◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2011年01月


ゴルフスウィングを変える、改善する
大小合わせ 日本全土にある 約2700
ゴルフ練習場を訪れている人の大半は
 そう考えている

年間に利用する人数は 約一億人

ひとり 100球ずつ 打つとしても
日本で 1年に 100億球のゴルフボールが
打たれている計算になる

CA3F00300001

一般的には
スウィング改善にトライする場合
☆アドレス
☆テークバック(テークアウェイ)
☆トップオブざスウィング
☆ダウンスウィング
☆インパクト
☆フォロー
☆フィニッシュ

7箇所の動作をつなげていこう
もしくは
その個所 箇所の形を作ろうとする

連続写真を見た場合
その 7箇所の関所 みたいな
ものを 形で追いかけようとする
ことが 多いと思う

しかし これでは 永遠に
輪廻転生というか ゴールのない迷路
に入り込む のと同じ。

ボールを打たない
静止状態での「ポーズ」を作っても
モーションになれば クラブだけじゃなく
体の重さ…負荷としても重さも増すし
クラブヘッドやクラブ、体の構造の
特色も色濃くなる。

それをまた改善すれば
また 新たな形で負荷が発生する。

以前にもどこかで書いたかも知れないけれど
例えば 体の向きの変更で作る円
それよりも 半径2m位大きな円に
レールを引き 台車を乗せ
 自分に向けてカメラをセットする
ベルトに装備された磁石みたいなモノに
対応・反応して
いつも 体の正面にカメラが正対している
として 股・股関節から上
へそから上だけを撮影すれば
分かるのだけれど
自分自身は殆ど動いていない
クラブやヘッドも殆ど動かしていない
特に 前傾姿勢に沿った
やや下からの 斜め上に向けたアングルで
撮影すれば 上下にも
殆ど動かしていない。

回旋塔から学ぼう

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1351554.html

でも書いたけれど
回旋塔…脚の動きによって
体の向きが変わる
それに 前傾姿勢が加わる
ここが 大きな変化の主要な部分で
腕は その動きに 対し
その場所に留まるよう→ 体に対し
体のセンターにクラブを留めておくように
動かないようにするために 動かしている
 だ け

腕(肘)主体で 考えていれば
単に 自分の胸の前で
右胸の前から 左胸の前
30センチ〜50センチ
クラブ・・・グリップを横にスライド
させているだけで
その延長線上に 体の向きの変更がある
とも言えるだろう・・・

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット

ゴルフは 体(上半身)は使わず
四肢だけ動かす と思うけれど
その中でも 実は 右肘と左脚しか
使わないのではないかと 思うんだけど…

右脚は支えているだけ だし
左腕は 動かない、向きだけ変わる上半身
とのつなぎ役 であって
積極的に 止めたり 動かしたり しない

上手く クラブが扱えない人を
見ていると 多くの人が
脚は右足、腕は左腕 ばかり
使っているように見えるのだけれど…



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


という タイトルなのですが
今回は 特に技術的なコトではなく
本当に 基本 というか スウィングの背骨…

ゴルフスウィング・ショットというのは
ゴルフボール…球体を ゴルフクラブ特有の
性質を利用して 打撃するコト
 だと思います。

ですから その打撃を ホウキやラケットなどで
出来てしまったのでは 「ゴルフ」ショットと
しては意味がないと思うのです。

ゴルフショットの基本は
繰り返す事です。
繰り返せること とも言えるかもしれません。

ですから 陳腐な言い方ですが
シンプルにしなければ なりません。

シンプル というのは技術論
動きを少なくする 小さくする は勿論
目的となることを ヒトツ也 フタツ也に
集約することだと思います。

どういう事かと言うと
例えば パターやアプローチで
ボールを打つコト
地面にあるボールを拾うコト
目標方向に打つコト
距離感を持って打つコト
を ヒトツの動き にしてしまわないと
天秤のように
 あっちが出来ると こっちが立たず
になってしまうと思うのです。

特に アマチュアが 趣味や娯楽、道楽として
ゴルフという「遊び」で楽しむ場合
何度も書いていますが
何かをするために 自分の体を犠牲にするような
コトは 絶対に避けなければなりません。

ゴルフは本来 社交性の高い貴族の遊びとして
発展した訳で 昔はネクタイ・ドレスが
服装の基本だったのですから・・・

2

アプローチやパターの場合
多くのアマチュアは 何を使って
やるかは別として ヘッドを
催眠術の「コイン&紐」のように
縦の振り子で打とうとしています。

これでは 最下点でボールを打つ
その行為が成功したとしても
その時のロフトが不確定なため
距離感をミスします。
多くは アプローチショット「打つコト」を成功すると
必ず 距離はショートするのです。

ベアグラウンド等で 距離を強く
インパクトを強くしようとすると
今度は ヘッドの最下点 や ロフト姿勢が
ミスしてしまい ダフリやトップになります。

振り子打法の場合
上手くボールを捕えるのには
概ね アドレス時よりも 大きなロフトで
インパクトすることになりますから
距離に対するエネルギーが
高さやスピンという 非常につかみどころのない
大きなロスを生みますので
上手くとらえるほど 距離はロス します。

ロス率を計算に入れ 強く〜速く動かせば
今度は ミスヒット率が上がる訳で
これでは 練習場のマット とは全く異なる
生きた芝 生きた土の上では
何年やっても くじを引いているのと
そう変わりありませんから
結局のところ お金と時間を使って
場数を生む必要があるのです。

