◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフト〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす【スイング再生工場】【クラブから学ぶスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480✉hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

2010年12月



今日は質問受け付けるということなので、自分のことで大変申し訳ないのですが、直ドラやっているのですが、こんな球筋でいいのでしょうか?若干左めに出た方が正解でしょうか?それとも最初から右目が正解?
鼓笛隊にはまだなっていませんが、アドバイスをお願いします。

ボールを左に置き ティーアップをしないで
打つ場合 低めの弾道で右目に出るのが
正解です。
ボールの置き場所にもよりますが
左脚かかと付近で ボールが左に出るのは
巻き込んでいる → フェースローテーション等
ヘッドをどこかで遅らせてしまい
それを元に戻す動きですし
多くの悶絶者は 「直ドラ」は
ダフリの恐怖が待っている筈 です。
昨日の質問でもありましたが
体の向きを変える(体を回す)
行為と打つ行為が一致しておらず
体を回す、そして打つ
という手順である限り
直ドラは ダフリとチョロの往復ビンタに
なりますし 特訓なんかをすると
手首を痛めてしまうかもしれません。

ドライバーに直結する練習は
30ヤード 低めのウエッヂで
培うことが基本で 練習場での
ドライバーでの ドライバーの練習は
ストレス発散 と割り切る必要があります。

CA3F00300001


悶絶初心者の戯言としてお読み下さい。

鼓笛隊打法のトップ(シャフト直立状態)からインパクトまでを物理学的に考えてみると(二次元でしかできません。)、ヘッドに掛かる重力を人が邪魔(寝かせのゾーン通過など)しなければ、インパクトまでの時間tは
ヘッドの高さy=0.5gttで計算できる。
y=2.2mとすると 時間t=0.67秒 

このとき、トップの位置からボールまで放物線でなく直線でヘッドが移動するには、足で作る飛球線方向のベクトルが重力が作る下向きのベクトルと常に同じ比率で比例関係にある必要があるので、飛球線方向へも等加速度運動することが要求される。トップの位置のヘッドからボールまでの水平距離をx、飛球線方向の加速度をzとすると、
x=0.5zttで計算できる。
x=0.6 t=0.67とすると z=2.673

そして、フェース(か・い・が・ん物語参照)もトップからインパクトまでボールを見続けるようにベクトルをヘッドの軌道と一致させればボールをつぶすことができる。

これらの事から分かることは
①ボールを直視すると飛球線方向の加速が阻害され、必然的にダフる。
②諸先輩方のスイングのリズムがよく似ているのはインパクトまでの時間がほぼ同じであり、飛球線方向への動きは初速度がほぼ0からの加速度運動ゆえに力感を感じない。
③x=0.6m y=2.2mで三角形を描いてみるとボールを打つ位置はレイキャビック辺りになる。

こんな感じでどうでしょうか?
添削をお願いします。

わお〜 僕はともかく
数字や物理の嫌いな人には
読み飛ばされてしまう内容ですが
レイキャビクの解明 かなり良い線です。
スウィングのテンポが似ている
と言う着眼点 素晴らしいですね。
面白いモノで たぶん ヘッドスピードは
微妙に異なっていても
大方の テンポは似てしまう。。。

実は スウィングを変えること は
リズムやテンポを変える事でもあります

ここらへんも 悶絶する
一つの要因とも言えるでしょう。

重力落下 そして クラブの構造を
使って インパクトまで入りますので
そこのタイミングは当然 似てきますね。

ちなみに 添削箇所は有りません 


Img_004

私は睡眠時間が6時間以下だと
翌日の集中力が極度に低下します
(歳のせいではありません。昔からそうなんです)

店長さんのように
少ない睡眠時間で元気一杯になれる
なにか良い方法ってありますか?

いつもくだらない質問でごめんなさい

ご心配 有難うございます。
皆さんは 正しい生活をされていますから
遅くとも夜1時に寝て 朝6時に起きる
というスケジュールですよね
僕の場合、お店は10時開店です。
朝の4時に寝ても 皆さんより
長い睡眠時間が取れている訳で
やっぱり 睡眠時間に勝る ものは
無いような気がします。
自分の実感でも 睡眠時間と作業量は
二乗に比例する位の差があります。
10年前であれば 多少 無理もききましたが
今はもう無理です。

あと カクレ「お昼寝」は効きますね。
15分でも ものすごい有効だと思います。

一応 おまけですが
僕の元気の素
家宝をお見せ致します

20101222amii

お後も宜しいようで…


一年間を振り返ると
僕にとっては 良い意味の激動の一年
だった と思います。

未だ 悶絶している方も多くいるとは
思いますが 別な側面では
ゴルフを辞めちゃおうかな… みたいな方を
多く助けられたのも事実です。

振り返ってみると 悶絶期間中が
一番 楽しいんですがね・・・

それでは 皆様にとって

来年1年が

楽しく 光ある

1年で ありますよう

心より お祈りいたします。


ありがとうございました。

 ハミングバード 店主


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


それでは 参りましょう
お客様・読者の質問シリーズ


非常にご多忙なのに大丈夫でしょうか?
グリップについて一つ質問!
店長殿も採用している「インターメッシュ」グリップですが、
左手人差し指と中指の間に絡めた右手小指(右利きの場合)はシャフトに触れる、若しくはしっかりホールドするのでしょうか? それともシャフトには触れず指の間で浮いている?

右手の小指はシャフトに触れていますが
原則論として グリップを握る のには
殆ど役に足っておらず
クラブを握る というよりは
右手と左手を連結させる意味合いが強いと
思います
距離感などを含めたボールを打つコト
 ソノモノは感覚的なコトだと思いますが
クラブの形や仕組み と グリップ アドレス
と言う関係は 非常にメカニカルなロジックな
部分だと思います

006

スクリーンの動き

以前店長から聞いた言葉です

ゴルフボールを正しく打った後は、
右手が、手のひらを目標方向に向けて、
スライス方向からフック方向に、
バーイ、と一回、扇を開くように、
右から左に壁を塗るように動くんだ、
と言われました。
ずっと気になっていましたが、
答えが出たような気がしています。

左足踵付近にあるボールを左に動いて
体のセンターで打てた、ディッシュアングルが維持できた、
クラブの横の動きが体のターンで出来た、
ヘッドの遅れがロフトの立ちを生んだ。

これが出来たら、
スクリーンの動きでゴルフスイングが終了する。

スクリーンが、
ゴルフスイングの優秀の美で、球を潰した証拠。

店長、採点お願いします。

点数は付けられませんが
中間試験 と言う意味合いでは合格です。
しかし、一つ 良く考え直して頂きたい点が
あるのですが
シャフトとヘッドの関係は
遠心力が掛かると 重心点と仮想のシャフトは
一直線上に並ぼうとします。
ようするに 硬さに関係なく
ヘッドは遅れない! というコトです。
ロフトの立ち とは 左右 横方向に対する
ヘッドの遅れ ではなく
単に 上から 入ってくるヘッドが
本来の相対ではない地面に対し
立った「ような」姿勢に見えるからで
実質は遅れていることによる 立ち ではありません。

硬いシャフトや軽いヘッドのクラブでは
ヘッドが上から入って来難い…
そのようなクラブを使う場合、
どうしても 横から入れる動きになってしまいます。

厳密に言うと ロフトを立てるのですから
ヘッドソノモノが上から入ってくること ではなく
フェースが上から 入ってこなければ
意味がありません。
硬いシャフトを使うと 届かない と言う問題を
腕の動きだったり 体の動き等で
ライ方向に動かすことで解決するので
ヘッドが上から入ってきても
ボールとコンタクトする フェースは
上からは入って来ません。

 ここら辺は かなり高度な会話です。
 ちんぷんかんぷんの読者の方は
 数か月してから 読み直すことをお薦めします。

レイキャビク


ぶん殴って、三ヶ月ぐらい漂白剤に漬けて置きたいやつだと怒られそうですが、お言葉に甘えて、助けてください。
入射角について、レイキャビックが見つかりません。
何処を、何時どの様に着陸したらよいでしょうか。自分としては、インパクトのイメージで、身体のセンターにボールが来たときときに、右掌がレイキャビックを見ていると思うのですが、トップのオンパレードです。スライドが足りないのでしょうか・・・?
よろしくお願い致します。


なるほど、なるほど
この質問の中に 答えがあるのが
わかりますか?
物凄く 多い錯覚です。
クラブは 体の幅の中
多少ズレテも 右胸〜左胸の
間にグリップが有って
クラブヘッドのだいたい その先にあります。
体のセンターに来た時・・・
それは 既にインパクトです。
既に ボールを打っているタイミングです。
そこから ボールを打つ と言う行為
体の向きの変更 そのものが
ボールを打つ行為 で ある筈なのに
体はボールと正対したのに
まだ ボールが そこにあるのは
何故 ですか?!
両腕は体から生えていて
その体が ボールと正対したのに
腕は どこへ行ってしまったのでしょうか?
このテーマ 面白いので
 もうすこし 関連する質問 下さい
 待ってま~す。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


例えば 腰を動かし見てください。
例えば 背中を動かしてください。

特殊能力が無い限り
それらの動きはすべて 手と脚を動かす行為
それが基本になる筈です。

例えば 股関節 を動かすコト
それは それにつながっている大腿部・脚に
運動の指示を与えるコトで
股関節その物を動かすことは出来ないと思うのです。

僕は凡人ですから
今 股関節? 脊椎? も感覚的には
どこに所在しているか 実感がありません。
知識として 「あの辺」というのは分かりますが
多分 「痛み」 が伴わないと
その場所 ソノモノを実感することは出来ないのでは
と思っていますから 出来れば 分かりたくありません。

ゴルフのスウィング動作 クラブ扱いは
四肢を動かす動作で その土台になっている
胴体 ソノモノは ほぼ使わない と言って
間違いでないと思います。

勿論 脚が動けば 胴体の向きなどは変わりますが
それは 胴体 ソノモノが動いたのとは異なります。

多くのゴルフファーは
体を回す とか 捩じる と言うイメージから
胴体そのものをひねる
そんな指示を出しているのだと思いますが
間違っている だけでなく
 それはかなり不可能に近い
特殊技能だ
 と認識するべきですし
それによって 普段 存在が感じられない部位を
思い知らされる、結果が待っていると思うのです。
脊椎が実感できる!
背中が実感できる!
というのは前述の通り
痛みの伴う行為
すこし痛みを水で薄めた行為に近いのです。
ある種 小さな痛みが伴う から
実感しやすく 体現しやすいのかも
知れませんから
行き着くところは 明確 とも言えます

