◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2010年08月


俗称「鼓笛隊打法」をトライされている方
ブログをお読みの方の お悩みの一つに
 「ヘッドを下げるな!」 「振るな!」
というのがあるでしょう

お気づきの方もいらっしゃると思いますが
実は 先日(どれかな)の記事は大きなヒントなのです

ゴルフを始められた方が
ショットをするための グリップやアドレスに
違和感を強く持たれたと思います
他のスポーツや日常にはあまりない握り・姿勢から
始める ゴルフショットは そこに大きな意味を持っています

ヘッドを下げるな!
では その反対の テークバック時にはどうしたのでしょう?
テークバックの目的の一つに
クラブの先端に付いた重量物〜ヘッドを重力に逆らい
高くし 位置エネルギーを確保する
というのがある訳ですが
他の運動等でもそうですが
上げたものは 放っておいても 下がります
わざと下げる必要はない訳です

ゴルフのショットの場合
その下がるエネルギーを
適切に 適時に ボールにぶつけてあげればいい訳で
自分から 下げに行く必要はない と断言できます


よく考えてください
アドレスには前傾姿勢が存在します

鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

そして それを絶対条件に体の向きを変える訳で
傾きを維持したままで 体の向きを変えれば
その行為だけで クラブヘッドの位置を高くしたり
低くしたり することが可能です。

多少 普段と違う 不自由な姿勢から始めても
その理由は絶大で 大幅に スウィング動作を減らし
本来ある クラブの基本性能を引き出すことの出来る
前傾姿勢と向きの変更

クラブの横の動きも概ね上下の動きも
クラブの動きの殆どを 一挙に処理出来る
この基本ルールを守ることが 大変重要なのです

腕の仕事は 言ってしまえば
その動きを阻害しないために
クラブの長さを格納収容し そして適時に開放する
その程度の役割で
アマチュアが覚える過程では
利き腕 利き肘は 簡単で重要ですが
その 真の目的をしっかりつかまないと
結局のところ 動作を覚える
自分の運動の枠の中から抜け出すことは出来ないのでは
ないでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スライスが出るのはアウトサイドインだから

そんな言葉を普通に耳にしますよね…

sample 091020 3-379フレームショット

この言葉自体が間違いを持っているのに
気付けているでしょうか・・・?
実は スウィングを構築するのに
この部分 非常に大きな要素なのです

クラブの水平な移動
単純な言葉にすれば クラブの横の動き

これを司っているのは
スライドを伴う 体の向きの変更
一般的な言葉で言えば 体の回転です

クラブの横の動きは
体の向きでしか 動かない
のが 普遍のルール だとしたら
クラブが アウトサイドから 入ったり
インサイドから 入ったり
種類が発生してしまうこと自体に
疑問を抱いて当然だと思います。

現実的には アウトやイン
色々な種類になるのは 確かなのですが
それは 体の向きの変更  →体の回転
の方法やタイミングが間違っているからで
決して 腕さばきの問題ではありません
腕 肘や手首などを使っての軌道の大きさを
変えることは可能ですが
軌道そのモノは
 腕の動きとは全く関係ない のですが…

改善しなければいけないのが 体
なのにも係らず それを別な腕の動きで
修正してしまえば 問題そのものも
そしてそれに伴い派生する別な問題も
より複雑に多岐に渡ってしまいます

よく 誤ったレッスンで
クラブは置き去りにして
まず 腰(体)を回す! 腰を切る!
の動きを 正しく実践すれば
クラブは アウトサイドイン の軌道に
なって 正しいのです
その体幹の動きをそのままで
クラブヘッド軌道をインサイドからに
変えるのには クラブを寝かし
ロフトを開き ヘッドを自分の背後に
回り込ませなければならず
ショットするための手段の一つの「軌道」
の為に ヘッドの向き ロフト
そしてフェース面とボールの関係を
より複雑にした上に
インパクトまでの時間を失い
ものすごい 瞬間的な時間の中で
軌道を創るために 出来たツケを
補わなければならなくなります

クラブの動きをシンプルにしておけば
長い棒の先に ちょっと偏重した形状の
ヘッドと言う重りが付いた物質・・クラブを
重力に逆らい 水平に動かす
一番 自然の摂理に反する行為を
大きな筋肉な上 やや鈍重な部位
脚やお尻で 行えば
非常に リピート性能の高い動作に出来ると
言うのに それを 繊細な上
小さな筋肉・・・耐疲労性能の低い部位で
行うのですから
わざと高度 というか 難易度を上げて
今日は出来ても 明日は出来ない とか
練習の始めはいいけれど 終わりになってくると
とか リピート性能が低くなるように
自分から仕向けている と言えるでしょう。

