◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2010年07月

刷毛塗りのドリル というのがあります。
ドリルとは名ばかりで クラブ扱いが理解出来て来ると
これが ゴルフショットそのもの
あの大きなショットを凝縮したのが
刷毛塗りのドリル
だと分ってくると思います

20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット

間違った練習方法で
この刷毛塗りのドリルの動きを
一生懸命追いかけている方がいらっしゃいますが
正直に言えば 動きは二の次 三の次

ブログ等で文章で
コツっぽく お伝えするのに
動き みたいなモノを言葉で解説しているだけで
問題なのは ボールを捕まえる こと

このボールを捕まえるコトが
ショットの始まり
であり
ショットの終り
でもあります

一般的に ドライバーが飛ばない とか
スライスするとか 引っ掛かるとか
曲がる 方向のミス
アプローチが寄らない 止まらない


これらのミスの殆んどは
ボールを捕まえられない事から
派生しています

捕まらない事を
捕まえられない事を
別な事で補い
それによって ミスが拡大 複雑化している
と言う事を認識して下さい

ボールを捕まえるコト
そのモノは非常に簡単で 単純です


言葉で言いかえれば
捕まえる
と同意語・・・類似語なのは
逃げ道を断つコト です

そう ボールは球体です
球体ですし 軟質な素材ですから
何かの圧力が掛かった時に
あらゆる方向に逃げ場を探します
その逃げ場が
飛び出る高さの高低は度外視し
自分の打ちたい方向だけ
しか なければ
ボールは捕まり
ボールは飛び出ます
逃げ場があれば 球体という形状が
発揮され
逃げ場がなければ 軟質という素材が
発揮されるんです

一般的に考えられている
ヘッドをターンする方法の場合、
もしも ものすごい ゆっくり
ヘッドスピード 0.5ms で行うと
ボールは飛球線ではなく
クラブのトゥ側の外に逃げていきます

しかも 立体で考えると
クラブにはロフト角度が存在しますから
当然 圧力を受けたボールは
その坂道へと 逃げていく訳です
多くの方が アイアンフェースの形状
トゥ側が高くなっているのは
その逃げ場と大きく関連していると
思っている、でしょうが
実はまったく それとは無関係です!

ヘッドターン フェースターンと言う方法論で
ボールを捕まえる疑似体験をするのには
相当な高速な動きが必要になります
ですから いま 皆さんの目の前の打席で
汗をブン流しながら
距離に見合わない 運動を何万球も
繰り返すことになるのです

ゴルフクラブ ゴルフショットは
立体的なモノで それに時間経過が伴います
総じて 横の動き 左右の曲がり なんかを
意識すると その結果は
横の動きは成功しても 縦のミスになって
高さのミスやその結果の距離のミス
と言うように 縦をすると横が…
横をすると縦が…
意地悪な程 必ず 別なベクトルに問題が発生します

その原因になっているのが
捕まえるコト

刷毛塗りドリル そのモノでは有りませんが
もう一度これを見てご確認下さい

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なんとか打法とか なんとかスウィングプレーンとか
一応 僕も研究します
良いと思う事は何でも取り入れます

ohigas217

が クラブの構造を無視するなよ

例えば 縦のプレーンと横のプレーン
二つのプレーンを合わせていく 打法・・・
まったく 新しいって書いてあったけど
そんなの 昔から言われているよね

兎も角 理屈は理解出来るけど
クラブは その二つのプレーンの合算を
簡単には許しくれないよ
この二つを掛け合わせると
予期しない 想定しない事態が起こり
クラブが寝て 右サイドが下がり
結局 フェースターンしない限り
スライスと ダフリの 佃煮だよ・・・

車の運転だって ここに来たらハンドルを切って
ここに来たらアクセルを踏む
って言ったって 車の特性や路面状態
その時のスピードなんかもあって
運転する人の意思よりも 物理状況がまず第一
車って横に動くようには出来ていないし
ブレーキを踏んだって すぐ止まる訳じゃない

クラブの構造差 や 個体差は除いて クラブの基本特性を
考えていないと どんな理論も
単に 空想の中だけの バーチャルなショット、スウィング

クラブは 先端に重量が集中している上に左右非対称
特にヘッドは 水平方向の右側に重さが集中していて
水平に動かす時に 右側に偏重した重さが
色々な作用を生み出す・・・
縦に振りながら 横に動いたら
爆撃機が爆弾投下をするみたいに
自分よりも右側、クラブの場合はよりいっそう右側に
落ちちゃうけど そこのところが一番のカギでしょ
そこは きっと 教えてくれない というか
教えられないんだよね 練習と感覚で掴んだ理論だから。