Img_001

単純に要約すれば
腕のクラブのスライド
    と
脚の骨盤から上(胴体)の向きの変更
という 二つの動きの同時進行が
ゴルフスウィング という事になります

それには まず その頭の中から
ボールを目標方向に飛ばす
ボールを遠くに飛ばすのに

クラブやヘッドの作る遠心力は

まったく使わない

と認識して頂く必要があります。
実際には 全く使わない訳では有りませんが
それが ショットの主力エンジンではなく
補助エンジンというか バックアップ程度
のモノで 今の認識からすると
まったく 使わない と考えて置く方が
正しいと思われます。

如何に 縦でも 横でも
クラブに円を描かせないか
それが 腕の仕事です。

その腕は 向きの変わる
 大きな遠心力の掛かる ターンテーブル
の上にある訳で その中で
シンプルな直線運動 をしないと
大きな遠心力のせいで
外力が すべてのモノを外へ 外へ
と引っ張り出してしまいます。

鏡や ガラス があった場合
アプローチ程度の スウィングの大きさで
シャフトの作る線が
如何に 立体的に向き(角度)を変えないか
確認して下さい。

肘の曲げ伸ばし
人によっては 上腕の上げ下げ
と言うイメージの方がぴったりの人もいるでしょう。

これを使って クラブを横に
スライドさせる
ヘッドのみを動かすのではなく
クラブ全体を横にスライドさせる
この動きの延長線上に
体の向きの変更がある
と考えるのが アマチュアには
覚えやすいと思います

別な側面では 体の向きの変更
に対し クラブをセンターから外さない為
腕による 横スライドがあるのも確かですが
多くのアマチュアを見ていると
体を回す 捩じる ことによる
ミスから ショットそのものを台無し
にしているケースが多く
とりあえず 体の前は 単に横スライド
それでは 多くの距離が望めないので
仕方なく 振りかぶる・・・
 そんな動きが 向きの変更
と把握した方が 回転動作も
両脚の外側 脚と脚の間は直線
と言うイメージも掴みやすいと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2010年

1年間、本当に

有難うございました

nzwtn

年末の営業は

本日18時にて

終了させて頂きます


新年は

6日(木曜日)

午前10時
からの

営業となります


来年も皆様にとって

楽しい1年で

ありますように。


ハミングバード店主

野澤 亨

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


上手く当たらない、
ミスショットをしてしまう、

→ボールを見てないからだ!

みたいなアドバイスは良く耳にします。

しかし 実際に見ている人 は
本当に見ているのでしょうか?

僕個人のコトで言えば
 視力もあまり良くありませんし
乱視がキツイので 良く見えませんが
見ていろ! と言われれば 残像感として
ボールとヘッドの接触姿勢も見るコトが出来ます。
例えば キャビティの底部分
ナント呼ぶかは知りませんが ソール部分の真反対
そこに ピンク色とか 目立つ色を着色すれば
どの位 それが 見えるかは分かります。
あまり ロフトの大きなモノ では効果が
ありませんが 6番 7番 程度 であれば
そのピンク色をインパクト付近で
視認することも可能ですし
平面的に ヘッドの入射ベクトルと
ボールの発射ベクトルも視認が可能です。

でも 現実的には
その視認行為は 確認にしかならず
見ている から 見ていない から は
あまり 次のショットの是非 の参考には
ならないと考えています。

ボールを見る行為は
本能的に 目とボールの距離を保つ行為
に等しく テークバックの時
骨盤の回転の妨げになります。
訓練すれば 出来るのかも知れませんが
まったく 姿勢を変えず 頸椎の動きだけでは
多分 人間の視界は140度位しか 無いと思います。
その 二つが重なり
ボールを見続けて テークバックをすると
単に 体を左に倒しつつ お尻を引く
そんな動きになり易く
背骨が捩じられた上に 体の姿勢が
かなり 立体的に崩れます。

133
53










実際 アマチュアの多くのミスは
目とボールに対する
遠近のミス トップ・ダフリ のミス
ナノですから それは 視認では
確認できない事で 果たして
目からボールまでの距離が
110センチなのか 118センチなのか
正直 見ていたから 分かる か
と言われれば 答えはNOです。
脳みそで 遠近感を「判断」しているだけで
目で見えるから だけでは
動作中には 確認不能 です。
ボールが 約5センチ
たった 遠近感が5センチずれただけで
空振りするか
練習場だと マットが吹っ飛ぶか
そんな 小さな ズレは
視認では修正不可能と言えるでしょう。

019A9s1s

視界 視線ではなく視界を
胸の向き 骨盤の向きと共に
動かすと 嘘のように 体の周りは
楽になります。

素振りでは出来るのに 本番では・・・
のひとつに 素振り中は
前傾姿勢も捕らず 視界も動かしている
のに いざ 本番では前傾姿勢も捕り
視線 視界もボールに釘づけ
これでは 同じにはなりません。

まず ボールを全く見ないで
よそ見して 体の向きに合わせて
前傾姿勢を維持する目的も含め
視界を大きく ゆっくり 動かしながら
打ってみることをお薦めします


鳥かごのような状況で打つのなら
より一層 見ないで打つコトを
訓練して見て下さい。

視界を一定にせず
前傾姿勢 そして向きの変更に
応じて ある規則の中で動かす
そんな訓練は有効です。

もしも ボールが当たらなくとも
当たらなかったことが問題なのではなく
自分の体のセンター付近から
クラブやクラブヘッドを動かしてしまった
ことが問題なので
自分だけだ動く
クラブを動かさない練習にもなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日の太平洋マスターズに、
ジャンボを見に行きました。

 11100002

ジャンボは予選落ちしてしまうといけないので、
金曜日に午後休暇をとっていきまし
た。


御殿場コースは、
会社から20分くらいなので毎年観戦しています。

 

昨年も6番ホールの養鶏場入り口から
入って歩いていると、ジャンボが

6番のティーショットを5番の方向へ右に曲げて、
5番のラフから杉林越えの

リカバリーショットに出くわしました。

写真のようなインパクトを目の当たりに

することができました。

 

今年は休暇を取って
ゆっくりと9ホールくらい
ジャンボの追っかけをやってみまし
た。


悶絶中に頭の中にできてきた、
クラブを動かすイメージを持ちながら

じっくりと観察していると、
ジャンボが体を回していないことが見えてきました。


右足体重に持っていって
インパクトまでは相当早いのですが、
クラブを上腕で
上げて、
左に体重移動しながらボールにクラブをぶつけていました。



そのあとは惰性でクラブがフィニッシュまで
動いていると言う感じでした。

 

宮瀬と田中秀道が同伴でしたが、
二人のスイングとは違うということが今年は

見えました。

二人ともジャンボに比べて
非常に高い球を打っていたのが印象的でし
た。

 

ジャンボは歩いているときや、
順番を待っているときに絶えずクラブを持って

動かしているのですが、
そのときも若い人たちがやっているような振り子の

ゆっくりとした素振りではなく、
クラブを縦にして動かしているようです。

(上手く表現できませんが・・)

 

11番のティグランドでは、
右腕だけで何度もドライバーを動かしていました。


左腕だけで動かすことはありませんでした。

 

全体的にジャンボの調子はあまり良くなく、
予選落ちしてしまいましたが、


翌週は宮崎で予選を通過したようです。

昨年は腰痛がひどかったらしく、
折りたたみの椅子をキャディが持って、

ティーグラウンドではそれに腰掛けてタバコを吸っていました。

今年は折りたたみ椅子は持っていなかったようでした。

 

6番ホール 
パー5で一番後ろから右のバンカーを越える選手がほとんどです。

私も良い当たりのときは、
一つ前のティからバンカーに入ることもあったのですが、

今は全然心配ありません。
振り回すことなくそこまで回復できる日を夢に見て

悶絶の日々を送っています。


頭の中にはかなり明瞭なイメージができてきたのですが、
体が言うことを聞いて
くれません。

ちょっと力が入ると左の肩が動き出し、
腰が左側に引けてしまいます。


最近クラブから
「何度同じことを言わせるんだ?!」
とおこられているように感じる

のは気のせいでしょうか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

実際 別のスポーツを見る場合
多くの視聴者は そのスポーツをプレーしていない。
過去にやっていたかも知れないけれど
ある年齢になれば 継続が難しいだろう…

4e4cfce4

サッカーの好きな視聴者でも
フットサルやサッカーを実際にプレーしている人は
少ないだろうし 野球だって
草野球もだいぶ下火なんだと思う
テレビでの観戦も 自分のプレーの為に
という感じでは もう無いのだろう。

例えば サッカーを例に取ると
有名どころでは ロナウジーニョなんて
走り方は酷いし ボールの蹴り方だって
教科書的ではない!  が 意外性のあるプレーや
楽しいサッカーを見せてくれる

野球にだって 個性的な打ち方
 投げ方をするけれど
活躍する選手は一杯いる
まぁ 見ている方も 各選手の
選手寿命なんかは考えてはいないから
なのかも知れないけれど…

スポーツ中継の場合
技術を見ているというよりも
勝負強さみたいな部分を見ている方が多い
サッカーなんかは 90分の時間の流れ
ゲームの肝の作り方、そしてそこを逃さず
掴めるか みたいな部分が多く
誰も 蹴り方や走り方なんかは 問題にしない

また 他のスポーツの場合
対戦相手を如何に騙すか みたいな部分も多く
ゴルフとはちょっと異なるかもしれない・・・

体を壊しそうなスウィングをしている遼君だって
すこし 勝ち癖 気持ちがぎりぎりになった時に
エイ! どうにでもなれ みたいな感覚で
勝ちを重ねれば もっと もっと勝てるようになる
でも まだまだ 年齢が若いのだから
今 成績を上げることばかり 考えず
職業として 20年 30年続けることも
考え始めていいと思う
プレー以外の部分で ちゃんと 自分の形 をいうか
両親に依存しない システムを構築していけるか
どうかが 10年先も最前線で戦えるかどうかの
境目になるのだと思う

ゴルフに限っては 殆どの視聴者が
プレーヤーでもある訳で
純粋に そのスポーツの勝負みたいな部分を楽しんでいる
よりも 何とか自分に参考にならんのか
そんな部分を 盗み取ろう としている
そんな視聴者が多いのだろうか…

