自分のスイングの動画や画像を
後から見てみると 結構、苦々しいモノ です。

その一つが フォロー、インパクト以降の箇所
だったりするのですが、 ここが結構、難敵です。

例えば この二人のプロ
良い、悪いの問題ではありませんが 
フェースローテーションの強い
 ブルックス・タイプがフォローを大きくしようとすると
 グリップを体から離そうとすればするほど
 ヘッドは上に、横に、動こうとして
 結果、クラブや腕はカラダに巻きついてしまい、
 思っている以上に フォローは大きくなりません。
 フェースローテーションタイプの人の
 フォローを大きくする方法は
 クラブ、腕、ヘッドの慣性をフリーにするのを
 出来るだけ遅らせる、インパクト間際まで
 耐えるコト…になりますが、
 そうすると 一般的にはスライスの危険性が増します。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(2)











 フォローを手で出そうとすればするほど
 カラダは上を向き、前にではなく、
 上に手が、ヘッドが出てしまうでしょう。
 (これはアプローチでも同じ)

一方、からだのターン主体の アン・ヴァン・ダムタイプ
 であれば、放っておいても フォローは出ます。
 リリースをしない場合でも、リリースをする場合でも
 その大きさはあまり変わりない と言って良いでしょう。

つまり フォローが出ない、望み通りの大きさになっていない
 のは 手振り しているから、が模範解答であって、
 それを無理やり グリップを体から離したり、
 スイングの軌道を大きくしようと…トライするほど
 結果は残念… 見た目だけにこだわれば 良い球は打てず、
 良い球を打とうとすれば、いつも通りのフォローになります。

運動の慣性、遠心力の左右されやすい場所なので
 自分の意志で何とかしようとしても かなり無理があります。
【対決】ヘッドの返し派 VS からだの返し派_Moment(3)

フォローが大きいのが良いか どうかは 好みではありますが、
そのクラブ、その打つ距離なりの 大きさがあった方が
球筋を左右する 基礎になるヘッドの通り道は安定し易いですし、
小さい、ということは 変化が激しい というコトにつながります。

フォローなんて結果論でしか過ぎないので
 ちゃんとスイングを創っていけば 意図しなくても
 ある程度、大きなモノになりますが、
 あえて言うのなら フォローの大きさは
 左グリップのが主体、
 つまり ダウンスイングを左サイド主導で行っていない、
 右サイド主体でからだの向きを変えていると
 左グリップはカラダにくっ付いたまま、
 フェースローテーションによって より閉じ込められてしまいます。

✋この左グリップの出方 は
 意外にも 小さなショット、アプローチの安定性、
 ミスの軽減を非常に左右します。