距離感とは球技の場合
確かに 原則としてはスピード感です。
寝かしたロフトで打つコトを前提に
していれば ボールと地面という
 ゼロの空間に
いくばくかの厚みのある ヘッドを
する抜けさせるわけですから
急がなければダフリます。

ダフリが 球筋ととして ダフリになるか
トップになるかは その時次第です。

ゆっくり振りたくでも それでは
ボールをミートすることが出来ません。

急ぐ → ロフトが寝る
更に急ぐ → ミスの確率も
ロフトが大きくなる → ロス率も増えます。


と ここまで来ると
いったい 何を目標にしているのか
見えなくなりますよね…
練習場で 10年も20年も
アプローチの練習してきたのに
あまり変化がないのではないでしょうか?!
残念ですが 
 それが皆さんのアプローチの現実です。

それは ショットの中に
色々な 関門を3つも4つも
同時に 別なアクションで行おうと
しているからで
ショットでもそうですか
打つコト
飛ばすコト
真っ直ぐ行かせる(目標に行かせる)コト
そして お望みの距離にするコト
これを ヒトツのアクションに
まとめなければなりません。

これが刷毛塗
 特にアプローチやパターの場合
右肘を使って クラブのスライドで
すべて満たせます
たった ヒトツのアクションです。

脚を使った体のスライド
でも 可能は可能ですが
この動きでは 距離感は満たせません。
打つコト=距離感
実はこれが全てなのではないでしょうか…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問ですが
①インパクトはアドレスから
左の靴の上に移動し
ライ角分フェースが開いた状態
というのはトゥダウンと関係がありますか?
②打球は右に出て軽くドロー
とは逆に左に出て軽くフェード
した時は肩の開きが
早かったのが原因でしょうか?
近頃はトップから
頭を左肩といっしょに
左へ動かすようにしています。


こんにちは。
質問、有難うございます。

1番の質問は そのまま解答 です。

2番の解答ですが
まず 例えば スライスとか
フックとか ドローとか フェードとか
どうも 多くの方が インパクト前後の
ヘッドの動き・・・ みたいなモノで
おこす…  そう魔法のランプを擦る
かの如くのイメージを持っているのだと
思いますが そうではありません

弾道を打ち分ける こと
それ ソノモノをお薦めしている
訳ではありませんし
実際に 打ち分けなければならない
環境に陥っているのに 普段通りでない
コトを成功させるのは
ナンノ重圧や課題のない状態ですら
難しいのに 成功率は極端に低い
という認識がまず必要です。
それでも あえて 挑むのであれば
結果の是非は二の次にするべきです。

重要なコトは
弾道をいじらなければならないような
環境に自分を追い込まないコトです。

003


ハナシは元に戻ります。
これとコレ と言う程
単純ではありませんが
打撃方法は全く一緒☆
例えば ボールの位置 であったり
ターゲット方向とアドレス方向 であったり
固定した何かと何かの組み合わせで
インパクト前後に どうヘッドや
フェース、クラブを動かすか
で 弾道を作っているのは
 本物ではありません

そういう意味合いでは
振動数 190cpm の
7番アイアンでも
 *必要はまったくありませんが
弾道の打ち分けは 決して
難しいモノではありませんし
ある意味 弾道の打ち分け
という言葉が錯覚を作っていますが
打撃方法は同じ
セットアップが違うだけ とも言えます。

そういう意味合いでは
運動を始めてから の何かの動きで
フックやスライスになってしまったのは
どちらにしても 単なるミス
動きの中で それを修正しようとしても
ミスをミスで修正することになりますから
大いなる迷路にハマりこんでしまいます。

原則論 としては
ゴルフは
 自分の出来ることを一生懸命する
のであって 出来るかも という願望を
満たしたいのであれば 結果は二の次
冒険・挑戦したことを楽しまなければ
なりません。

どの道 ボールは球体 ですから
真っ直ぐ線を引いたように飛ばす ことよりも
目標地点に打つ コトで
経路は自由 個人の個性の範疇 です。
目標に近いところに打てれば
経路は自分の自由で良いのです。
右曲りでも 左曲がりでも
少々高くても 低くても
お望みの距離を お望みの方向に
移動させること
それがアマチュアに出来る
最大の努力で ショットの目標ソノモノです。

感覚的には 車の運転と同じで
安全に 快適に 目的地に到達することで
高速で200キロを出す事でもありませんし
山道でドリフトする事でもありません。
出来るだけ 最短ルートで
最速で行くことが ベスト とは限らない
と思うのです。
人によっては 遠回りをして
ドライブを楽しんだり
途中下車して ご飯を食べたり
ラブホテルに入る気配を伺っていたり…
ヒトそれぞれの楽しみ方があって良い
訳ですから 弾道を曲げる 操作する
ことに楽しみを感じる人は それはそれで
良いと思います。
思いますが 
車の運転で言うと
ドリフト出来る事やスピードを出せるコト
それを他人に対し何かの物差
しに
するべきではないと思うのです。

若者が 首都高でバトルをしたり
六甲や箱根でかっ跳んだり するのは
事故や迷惑でなければ 若者の特権ですが
それが出来るコトが 運転が上手い証
ではないと思うのです。
ある程度の年齢になっても
例え 誰も同乗者がいなかったとしても
高速で リミッターが効くところまで
飛ばす のは 何か間違っていると
思うのは 僕だけでしょうか・・・

kenin-rope

打ち分ける技術は
概ね 小手先の技術ですから
そんなことに 時間や労力を
費やすよりも ボールを
目的方向、目的量 移動させる
ゲーム本来のプランに乗っ取った
安定性・均一性の方が、
  圧倒的に重要です
。  

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


年も明けまして
やっと 落ち着いて参りましたので
お待たせしております「パター」
随時、出荷し始めます。

パターカバー(ヘッドカバー)は
欠品中ですので 追って 別送で送らさせて
頂きます。 何卒 ご了承下さい。
  ハミングバード 店主

       

本日は 投稿ラウンドレポートです

2

スタート時刻の気温は0度だったり、
   2 度 〜 3 度 。

寒さ対策としてヘッドに
鉛をバッチリ貼り付けてレッツゴー!!