解説者なども含め 業界に属している人は
いま 活躍している選手に苦言を呈することも
出来ないし やはり 成績優先に解説するしか
無いのだろうなぁ〜
やっぱり 自分も食べていかなければならないから
現役時代 クラブ扱いのまともな人ほど
解説では スウィングのコトに言及しない
そんな傾向が多いと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


早いですね、もうクリスマスです
ハミングバードも皆様のお蔭で
無事 ここまでやってこれました。
改めて 感謝いたします
 有難うございました

up_340087_pc

振り返りますと
悶絶セットを乗り越えて
この一年で
アマチュアゴルファーの中からは
絶対に誕生しないであろう
というスウィングの持ち主が
ビックリするほど
現れて 実は僕が一番驚いています。

鼓笛隊打法 なんて
名前を付けていますが
別に真新しい特殊な理論ではなく
クラブの構造や重さに
主体性を持たせた打撃であるコトで
進化を遂げたお客様の多くは
クラブと対話しながら
重さと対話しながら
自分で解決、修正を
出来るようになってきました。

また そのことによって
ゴルフの本来の姿である
自分のイメージしている距離
そして方向に
ボールを動かす
ボールを移動させる
将棋やチェスのような
ボールをコマとして動かす
頭脳を使った人間のゲーム
であることも感じられたと思います

僕が見る限り
ゴルフ業界だけに限らず
風呂敷を広げ過ぎてしまった
企業体が その大きな体を
維持するために
数と株価の為に
ゴルファーを単なる消費者
として扱ってしまっている顛末
として 無機質なクラブが溢れ
それを使うには
鼻をつまんで 感覚を遮断するしかない
自分の頭で考えれば分かる問題も
決して自分では考えない
あらゆることを 
物量で解決しなければならず
挙句の果てに
ブランド名やスコアなどの
単なる物差しの一つであるモノが
判断基準になってしまう…

004

ゴルフは大変贅沢な幸せな遊びです
時間を愛し
人を尊重し
モノや自然を愛おしむ
そんな気持ちが生まれる
大変楽しい「あそび」な筈です。


ゴルファーがゴルファーの為に
創った血の通った道具であれば
もう少しゴルフ界だけでなく
社会全体にも良い影響
良い不可抗力を作っていけると
思うのです。  店主

メリークリスマス

ハッピーニューイヤー

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

よ〜く考えて欲しい
小雨の降っている 3月のゴルフ
うすら寒く 靴の中も濡れている
替えの手袋も底をついている
残り2ホール
うっすらと暗くなってきて
あと2ホールを
 ボギー パー で上がれば
自己ベスト更新な上
今日の握りはイタダキだ

CA3F00220001

そんな状況の中で出来るコト
ダウンスウィングの手順なんて
まず 不可能

繰り返すコト
繰り返せること
コンディションが最悪の場合でも
無意識に出来るコト

そうするには シンプルであるコト
そして 自然な流れなコト
が絶対条件になる

想像して欲しい
しならないシャフトをしならせるコト
これには
スピードも含めて
大きな運動が必要になる
しなるシャフトをしならせないコト
モノさえ持っていれば
これの弊害になるのは
ただ一つ
動きたい 振りたい 打ちたい
という人間の欲望だけで
想像の中で比較して貰っても
明らかに
運動や動作は少ない筈

軽いヘッド
ヘッドを感じにくいクラブを
感じるように振るのと
重いヘッド
放って置いても感じてしまうモノを
感じないよう(重くしない)に振るのと
(感覚を遮断すると言う意味でナシに)
どちらが 20年〜30年という
スパンの中で 続けていけるだろう

oldcourse

ゴルフはショットの是非とは
関係なく
多種多少な問題や困難が
現場では待っている。
素晴らしいショットを打っても
運次第で ディボットに入ってしまったり
ラフに入ってしまう事や
バンカーに流れてしまう事も
決して少なくない。

クラブを動かす事や
ボールを打つコトで
ヘロヘロになってしまっている状況で
状況観察したり 判断・決断するのと
ショット自体には
殆ど労力を使っていない状況とでは
明らかに違いが出るのだろう

それが結果としての
スコアにつながっていくのでは
ないだろうか?!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

単に僕が天の邪鬼なだけなのかも知れません

例えば オーディオ
アンプ関係は レトロな真空管アンプが好き
スピーカーは 宇宙船みたいな変な形の
 タイムドメインが好き

os_1_4


でも 真空管マニアや真空管を取り扱うお店は
有名メーカーの古めの箱型のスピーカーしか認めない
宇宙船みたいなタイムドメインスピーカーは
論ずるまでもない そうです…

かと言って このスピーカーを取り扱っているお店は
真空管 と言うよりも 最先端の電子機器を使った
5.1 とか 7.1ch のやっぱり高額セットが中心で
あまり 真空管との組み合わせは取り上げられない

どちらも 使っているモノの有名さや
金額、使った額がモノを言う世界で
マニアになればなるほど 
天井知らずのお金を使っている

自分のマニア度を 金額や器具の有名度で
測ろうとしているのか とも思うし
誰か別なマニアと比べることを忘れない のでは
無いかと思ってしまう・・・

僕が この組み合わせにしているのは
単に 引きこもり
実情 肉体共に デブ精(ショウ)な店主が
大好きな「尾崎亜美」さんを 一日中聴きたい
出来るだけ 生な ライブな音で聴きたいけれど
世の中にいる オーディオマニア程
お金は掛けられないので
出来うる最小限の予算で 音を追いかけているうちに
偶然 たどり着いただけで
亜美さんは別として
誰かに褒めてもらおうとか 一切思っていない

出来れば 自宅の自室にしたいけれど
お店の方が 大きな音量で聴けるから と
長い時間お店にいるから

音質だって 人によって 好き嫌い あるし
好みの音はいろいろある

IMGA0267


熱帯魚にしたって
お店にあるから ほどほど手入れはしているけど
自分のエゴで 生き物を閉じ込めている訳だから
出来るだけ快適に育って貰いたいし
それを追いかけて 試行錯誤して
ここにたどり着いただけで
始めたころは 雑誌やネットも見たけれど
最近じゃぁ 器具やその手にも全然興味ないし
流行とか 他人の飼い方なんかにも 一切興味がない

システムとか魚とか 誰かと比べたい とも
思わないし やるのであれば失敗やトラブルも含め
自分自身で体験するしかないし
トラブルにぶつかった時に
本当にやりたいのか やりたくないのか
自分に問う モノだと思う
単に 僕はやり続けたかっただけで
これまでに 水槽関係の為に
 何日徹夜したことか・・・

話は長くなってしまったけれど
どうも 今の人たちは ゴルフに関しても
何に関しても 
誰の為に遊んでいるのか
良く見えないケースが少なくない

どちらかと言うと ハミングバードのお客様でない
このブログを読まない人を対象に
書いているような記事だけれど

何が売れていて 
何が人気で 
何が流行っているか

そんなのどうでも良いことだと思う

自分の買った道具を他人に公開して
みんなに見て貰いたい
そんな気持ちは分からないでもない…
しかし そんな人ほど
そんな人ほど かなりの頻度でクラブを替える
正規で幾らだったモノ

幾らが仕入れた とか
非常にレアだった とか
使った感想とは感触とかではなく
買う前の言葉が多く
買ってからの印象はあまり論じない
まるで 本当にそれを買ったのが
正しかったのか
他人からの後押しを望んでいるような…

自分の好きな音
自分の好きな魚がいて
許される予算があって
既に持っている機材があって
それを色々試行錯誤して
失敗しながら楽しんで

飼うのが難しい魚でも
どうしても飼いたければ
人力でクリアするか
経済力でクリアするか
その両方か…

自分の好きな曲や音が有って
それを鳴らす機械が
人気があるか 流行っているか
なんて クソの役にも立たない

とりとめの無い話でゴメンナサイ

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 あるお客様への返信メールを掲載しました。

BlogPaint

悶絶中ですよね。

やはり 基本になるのは

クラブだけ もしくはヘッドだけを動かさず

如何に 自分が動いて クラブを移動させるか

という事になると思います。


覚えてしまえは 何でこんなこと避けていたんだろう

っていうほど あっさりとした 簡素なモノなのですが

今までの円でヘッドを振る

という生活習慣病からはなかなか抜け出せないのも

理解しています。


しかし 時間の経過 というのも解決の大きなエキス です。


多分 まだ 頭の中で

整理できていない部分があるんだと思います。

多くの方は パターも含め

刷毛塗 と フルショットが つながらず

苦労している訳で

刷毛塗 そのものが ショットなんだと

気が付かない。


それは スウィングが いつも時間の経過している

回転と言うターンテーブルの中で行われいて

体の向きが永続的に変わっていることと

それを腕で行うことが 混乱としているのだと思います

 

 

 

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

正直 ゴルフショットは

利き腕の肘 だけで 行うものです

右肘を曲げ 右肘を伸ばし

クラブを持った右手を「体から離さず」押す

 スライドさせる

決して その行為で
 ヘッドに円を描かせない!


そして それでは距離が限られてしまうので

その延長線上として

体の向きを変え 助走を付ける ということ。

 

ショットの目的は


ボールを打つ!