結論から言うと
クラブは ボールの内側
 ・・・自分側から入ってきます
しかし その軌道は クラブの長さ等によって
あらかじめ 決まったもので
その軌道を確立するのには
正しい 体の向きの変更方法
そして クラブを持つ腕や肘等の
動く順序によって 決まっていくものです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スピードを上げることで 飛ばそうとする
には 必ず ロフトの罠が待っている

スピードを 人為的に 上げれば 上げるほど
ロフトは開きやすくなる訳で
それにはライ角度や方向の問題と伴う

一生懸命 スピードを上げても
殆どの場合 骨折り損のくたびれ儲け になる

と 頭では 分かっている のよね

でも 結局 スピードを上げなければならない?!
 のでしょ?!

ってことは 待ち合わせの場所
 約束の時間に遅れているか

待ち合わせの場所か時間を 間違えているか
 どちらか ってことだよね

20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

まず テークアウェイ(バック)で
どうだった???

切り替えしの場所で 時間と場所は???

そこまで だいたい OK?! だったとしたら
 インパクトに向けての 場所はどう?

忘れないで欲しいのは
おおむね すべてのものが右から左に動いている最中
行う行為なのだから トップの位置から
目標にしている場所は
結果として 右にズレテいくんだよ

少し大げさに 左
合流地点を左に取っておかないと
結果的には 場所は右にずれるんだよ


そして 時間

これ 結構 忘れがちだよね
同時進行なんだけど
ヘッドも グリップも 体も
長さによる位置の差は合っても
同軸線上に同じ割合 動くんだよ
ヘッドの通る道のり グリップの通る道のり
それが 大きく 多く なっただけで
もう 合流地点には間に合わないよ

間に合わなければ 人為的に ブースト かけるしかない

そこがポイントなんじゃない?!

クラブヘッドは重さもあるし
シャフトも撓るから 遅れる よ
その 遅れを ねじれに変えない
横の遅れは そのまま 横の遅れに
ねじれに変えなければ 遅れて 縦から 入ってくるヘッドは
フェース面がボールを向いた状態で入ってくるでしょ

遅れ → ロフトの立ち というか 入射になる というか


 ほら もう一度 Kプロのビデオ 見て 
   
     ↓   ↓
  ↓   ↓
 ↓   ↓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



これは 練習日
ラフからの6番?アイアンのショットだと思います

残り170ヤード位

プロ らしい振り応え ですね

やや低い弾道で
手前ワンクッションのナイスオン です

ややスロー再生が掛かっていますが
この位の振り感 で
アマチュアの飛ばし屋 位は
行ってみたい モノですし
重いヘッドのクラブであれば可能です

クラブヘッドを下に振らず
自然に落ちてきて
遅れてくるヘッドを
縦に遅らせ
ロフトを立てられる
日本の最後のプロかもしれません

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


006


パターテストも大詰めを迎えました
トップブレードを少しぼかし気味にして
ライ角度 ロフト角度 バンス角度を
すこしセッティング変更しました

メッキも数種類の中から
検討中です

数種類のシャフトをテストした結果
このパター専用のシャフト を
作ることになりましたので
いま しばらくお待ちください

テスト用のボールに
ピナクルのゴールド
レイグランデ EXディスタンス
DDH ツアースペシャル
を使いましたが
まったく硬質感はありません

小さなストロークで
舐めるように転がるサマは
本当に独特で
ゆっくりと遠くまで転がる
同じラインをトレースする性能は
世界でも これ一本と言えるでしょう

一般的に L型パターは難しいと言われますが
やはり そこに基本が隠れているんだと思います

パターの変遷は L型から始まり
ピン型 へ となっていきますが
ヘッドをターンさせることを
容認した ピン型が
ゴルフの本質を歪めてしまったのかも
知れません

振り子式に振る人
タップ式に振る人にとっては
距離だけでなく 方向も
魔物 になってしまうかも…


オンリー刷毛塗式のみ です


007

データ的に見ても
今回の ハミングバード L型は
通常のピンタイプよりも 遥かにミスの寛容性が高く
やはり クラブヘッドにとって
重量と言うのは 本体価格 で
それ以外の 重心位置とかは
消費税 みたいなモノなんだなぁ
と実感します


思いっきり 完成の遅れの言い訳ですがね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット
例えば ですよ
ティーショットをミスって
ボールが 強烈なつま先あがりに止まっている
そして そのボールの高さは
ベルトと同じだったとします

グリーン周りのショットで
ボールはバンカーの淵に止まっていて
自分のスタンスはバンカーの中だったとします

ロフト ライの関係はちょっと逆転気味で
ロフト角度の方向に飛んじゃったり しますが
それは さておいて・・・

振り子で振りますか?
グリップを支点とした ローテーション使いますか?