 

ドライバーの打球が
とっても素直に飛んでくれる事が増えました。


飛ばそうとしないで球をつぶす
(言葉の響きは男子として不吉ですな)

事に集中してます。

 

12月31日は
トウダウン不足に気付かずに
鉛をあまり貼ってなかったので

トップのオンパレードで
無理してしまい
 煩悩の数より打ってしまいました。


しかし
60ヤード位を
新型L字決戦兵器でナイスオンでした。

 

1月4日は鉛チューンして105。
無理して攻めてる事に気付きました。

 

9日は
クラブにお任せスイングを心がけて100。

新型L字決戦兵器にしてから
チップインが増えました。

 

10日は夏以来の100切りで98。

やはりチップインが
P/Sとパターで2回ほど出て
なにかと楽しいです。



しかも
私がドライバーを打つたびに
先輩のドライバースイングが

みるみるおかしくなって
飛ばなかったり引っかけたり
すっぽ抜けたり・・・


パターを打つたび
私の半分の距離しか打てなかったり・・・
申し訳ないっす・・・

 

本当に恐ろしい兵器を
 ありがとうございました。

 

352503-1y

「見えた事」

久しぶりに現場に出ると
ワクワクして無理な攻め方をしてしまい
    大たたき→自滅。

メンタル弱っ!

 

「課題」  

振りすぎ。

調子にのって
左へクラブを回してしまい、
引っかける事多し。
メンタル弱っ!


もっと謙虚にクラブヘッドを感じて信じる事。

 

同伴者から
「ドライバーの当たりが良くなって
来たので3Wか5W作ったらロングでも

2オン狙えるよ〜。」
とか言われましたが、
まだ単にトラブル続出になるだけだと思います。


それ以外に課題が山積みなので
しばらくこのチームを可愛がりたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

o07110508

こんな遊具があったのを覚えていますか
最近では 危険! 
とのことで姿を消しつつあります。

これつかまっているイメージを持ってみましょう。
そばにいる友達に対し ポケットの中にあった
チョコレートを放り投げるには
目標よりも早く段階で
チョコを手放さなければなりません。

片手で回旋塔につかまり
棒をもって 地面に線を引きます
遊具そのものが回っている限り
直線を描こうとしても
回旋塔の回転によって
必ず 曲線/円形になってしまいます。

ゴルフのスウィングを形成する際
ビデオや画像で見るスウィングは
回旋塔で遊ぶ子供を 横のベンチで
見守る親御さんのようなモノで
その子供が 棒で直線を描くイメージを
持っていたとしても
傍目で見ている限りは 曲線になるのです。

では 自分の番で 棒で地面に線を描く場合
曲線を描こうをしたら どうなるでしょう。
本来 曲線は 回旋塔の回転半径 というか
その曲線であれば ただ 棒を地面に
押さえつけて置けば良いのですが
棒を動かし それと同じ半径の円を
描けるでしょうか???

かなり難しい

曲線であっても 直線であっても
棒を動かす限り
波打った曲線の連続になってしまい
行き着くところ 最後はやっぱり
回旋塔の円通りになってしまいます。

ゴルフクラブの場合
構造上 動かさないようにするため
補助 として 少々動かしておく必要は
ありますが 原則としては
自分の向きが変わっている
→ 自分が回転している回旋塔につかまっている
ので 結果として
その円通りに動かすのには
 先端を自分の意志では動かさない 
コトが答えです。

もう一つ 付け加えると
ゴルフクラブを使って ゴルフショットするのには
その回旋塔の回転スピードは
ボールを飛ばす「主力」エネルギーでは
ありません。

確かに
F=1/2MV二乗
というのはあります。
和訳すると
力(フォース)→F
質量(モーメント)→M
速度(ヴェロシティ)→V
なので 速度に二乗が掛かっていますから
スピードを速くした方が効果的 と思われますが
F(フォース)は力 であって
距離(デイスタンス)ではありません。

フォース・・・エネルギーが増えても
それが 回転や高さ 熱や音になってしまえば
その分 距離に転化するエネルギーは少なくなる訳で
ゴルフクラブは構造上 各個人が安定して動かせる
速度を超える、
 もしくは すべてが同じリズムのではなく
ヘッドだけの速度を上げようとすると
例外なく クラブも体も
ロフトが増えるような姿勢になってしまうので
必要「異常」な速度は スピンと高さ という
距離にとっては 必要最低限を超えると
たんなる 無駄 みたいなものになってしまいます。

効率よく 主力エネルギーであるヘッド重量と
少しの運動エネルギー(落下エネルギー)を
正しいロフトで打ってあげる

それを 目標方向にベクトル変化するのが
体の向きの変更の大きな目的で
無闇に 回旋塔のスピードをあげてしまえば
つかまっている人は 体力の無い人から
すっ飛ばされてしまいます。

ゴルフクラブをもって
回旋塔につかまり 地面に置いてあるボールを打つ
しかも どこかの目標に向かって
となると 動いている回旋塔 に任せるのが
基本じゃないでしょうか
その中で クラブを振るのでしょうか?!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