ことではなく
 望まれる距離 望まれる方向に

ボールを移動させることです。


ですから ボールを移動させる方向へ

の動きを自分もする

というのは 
至極普通なイメージが持てるはずです。


今までは ボールにスピンを与える


それをするための動き 
だったのではないでしょうか


腕やクラブも含め ボールを押してあげる

それをするための 
すべての動きが必要だと思います


時間はたっぷりあります。

一生使える道具を作りました。

(多くの人は5〜10年位で新しいのが欲しくなりますが)


これからの長〜いゴルフ人生の為の

素晴らしき伴侶となるため ゆっくりと

味わって 悶絶してみて下さい。

 

何でも ご相談下さい

 

 

 

003
 

ハミングバードは 皆さんの為の

大人の放課後です

単に その場を僕は提供しているだけで

皆さんの心の中に 遊び があるから

楽しめるのであって 
別に僕は何もしていませんから…


  ハミングバード 野澤

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


004


アマチュアの方のパッティング というのを
長く見てきました。

思い出してみると ピンパターがあり
ファットレディ なんてのもありましたし
ジャンボの少し変わったパター
なんかもありましたよね・・・

そして マレット全盛時代になり
オデッセィ、ツーボール
そして 今年の前半に流行った
総称 では スパイダー と言うのでしょうか

僕は 年齢的には 割にまだ若いんですけど
オーソドックスなレトロなモノが好きで
パッティングストロークするのに
ケバケバシイ色や形は
なんとなく グリーンの上での
ひとホール ひとホールの
締めの儀式
 として そぐわないような
そんな気がしていましたし
あそこまで 機能的に見える物体で
パッティングが改善された
という話を微塵も聞きません。

アプローチも含め
(勿論 ショットもですが)
パターストロークの極意
というか 基本は
人間の体の中にある
微妙な距離感を
如何に表現するか
という事だと思うのです

緊張する必要はありませんが
自分を楽しませてもくれ
苦しませてもくれた
そのホールの終わり

締め

ですから
ある部分神聖な気持ちで
終わりたいと思うのです。


そういう意味合いで
人間の感覚に一番近いような
人体の延長のような
人の肌感のあるような
そんなイメージを抱いて
今回のパターを創りました。

006


勿論 カラミティジェーンや
アイアンマスター、
ジョージローなんかも
参考にしましたが
あくまでも
人間の感覚、そして
パターストロークも

「ショットである」

というのを念頭に
置いたつもりです

ドライバーも含め
パターまで
ゴルフはボールを移動させる
目的地に到着させるゲームです
ボールを打つ
と言う行為は
クラブの行う機械的な行為ですが
目的の距離を打つ
と言うのには
血の通った人間の感覚
というのが重要になります

自分の過去の経験を活かし
体内にある ボールのスピードを
具現化する
その為の最高の部位
人間の新たな部位
と言う色合いを強く意識してみました


004


良く耳にする
テークバックをどう引く
どこへ引くか…
をしっかりガイドするよう
そんな形状…

従来では考えられない程
柔らかく しかも
手元をどんと緩めたシャフトです


現場で 素振りすれば
速く動かしても
ヘッドは反応せず
ゆっくり動かすことを
促すシャフトにしました

リズムも ラインも
パター任せで良いと思います


バックブレードがインを向いていると
フェースが視覚的に引っ張られて
開いて見える(錯覚)
それをどのように打ち消すか
シンプルなデザインの中で
それを感じさせない。

ネックが太いから
グースっぽい 感じですが
実際のフェースは
数ミリ前に出ています。

構えた時に
ややグースっぽい方が
安心感があるのですが
それをどこで表現するか…

そして 大きな課題は
弊社の悶絶アイアンと
シルエットを共通にさせたい

ある意味
0番アイアン
として使って貰いたい

ゆえに グリーン周りからの
アプローチにも最高だと思います。
何せ ロフトも立ってますし
バンスもあります。
ヘッド重量がありますから
多少のラフとか問題ないですし
距離感は養ってください

その距離感も
今までよりも
遅いボールで飛ぶ? 転がるので
そのボールスピードに合わせた
ストロークにして下さい。

007

従来 L型パターは
繊細で難しいと
考えられていましたが
重量が作る モーメントは
強大です。(計測していませんが)
多分 大型マレットよりも
モーメントは高い筈…

ストロークのラインが
正しければ
当たる場所は
ほぼ関係ない と考えて
良いと思います


非常に直進性の高いパターです
以前の ベティナルディ
の比ではない程
真っ直ぐ一本やり!

ミドルレンジの距離で
通常 カップ一つ とか
二つ とか外したいものですが
それを カップの中に打てるか?!

勇気が試されます

楽しんでくださいね☆




続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


YOUTUBE の弊社の画像

の多くを見ると 左腕をあまり伸ばさない
テークバックやトップの姿勢に
気が付かれる方も多い

Img_001

左腕を伸ばしてはイケナイ訳ではないし
曲げるコトを強要するつもりもないけれど
多くのゴルファーは

左肩を入れろ

の意識からか
左腕を突っ張らかり
それによって 背中が引っ張られるのを
体の「捻転」だと誤解している

そもそも 誰が 捻転 なんて
言葉をゴルフスウィングに転用したのか
分からないけれど 回転…向きを変える
は人体の構造上可能だけれど
正式には 人間の体には横方向に
ひき臼になるような箇所が存在しないよ。

左手を伸ばした方が
スウィングが大きくなるような気もするし
一生懸命伸ばすお蔭で
殆どゴルファーが コッキングを
ちゃんとすることが出来ない

コッキングは 手首が軽く
親指側に折れるコトを指すのだけれど
一般的な印象では コッキングを使う
スウィングの方が 高等技術と
思われているけれど
元来は その方がクラブが軽く使えるので
一般教養レベルなのだ。

そのコッキングもクラブを軽くするため
もしくは クラブが自分に近づくために
自然発生のようなモノで
頑張って 左手の手首周りの筋肉で
行うモノではない

右腕が曲がり 片腕が短くなるため
自然の起こることで 左の手首は
単に ヒンジ の役割をしているので
自発的なコッキングは 筋力頼りで
あまりお勧めではない。

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

左手首 が親指側に折れると
自然に甲側に折れる
これは 合掌の構え と言って
グリップ自体が 体の幅の中にないと
することが出来ないし
グリップが体の幅に合っても
クラブヘッド体の幅から外れていると
やはり 合掌の構えは出来ない。

多くのゴルファーは
テークバックの段階から勢いを付け
体の動く 止まる 逆に動く
のような 止まる動くの動きで
クラブに反動を付ける

その動きでは 弱い左手でクラブを
支えていると コッキングは出来ないし
クラブも寝やすくなる・・・

出来れば シャフトは動かさず
止まったまま 自分が動くことで
トップオブスウィングまで 行って欲しい

そういう意味では
トップの止まった状態から
ショットを練習してもいいかもしれない

動いているシャフトを止める
もしくは 止まるのを待つのではなく
始めから シャフトは動かさないように
してこそ シャフトが稼働する のだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昔 書きましたが
ボールのスピンなんてのは
結構 緩いんです

ドライバーでは 数千回転
その 単位は 分 ミニッツ です
例えば 4000回転としても
ドライバーが 宙に漂っている
 通称 ハングタイムは 7秒程度です

4000 ÷ 60 × 7

200m飛んだとしても その間に
約450回転しかしていないのです
しかも 回転は徐々に
少なくなっていきますから
実際にはもっと少ないでしょう。

一メートル浮遊している間に
わずか 2回転強 しか
していないのです
殆ど回転していない とも言えます

6816db4cbd3e4210


ドライバーで 4000回転
パラシュートのアマチュアクラス です
通常は もっと少ない
1500〜2000回転
となれば 一メートル移動するのに1回転強

最近では 漫画も読まれないそうですが
炎が出るほど スピンする
なんてことは全然ない訳で
道のり デスガ 8番アイアン当たりで
回転 × ボールの外周 = 移動道のり
に成る程度です

ボールの回転が増えると
ボールの上下に気圧差が生まれ
それが浮力になり 上昇を始めますので
横の距離よりも 徐々に縦の上がり に
変わります

ウエッヂショットでも
火の出るようにボールが回転することは
無く 高速カメラで見れば
ボールの移動に対しては
思っているよりも 遥かに緩やかに回転します
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コースに行って 素振りをして
イチ.なになに 
 ニ.なになに 
  サン.なになに
のように スウィングをするための
動作を 手順 順番にして
覚えるのが一番実戦に適さない

sample 091020 3-360フレームショット


経験があると思うけれど
自分のスウィングをビデオに撮って
自分で後から確認すると
例外なく 自分の思った通りには
動いていない

それは何故か・・・

スウィングは スピードも加わった
クラブと言う重量物を持っているし
ボールを打つ 行為そのものが
重量との戦いでもある

そう スウィングは重さの虜 なのだ

だから 練習場や素振りなどで
その場面で どこにクラブがあると
次にどうなって
ヘッドがどの姿勢だと こんな感じの重さで
そして 次にどうなり易いか
と言うのを 実体験して貰いたい

それが 練習だ

ショットの結果 なんて
ある意味 偶然の産物で
納得いく弾道や距離が 今のショットで
出たとしても それがなぜなのか
どうしてなのか 実体験出来なければ
次のショットにフィード出来ないし
毎回 宝くじを引いているのと大差無い。

とどのつまり
クラブやヘッドの重さによって
自分は動かされている
振らされている とも言えるのだから
だったら 正しく動かされるように
クラブの位置
動かしてあげる位置を探ってあげれば良い

どのベクトルに どのヘッド姿勢で
動かすと 体にはどのような重さが掛かるか
それを 練習で掴んでもらいたい

カギになるのは
ショットの目的は
ボールをある方向に移動・飛ばしたい
という事なのだから
そのベクトルとクラブを動かすベクトル
クラブが動きたがるベクトル
そして その重さによって
自分の動くであろうベクトル
その関係をイメージしておくことで

人間の動作 としては
出来るだけ ヒトツ
ヒトツですべてを解決できるよう
ヒトツの動作ですべてが
似たベクトルに動くようにしておくコト
が 唯一 コースで
緊張した場面や悪いコンディション
悪い天候や気温の中でも再現出来る
唯一の方法と言える

その 人間の一つの動作
は ダウンスウィングで
これから 打つであろうボール
これから飛ぶであろう方向 に対し
それに準ずるように
利き腕の肘で クラブを送ってあげるコト

その ワンアクションで
移動を始めたクラブの重さによって
そのほか すべての動作が
仕方なく行われること だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


レッスンをすると
一番 不可解なアドバイス が
「下に振るな」
だと思います。

人間に対し ボールは
低いところにある
ように感じるでしょう。

もしも 下に振る 動きで
上手く打てているのなら
それは それで良いと思います。

すこし長くなりますが
おさらいしましょう。
クラブの横の動きは
スライドを主体とした
体の向きの変更
脚を使った体の向きの変更によるものです。
この時 注意するべきことは
まず 絶対に 体 胴体 上半身 
 を捩じってはイケナイ
 こと。
知識として知っていて欲しいのは
股関節から上の 胴体の どこかに
回転差 捻転差 を作るような動きは
長いゴルフ人生 の後半で必ず
 傷み 痛み との闘い になります。
脚を使って 胴体の向きを変えるのですが
その先 向く方向の脚が 軸足 支え足
ブログ内 では 直立脚 と呼ばれますが
それを 作るコトが
そちら側に向きを変えられるコト と
イコールになります。
その逆は その軸足を解けば
その方向の向きは自然に解かれます。
ですから テークアウェイの右向きを創る
以外は 回転を意志をもってする必要は
一切ないと言えます。