ベルトの高さの傾斜に止まったショット
アドレス時の 
 自分から ヘッド(ボール)までの距離
セットした状態を基本に
腕も含めて クラブの長さを大きく変化させてしまうと
短ければ 空振り
長ければ モロに地面をヒットすることになります…


どのように打っても たくさん飛ばすことは
かなり難しいのは確かですが
この時 前傾はほとんど取らず
 腕は伸ばしっぱなし
バランスの取れる範囲で
体の向きの変更で打ちませんか?

打つ距離の加減によっても 異なるとは思いますが
基本的には いつも フルショットで行っている
上半身の捩じりや遅れなど 作らず
俗に言う バッタンとドアスウィング しませんか
正しく 骨盤で動かせているか どうかは
別として 体の向きの変更でのみ
打とうとしませんか

多少 ロフト角度分 ボールは左に飛ぶとして
クラブを遅らせて ダウン?スウィングしたり
しないんじゃないですか?!

距離はある程度 あきらめて
クラブが長くなったり 短くなったり
遅らせたり 先に生かしたりせず
まずは 確実に ボールとヘッドが
コンタクトすることを優先するんじゃありませんか?

この場面で 欲張って スピード
回転のスピードを上げたりして
失敗した経験、ありませんか

lesson 2009_10_31

   *上の写真を 前傾分 傾けてみました

その時のショット 傾斜にあるボールを打つショット
 と自分の通常のフルショット

手順は同じですか 力加減はどうですか

ダウンスウィング での 手順は同じですか

二つを比べ 自分の回転する 向きを変えるスピードで
飛ばそうとしていませんか?

腰は動かしたのに クラブは置いてきていませんか?

ダウンスウィングで タメを作ろうとしていませんか?

ヘッド重量 それが落下することが 打撃エネルギー
 本当に それを信じていますか?
その傾斜のショットに比べると 自分のアクセル加減で
 ボールの飛ぶ距離を作ろうとしていませんか?

ボールの手前は空中 ボールの先は地面
 その関係は同じなのに
アドレス時と比べ その空間の間合いや
 腕の長さも含めたクラブの長さを変えようとしていませんか?


僕の知る限り
 その傾斜でのショットと通常のショットを
ほぼ 同じ感覚で打てる人(距離の大小はともかく)は
数人いるか いないか で
刷毛塗は出来る(と自分で思っている)
でも フルショットとつながらない
フルショット出来るけど 飛ばない人 は
概ね この二つのショットは 別なモノ 別な力加減
別なスピード 別なエネルギー 別な動作 だと思いますがね


この 傾斜にあるボールを打つ ショットは
打てる最大の距離の大小を除けば 
 (重力エネルギーが使えない)
通常のフルショットとなんら変わりはないし
 この傾斜のショットには 体の向きの方法や
刷毛塗の極意 前傾の意味 など
ものすごく 多くの秘密が隠れている
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


悶絶クラブを使って 飛ばそう
ってのは 何も「脳みそ筋肉のアンちゃん」のように
筋肉が引きちぎれる程 振って 300ヤードを
目指すわけでもないし
実際 コースの下りとか打ちおろし とか
ヤーデージの逆算とか サービスヤーデージとか
除けば 平らな所で 300ヤード打つ アマチュアは
ある種 アマチュアとは呼ばないしね…

おじさんたちの目指そう ってのは
そうね ドライバーだと語弊があるから
7番アイアンで140ヤードとか 130ヤードを
誰よりも軽〜く
遼君の 1/3位の振り応え で打ってしまおう ってので
簡単に 確実に 繰り返し
まるで 人を馬鹿にしたように 打ってしまおう
っていう奴です

 スピード≠飛距離
ってのは 言ってきたけれど

もうひとつネ
これ 更に難しいよ
技術的に と言うよりは
人間の欲求っていうか
飛ばしたい って気持ちと
真逆な行為だからね

20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット

タイトルにも書いたけれど
ヘッド(先端) とグリップエンド(後端)の
運動量を同じにすること

縦にも 横にも
クラブの長さ分の差はともかく
決して その長さで起こる差 以上の
運動量をヘッドにもたらしてはいけない!

