!)

救出された車内での ひとコマ

よくホントにやったよね〜感心するよ!

だと

あぁ やっぱりこの人は超越した存在だ…

そう改めて知ることになった夜でした



 


 


 



 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年は日本にとって
最大級の激動の年であったと思います


去る3月11日の大地震によって引き起こされた

大津波による被害は甚大なものとなりました


024


これほど人々の生活を揺るがすこと
となってしまった
東日本大震災


微力ながらではありますが
支援活動に携わることになった際

多くの方にご協力を頂き 助けられたことに対しまして

この場を借りて お礼と感謝を申し上げます

本当にありがとうございました



しかしながら まだ多くの問題が
取り残されたままです

個人の力はたかだかしれたものですけれども

その中でも何か出来る事 
そして やらなければならないこと

を模索しながら 携わっております


その方法や内容はそれぞれ違うと思います

といいますか 違わなければおかしいと
言うべきかもしれませんが

出来ることは もう何もない 
というのはちょっと違うと思っています


021


大きな事をする それもひとつですけれども

大は小の集まり ですから

その僅かのことであても 
ひとつのことは出来ます


しかしながら その時を逃してしまわないために

思い出したくないというのが 人間の性ではありますが

決して忘れてはならない事

それが今回の震災であると思います





震災によって命を落とされた方々に 
ご冥福をお祈りいたします

また 被害を負われた方々につきましては
 心よりお見舞い申し上げます



110509_1731~03


繰り返しになりますが

決して忘れてはならないですけども
 いつまでも悲しんでばかりもいられません

せっかく救われたのですから
 前を向いて生活の立て直しに進んで頂きたく思います


しかし その過程は想像も
つかないようなことの連続でしょう


時には挫けそうになることもあると思います


表現があっているかどうかは申し訳ありませんが
 わかりませんけども

そんな時は 一休み 
また ちょっと後退してみるのもいいかと思うんです


歌詞にもあるように 3歩進んで2歩下がる

これでも結果的に 1歩 前進です


我々直接被害が無かった地域の者だからこそ言える

甘えたこと なのかもしれません

そう言われたとしても 確かにその通りです


残念ながら 身代りになってあげられることも出来ません

しかし裏を返せば

だからこそ できること がありますし 
それが必要になる時が必ず来ます


しかし それそのものが 何なのか 
は各自が決めることであって

強制するものではないと思っています






ピンチに陥った時こそ 最大のチャンスである

言葉は悪いかもしれませんが

起こってしまった現実は取り換えすることも
 巻き戻すことも出来ません

であれば その現実を如何にして
今後のために結び付けていくかが重要で

起こってしまった結果に対する事実確認は
大切なことには違いありませんが

その事が未来のためというよりは 
俗に言う 犯人探しが目的になってしまうと
意味が無いとは言いませんが 
とかく歪んだものになりがちです


そうではなくて その検証から出た
内容の失敗は失敗として受け止め

そこから じゃあどうするべきだったのかを検討する

そういう姿勢にならないと 
次に進まないように感じます






情報は活用出来てきてこそ役に立つもの

ですから それぞれに自己判断する これが重要で

このことは すぐにでも 
勿論現地に行かなくても出来ることが多くあります


情報化社会というだけあって 
その量は膨大な数に及びます


流行りの 繋がっている という言葉

確かに パソコンの前にいると 全世界と繋がっている

かのように錯覚しがちですけども

その結果だけを見ていると 
あまり好ましくないように感じるのは

判断する という行為が抜けてしまっている
からなのではと考えています


それは 良いとか悪いとか 
合ってるとか間違ってるとか

そんなのは また別な話で

なにか 判断するという行為 
からわざと自分を遠ざけているように思えるのです


これは 私個人の考えであり意見です

失敗からしか本当の学びは無い そう思っています


ですから 今回の震災対策も 誤解を恐れずに言うと

失敗してもいい状況だったにもかかわらず


引き延ばしによる時間のロスばかりが目に付きました

そう単純な問題ではないことは
重々承知しているつもりではありますが

出てくるコメントは 「想定外」と「未曾有」

だったら 対策もそれに沿っても
よかったのではなかったでしょうか


なにか大胆な対策を打って出ても
よかったのではないでしょうか

たとえそれが不発に終わっても 
次の対策を講じればいいわけで

なぜか対策だけ「規定内」
で収めようとするがあまり

後手後手に回ることになってしまい 
結局同じことをしても

効果としては半減 
いやそれ以下のものになってしまったように思います

こう言うと 政府が悪い 自治体が悪い

そうなってしまいがちですけど

そうなるように仕向けた 
してしまった根本は一個人です

やりたくても やらせてもらえない


これは現場にいて ものすごく感じた点です

がんじがらめに縛られたモノによって
動かせてもらえないもどかしさは

ある意味 関係者ほど痛感したことだと思います

そういう意味では 我々の存在というものは
 少しは役に立ったのかなとも思いますが 
単にしてくれない ではなく 
やりたくてもすることが出来ない現実(しがらみ)