それよりも 右→左 
軸足を変更を回転意識なし
で行う方が より重要です。
その動きが スムースに出来れば
右軸足が解け 右向きが解け
左軸足が出来 そして
左回転が一連の動きのなか出来る
と言えるでしょう。

sample 091020 3-383フレームショット

体の向きの変更には
アドレス時の前傾姿勢の維持
と言う難題が伴いますが
アドレス時のように
 正面を向いている時間を除けば
インパクトも含め 体全体がボールに
正対している時間は殆ど無いと考えてよいでしょう。

どちらかを向いている時間が殆どです。
その際の 前傾姿勢とは
軸足と骨盤
軸足の大腿骨と骨盤の角度差
を指します。

ですから 切り替えし時
の軸足は右足です
そこから 一気に左回転(フィニッシュ)
まで行ってしまうと
前傾差をどこにも維持出来なくなります。
特に 腰を切るような動きは
左腰を左に引くので
左サイドは伸びあがる動きに
なってしまうので
結局のところ 前傾姿勢
・・・自分の前 にある筈の角度が
自分の右横 右側帯の角度に
なってしまうのです。

ee213269f2e5a758



ですから イメージとしては
まず 右の直立脚を作る
左足を使って 左骨盤(股関節)
 を右を押し 秀二を右に向ける
そして 次のアクションは
説明の難しいトコロなのですが
クラブが上半身 右から左へ
動く動きには 下向きの動きが伴っています
それを利用しつつ
右を向いたまま 飛球線の方
 その状態では背中側に
まるで 倒れ掛かるように
脚のとっては 左に (右を向いたまま)
移ってほしいのです。
その際 少し脚力に自信があれば
左膝をすこし深く曲げてみましょう。
多分 つま先の上の 膝が来る
 ・・・そんな感じです。
勿論 この動きには 重量物である
その顔を その頭も動かす必要があります。
すると 体の向き差
骨盤と右軸足の回転差は解かれます
そして 前傾姿勢は左軸足に移譲します。
体の回転は解かれますが
まだ 脚の関係は 左側の方が
ボール側 脚はクローズな関係です。
左軸足が出来ていれば
 後はフィニュッシュ まで 回るだけ です。



   本題まで届きませんでしたね
    続き・・・

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問 たくさん有難うございます
まだ まだ 遠慮なく
色々な質問下さい。

また それに関する
色々な答えや意見など
活発に 皆さんで交換・討議
するのは 非常に有効だと
 思います。

物事に対する ニュアンスや
感じ方、見る角度など
色々なアイディアが
参考になると思うのです。

頂いた質問に対する
すべての私からの回答は
年末年始の記事に
宿題として取って置きますので
楽しみにお待ちください。

現在は パター等
年内納品の作業に集中します

    ハミングバード店主 


DEFI0308


50ヤードをSWで打つのは可能でしょう。

では 7番アイアンで
フルスケールのスウィングで ハーフスピードで
この距離を打てるでしょうか・・・

実は ここがショットの肝 です

フルショット・・・
スピードに頼ったショットはあまり難しくありません

ヘッドスピードが 100msもあれば
ファールチップのような当たりでも
進行方向にそこそこ飛びます
当たる所も 当たり方も スピードには敵いません。
ものすごい 悪い例えですが
時速200キロ出ていれば 触れただけでも
歩行者であれば 死んでしまうでしょう・・・

多くのアマチュアは
100を切るのに苦労します
その多くの場合が
フルスピードのショットは何とかなっても
フルスウィングしないショットで
無駄なショットを費やしてしまう訳です

Img_005

ドライバーであっても パターであっても
距離感 というのが ゴルフショットの
大きな課題です

残念ながら この距離感と言うモノは
誰からも教わることも
誰に教えることも出来ません。

あえて 僕の立場でアドバイスするならば
ボールのスピードのイメージ
それを追いかけて 運動のスピードを
決めることです

その上で 非常に重要なコトは
出来る限り いつも同じクラブで打つコト
正確な言葉で言うと
出来る限り 同じロフトで打つコトです

ウエッヂであっても ウッドであっても
番手間のロフトの差は
多くて5度 少なければ3度です

多くのアマチュアは 距離はスピード
クラブで言えば 長さで決まる
という とんでもない勘違いをしていますが
長さ…ボールを打つ長さは
背骨からヘッドまでの距離です
(ディッシュアングル等は割愛します)

ミドルアイアンであれば その長さは
200センチ近くになります
それが たった 1.2センチ(半インチ)
変わっただけで スピードが変わると
思いますか
半径とは言え 約2センチ円が
大きくなっただけで 変わると思いますか

長さは ロフトの兼ね合いで
適切な弾道を作るため
入射角度を作り
エネルギーを
スピンと打ち出し角度に
分配するのが
主目的です

ハナシは元に戻りますが
隣同士の番手まで
双方4度程度
8番アイアンを
(少し単純に書きますが)
4度寝かして打てば
9番アイアンの距離
4度立てて打てば
7番アイアンの距離
になってしまう訳で
打ってみなければ
ロフトが決まらないような
打撃方法では
イメージによる
スウィングスピードを定めても
距離が確定出来ません・・・

これが 多くのアマチュアが
距離感が定まらない原因です

打ってみるまで
ロフトが決まっていないのと
一緒で
目隠しで バッグから番手を選び
アプローチしているのと
全く同じですから
練習量をこなしても
なかなか身に付かないでしょう

そこに ドライバーショットの秘密
フルショットの秘密も
隠されている と気付くと
クラブ扱いも飛躍的に
変化するはずです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゆとり教育がどんな教育かよく分らないけれど
最近では 円周率は ≒3 なんだそうだ

結局 桁が少なくなっても 覚えることには
代わりが無いのだから 何のための 省略なのか
よく分らない

002



高校や大学の授業を通しても
物理を勉強する機会が少なくなったのは
僕は 人生において ものすごい損失だと思う。

正直 公式なんて 覚えなくとも
エネルギー(力) ベクトル(方向) 時間
って 物事を考える上で とても大切だと思う

会社に入って
会社の向いているベクトル、
社会が向いているベクトル、
好むと好まざるに限らず
そこで働いている人のベクトルが
それぞれと まったく相反するものだと
各々が本来 イチ のエネルギーを持っていても
それぞれが イチ以下 になってしまう訳だし
良いことは殆ど無いと思う。

個人主義 とは言っても
国なり、自治体なり、会社に属していれば
双方のベクトルを意識していた方が
自分の力になるし プラスになることの方が
圧倒的に多いと思う

019A9s1s

ショットで 「芯を喰う」 という言葉が
あるけれど それは どこかに当たるコト
よりも ボールの飛ばしたいベクトルと
ヘッドの動いてきたベクトルが近似値である
事の方が 力の伝達としては有効だ

ヘッドのどこかに当てる
ことは 非常に偶然性の高い行為だし
2000分の一秒のような
殆どゼロに近いような瞬間では
どこかとどこか の意識を気にすれば
加速よりも 減速、停止の方が有効だろう

ゴルフと言うゲームでは
ベクトル…指向性
 というのが非常に重要なんだけれど
その意識が強いのと
エネルギー…力、破壊力 の意識が高いのでは
自ずと クラブの扱い方や
ボールの打ち方、さばき方も変わってくるだろう

遠くに飛ばすコトは 重要であり
ゴルフの大きな魅力であることは確かだけれど
ゴルフは 飛び様はともかく
ボールを 始点から 終点まで
目的方向に運ぶ、移動させるコトで
ゲームを進めていくのだから
ボールを回転させるために
ボールを打っているのは
主旨に反すると思う。

勿論 ボールを浮遊させ 飛ばすために
ボールのスピンは必要だけれど
それは ボールソノモノであったり
クラブの役割で 人間の役割ではない

ボールを ある方向に移動させる
のが ショットの目的
ゲームの進め方 であるのならば
独楽(コマ)のように ボールをわざわざ
回転させる 回転を増やす まわす ような
打撃方法は やはり 間違っていると思う

社会生活でもそうだけれど
まずは 目的や主旨ありき なんだから
手段は 手段で 目的と取り違えてはイケナイ

スピンは ボールを飛ばすための手段であって
ショットやゴルフの目的では当然ありえない
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ショットの魅力 って何だろう

僕は やっぱり ボールが潰れる
ボールが捕まる感覚だと思う。

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

市販のクラブはナンノ因果か
飾りや色ばかりの 
軽いヘッドや硬いシャフトが主流に
なってしまい その「ショットの魅力」
失ってしまった
そのおかげか クラブは硬いヘッド
が好まれ ボールはソフトなモノが好まれる
という複雑な構造に関係なく
単に 素材だけであれば
200倍もヤング率(歪み率)の違うモノを
強調しなければならなくなってしまった。

160_56949


感触なんてのは 正確に他人に
伝えることも表現することも不可能、
各個人それぞれのモノだし
実はものすごく重要なモノだと思う。

何処かの記事で書いているけれど
アイアンにしても ウッドにしても
素材の違いは有れど 金属とゴム
では 歪み度合いは 200倍近く違う

100倍も200倍も違えば 流石に
ボールが潰れて(易く)
 金属が潰れない(難い)
とは 理屈でわかっていても
果たして 実感として
その感触の体験した人は何人いるんだろう

市販のクラブで ボールを潰すのには
ヘッドスピードを速くした上で
素早く正確なヘッドターンが必要だ

感触を得るために その努力をしても
その行為は 苦しみや痛み が伴うので
実行するには 鼻をつまんで
エイって やるしかない

感触のスイッチをOFFにしないと
行為が出来ないので 実際にボールが
潰れても センサーが働かないし
余りに 忙しい最中の体験だから
実感することも出来ないだろう。


感触 って言うのを苦手としている人に
限って ヘッドスピードとか スコアとか
重心距離なにがしとか 数値を持ち出すんだろう

sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット

 ボールを潰す のが最大のショットの魅力
とも言えるのに 最近ゴルフを始めた若者なんかは
ものすごく可哀そうに
 その感触を絶対に味わえないので
あまり ゴルフそのものにも魅力を感じないか
なんだか 人間抜きのゴルフ みたいなモノを
せざるを得ないのだろうか…
勿論 その根本の原因は全く本人にはないのに…