少々 恐ろしいハナシ…

脊椎

wikipedia より

色別れした 上より
FMA24138_front_120x120
頸椎 7椎骨

FMA9140_front_120x120
胸椎 12椎

FMA9921_front_120x120
腰椎 5椎

そして、仙椎(仙骨)

最近 プロだけでなく
アマチュアゴルファーにも
この 頸椎…
首を痛めている人の話を聞く

プロゴルファーの場合
どの職業にもある 職業病みたいな
部分なのかも知れないけれど
昔は 腰椎の痛みが主流で
頸椎を痛める
というのは 少なかった。

腰を痛めるのは
プロゴルファーにとって
パターの練習は飯のタネ
練習時間の半分以上を
割く訳で あの姿勢を
長時間 長い年月行えば
職業病と言えるだろう。

絵を見てくれれば
分かると思うけれど
背骨は臼ではないので
横方向の回転の動きは
多少の遊び以外は存在していない

wikipedia より

損傷の度合いにより、「完全型」と「不完全型」に分かれる。「完全型」は脊髄が横断的に離断し、神経伝達機能が完全に絶たれた状態であり、「不完全型」の場合は脊髄の一部が損傷、圧迫などを受け、一部機能が残存するものを指す。

  • 完全型の場合、損傷部位以下は上位中枢からの支配を失い、脳からの運動命令は届かず運動機能が失われる。また、上位中枢へ感覚情報を送ることもできなくなるため、感覚知覚機能も失われる。つまり「動かない、感じない」という状態に陥ることになる(麻痺)。しかし全く何も感じないわけではなく、受傷部位には疼痛が残ることが多い。また、実際には足が伸びているのに曲がっているように感じられるとか、痺れなどの異常知覚、あるいは肢体切断の場合と同様、麻痺野で本来感じないはずの痛み(幻肢痛、ファントムペイン)を感じることもある。


    腰痛もあまり喜ばしくはないけれど
    医学に明るくなくとも
    その損傷個所が上にいくほど
    深刻なのは イメージできると思う

    損傷の原因に
    スポーツも5%以上あり
    統計には出ていないけれど
    ゴルファーの声を聞いていると
    スウィングが要因 というのも
    決して少なくないのではないだろうか…

    僕には全く想定外の話なのだけれど…

    首を痛めてしまう原因は
    体、上半身
    この脊椎を捻る ことにある訳で
    多くのゴルファーは
    肩→肩甲骨 を回す
    肩部分を 上半身とは別に
    回す というか ねじる
    ことを 良しとしている
    ダウンスウィングで
    タメを作る
    腰が先で 腕が後
    腰を切る
    スウィングは遠心力

    そんな スウィングの目標が
    素振りや練習場での打撃
    の回数分だけ 首を
    少しずつ痛めていくコトになる

    遼君やタイガーのスウィングを
    見ていても
    脊椎の横回転 ヒネリ だけでなく
    左右の上下の複雑な負担が
    背骨に掛かっている
    体を鍛え 筋力の鎧をもっている
    プロであったり 若い人であれば
    まだ 多少は守られるけれど
    我々 おじさんにとっては
    読んで字の如し
    骨身を削って 300ヤード
    飛ばす価値など まったく無い

    スキーに行くのに
    骨折などのケガをしてしまって
    仕事に差しさわりがある
    そんフレーズは聞くけれど
    ゴルフでネェ…
    しかも コースにいかなくても
    痛めている人はたくさんいる訳で…

    何で そんなスウィングを
    一生懸命練習するばかりか
    金を払って 時間を掛けて
    習ったり するのか なぁ〜〜〜

    自分の頭で考えてみれば
    医学的に明るくなくても
    危うい動作 と分かりそうなモノだけれど
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドの重み
 こいつを利用して ボールを打ってやる
言葉にするのは簡単ですが
実際には 何が必要なのか と言うと
多くのゴルファーは 練習量・球数を含めた経験
と言う 技術的なコトを思い浮かべると思いますが
重要なコトは
 自分の頭で 自分の言葉で
  そのコトを考えてみる
 コト です

難しい 物理や力学などを 応用しなくても
 常識的な知識で 理解できるはず です 

一般的に考えられている 
 ヘッドの重さ × クラブの長さ
それによる  遠心力の増加 は
ボールを遠くに飛ばす破壊力の源 というよりも
それを支えている部分
(クラブを持っている手や腕 そして人間)
への 負担の増大 になるだけ

furiko

この図のように 重さ部分である振り子を
高く持ち上げ 放してあげ
それの落下と加速 そして 重さで
その最下点付近にある ボールを吹き飛ばす
と言う発想は 器械的に
支点部分が固定されている時には
有効かもしれないけれど
先端の重さ & 長さ & 高さやスピード
それによって 生み出される力は
ボールを打つ方向ではなく
振り子の延長線上に常時掛かっている。
ボールを打たない方向に多く掛かってしまい
人間も含め クラブを支える部分
ボールを打たせないよう 打たせないよう
してしまうのだから
それを筋力というか 労力で乗り越え
ボールを打ったとしても
ヘッドの重さ そのものがボールを
遠くに飛ばしたというよりも
その人の 運動性能 の方が大きいような
気がする。。。 如何なモノだろう?!