横方向のイメージは割に付きやすい
と思うけれど
縦方向のイメージは難しいでしょ

クラブを縦にスライドさせる
これ 出来れば 完成みたいなもんだし・・・

特に縦の制御が難しいのは
より一層 視覚情報と脳内イメージに差があるからで
縦にスライドさせても
実際にボールを打てば
ヘッド部の方がたくさん動いて 

出来かかっている人にとっては
このトリックは簡単に見破れるんだけど
現在 ダフリまくり
上がりまくり 当たらない
クラブが重〜い を体験中の方にとっては
Mr.マリックさんだよね

ここも 実は クラブを腕 右ひじで
先に動かす感覚が重要になってくるんだけど
それを乗り越えても ヘッドを縦に
シャフトを縦に振ってしまう人にとっては
難しいんだよね

その 俗に言うキャスティングの動き
よ〜く考えると 対処法 あるでしょ?
ヘッドを シャフトを縦に振るのなら
グリップを下げれば いいジャン?!

クラブは構造上 自分の方に鎌首をもたげているんだから
クラブヘッドの重さは クラブ全体を下に
動かす形状・・・
ヘッドや シャフトを縦に動かす形状じゃ ない!

その形状を利用して
そして 動かす順番 を考えれば
先に 右ひじを動かす つもり(程度)であれば
左にグリップを送る動きは = 下方向も伴う でしょ
先に行えば! ね
まだ 体が右を向いているうちに 動かし始めれば
→左 は ある種 →下(斜め)



更にね 良く頭を整理して貰いたいんだけど
前傾姿勢&体の向きの変更
これが 正しく保たれ 行われていれば
右向き → 正面向き
これだけの動きで グリップの位置
手の位置は下がる?? 低くなる訳じゃないですか…
クラブの重さ、ヘッドの重さ、そしてその形状
が加われば 下方向には
逆らわない限り プラスアルファで より下がるんでしょ

ヘッドを下げてしまったら
手は グリップは下げられないよ

ヘッドを下げてしまえば
まず 間違いなく 前傾姿勢は失うよ

そこ よく頭を整理しようよ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

軸足を作る・・・

直立脚を作る・・・

この行為は同時に

骨盤と大腿骨(軸足の)を切り離す行為

でも あるのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ゴルフやスウィングに限らず
色々な事柄は 結果や表面のことの方が
当然 話題になりやすい

クラブだって 中身はほとんど無視され
お店でヘッドを上にして 売る時のため のみに
装飾が施され 視覚に訴えたり
インパクトの是非に限らず インパクト音などの
聴覚に訴える ことが今や主流である

オンプレーンスウィング理論と同じで
始めから アマチュアは正しく動かせない
それを 前提として 展開しているから
本当のクラブの機能、そしてそれを発揮させる方法よりも
正しくない使い方で 如何にゴルフをさせるか
という 商品が店頭に並ぶ
ある側面からすれば うまく使えないことを前提にする
クラブがあることは 決して悪いことではないけれど
それが メインストリーム と言うのは 少し寂しい…


ゴルフクラブだけに限らず
ボールがどのように飛ぶか 曲がるか 止まるか
確かに ゴルフの醍醐味はそこにある と言えるが
何でも ボールに近いところ
クラブに近いところで 解決しようとするのは
如何なものか・・・

ボールから一番離れた体の部位 脚

動きも鈍重な上に
効果もじんわりだし 退屈な動作 とも言える
クラブやボールも含め
上に乗っているモノ、すべての土台
上のものをすべて支えている動き
だから 上の動きがアンバランスであっても
それを 上手に下支えするだろう。

アクションと言う意味では
脚の微妙な動き と言うよりは
蹴り一発 と言うイメージが
脚の役割っぽいのかも知れない

そんなニュアンスやイメージがあるから
まったく動かさないことを良しとするか
非常にアクティブに動かすか
 
その どちらかなんだろう


正しい 脚の動きは そのどちらでもなく

ゆるりと動く




これから 出てくるであろう
股関節 と言う言葉があるけれど
人間の意志で 股関節その物を動かす訳では無く
左右の 大腿部(大たい骨) と 骨盤
の動き、そしてその差異 によって
股関節は稼働するので
動きとして 如何に 大腿部と骨盤を切り離せるか
という 地味で 退屈な動作が重要になる



そして それが 

ゴルフクラブを水平に動かす

唯一の運動だと 言う認識を

片時も忘れないで欲しい


この動作は 何か別なもので
代替えすることも出来ないし
大きな部位がゆえに
ごまかしや飾りが使えず
地道に 刷り込んで覚えるしか
無いのかもしれない
 ただ 人間の防衛本能に直結している部分でも
あるので それを 有効に使う手もあるだろう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

001


微妙な 色合いの違いが判るでしょうか…

現在は テスト用のシャフト装着です

003

 上がコバルト、下がWニッケル です


9月頭に コーステスト実施します

004

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