ビックリするかも知れないけれど
例えば ものすごい軽いヘッドを採用している
ゼクシオのスチールシャフトアイアン…
 これにNS950 スウィング破壊兵器が
装着されたモノと 
弊社の悶絶バージョン6 を
実際に打ち比べても 結果は別として
感触として どちらもあまり変わらない
という答えが返ってくる場合がある
ヘッド重量であれば 
 245g と 290g
シャフトの振動数では
 280cpm と 195cpm

どちらが良いかとか
どちらが振り易いか とか
どちらが飛ぶか、真っ直ぐ行くか、
ではなく 二つの感触 振り感 としての
違いはありますか
 と質問すると
分からない どちらが重いか よく分らない
と言う答えが返ってくることがある・・・


多分 昔のよき時代を知らずに
ゴルフに参入してきた若者は
単に商品としてのゴルフクラブしか
知らず 感触とか 快感とかを
知らないから どうしても
知名度とか 人気度とか
そういう 付加価値 みたいな部分ばかり
気になってしまうのだろう

ボールやクラブ は
価格やブランド 機種や年代に関係なく
それだけで 楽しい
打つだけで 楽しい
モノとは 知らないで
ゴルフを終える のだろう

そして、今日もネットを彷徨うのだろう…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




まだ 良く当たりませんが
左打ちをしていると
本当に実感するんです。

私は 一番簡単なクラブの扱い方を
右で ですが 知っています。
練習量や そこに到達するまでの時間や
労力、そして一回のショットに使う運動
それを維持していくだけの練習時間 球数
それを行う事による 体への負担
負担が多いのに 
 練習は不可欠 というジレンマ
それらを総合して
「鼓笛隊打法」ほど 効率がよく
初めて から覚えれば こんな簡単な方法は
無いと断言出来ます
正直には 限りなく インチキに近いと思います。

しかし 普通のゴルファーは
そんな方法 知りませんし
 当然 思いもつかないでしょう
目で見える ゴルフスウィングと
余りにかけ離れていますし
当たり前 と思われている
言われてきた ゴルフの常識 とは
全く異なるもの と言えるのですから。

で 目に見える ヘッドを振る
 スウィングで ボールを打とうとする
この むずかしさ たるや
僕はすでにギブアップしています

008

一般論のスウィングで言うと
特にダウンスウィングでは
まず 体 特に腰を回して
そして 腕を振ります

体重移動みたいなモノは
どこか 後付け っぽいので
まずは 腰を切る 動作から入りますが
右(右打ち) に乗った体重 から
いきなり 腰付近を回せば
その行為の軸足は やはり右足 です
右以外の軸足(左もしくは真ん中のあし?)を
作ることは 人間の自己防衛上不可能です。

また 腰を切る動作をするタイミングでは
クラブは置き去りになりますから
体の右サイドに 自分じゃない 異物
重量物が残ったままなので
右サイドが下がります

その双方の動作は
非常に密接につながっていて
右軸足のまま 腰を切れば
やはり 左サイドが伸びあがるようになります

体の一部分は
遠近と言う意味で ボールから離れながら
残った部分は近づきつつありますし
一部分は 高くなりながら
残りの部分は低くなります

この 体を先に切りながら
腰を先に回しながら 振ると
何度振っても 空振り
真面目に 空振り
当たる気配がありません
まったく 触りません。
空気の勢いで 飛ばすしか ありません。

001

ダウンスウィング とは呼ばれていますが
これから 動かすであろうクラブ
右から左にヘッドを動かすと
左サイドが高く 右サイドが低いので
アップスウィングに成りかねません

この後 手を返したい のですが
右サイドがボールと近づいてしまい
スペースが狭すぎて 手を伸ばすことが出来ない
でも このままでは空振り なので
クラブではなく 自分の右サイドを
ボールと近づけて 低くしてきながら
高い左サイドに向けて 上に振る

言葉で説明しても 何が上で
何が下で 何が遠くて 何が近いのか
さっぱり 分からないかもしれません。

これを 左で実践しよう とすると
硬直してしまうんです。
特に 後から 重いモノを一手に
引き受ける利き腕 が 今の僕にとって
左打ちの僕にとって 利き腕ではないので
パワーも 器用さもないので
手の施しようがないんです。

これを練習して 身に付ける
のは まるで
一生懸命 毎日 漁をして
何匹も捕るけれど
目的の珍しい魚が取れた時だけ 食べて
後の魚はすべて 廃棄しているような
そんな 効率だと思うんです

モッタイナイ!

骨折り損のくたびれ儲け でしょ


刷毛塗の方法で 打ってみると
ショット とは到底呼べない
手で投げる程度の距離ですが
ツカマエラレルンデス

この違いは
とても 同じスポーツ とは思えません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

悶絶クラブを使っていても
市販のクラブを使っていても
スライスやスコアの問題と同列で
「ドライバーが飛ばない」
というのは 古今東西 
多くのゴルファーの悩みです。

数日前にも書きましたが
ボールをより回転させる
回転を増やすような方法・・・
スウィングの中に
脚を使った骨盤の向きの変更による
  背骨からヘッドまでが作る
    すこし傾いた大きな円弧
これが 唯一の円 です

しかも この円の主目的は
ヘッドの重さやスピードなどが作り出す
破壊力を 目的方向に変えてあげる
方向を変換する働きで
けっして 破壊力を増加させることは
主目的ではありません

これ以外に円運動があると
ボールには 複雑に円運動が加算される上
人間にも 複雑な不可抗力が増えますので
億害あって一利なし
なのです
自分の 振った〜 と言う充実感を除いて…

厳密に考える必要は一切ありませんが
我々おじさんの運動性能を考えると
ドライバーショットにおける
理想的な スピン量は 2000回転台です

単純に考えると
倍の回転数 4000回転あると
ボールの大きさが倍以上になる
そう パラシュートを開いている のと
同じな訳で 飛ぶ筈ありませんよね 

6816db4cbd3e4210


スピンを決める大きな要素は

インパクト時のロフト

店で売っている時のロフト角度では
ありませんし
言葉は悪いですが 一般的なアマチュア
ゴルファーにとって 市販のドライバー
ロフトは 6度でも 11度でも
大きな違いはないでしょう
10度で上がり過ぎて 飛ばない人が
次に買い直すとき 9度を選んでも
それが ロフトのせいなのか
クラブが軽くなったとか
シャフトが柔らかくなったとか
だいたい 色々な要素が大きく変わって
しまうので 単純比較は出来ません。
間違いなく ロフトが少なくなったのが
変化の訪れた原因で無いのだけ は確かですが…

インパクトロフトとは
ヘッドの移動してきた入射の角度と
フェースメントの角度差です

極端な例で言えば
9度のドライバーを買ってきても
入射角度をフェース面でなぞる ような
インパクトであれば
ロフト90度のクラブを使っている
と言えるわけで
余程スピードがあれば 別ですが
ボールだけ ティーの上に残る かもしれません。

単純に考えて 人間とクラブの構造上
背骨 バックル グリップ ヘッド
これを センターとして
一度右にシャフト線がずれれば
 ロフトも一度
10度もシャフトが右にあれば
 ロフトも10度 多くなってしまう
と考えてよいと思います

ですから 自分の体の向きの変更
 そして 背骨からヘッドのまでの距離
この 大枠の道のり
これよりも 自分のヘッドの通る道のりが
増えれば 刻々と クラブは右にズレ
その分 ロフトが開いていく
 というのが メカニズムです

慌てて ロフトを閉じようとしても
 残されている時間は

 非常に少ない ですね〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前日からの続き です

(2)刷毛塗りスイングの練習は
どのような効能があるのでしょうか?

 ヘッドの感覚が分かり、
 ヘッドが遅れてインパクトすることで
 ボールの捕まりが良くなるのが
 目的なのでしょうか

20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット

 

刷毛塗の効果は?

始めから ヘッドを振る

自分が大きく、
たくさん動く、
クラブを素早く動かす

というのを
ショットのメインテーマにされている方には

あまり意味はないかも知れません。


クラブを 自分の動いた分だけ。


止まっているときは止まっている


長さ分を除いて 縦にも横にも

自分の動いた分だけ 動かす

それを テーマにして ショットをしている人に

とっては 刷毛塗のクラブ使いが

ショットそのもの とも言えます

ゴルフスウィングは とかく 前傾姿勢と絡み

体が向きを変えて作る 円の動きに

惑わされがちです

シャフトの撓りとヘッドの重さを使って

振り子というか シャフトの復元力を使って

打つ方法には 前日の記事の通り

ヘッドの向き ロフトの変化の複雑さが伴います

スウィングの円運動に惑わされて

ヘッドのまったく支点も 大きさも 重さも

異なる別な円を 高速なスウィング中に

一番忙しいところで 再現する

これが 体力や運動神経によって

行えるのであれば 何も問題ありませんし

それを持続するために 練習がたくさん出来るので

あれば 何も言う事はありません。


が 私個人は 非常に怠け者 なモノで

如何に体力に依存しないで 一度覚えたら

練習の多く要らない方法が「好き」なだけです。

 

ボールを思った方向に行かせるには

 ヘッドをいつも同じ状態にしておくべきです

 

体の向きが変わっているのに

更に へっどまで 調整して いつもと同じ向きに動かす

二つの別な動きを高速で短時間で処理する

そんな難しいこと 自信ありません。

 

いつも同じ距離を打つ のには

ロフトを変化させないことです。

やはり 体の向きが変わっている最中

向きと似ているけれど 微妙に違うロフトを

何百分の一秒のタイミングで いつも似たような

状態にする 自身もありませんし

双方ともに 自分の体の向きや

左右両サイドの傾きなどの姿勢よっても

複雑に絡みあい 異なってしまいますから

クラブのミスへの寛容性だけに頼って

毎回 似たような偶然の一致 を追いかけるような

ショットは あまり目標にはしたくありません

(あくまでも 個人的な意見です)

 

しかも ヘッドを回す 体の向きを変える

シャフトを捩じる シャフトを横に振る

それらの動きは クラブが全体での非対称なうえ

ヘッドの非常に歪な構造であるが故

全部の動作が相互に影響しあいますから

本当に 微妙なタイミング等のアタッチメントを

毎回 毎回 行わなければなりません。

 

004


刷毛塗
 とは

利き腕の動き を使って

体の動き…シフトや向きの変更

を除いて クラブを単に

自分の右側から左側へ

(腕が短くなったり 長くなったり する

 という意味で ヘッドは 上がったり 下がったりしますが)

ヘッドを振りこのように振るのではなく

スライドさせる動きです

厳密に!