横の動きに縦の動きを加えたら
単なる横の動きよりも ヘッドの移動距離は大きくなるから
より遅れてしまい よりヘッドの右に偏重した特性が
悪い意味で発揮されちゃうけど
そんなのは テクで解決してね〜
 って そこが味噌なのにね。


どうして 西洋的発想で
クラブを従属させようと言うか
こなそうとしよう と言うか
手なずけようとするんだろうか

先人たちは 素人でも 簡単にゴルフが出来るよう
力の無い人でも 簡単に遠くに飛ばせるように
クラブの全体構造やヘッドの構造を
考えてくれたんだから それと仲良くというか
上手に共存共栄すれば いいのにね

どの理論も クラブの違いや特性、構造を無視して
自分がこう動け とか クラブをこう動かせ
という 人間本位な考え方で 好きになれない

クラブを動かすと発生する不可抗力
重力や遠心力など 量や方向はまちまちだよね
それによって 結局 人間は動かさせられている訳で
自分はこうしたい! って思っても
その不可抗力の為に 結果 こうなっちゃう・・・

だったら クラブの構造 不可抗力なんかを
良く理解して 上手く行かない不可抗力 じゃなくて
上手く打たされちゃう 不可抗力を考えればいいじゃん

モノを使って モノを引っ叩き モノを飛ばす
でも そのモノを単に モノ って考えてしまい
まるで モノであるゴルフクラブは 自分にとって
家来か 奴隷か 召使いだと  イヤそれ以下だと
考えているようにも見える・・・

人間中心に考えるんじゃなくて
全ての摂理の中の ワンピースとして 人間がいるんだから
上手に モノも尊重し 上手に共栄していく
それが ゴルフをたしなむ ってことじゃないのかなぁ〜

西洋的には 自然も人間が管理、コントロールする
そんな感覚なんだと思う
家畜 なんかは 人間に食べられるために
存在していると感じているんじゃないかなぁ〜
だから 絶滅等の問題は別にして
クジラやイルカは尊くて 牛や豚は尊くない
そんな感覚なんじゃないのだろうか 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

既に 「新悶絶系」を数本お持ちで 追加購入される際
アイアンは問題ないのですが

ドライバーヘッドの選択は一考必要です


取りあえず 得意なところで 選んでみましたが

ドライバー選択では どのロフトを選ぶか が

非常に大きな選択のファクターです。

柔らかいシャフト 重いヘッドのドライバーを使うと

人によっては えらく弾道が下がる場合があります

重さ 柔らかさが ヘッドの遅れになる訳で

上手に扱えるようになると

それを ロフトの立ちに変えられるようになるからです

始めは 設定のロフトに関わらず

9度や8度で有っても ハイボール スライスになってしまいますが

段々 距離や安定とともに下がってくる可能性があります

長さも 出来るだけ短く 43.544.0インチ程度に

する予定ですので

大きなロフト、例えば13度 とか 14度 の方が

上手く打てたときに低く飛び ミスった時に曲がりや方向のズレではなく

上に逃げてくれるというか ミスが 単に距離のロスになる

というメリットがある一方

上手く打てるまでの間 フェースに当たる 飛ばないテンプラの

様になってしまう例も少なくありません。

10度とか 11度 を選ぶと

逆に 始めは良いのですが 上手く打て始めると

弾道が下がり過ぎ 飛距離に結びつかず

結局 距離を稼ぐため 上げる スライスを打つ事になります

 

少ないロフトのドライバーヘッドで有れば

他にも色々選択があるのですが

重心距離長め 重い ロフトが多い

となると 時代のニーズに逆行しているので

特注で カムイ というヘッドを使わざる負えない のですが・・・

 kamui456sil

元々の弾道に比例する部分も多いのですが

お客様の中には シャフトの硬さやヘッドの重さを考慮から外し

以前 9度 → 今 13度 という方もいらっしゃいますし

15度 16度 という方も少なくありません。

 

弊社のクラブを使い慣れている方は

13〜14.5度位

初めて 新悶絶を使われる方の多くは

11.5〜14度位  でしょうか・・・

 