確かに 長い棒の先に付いている重さ
それを利用しようと思うと
反動を付けたり 遠心力を使う方が
満足度は高くなるとは思う

ハンマー投げのイメージがあるのかも
知れないけれど
ハンマー投げは ハンマーそのものを
投げる競技で そのハンマーで
何かを打つ訳ではないし
もしも ハンマー投げそのものを
ゴルフクラブ形状のもの
重心の歪な物体で行うとすると
あの投てき方法ではないかもしれない。

何よりも そう言ったことを
自分の頭で 今一度 考えてみることが
大事なのであって
雑誌も含めた受け売りの宣伝文句
みたいな知識を 鵜飼の鵜のように
飲み込むのではなく 今一度
反芻して 自分の言葉で考えてみて欲しい

そうなれば
 ウエッヂのスピンは溝が決め手 とか
 ドライバーの反発係数 とか
 ユーテイリティクラブ なんかが
単なる 流行言葉 と言うことも
簡単に 認識出来るようになる
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのカタログには共通して
このように書かれています。  例えば
 重心深度…深い程 スウィートエリアが広くなる
基本的には スウィートエリア と言う言葉自体
なんだか 曖昧な表現で よく分らない。
どこか 特定の場所を指している訳だけれど
トンカチで考えると
釘の刺さっているベクトルと同じ方向に
ハンマーヘッドが動いていれば 釘は刺さっていく
その上で 真ん中に近いトコロの方が良いのかも
知れないけれど 釘を打つ コトが目的で
真ん中に当てるコトは 補助的なコトでしかない
真ん中で打っても 釘とは全く異なるベクトルに
ハンマーヘッドが動いていれば 釘は曲がり
刺さらない

furiko

この振り子の先にハンマーヘッドがあり
ボールを飛ばす方向に 釘を打つ
とすると 当たりどころ によっては
釘は刺さらず 曲がってしまう。
ボールを飛ばすであろう 方向と
似た方向・ベクトルにハンマーヘッドが
動いていれば どこに当たっても
釘を打つコトが出来る。

上記の 重心深度は
重量の中心点とシャフトやクラブが
遠心力線上で直線になろう とする働き
から 深い程 ロフトが付くように
フェース面が前に出るので
ミスに寛容になるだけで あって
ヘッド重量、そしてシャフトの柔らかさ
が無ければ 重心深度の意味はなさない。
硬いシャフトで その形を動かないような
モノであれば 重心が深い程 クラブは
右に残りたがり その結果
ロフトが開くだけでなく フェースも
右を向きやすくなってしまうので
重心の深いヘッド&硬いシャフトの
組み合わせでは 一般的に思われている
重心が深い ≠ やさしい
ではなく 魔反対の
飛ばない 上がる スライスしやすい
右に行き易い ドライバーであれば
典型的な 打ちにくいドライバーになって
しまう
20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット

少し前に流行っていた慣性モーメントの
理念も同じで 昔にも書いたけれど
ヘッドの慣性モーメントは
重量の中心点を軸に
ヘッドがどの位 回り難いか
を数値で表している訳で
ヘッドの重心点が軸にならない限り
ナンノ意味も示さないばかりか
ある部分 振り難さのバロメーターに
なってしまうのだが・・・
シャフト・クラブ軸と重心が
直線状になる というコトが原則に
考えられている 慣性モーメント・・・

そして 重心距離に関しては
長いと安定するけれど 開きやすい
短いとフェースが返り安く、操作性に富む
と言う書き方だけれど
この表現のニュアンスでは
シャフト軸が 軸点となっており
ヘッドが L字型のズレタままを
維持している

慣性モーメントを正しく利用すれば
上に書いてある重心距離の説明は
嘘になってしまうし
クラブ使用中にL型形状を維持したままでは
今度は 慣性モーメントの説明は
デタラメになってしまう。

これを 一般のユーザーは
何と感じているのだろうか・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


長い事待っていた、
L型ブリストルタイプパターが

うちにもやってきました。


自宅の廊下に
置いてある簡易パターマットで転がし感を

ソコソコ掴み、コースへ出陣致しました。


店長さんにも言われていましたが、

生きた芝の上で使うのと

死んでいる人工芝の上で使うのとでは

まったく使用感は異なり、

ナント気持ちの良いコロガリなんでしょう。。。

160_56949

トロトロと、ゆっくり

“芝の上を滑るように転がる”この感じは

河川敷の平均的なグリーンを

オーガスタナショナルのようなグリーンに

変えてしまいます。


スタートのイチニホールは距離感に

戸惑いましたが、ボールスピードを

よく「感じる」ように言われたのを思い出し

そのボールスピード通りに、ヘッドを動かすと

何とも言えぬ、しっとりしたコロガリに

変わってきます。


まだまだショットの全体は悶絶の域を

脱しませんが、このパターがあるお蔭で

クラブもより楽に動かせる上、

グリーンに乗りさえすれば だいたい計算通りに

ホールを終えることが出来るので

ショットに対する重圧も、

かなり軽減出来る気がしました。


グリーン周りからのアプローチでも

パターを多用しましたが

まるで カップに吸い寄せられる かのように

カップに近づくほど 伸びていくような

そんな気がしました。


2

L型パターにありがちな

当たり所による距離や方向の

ブレもなく、今までで一番簡単なパターに

感じます。


ブログにも書かれていた通り、

ショートやミドルパターで

カップの中にまっすぐ狙えるか、どうか

勇気を試されています。


余程、すごい傾斜でない限り

その距離をカップの中に打たないと

そのまま抜けてしまいます。

なかなか怖くて、カップひとつ外してしまったり

するのですが、パターヘッドそのものを

カップに入れるつもりで「ショット」すると

ショートパットは百発百中?かもしれません。


次の実戦が楽しみです。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのお悩みの方
その悩みのキーポイントになっているのが
クラブを 何で 振るか?! というコトになります