とは言いませんが

グリップの動かした方向 そして量 が

出来るだけ ヘッドの動かした方向、量と

一致させること です

 

この 腕のクラブ捌きによって

クラブヘッドの高低(上下)の変化はかなり減りますし

ヘッドターン・ロフト変化は ほとんどありません。

肘で出来る範囲は 靴幅 肩幅程度ですが

実際のフルショットでも

体とクラブの関係は ほとんど変わりありません。

 

あとは距離を生む 破壊力の問題です

こう考えるのは如何でしょう

通常 練習をしなければ

ヘッドターン打法は スライス もしくは ハイボールになります

10度や11度のドライバーが簡単に

18度や20度に開いてしまいます。

お望みのロフトでインパクトするには

練習を繰り返さなければならない上

コースで 左への引っかけボールとの闘いです。

スライスでハイボールか 引っかけてローボールか

その隙間を訓練して 維持しておかなければなりません。

 

しかし いつも 同じロフト

例えば 13度だったりしても

8度〜20度まで 変化してしまうドライバーを

ヘッドスピード43ms で打つよりも

安定しているでしょうし、最高飛距離は勝てませんが

平均飛距離やフェアウェイヒット率は高いのではないでしょうか…

 

ヘッドターン打法は 必ず 高速化 = ハイボール化

は一致してしまいますし ローボールになっても

殆どの場合 左のOBに消えていくでしょう

 

いつも コンスタントに正規のロフト で打つ

という事は 同時に ヘッド上下のミスやフェースの向きも

必ず 両立します

 

どうですか?  騙されてみますか?

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


良いコンディションで海水魚を飼うには
ペーハー アルカリとか酸性とかを
「8.0」以上をキープしたい
自分の水槽のPHが 下がるから
薬剤でペーハー上昇剤というのが あるけれど
それを 使う
 よくある 熱帯魚の飼い方 だけれど
これでは 遅かれ 速かれ クラッシュ する

005


何故 PHが下がるのか
その原因を追究していく気持ちが無い限り
必ず 飼い主がギブアップする

水が傷んでくる と言う仕組みを知っていれば
どうするのが 本当の解決策 なのか
なんとなく分かるものなんだけれど

試験紙を使って PHを測る
値が良くない → PHの値を改善する
では 根本は解決できないし
必ず 大きなトラブルが訪れ ギブアップする
命ある生き物を飼っている のであって
PHを飼っている訳じゃないし
PHの値の為に 魚を飼っているのでもない

スライスする
スライスするメカニズム
本当はそれが 右回転 と言う意味の
スライスではなく 当たり損ね であるコトが
分からないと 右 左 というと
横の問題に感じるけれど
実は 縦の問題 と気付かないと
スライスする → ヘッドを返す
PHが下がる → 薬を入れる
になってしまう・・・

魚が病気になる
結構丈夫な金魚でも 白点病や尾腐れ病なんかに
なってしまう
病気になってしまう程 コンディションの悪い宿主に
薬を使えば その菌也、病気也を「殺す」薬に
宿主が耐えられるわけはないので
当然 死んでしまう・・・
薬も上手に使うけれど
やっぱり 病気や菌が発生するメカニズムを絶たないと
その時は乗り越えても もっと大きな問題が
ゆくゆく発生することになる

スライスする
インパクトの時に腰が開いている
腰を開いているのを止めれば治る?!
も まったく同じで
腰を「先に」開かなければ
打てないから 開くのであって
腰を開かなければ打たない原因を掴まなければ
解決しないし やはり同じく
スライス というか 当たり損ね
こすり球のメカニズムを知っていないと
解決出来ないんだけど
それが 面倒くさい と言うのであれば
悪いけれど
PHの値の為に 魚を飼うしか ないでしょ?!

知りたい!
って思う 好奇心が
ある意味 人間の進歩のすべて だと思う

2f69dcd8.jpg

ゴルフって 結局 フィールドに出て
毎回 一期一会 の良い意味でも悪い意味でも
課題や問題に突き当たり
それを 解決していくのが 面白いのであって
自分の持っている知識や強さを試すのが
面白いのだから その練習として
スウィングの問題を解決する
色々な問題 色々な課題を 自分のエサにする
そういう事なんじゃないの?!
人間力を鍛えたいんでしょ?!
それとも やっぱり 何かの数字の為に
 ゴルフをするの?
 PHの値の為に魚を飼うように。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


非常に参考になる質問が参りましたので
ご本人の許可を頂いた上で 公開致します

(1)飛距離はシャフトの
    反発力で決まりますよね?

そうすると強い反発を得るために、
体の運動で大きい体重移動、
腕の力などを使う、
コックなどを使うと思いますが

ブログやCDを見ると、
空手の押しとありますが、
余りにも弱い力(運動量)の様に見えます

実際のコースでは
 もっと強くはやく押しているのでしょうか?

サンプルの画像や
店長のスイングでは
どう考えてもドライバーで250ヤード
5番アイアンで180ヤード飛ぶとは

思えないのです


シャフトは自分自身では
動けないし人間が強い力や大きな運動量を
与えるとそれに比例して働いて、
飛距離が決まるように思うのですが

  
そうすると弱い力と
運動量では飛距離も
期待できないように思うのです

019A9s1s

お手紙有難うございます

要約すると
 クラブをどう使うと より機能するのか?

という問題だと思います。


ハミングバードのゴルフクラブであっても

そうでなくとも 
ある程度満足いく距離や結果が

出ているのであれば
 それに対し 個人的には

何の異論も 無意味な理論の押し付け 
も考えておりません。


ゴルフはあくまでも 
余暇の「遊び」でありますから

それぞれのゴルファーが 
体を痛めず 楽しい想いを

して頂ければ 
それで十分 十二分だと思います。

 

ただ あえて 私個人が考える

ゴルフクラブの機能
 ゴルフクラブの正しい使い方

  という単なる亜種な意見のひとつ として

ブログ上に「鼓笛隊打法」とか、
「刷毛塗ドリル」等を

展開しているだけで
 それを元に

これが間違っている、あれが正しい 
などの論議にする
つもりは毛頭ありません。


furiko
 


それでは 本題に入り

質問にお答えしましょう

 

飛距離はシャフトの反発力で決まるか?

 

どう答えたらよいか 迷う質問なのですが

ヘッドを振って しなって 撓り戻して

ボールを打つ人にとっては それは正解だと思います


反発力とは何か というと
 元に戻る力(復元力)

という意味合いだと思いますが

シャフトを撓らせて 撓り戻す

の意味合いも
 スウィングの前傾姿勢を除けば

横方向・水平方向に
 という事になると思いますが

シャフトを横方向に撓らせるのには

必ず 持つ部分とヘッド 
とに運動量やスピードに違いを

 発生する必要があるでしょう。

質問書かれている通り シャフトは
じぶんで動きませんので
撓る にしても
しなり戻す にしても
何かの動作で 
起こしてあげなければなりません。

スウィングに当てはめて言えば

止める 動かす の繰り返し
に当たると思います


インパクト付近で 
重心位置のずれを除き

等速、または それ以上で動いている

グリップエンドをヘッドが追い越すことは

物理的に不可能です。


また その運動には 必ず

ロフトの増減、
そしてフェースの右向き・左向き

の問題が伴ってきます

タイミングも含め 非常に高度なテクニックです

その要領を覚えても 練習という

メインテナンスを怠ることは出来ないと思います

 

また ヘッドの重さ

そして 動かすスピード を

重ね合わせると 

まるで単純にボールへの破壊力が

生み出させるような錯覚が起こりますが

そこで作られる遠心力は

ボールが飛ぶであろう方向とは

ほぼまったく一致せず

時間ごと クラブやヘッドの位置ごとに

刻々と変わっていく 複雑なモノです。

その破壊力は ボールを打つまでの間

直接的には

一度も ボールが飛ぶであろう方向と

一致することはありません。

逆に ヘッドをボールに当てさせない方向に

掛かると思うのですが…

 

スピードを意図的に遅くしろ とか

ヘッドスピードは一切距離には関係ない

と言っている訳ではありません。

ロフトを正しく使え

ヘッド重量を自分ではなく

ボールに使えるのであれば

それは 速い方が良いでしょう。


しかし スピードを上げるため

結果的には ロフトを増やしてしまい

ボールへの伝達をロスしてしまえば
  意味がありませんし

方向を案ずるがあまり スピードを

抑制してしまうのであれば

単なる 一か八かの方法論になって

しまうと思うのです。

 

自分の信じている方法を追いかけて

勿論良いのですが 別な方法もあるよ

と言っているに過ぎません。

 

シャフトの反発力 という言葉自体は

使わないとは言いませんが

歪んでいる形状が元に戻ろう
 とすることに使うのではなく

歪んでいないモノが 
 ボールの重さを受けた時に

  歪みたがらないこと 
を指すのではないでしょうか

微妙なニュアンスの違いかもしれませんが

使用方法という意味では ものすごく大きな違いだと思います。

 

鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

 

長くなって 申し訳ありませんが

クラブを横に動かす のを

体の回転で行っていれば

シャフトは 横方向には

撓り放しになるのではないでしょうか

少なくとも インパクト付近は

スピードを加速、もしくは最大にしたい訳で

そうであれば シャフトは戻りませんよね

インパクトまでに シャフトを撓り戻すのには

インパクト直前に 減速するか 止まるか

はたまた 体の回転でなく

腕でクラブを横に動かすか

のいずれかになると思うのです

どれも 飛ぶ!とは思えないのですが…

インパクトは だいたい 1トンをゆうに超える衝撃です

突然体を止めたり、減速するよりも

加速状態の方が 力は受け止めやすいですし

関節が多く 複雑な動きに強い腕で

重力に逆らい クラブを横に動かすのが

体で支えるよりも 多くの重さや衝撃を

支えられるとは思い難いのですが…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


大変考えさせられるコメントが有りましたので
それに付いて 記事にしてみたいと思います。

正しくない扱い方でも 
 結果が出てしまうことがたびたびあること

正しい扱い方でも
 結果が出ないことがたびたびあること



ものすごく難しい課題です
ゴルフから 少し離れて
考えてみます。


商売をやっている
意図しない商品が売れてしまったり
会心の一発、というのが空振りだったり
そんなことは 往々にして起こり得ます

昔から 商売とは
 「商い」 ⇔ 「飽きない」
なので 商売の基本中の基本は
儲かるコト ではなく
継続していくコト だと認識しています

nzwtn


継続出来るか 続けられるか
それが 明日までか 来週までか
来月までか 来年までか
分かりませんが 継続していくコトが
商売の全てだ と思います

やり始めた頃は 明日 が精一杯でしたが
経験を積むにつれ
来週、そして来月・・・
最近では 来年 は まだ経験不足ですが
3か月先位までは
続けられる自信というか 展望がみれるように
なってきました。
(単に納品が遅いからか…)