また 選定するロフトによっても

ヘッド重量&長さも変えるつもりです

少なめのロフトの場合  やや軽め&やや長め

 例えば 11度なら 215g の44.25インチ

     13度なら  220g の 43.75とか

そのロフトを活かせる様なセッティングにします

 

無難なところでは 12度 位だと思いますが

昔 存在した 2Wブラッシーだと思えば

13度の43.543.75インチ

使い易く しかも距離も十二分の性能を持っています

使い慣れてくれば この仕様は OB皆無が狙えます。

飛ばし屋 とは言えないかも知れませんが
人並み以上の距離を
 確実にフェアウェイヒット出来る仕様です



 

この仕様で ヘッドスピード40ms以下でも

十分 230〜250ヤードは打てると思います

ロフトがたてられるのなら 37msで十分

コンスタントに 230ヤードは打てると思います

 


また カムイ456 であれば
 ロフト角度の他に ライ角度 フェース角度
 許容範囲の中での重心位置の設定 など選択できます
 通常ですと 店主である 私のチョイス となります

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

実践経験から 離れていますから
最先端のボールについて あまり詳しくないようですが
ボールも クラブと 同じ傾向にあるようで
間違った使い方を容認し それを前提に
設計・開発されているようです

160_56949

プロも含め 多くのゴルファーのショットは
こすり打ち を大前提にしています

コスって打っても 打感が良い
という フレーズ ニュアンスは
僕には ピンとこないのですが
軽いヘッド で コスって打っても
ボールらしい ゴムらしい 音がすること
そして 表面が柔らかい事だと思います

ですから 最近のボールの表面素材には
シリコンやイラストマー、ウレタンなどの
どちらかと言うと 吸音材系のモノが多く採用され
表面だけが 歪む、そんな構造になっているんだと思います

「新悶絶系」のクラブをお使いの方には
硬い 旧世代 のボールの方が好評なようです。

僕個人も 柔らかく感じるボールは
重くて 疲れる というか 後半に
ドヨ〜ンと疲労が溜まってくるので
球離れの早い、離れの良いボールの方を好みます

よく ウエッヂやパターの為に
ソフトなボールが良いと言われますが
巷に有るボールは
 「ソフトフィーリング」
なボールで ハッキリとソフトなボール とは
どこにもうたっていませんし
しっかりとしたヘッド重量のある
  ウエッヂやパターで有れば
俗に言う お土産系の ピナクル や スポルディング
何てボールでも 十分 ソフトですし
スピンも タッチも 十分満足出来ます

新悶絶系のお客様には
 レイグランデ WF432 や
 DDH ツアースペシャル
 プリセプト EX ディスタンス の
ハード系な 廉価ボールが人気があるようです

投稿レポートにも有りましたが
上手に「新悶絶系」を使えるようになってくると
フルショットだけに限らず アプローチやパターでも
あまり ボールの感触 がハッキリしなくなってくるので
特に 高額な ソフトフィーリング のボールの
必要性は無いのではないでしょうか
表面が柔らかく その表面だけを
こすり潰すのではなく ツーピース以上であれば
芯になっている コアを潰すイメージを持って頂くと
良いかと思います

ボールは 弾道の高さ・スピン量 に応じて
選ぶことが重要です
単純に ディンプルが深い 多い など
表面積の多くなるモノの方が 浮遊力は高く
弾道が低めになりがちな人や
フックボールが恐い人にとっては有効です。
逆に 弾道が高く スライスの多い人には
表面積が少なくなるモノの方が良いと思います

ともかく キープして頂きたいのは
有る程度 新しいボールを使うコト
 ☆ボールの賞味?期限は半年程度です
無くならないからと ひとつのボールでプレーし続けないコト
 ☆ひとつのボールでプレー出来るのは
 本来は6ホール迄 プロは3ホールに1個以下です
 出来れば1ラウンド使ったボールは以降使わないコト
値段に関係なく 同じボールを使い続けるコト

 正直 ひとつのボールの単価は200円まで で十分です
それ以上 高額なモノは 殆んどの場合
 その 価格そのモノがセールスポイント であり
メーカーにとって ボールは ドル箱
開発費 宣伝広告費 を 除けば
プロの契約料の殆んどは ボールから捻出しています
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

かつて こんな実験をしたことがある

アイアンのヘッド重量を同じにして
同じシャフト 同じグリップ 同じ長さ 同じ硬さで
5番アイアンから サンドウエッヂまで打ってみた

どうなると思います?