その事をもう一度それぞれに思い返す 
それだけでも 価値は十分あると思います

そして その役目は 直接被害の無かったものの
役目だと考えます





なんだか取りとめのない 
偉そうな内容になってしまった事をお詫びいたします

最後になってしまいましたが 
被災地の一日でも早い復興を祈願しています


KC3Q0036

 


 


KC3Q0017
 


 


 KC3Q0003


 


 


 


 


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

☆おしかのれん街☆年末年始の営業☆


110817_094221

... A棟
●プチショップぬまくら 12月31日〜1月3日 休み
●南国フルーツ     12月31日〜1月5日 休み
●東洋館        1月1日        休み
●マルニ鮮魚店     1月1日〜1月2日   休み
●遠藤電気       12月30日〜1月3日 休み
●大影美容室      1月1日〜1月3日   休み
●千ヶ松商店      12月29日〜1月4日 休み
●観光協会牡鹿事務所  12月29日〜1月5日 休み


110806_133151

B棟
●上海楼        年末年始休まず営業
●黄金寿司       1月1日〜1月3日   休み
●旬味旬魚いしもり   12月30日〜1月4日 休み
●金華干物       現在休業・年末年始休まず営業
●カクト商店      年末年始休まず営業
●おしか工房      年末年始休まず営業
●みさき屋       年末年始休まず営業
●cafe restraunt BeeFor 現在休業・年末年始休まず営業


今回も、情報は観光協会牡鹿事務所の
Facebookページよりいただきました


110806_140932

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 本当に色々な事が有りました。
そして、本当に色々な事を勉強させられたと思います。

110706_1123~01

一番強く実感するのは 日本人の現場力 というか
人間力というのは まだまだ素晴らしいモノだ というコト。

110706_0946~01

道路などのインフラもあっという間に復旧し
震災より10日ほどで 仮設とは言え 多くの地域にはいれる
ようになりました。

日を追う毎に 電柱が立ち 電気が流れ
水道が届き 宅急便が届くようになる・・・

IMGA0459

日頃 当たり前のように感じていた 日本のインフラ
この仕組みを改めて ありがたい と痛感したモノです。

018

物に満ち溢れた普段の暮らしの中で
何が本当に必要なのか、何を大切にするべきなのか
日々、考えさせられたものです。


o0480036011272172539

また、今回はこのような非常時に不慣れな政権であった為
地方行政も含め 政治の事にも関心を持つようになりました。
防潮堤なども含め、非常時に有益なモノは
通常時はある種、無用の長物化してしまいがちですが
決して そうでは無く やはり 備えあれば憂いなし。
物だけでなく、人にも同じような考えを持つようになりました

KC3Q0049

現場では 少々複雑な取り組みをしておりましたので
自治体の方などや災害本部などの方々とも
多くの打ち合わせをしました。
多くの方が非常に柔軟に 被災地や日本の将来について
考えられており、大変勉強になったモノです。

030

普段では 批判の矢面に立つ 現地の自治体の方々の
頑張りは 仕事を超えた何か でした。
それぞれ ご自身も被災者であるにもかかわらず
「無私の精神」で頑張っておられたのを目にし
非常に敬服致しました。

096

現地の被災者の方々も 非常に暖かく 前を見ている
その姿に 励ましに行った筈の我々が救われたモノです。

また 日本全国から集まってくるボランティアの方々の
その気持ちにも揺れ動されるモノもありました。
軽自動車を京都や滋賀から自ら運転し、届けてくれた方々
もいらっしゃいます。
日帰りツアーで 大阪から炊き出しに来られた方もおります。

111

私個人は 日本全国の支援者の皆様の気持ちによって
そっと背中を押され 見守られているような
暖かい気持ちで活動出来たコトを 感謝しております。
この活動を通しまして ヒトの心 と言うモノを
改めて 考えさせられ、 我々の生活や国 と言うモノを
もう一度 見つめ 考えさせられました。

110823_084623

これからも、W支援などを通しまして
出来る限り 長く、細々ではありますが 被災地の為
日本の為に 何かしら 考えて 応援して参りますので
是非とも ご支援賜りますよう よろしくお願い致します。