昔から 三河商法と言いますか
売り手よし
買い手よし
世の中良し
この3原則にのっとって
俗にいうお天道様に相談した上で
お客様にとっても継続と言う意味で
未来のある
自分にとっても 生活できる
商売が続けられる
未来がある
そして
世の中にとっても
ゴルフクラブを通して
人の心が

として存続出来て
リクリエーション
再創造生活
と言う意味で活性化出来る
やはり未来のある モノ
でなくてはイケマセン。

それを いつも刃にして
自分を置いていれば
自ずと 結果は付いてきます
勿論 過去 のハナシですが…

しかし、今はうまく行っているから
それで 良いのか というと
そうではなく
5年後 10年後
この商売が続けていけるよう
多くは無いかも知れないが
市販の西洋的商法の
単なる商品としての
クラブの犠牲になっている人が
救えるよう 永遠に努力し
模索していない限り
必ず ろうそくの火は消えてしまいます

商売を始める時
ある人に
商売は毎日 お祭りだから
お祭りの火を絶やしてはイケナイよ
と言われたのを
今も心に刻んでいます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


隊長!!★

パターを納品致しますが

グリップは何をご所望でしょうか

 

と、待ちに待ったお便り
を店長から頂戴し、
狂喜乱舞しているところです。


2330

ドライバーからSWまで
重いヘッド+しなるシャフト」なのに

パターだけが
軽いヘッド+しならないシャフト
だったため、

グリーン上でショットのリズムが変わり、
困っていた
からです。

 

たぶん、ですが、

パッティングは
全てのショットの基本であり原点であり、


1ヤードの距離を正しい回転で
届かせるショットが、
250ヤードの距離を正しい回転で
届かせるショットに繋がっている
のだと感じています。

(確か店長も、そう教えて下さっていたような・・・?)

 

そして、
パターを除く
フルセットで3回コースをラウンド
してみた結論として、

“変な親父”が作ってくれるクラブを
使いこなすことが出来れば、
ティーアップしてから
カップインするまでの全てのショットを、
狙い通りの場所に届かせることが出来る

という確信を得ました。

 

それに必要なことは、

クラブの性能を信じて、

クラブが動きたいように

動かしてあげる、それだけ

だと思います。


動かし方が悪くて
ショットがクラブを裏切ることはあっても、
正しい動かし方をして
 クラブが裏切ることはないのです。

 

初めて
「絶滅危惧種のゴルフクラブ」
     (別名「悶絶クラブ」)
を手にした時、
難しかったことは、
それまでに何度も取り替えた
 数々のクラブを使いこなそうとして
試行錯誤を繰り返した結果
すっかり頭と身体に染み込んでしまっていた
“成果”を、さっぱりと忘れてしまうことでした。

 

352503-1y

それには、とても勇気が必要でした。



ゴルフの醍醐味は、
身体を目一杯使った“マン振り”で
豪快にドライバーショットを
飛ばすことにある!

との思い入れによる
“アスリート志向”から卒業するのに、
大きな抵抗があったからです。

 


いつも一緒にラウンドする
友人の感想なども、
簡単に無視できないものがありました。
総武C..の理事長杯を
手にしたこともありオフィシャルHC4を
維持する彼は、
これだけ柔らかいと、
    俺には打てないなぁ。

       と言います。

 

恐らく「守り隊」の隊員諸氏、
悶絶仲間の皆さまも、
最初は同じなのではないかと想像します。


テレビで観るトーナメントの映像や
雑誌など様々な情報から得られるイメージが、

ゴルフとは
 身体能力を競うスポーツ
  であるかのごとき印象
を植え付けているような気がするのです。

 

私の場合、
とにかく試行錯誤に
   終止符を打ちたい
という気持ちが強かったため、

“変な親父”の言葉と
その“作品”の性能を
完全に信用するところから
再スタートを切る
ことができました。


つまり、
『誰よりも振らず
 誰よりも飛ばす』
ことは実現可能なんだと信じる
ところから、
生まれ変わる試みを
始めることが出来たのです。

 

まだまだ
生まれ変わる途上ではありますが、
かなり重要なことに気付き始めています。


それは、

このまま悶絶を

 続けて行けば、

 これまでとは

 別の次元で

 ゴルフが

  楽しめるんじゃないか?


という期待感とも言えます。

 


今の時点でも、
テレビで観るプロ達のショットに比べて
遥かに美しい弾道を得られている
と感じることがあります。


ミスショットを打つ時は、
ほぼ、昔の感覚が
ふと蘇ってしまった時に限られます。


そうすると、
昔の感覚を
 完全に忘れ去ることが出来る
  身体(頭も?)になれば、
   ミスショットが無くなるかも
知れません。

たぶん、無くなるんだろうと思います。

 


そ〜なると、
これまでは
「ミスショットをしなかったという偶然」
 あるいは
「ミスショットの連続という必然」
によって作られていたスコアを、

「正しいショットの積み重ねという必然」
   によって作る
ことが可能になるわけです。

 

ショットメイクの悩み

から解放されて、

本来のゴルフゲームを楽しむ・・・


これこそ、

別次元のゴルフと言える

のではないでしょうか?

 


そう考え始めると、
ミスショットの回数が
そのまま順位に繋がるような、
言ってみれば
ミスショットのオンパレードを
 見せられるに等しいプロのトーナメント
など、どこに値打ちがあるのかいな と思うのです。

 

毎日まいにち何百球も練習で
 打ってるプロなんだから、
 本番の試合で一々ショットに悩むなよ!

  と言いたくなります。

 

ここでようやく
“最終回の飛び入り”で触れた
名案に繋がるのですが、
いよいよパターが届く
というワクワク感のせいか
前置きが長くなってしまいましたので、
次回、
 もう一度飛び入りさせていただきます^^;

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて 悶絶系のクラブを手にされた方は
想像を絶するヘッドの重さ と
アドレスしただけで しなるシャフト
ビックリされていることと思います

初心者の段階で
ハミングバードのクラブをお使いなられる方は
非常にラッキーで
弊社を担当している 某運輸会社のおにいちゃんは
ゴルフをはじめる時に 最先端ではありませんが
弊社のお下がりの 振動数200cpmを切るような
クラブセット一式を 持っていきました。
それで ゴルフを覚え 誰から習う訳でもなく
月一ゴルフ 一年で100を切ってしまいました。

しかし 殆どの 弊社のお客様は
色々なクラブを体験し
色々なゴルフ理論も体現し
そして 弊社にやってきたわけで

軽いヘッド 硬いシャフトの
クラブをどう打つのか
 を数十年
 修行してきたわけですから
その観念は骨身に染みている コトと
思います。

如何に 軽いヘッドを重く感じ
如何に しならないシャフトをしならせるか
それに 奔走してきたわけです

ところが 今日から手にするクラブは
放って置いても ヘッドは重く
放って置いても シャフトはしなります

そう、 これからは
今までの まるで反対、
重いヘッドを 軽く感じる様使い
撓るシャフトを しならせない 使うか
がテーマになってきます。

RIMG0029-thumb-560x420

多くのゴルファーを見ていると
ヘッドを重く感じられるよう
ヘッドに不必要な、無駄な慣性(重さ)を加え
シャフトがしなって感じるように
勢いを付けたり、反動を付けたり しようと
しています。

単純な ゴルフクラブ扱いの概念が
ひっくり返し になるのです。
意外に そのコトを忘れて
今までの 軽いヘッド&しならないシャフトの
クラブを使う方法で
悶絶クラブを使って 悶絶している方が
少なくないと思うのです。

大袈裟に スウィングの改造だ!
と思う必要は有りませんが
少なくとも クラブの大きな機能は
ひっくり返しになる という事は
認識しておいて下さい。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さぁ お待ちかねのクラブが届きました。
箱を開封し すぐにコースへ・・・

ちょっと 待ってください。

新品のクラブ
新品のシャフトは
少々 慣らし運転が必要です。

各シャフトに付き
最低でも50球程度 打って頂く
方が よりクラブが上手く動くでしょう。
(エンジン全開には200球は欲しいか)

そこで 数十球打って頂き
シャフト本来の性能を発揮させて頂く

ま その間に 打つご本人も慣れていく訳で
双方に相互影響もあるでしょう

003


慣らし運転・・・
単に クラブのコト だけを考えれば
別に ご本人でなくとも
誰が打って頂いても 問題ありませんが
悶絶系のクラブの場合
一般の方にとっては 上手く打てない
でしょうし 打ちたがらない かも知れません
ので コツコツと ご自分でやられる事に
なるのだと思います。

別に一日で 慣らし完了させる必要は
ありません。 100〜200球程度
打てば 完成で その状態は一生保たれます。

スチールシャフトの場合は
永遠に慣らしは続きます
慣らしの果てに破損 というのが
スチールシャフトの運命ですが
高性能のグラファイトシャフトの場合
不慮の事故が無ければ 一生モノ です。
また グラファイトシャフトは
運動性を記憶する と言われています。
長く 同じ人が使っていると
レヂンの破断の仕方に癖がつくのだと思います
・・・あくまでも「噂」ですが、

慣らし運転の最中に
置くべきボールの場所も確認して頂くと
良いかと思います

重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブの
最適な ボールポジションは
左足かかと前後(右打ちの方の場合)です。

そこは インパクト時に体のセンターと
なる場所で

インパクト時の体センターに置け

という事です。

sample 2009_09_15_19_47_47-197フレームショット


ですから ボールの位置のアレンジは
自分のインパクト時のセンターを基本に
ものすごい傾斜で体がうまく左へ
移せない場合や 運動量が少なく
あまり体が左に移らない場合 など
自分の インパクト時の 体の真ん中は
どこなの?
 というのを把握しておく
必要は あると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ちなみに
この映像とは無関係ですが

あおり打ち をしている人は
手(腕)を使うと より深刻になる
と信じているケライがありますが
真相はその逆で
もっと 早い段階で 腕を使って
クラブを下でなく
左へスライドさせるのが
まず ファーストステップでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