多くの人は クラブが長くなる=スピードが速くなる
 だから 飛ぶ
という発想ですから 通常よりも長くなったクラブ
9番とか ウエッヂとかの距離が伸び
番手間の差が無くなってしまうと思うでしょ?!

答えはNO!

元の長さとの距離 それぞれの番手の距離は
殆んど変わらず 5番とか6番の
元の長さよりも短くなったモノは
より上がらなくなり 結局ランも増えるから 同じ距離
ウエッヂとか 元の長さより長くなったモノは
より ボールが高くなり 道のりは増えるけど
距離自体に変化は殆んど無い

BlogPaint

これが 多くの人の 飛ばない原因 と
かなり似た状態になるのだと思う

ロフトを寝かした状態でボールを打つ
 飛ばない →
→スピードを上げる
→気分は 上げた分 飛ぶような気になる
→結果は 高さやスピンが増えるだけで
 場合によっては スライスと言う横に逃げる要素が
 加わるので より飛ばない

何度も言うけれど ゴルフクラブ は
ロフトの寝た状態で 右から左に動くのを苦手をしている
11度クラブを15度にして 更に加速すると
何か処置しない限り 更にロフトは増える

スピードを上げても 上げた分 ロフトが増えるので
増加した分のエネルギーは スピンと高さに化けてしまう

ロフトをそれ以上増えないような処置
 テクニックを使ったとしても
増やしたスピード分 距離には転嫁せず
やっぱり スピンと高さへのエネルギー変換の方が多い

低ければ良い と言う訳ではないけれど・・・
 本田選手の無回転ボールって訳じゃないけれど・・・
スピンはある程度 必要だけれど・・・
必要以上のスピンはブレーキと同じ

車で言えば サイドブレーキを引きながら
アクセルを踏んでいるのと 同じ状況になってしまう

ロフトが寝た状態 というのは
概ね クラブが長くなり クラブが重くなる状況
その状態で スピードを上げれば
必要以上に クラブが重くなり
その結果 力まなければ ボールまでたどり着かない・・・

しつこいようだけど そろそろ スピード = 距離
 と言うほど 単純じゃないって分ってくれないかなぁ〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アイアン ショットはダウンブローだと言われます

ダウンブローなんて言葉 ゴルフ以外であまり使われませんから
何となく把握し難いモノです
僕個人のイメージ、言葉のイメージは
ブロー と言う言葉はボクシングを連想させます。

アイアンはダウンブロー
ウッド(FW)はレベルブロー 
ドライバーはアッパーブロー


そんな風に認識しているゴルファーも少なくないでしょう

半分 正しく、 半分間違っているでしょうか

言葉 と言う事になれば
・・・に見える というのが欠けている と思います

sample 2009_09_29_23_49_15-1481フレームショット

クラブを扱う側の感覚としては
すべて 一緒・・・
クラブによる 動きの違いはありません

これは クラブのロフトの違いによる見え方
その違いと同じで 「結果として」 そう見えるのであって
それをなぞる必要は一切ありません。
同じにしても クラブの違いによって 異なるのですから。

同じ方法をとっても クラブの長さによって
長いものほど 大きな弧 になりますから
緩やかな入射になるでしょうし
短いクラブほど キツイ入射になるでしょう

長さの違いは有れど
トップオブザスウィングの位置での
クラブヘッドの一番高くなるところは似たようなモノで
どの道 そこから ボールに入ってくるのには
上から入ってくるしかありません
sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

ティーアップ分 フェアウェイウッドよりも
ボールを左に置き 数センチ宙に浮いているドライバーの
場合、結果として アッパーになりかけのところで
ボールがヘッドとコンタクトするのは
クラブの長さとボールの立体的な位置によって起こるのであって
扱う方の人が それを意識する必要はありません。

sample 2009_09_29_23_01_02-516フレームショット

自分で行う意識と アイアンをダウンブローにする意識が
ヘッドの入射の仕方を手で扱う感覚を持たせるのだと思います

ゴルフクラブは上から入ってくるのは
前傾姿勢 & 体の向きの変更 の産物で
右を向いている = 右側が高い
ボールを打つ → 概ね 体の正面

と言う事より ボールを打つまでは

ボールを打つ直前までは 体は右を向いている

と言う事から ヘッドは上から入ってくる

というのが ダウンブローの基本


言葉の持つニュアンスが 何となく
手さばき 腕さばきで クラブヘッドを上から
入れて来るのだ・・・ 直線までクラブを溜め
一気に解放するから とか
ヘッドを下に振るから ダウンブロー みたいな
勘違いを作り出しているのだと思います