本当に有難うございました。
   ハミングバード 店主    野澤 亨

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


 いつも 有難うございます


本年(平成23年)のお店の営業は

12月30日(金)午後6時 まで



来年(平成24年)の営業開始は

1月5日(木)午前10時 より


 とさせて頂きます。
      
       ハミングバードスポルテ 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

○金華山の年始の参拝について

 石巻観光協会牡鹿事務所より、
金華山の年始の参拝についての案内が出ました
 金華山を始めとする地元の皆さん、
フェリー会社のみなさん、そしてボランティア
 のみなさんの協力により、年始の参拝が可能となりました

 観光協会からのご案内はこちらのFacebookページをご覧下さい
http://ja-jp.facebook.com/pages/%E7%9F%B3%E5%B7%BB%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%8D%94%E4%BC%9A%E7%89%A1%E9%B9%BF%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/263379410380161#!/pages/%E7%9F%B3%E5%B7%BB%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%8D%94%E4%BC%9A%E7%89%A1%E9%B9%BF%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/263379410380161


 また参拝を希望される方は
NPO法人キャンパーさんのサイトより
事前お申込み、お問合わせ下さい(※)

http://www.camper.ne.jp/npo/kinkazan/

 ※予約無しの参拝も可能となっているようですが、
事前に上記サイトよりお問合わせ下さい
 今回は震災後の参拝の対応となるため、
いろいろと特別な対応となっています
 事前に上記サイトやページのご案内をご覧になって、
現地に向かわれるよう
 ご協力をお願いいたします

○おしかのれん街 みさき屋さんのご紹介
 のれん街に、みさき屋さんという食堂が
お店を開いていらっしゃいます
 そして先日いただいたみさき屋さんの海鮮丼
 このボリュームで、950円です
 みさき屋さんは、もともと、
鮎川港の金華山行き船乗り場の近くでお店を
 開いていらっしゃいました。そのため、
これまでも三が日は、初詣客のため
 に昼間だけはお店を開いていたそうです

 いまは仮設店舗での営業ですが、
食事だけでなく、お弁当も取り扱っていま
 す。写真の海鮮丼の他に、うどん、そば、
定食もあります。ボランティア活動
 等で鮎川浜まで行かれた際はぜひご利用下さい

 お店の場所は写真の奥側の建物の、右手の一番奥です

○十八成浜について

来年も、5月の始めに夏祭りを開催される予定だそうです

 
 「来年は今年よりも盛大にやるっ!」

 と地元の方が力強くおっしゃっていました
 情報が入り次第、こちらでまた、ご紹介させていただきます

 その他、地区再生のお話もいろいろと進められている、
  とのことでした

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

物資配布を現地でする際、初めて加わった人は
驚かれることが多いようです。

R0011131_気仙沼


我々で行く場合、ミーティングなんてものを
したことは殆ど有りません。
出発前の時点で、ある程度いい加減でない情報は
勿論、仕入れては行きますが、 何かこういう手順で
こういうスケジュールで動こう みたいなことは
一度もやったことが無かったかと思います。

004

週に1.2度 現地を訪れる場合、
現地で行うミッションは 多岐に渡ります。
車が2台で行けば、現地では当然分かれての行動です。
それも途中で 荷を入れ替えたり 
メンバーを入れ替えたり ミッションに応じて
かなり スクランブルに動きます。
石巻の民生委員さんの家や侍浜に
倉庫を持っていたので かなりピストン輸送を
繰り返していたと思います。

016

徹夜で行動していることもあって
慣れていない人には 混乱してしまう訳ですが
なぜか 数度行くと そのパターンに慣れてしまいます。

007

あれをこっちに動かして ボランティアセンターに
これを持って行って、その代わりに何かを持ってくる
もう一台は ココにお届けして、別なモノをあそこに
取りに行き、一旦合流し 荷物を入れ替え
また 別なパターンで動いたりします。
そこら辺の動きに関しては あっという間に
プロ集団のようになってしまったかと思います。

110808_111134

また これが面白いモノで 慣れてくると
走行距離やミッションとあまり関係なく
別々な行動する車の合流は かなり揃います。

110816_141205

炊き出しをする場合であっても
炊き出し部隊と配布部隊、物資お届け部隊と
別れますので 例えば 音頭を取っている私を
現地で捕まえるのは非常に難しく
元々 落ち着きのない私は終始 どこかに行って
仕舞います。 合流することになっていた
別のボランティアチームは 共同作業は
問題なく出来たとしても 最後まで
私には会えず と言うのも少なくなかったかと
思います。 

003
003


現地でも ハミングバード と言う名前は知っていても
私と直に逢ったことのある人は 非常に少なく
実は存在していないのでは とまで言われました。

KC3Q0045

ま でも 現地へ行きますと やはり 現地人である
河崎氏は 一味違います。
すでに 牡鹿半島内の 多くの地域で
顔見知りになっていましたから
現地の 足りないモノや 余っているモノの
御用聞きみたいな使われ方もされていたようです。
彼の現地での滞在日数は一度行けば 2週間程度
毎日、倉庫に届く支援物資を必要に応じて
より分け 整理し 配達する日課の中です。
誰よりも 被災者の要望を知る一人
 だったのだと思います。
こちらから手配する多くのボランティア団体の
調整役になり あちらへ行き コチラへ行き
今 考えると なんと凄い事だろう と思いますね。


