ご本人がどう感じたか は
 まだ聞いていませんが、
このスイング、打撃の差はかなり決定的なモノ です。


二画面の蕾菫は
 多くのアマチュアゴルファーがしている
 練習場で見かける ごくごく普通なスイング…
 【からだを廻した後、クラブを振っているモノ】

 別な言い方をすれば 回転が二重になっており
 腰の回転の後、腕の付いた肩の回転がある打撃になります

 からだを廻した『後』 クラブを振りますから
 当然、世で言う アウトサイドイン になり易いでしょう。

 ゴルフを覚え始めの状態であれば
 開いた状態でインパクトに入り易くなるので
 ヘッドの返し、フェースローテーションが必要になります。

 カラダを全く使っていない訳ではないので
 『からだの回転で打て!』と言われても困惑するでしょうね。
(TOMOクンの修正前-修正後_Moment(3)
この感覚の差 は やはり ボールのとらえ方 になるのかと思います。

からだの回転でクラブを動かす と打撃では
クラブや腕の慣性をフリーにする瞬間がない、か
フリーにしても グリップがボールを追い越してから 
です。
(こする つかまえる_Moment(2)

手で振る、(結果として手で円弧を作る)打撃では
クラブや腕の慣性をフリーにすることが打撃ですので 必須な上に
グリップがボールを追い越す前に リリースします。

 感覚的には インパクトポイントが最下点 と言った感じです。
(こする つかまえる_Moment(3)


今回の TOMO君の場合
打撃の技術論ではなく、
ボールを捉えるイメージによって 動きが変化しました。
逆に 足はこう使う、肘はこうする などと言う
  技術論では 変化が起こり難い のでは と考えます。