BlogPaint

このアングルからの映像には
クラブの上下の動きは捉えられませんから
この映像での クラブの動きは
補足的なモノを除き すべて
脚のアクションによる体の動き
というコトになる訳ですが
ここの部分が つかめていない
ような気がします。

ですから この次 もしくはその次で
体がボールに正対した時には
ボールは打ってしまう訳です

多くのゴルファーは
腰から動かし クラブは残す
クラブは溜めて・・・ みたいな
キーワードから そこを覚えてしまいます。

本来 捩じることの難しい上半身を
数万回の訓練によって 身に付けた
気持は ボディターン
結果は ハンドターン スウィングは
なかなか 捨てきれないモノでしょう。

特に 体 クラブ という
ワン ツー のテンポを
ワン  に変えるのはかなり難しい…

やはり ここは
小さなショット アプローチ 等で
体に染み込ませていくしか 無いと思います。
肘さばき だけでの アプローチも有効ですが
練習と思い 体さばき 回転だけで
打ってみる練習も大変有効です。

しっかりと 左右の軸足を作る
体の構造にのっとった 回転をしないと
左脚を軸足に出来ず
 ボールに届かないショット
になってしまいます。

軸足 直立脚の変更が基本で
体の向きの変更を行えば
距離感はともかく 非常に確実な
ショットを繰り返せるようになります。

それを覚えていけば
腕の作業は 殆ど無い に等しい程
腕は動かさず スウィング中に
ホンノ少し肘を動かすだけ…
それも 体の向きの変更の補足の為
少し動かすだけ と言うのを
感じ取れるようになると思うのですが…

重いヘッド 柔らかいシャフトのクラブを
ワンツー の方法で打てば
シャフトは捩じられ
 クラブのより重くなり
よりロフトは開き うまく行きません。
重い 柔らかい は良い方には
全く働きませんから
 ダフル トップ チョロ
そして スライス
もっと 酷くなると 真っ直ぐ行くけど
遅い 飛ばない 緩い球になってしまいます。
好きで 腕で振っている訳 ではない
のかもしれませんが 必然も
自分が起こしている訳ですカラ…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

去る1127日(土)
某所から車を飛ばし
初めてHBSにお邪魔して1ヶ月が経ちました。


その折に早速、
悶絶クラブの発注を致しました。

帰る間際、納期が来年2月頃と聞きましたので
悶絶クラブに慣れる意味もあり
SWを一本拝借して帰路につきました。

それから略略1ヶ月経過した
昨日1226日(日)になり
初めて練習場で試打ちして来ました。

CA3F00300001

この1カ月間は
週日は忘年会の酒池肉林に没頭し、
週末はひたすら
翌週の酒池肉林に備えた体力充電に努め、
ゴルフのことは
HBSで拝借したDVD
YOUTUBEの鑑賞だけに留めておりました。

酒池肉林の世界からも解放され、
日曜朝、ワンコの散歩を終えて
居間でゴロゴロしていた所に
年末の大掃除に取り掛かった大蔵大臣
(悶絶予算承認権限有)
に邪険にされたこともあって、
練習場に行きました。

 

練習場は我が家から車で4-5分程度で、
従前は多い時は月に2-3回は利用していたが、
上記のようにこの1カ月間は
全くの「お見限り」状態でした。


SW
一本以外は何も持たない客は、
受付から打席に入るまで
好奇の目に晒されたようです。

 

1100球ほどを籠に用意。
スイングしない(?)から準備運動は軽め、DVDYOUTUBEを思い出しつつ、
刷毛塗りから素振り
(…という表現でいいのかな?)
を始め徐々に大きくし、
捻っていない
撓らせていない
体が回転運動していない等々
頭の中で反芻。

 

22メートル程の刷毛塗りショット
を繰返す内に、
たった2メートルにも体重・重心移動

  の有無が結果を大きく左右することに
あらためて納得した。

 

3)アプローチの練習として
30/50/70ヤードを打ち分ける練習開始。
2メートルショットの延長
であることは十二分に理解しているが、
体が勝手に捻る・撓る・円を描く
ことからダフリ・トップ・シャンクの連発。(始めは興味を持って観ていたであろう
後ろの打席の客が全く無視の感
←視線を感じなくなった)

   
100球を終わって
新たに80球追加したあたりから、
徐々にそれらしい当たりが出始めたと思う
(自己評価能力ゼロだけど
…右肘のリリースと
身体・クラブの横移動量があった時の感触
=ナイスショット=と思われる)。

 

4)今日の練習で気が付いたことは、
このクラブ・打ち方であれば
何千分の一秒かといわれるインパクト
から解放されるために、
方向性について悩むことは限りなく
ゼロに近づいたのではないか?
ということです。

これは、SW以外のクラブでも
練習して確認したいテーマです。
それと、右肘のリリースによって
ボールを飛ばすパワー
に置き換わるクラブヘッドの
位置のエネルギーの大きいこと
にあらためて驚かされました。

 
早く、自分の悶絶セットを
手に入れたいと強く感じた一日でした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ボールは地面にありますが 行きたい方向があると思います。 レイキャビックに着陸するには その方向に向かって行かないといけませんが スイングには不可抗力とか時間の経過もありますから レイキャビックに直接向かうと手前に墜落すると思いますが?

