✋遠心力の罠 と関連があります 

これが「アプローチから始まる」のか、
ショットで「フォローを大きく取る」のか、
「クラブはからだの向き通り 180度ターンするモノ
 と言う思い込み」
から始まるのか は
それぞれ だと思います。


適当な距離…のアプローチで考えてみましょう。

アプローチであれば
クラブには 不可抗力、大きな遠心力は発生しません。
その距離、速度にもよりますが、
ヘッドの重さ、クラブ、シャフトを
ある程度、管理できる可能性があります。
2021-07-03_01-20-29_Moment
上の この写真を見ると
インパクト以降、フォローで
手を伸ばした、もしくは
ボールの飛ぶ方向に手を伸ばした、
 手を出した「ように」見えます…が
ふたつを比較してみて下さい。
2021-07-03_01-20-29_Moment(2)2021-07-03_01-20-29_Moment








実際には
手を出した訳でも、手を伸ばした訳でも なく
⚠カラダの向きを左にしただけ
⚠カラダを廻した、向きを変えただけ
 です。

スイングによって 発生した遠心力によって
グリップが「その方向」に引っ張られている のは
あるとは思いますが、
それを拒否していないだけで、
手を伸ばしたのでも、手を出したのでもありません

フォローを出そう、大きくしよう、
手を無理に伸ばそう、飛球線の方に出そう、

と 自分の意志でグリップを送り出してしまうには
からだの回転の止まり、向きの変更の抑止 が必要になります。
✋クラブの動きとからだの回転の切り離しが必要です。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment

そうなると フェースの回転も伴ってしまう 為、
ロフト姿勢や入射角度だけでなく フェースの向きも
安定し辛くなります。

また スイングの特性上、
 意図的にフォローを出す
 グリップを飛球線の方に出す というのは
右打ちの人の場合、右手を伸ばすコトになりますので
その結果、左腕は不自然にたたまれ、
写真や動画で 妙に縮こまったフォローの腕(左腕)を
 目にすることになる訳です。
意図的にするのは  ですが
あえて 言語化するのであれば
フォローを出す は からだの向きを変え
 左腕が飛球線の方に伸びた、伸ばしたではなく
 不可抗力によって伸ばされた というコトを指すのでしょう。



実際には 振っていない腕 を
振らなければならなくなりますから
その前準備として からだの回転に対する
腕、グリップの「意図的な遅れ」が必要になります。
これがそのまま フルショットとなれば、
手を返す為に ロフトやフェースを開く、
本来の意図とは全く反対の……🙀🙀🙀
言うなれば 『スライスにならないように手を返す為に
スライスになるように ロフトやフェースを開かなくてならない』

と言う意味不明な動作を覚えることになります。
    …火を消すために 自分で放火するような…。

遠心力を含めた 不可抗力 とは
その言葉の通り、ヒトには逆らい切れないチカラ。
そして ゴルフクラブはいざ運動させる と
その不可抗力を多く生み出してしまう構造 です。
故に クラブを持っていない時 の 素振り と
クラブを持った素振り、
そして 実際の打撃が同じになり難い のです。

フォローの大きさを含め
インパクト以降、はその不可抗力が最大になる部分です。
自分でやらなくて良いコト、
それは 必ず発生する上に
逆らい切れないのですから
それに任せた方が当然、 簡単✋

確かに…フォローは 俗に言われる
「低く、長く、大きく出た(出したでは無く出た)」方が
 弾道は安定し易く、飛距離も出し易くなります。
その為に からだの向きを変え続け、
 逆らい切れない遠心力、不可抗力を利用して、
 左腕を飛球線の方に引っ張らせる、のであって、
遠心力そのモノで打とうとしたり、
遠心力の解釈を間違えてしまったり、
フォローを自分で出す、大きく取ろう としてしまうと
 自分で放火した火事に苦しむ可能性が…十分あります🥶