KC3Q0040

地図を殆ど把握しており、どの地域へ行くにも
かならず 一度以上 下見をしていますので
地元ピープル並みの 抜け道を知っており
後々の 「被災地見学ツアー」では 大変
活躍する訳です。

110509_1329~01

彼がいなければ 我々の活動は ここまで
円滑に動かなかったと思います。
私は 現地では あまり役に立ちませんので…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

時季がいつなのか、頭で混乱しているのですが
車いす 電動介護ベットを提供したことも
有ったかと思います。
幾つかの被災地の自治体を通し
津波で流されてしまったり、浸水してしまった
電動ベットの補充をしました。

00_BE_1_2

ママ'ズ ハートさんの尽力で 埼玉地域の
ロータリークラブ(だったと記憶していますが)から
多大な援助を頂いたかと思います。

2011061208130000

なんだか 思い出してみると
色んなことをしていたんだなぁ〜 と思います。

2011061208160002

でも 終始 有難いと言う気持ちと同時に
少々 不思議に感じていたのは
弊社は 単なるゴルフショップです。
しかも 知名度が高い訳でも、チェーン店でも
ありません。 当初はお客様だけにお願いしていたのが
段々と お客様以外の方からの援助が増え始めます。

110602_151446

出来るだけ 毎日 日に数度
記事としての情報を提供してはおりましたが
なぜ この見ず知らずの素性不明の我々を
こんなにも援助してくれるのか
 不思議に思ったモノです。

016

大変だね ありがとう と言われるのですが
正直 ナンノ能力も無いので 運び屋になっている訳で
その物資も資金も自分の作り出したものでは
ありません。 皆様からの援助です。
その気持ちを現地に運んでいるに過ぎなかったのです。

058

大きなトラブルも事故もなかったのも
やはり 皆様の支えではないかと 今も思っています。

110706_1115~01

ある程度の時間が経ってくると
現地で ボランティア同士での トラブルも耳にします。
それすら 殆ど 我々には有りませんでした。
まぁ ちょっと高齢な集団であるのも 理由だとは
思いますが、このような活動をすると
ちょっとした勘違いが生まれがちです。

誰が持って来たか  とか

何の為持って来たか とか で

支援者と被災者間でもトラブルがあると聞きます。

2011062108071497d

初めて 支援を手伝ってくれる方に
こう お話をします。

目的は 被災者の生活の役に立つこと と
圏外の人達の気持ちを届けるコト だから
誰が持って来たか なんで どうでも良いんです。
一番始めの 誰かの役に立てることを
貫いて下さい。 誰かにお礼を言われることを
望んではいけません。 お渡しする時の
被災者の心理状態や環境は我々には
窺い知れません。 不謹慎な例ですが
誰か知り合いの葬儀の後かも知れません。
気持ちを届けているのですから 十分な
モノではなく 気持ちの配慮は必要ですよ、と。

013

また 援助して頂いた皆様には申し訳ないのですが
コチラからお渡しする物資は
原則論として 差し上げたいから 持ってきたいから
持って来たのであって
例えば ですが 個人宅避難者の家の前に
勝手に置いてきた と同じで
それを どのようにするかは 我々は一切関知しません。
諸所の事情により それをお金に替える方も
いらっしゃるかも知れません。
その事情は 我々は持って帰ってはいけません、と。
ですから お礼をされて当たり前 と思っているのなら
持って行ってはいけません と。 

016 (2)


また このような支援活動をしていると
実は一番難しいのは 
終わり方 だと思います。
我々の
 支援する最終のゴールは
この支援が不必要になるコト
 です。
とかく有りがちなのは
支援を続けて行くための支援や
支援団体を維持するための支援 です。
勿論 必要とされ 出来るうちは良いと思います。
しかし、本来の目的とずれ始めると
被災者とも 後援者とも トラブルになりがちです。

110724_1413~03

その部分が 皆無といって良い程
無かった点 非常に上手に遂行できたのかな
とも 手前味噌ですが 思っていたりもします。

R0011103_陸前高田

お客様の多くの方から 使途不明で構わない
と言う援助をたくさん頂きました。
活動の為に何に使っても良いよ と言われ
額に関わらず、正直にものすごく助かりました。
長い時間 無収入でしたから…
本当に 有難うございます。

R0011153_北上吉浜

そんな こんな  皆さんの 被災者や国を想う
そんな気持ちに支えられてきたのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