体の動きはベクトルを考えると結果的にそうなると言う事だと思います。

レイキャビック の話は
クラブを持った腕(上半身)と
ボールとの関係がスタートだと思います。
ここでも 錯覚があると思うのですが
ボールの手前をダフる
というのは 横の動き ですよね。
横の動き に関しては
何度も 何度も 申しておりますが
補足として 肘の動きでクラブは
横にスライド…押しはしますが
実際には それは 体のセンターから
ずらさないようにするための補足的な動作で
変な表現ですが
動かさないようにするために
同じ位置を維持するために
 動 か す
行為と言えるわけで
横の動きはあくまでも脚さばきです。
左右の肘の交互な動きの為
クラブは自分の真正面を動かず
ややV字のような動きになってしまうのですが
その意味合いで 北極 ではなく
レイキャビック・・・
他に適当な緯度の都市が無かったので
その動きには経度は関係が無い訳で
脚を使った 骨盤 という
ターンテーブルの上に乗った
自分が動かしている訳ですから
レイキャビックのイメージを
持っていたとしても
何時
によって ボールの先でも
ボールの後ろでも どちらでも
ダフルことも可能ですし
そのターンテーブルは斜めに傾いて
いますので いつ によっては
空振りも可能です。

レイキャビク

やはり ナントは無しのスウィングの話の
中でも 腕で 円の動きをなぞる
その感覚はなかなか消えないモノで
そこが頭の中で 整理がつくと
重いヘッド 柔らかいシャフトのモノが
有効に使えるようになるのでしょうし
そうなると クラブ間のつながり
パターも含めたクラブのつながり
 というのが
非常に重要になり
あぁ ショットって 皆同じなんだなぁ
と実感できるようになると思うのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フィジカルな部分で質問があります。
文中の写真の状態のような、左へのシフト中に「左ひざ」が曲がりますが、この膝の曲げ方というか、曲がる方向に少々疑問が残るんです。
昨日の記事の文中には「右を向いたまま飛球線の方、背中側にまるで<倒れかかるように>左に移ってほしい」とありますが、アドレス時の状態を基準とすると、左ひざは「前」(ボール方向)に出ないようにすべきなのでしょうか?
シャドースイングなどでグリップを下げるモーションをする際、左ひざもしくは内ももを狙うんですが、ここのイメージがイマイチなんです 飛球方向に向かって深く折れていくイメージが正解?? その時の左つま先は可能な限り飛球方向に開いている方がシフトし易い???

多くのゴルファーは
ダウンスウィングで 自分の意図よりも
早めに 体が廻ってしまいますよね
それを少々考慮に入れて考えなければ
なりません。
左膝は トップオブスウィングでの
クラブヘッドの位置に対し
クラブ・体を含め稼働する部位の中では
一番低い部分になる筈です。
そこの低さを利用することが
ダウンスウィングのオートマチズム
につながるのではないでしょうか?!
ボール方向に深く折れる(曲がる)
意識があったとしても やはり 体の
回転に引っ張られていくかもしれません。
僕個人の意見では つま先の向きに
合わせて 深く 低く していくのが
体の重さを支えやすい のでは と
考えていますが 如何なもので?!
そのことによって
全ての部位の 運動ベクトルが立体的に
似たような方向になる と思います。

IMG_NEW

ロフト、ライ角、シャフトの長さ、ヘッド重量、重心距離、重心深度、などなど、これらの相対比はどのようにして決められるのでしょうか? ルール以外に何か基準みたいなものがあるのでしょうか?

昨日と同じ質問なのですが
少し気になるので 深く考えてみました。
上の図は アイアンの絵柄 なのですが
お手元に同じようなウッドのモノがあれば
是非 見て貰いたいのです。
実は 十数年前から
アイアンとウッドの 双方が
同じものを基準にして 数値を出していない
事が気になっていたのです。

アイアンヘッドは中空構造のモノを
除けば(これはウッド形状と呼べるかも
しれませんが) 殆ど 50年以上前から
基本は変わっていません。
それに比べ ウッドは素材を度外視しても
大きさは3倍近くになり
シャフトと重心位置の関係は
かなり画期的に変化しました。
それに伴い 重心位置 と言う言葉も
使われるようになってきた訳で
どうも ウッドに関しては
ヘッドターン するコト
が基本理念にあるが故に
それを基準とした計測方法と言うか
基準値を作っているように
しか見えないのです。
本来であれば 同じヘッド重量であっても
重心距離が長く 重心が深い程
スウィングウエイト・・・実質重量が
多くなる筈なのですが クラブ製作上
そうはならないケースが少なくありません。
重心位置 というのは シャフトに
どのような影響を与えるか
と言うモノだと思うのですが
計測以前に ボールに対するスピン特性
みたいなものを前提に考えているように
思えてならないのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ロフト、ライ角、シャフトの長さ、ヘッド重量、重心距離、重心深度、などなど、これらの相対比はどのようにして決められるのでしょうか? ルール以外に何か基準みたいなものがあるのでしょうか?

非常に難しい、突っ込んだ質問ですね。
重心距離や深度などは ゴルフクラブの歴史
の中では ごくごく最近使われ始めた
単語と言えると思います。
パーシモンやそれ以前のクラブであっても
造る人 と 使う人が 同じ
もしくは 非常に近い関係にあったこと
というのがカギになると思うのですが
やはり 重心が深い方が やさしく
重心が長い方が飛ぶ もしくは安定する
というのは たくさんの試行錯誤の中で
生まれてきたモノだと思います。
そこから 考えていくほど
スウィング論 というのも
ごくごく最近生み出された言葉のような
そんな気がするのです。
クラブの数値、もしくはそれに付随するものも
スウィングありき ではなく 単に
クラブとして、もしかすると
クラブ論 というのがスウィングだったの
かも知れません。
多くのゴルフ歴史学者?も クラブはクラブ
スウィング論との結び付きでは ひも解いて
いないので ヒトツの分野として構築
出来る?かも知れませんね。


また、パーツとしてヘッドとシャフトは概してどちらが先にあるものなのでしょうか?
「こういうヘッドがあるからこういうシャフトを作ろう」なのか逆なのか、両方なのか・・・。鶏と卵みたいですけど。


基本的には
ヘッドが 先に作られると思います。
シャフトは重要ですが
シャフトそのものは エネルギーを減らさない
為に存在し 増やすモノではありません。
如何に ヘッドの重さを
効率よく 安定して 距離や弾道に変換
するのか というところ ですから。

007


どう見ても この形 ボールを 打つ道具に見えませんよね。 穴の中ほじくったり 農耕道具のような 形ですよね。 それも 右手だけで 使うのに適してそうな感じがします。

その辺りに 扱い方のヒントがあるんじゃないですか?

勝手な推測ですが 考察お願いします。

そうですね
基本的には 農業用品からの発展
というところは否めないかも知れません。
少ない労力で 大きな成果
そして 繰り返す行為 というのは
似ていますし 道具から学んでいく
と言う点もあると思います。
地面に落ちているボールを
効率よく 遠くへ 狙った方へ
飛ばす というのは 道具次第
と言うことになると思います。

003


質問です
室内にネットを設置する際に 必要な物と 注意点をお教え下さい
防音に関して良い知恵があればお願いします

広さは8畳程です

3m × 3m × 3m の
立方体が必要になります。
2m80 × でも なんとかなりますが
かなりの威圧感(閉所感)があります
その大きさにネットを張っても
壁や障害物との隙間に30センチは
必要です。
建築資材のネットが一番安価だと
思います。
正面 上 右 最低でも
この3か所にはネットが必要でしょう。
音の事を考えると
正面には 消音用のネット
・・・ライト商会 から出ていますが
これが必要だと思います。
支柱を貼るよりも 角にアンカーを打ち
少し長さを余らせたネットの自重
で受け止める 方が安全・消音だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先程は突然お邪魔してすいませんでした。
とても初歩的な質問で恥ずかしいのですが、グローブは何故左手だけ着けるのですか?
僕なりに考えた結果は 左手はクラブとのつなぎ目という重要な役割がある為 特に滑らないようにではないかと思いますがいかがでしょうか?
あと僕のスイングの成長度はいかがでしょうか、
鼓笛隊打法に少しずつでも近ずいてますか?
忙しいのにすいません。

グリップに始まり、グリップの終わる
と言う言葉がある通り
グリップは重要です。 ものすご〜く

グリップ次第で アドレスも決まってしまいますし
クラブの動かし方を表している最大の形で
グリップがスウィングをそのまま表しています。

通常のグリップ(ゴムの部品)は
ルールで 概ね 円とか丸形状ですが
パターだけは 平面が許されています。

しかし 上の平面部を除けば
下側は U字の形状をしている訳で
自然に 手の中で その部分は どこにあるでしょう?

そこで握る・・・
僕自身は グリップを握る とは思っていませんが
その部分で グリップを支えるには
利き腕でない 左手には多少 限界があります。
グローブは それを補助している訳で
用具としては 最大の援助 と言えるかも知れません。

グローブは 自然にしていると
指の部分だけが曲がるよう 出来ている
というのが ヒント でしょうか・・・


鼓笛隊打法の進行度、ですか
鼓笛隊打法 は 決して 打法と呼べるものでは
無いと思います。 無理やり 名付けていますが
昔からある打撃方法ですし
僕の立場からすると 先人達の教えに従っている
だけと言えるでしょう。
スウィングを 自分の頭で 推察し 考える
それが 出来ていれば ある部分 正解ですし
クラブ 体 そして メカニズム
最終的に それを 体現させるのは
技術や反復練習 ではなく ココロ だと思います。

002

本文とは関係ないんですが、ボールってどっちの目で見るもんなんでしょうか?雑誌なんかでは左目でみよ!なんて書いてますが、私は両目で見てるような?

そうですね ヒトには利き目がありますから
どちらの目 というコトは出来ません。
僕は 基本的には ボールを見ない
ことをお薦めします。
それは ボールを見ることによる弊害が
少ない無い からで
出来れば ボールは
頭の中で見ている そんなイメージが
重要だと思います。

ボールを見てしまうと
この場合 直視 とか 凝視 というコトに
なりますが 本能的に
ボールと目との距離感を維持してしまう と
思うのです。
体の回転の軸 支柱 は
背骨になる訳ですが
その部位は 非常に意識のし難い箇所です。
運動中、動作中に 背骨を意識することは
痛みが伴っていない限り 不可能?! とも
言えるので そこに視覚情報は大きく
係ってくると思います。

お薦めするのは
前傾姿勢 を前提に
ボールはベルト也 へその位置 に
ある訳で そこの高さと目との
上下ギャップ分 上
回転の弧で言えば 大回り というか
そのギャップ分 外を見ている
というか・・・

ウチのお店で言うと
打席・ボール
目の前にある鏡の中の自分の靴
位の視線が良いと思います。

そして 自分の胸の向き 通りに
視界を動かす
視線ではなく 
視界を動かす

ことをお薦めします
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 2011年 迎春

original



明けまして

 おめでとうございます


今年一年も

皆様にとって

素晴らしき一年で

ありますよう。。。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