クラブヘッドの入射 や 軌道は
体のそのモノの動き によって作られる訳で
クラブによる違いは クラブによる違い ですから
何ら 肩から先でする必要が無いのです

そうですね ゴルフスウィングの大きなミスの原因の一つに
スウィングプレーン 軌道が 斜めに円を描く
それは 手や腕の動き だと勘違いしている
事かも知れません。
この斜めの円弧 は 前傾していることと
それを維持し 体の向きを変える という
至極 シンプルな動きによって 作られるだけです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スタンスの向きを勘違いされている方が少なく有りません
勿論 スタンス アドレスの向きは
その方向に打ちたい という意思表示で
それを全うする クラブ扱い スウィングが無いと
あまり意味のないモノになってしまいますから
しっかり 方向はなにで作るのか
体なのか 腕さばきをを使ったフェース なのか
自分を把握しておく必要が有るでしょう
125
多くのゴルファーは スタンスの作る 方向線を
つま先にしていますが それは間違いです

つま先は 人によって 左右それぞれ 色々な開き方があります
概ね 左足のつま先を方を多く開いていると思いますから
その状態で つま先をターゲットラインと平行にすると
体全体は 微妙に右を向いた状態となります

スタンスの向きを打つ方向 と決めるのであれば
必ず かかと 両かかとラインを揃えるように心掛けましょう
それぞれの つま先の開き具合は それぞれで良いと思います

つま先の向きは結果として 双方の膝の動きに
影響を与えますので 考慮の余地あり ではありますが
打つべき方向 が確定しているコトが優先です

左のつま先の方を多く開くのであれば
両つま先ラインは やや左を向いていて正解です

ゴルフの成熟度の目安のひとつとして
アドレス スタンスラインが 右を向いているか
それとも 左を向いているか 有りますが
出来るだけ ターゲットライン ターゲットよりも
やや左を向いている習慣を練習しましょう

コースに出て 疲労してきたり 高揚、緊張してくると
無意識のうちに 体のライン そのモノを 目標に向ける
そんな本能?が働く様ですから
練習場での習慣や 家の中でのセットアップなどの練習で
習慣付けて置く上で やや左を向く と言うのは如何でしょう?

ベテラン選手になってくると 肉体の疲労変化に応じて
微妙に左足のつま先の 開き具合 閉じ具合を変えて
対応しているようです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

6月某日、千葉県のゴルフ場でプレーしてきました。

当日はとてもよい天気で気持ちも高鳴りさてスタートです。

プレー前日、ハミングさんにお邪魔し、魅惑のアイアンとドライバー打たせてもらいました。

「重たきこと、やわらかきこと」とはこれほど楽勝なことなのか!!と楽しい時間を過ごしたのですが・・・

 

そこで店長さんの不吉な一言(予言?)

「そんなの打って明日のプレー大丈夫?? アイアン当たらなくなるかもよ??」

ついでにおまけに

「そのドライバー貸してあげようか・・でもアイアンぼろぼろになるかも??」

 住んでる所が寒く、冬場練習してないから大丈夫ですよ と答えたのですが

・・・果たして結果はいかに。

 pc

 不吉な予言どおりの結果となりました。

 ドライバーはティーアップという天使のゾーンがあるため、ハミングドライバーは楽勝なのですがアイアンは・・・

 届かない・・・先っちょだけ・・・欲求不満・・・ウーム

 ダフリとトップは表裏一体。どちらか一方でなく襲い掛かってきます。

もうこうなると後は野となれ山となれ。ハミングパターのおかげでグリーン上は楽しいのですがもう少しアイアン当たればなー・・・と思う今日この頃です。

最近のブログで確信に迫るような記事が目立ちますが、暖かくなるこれからの季節怠け者一筋、怠け者打法習得のために日夜研究、練習します。

ハミングさんにお世話になり早2年ですが、ゴルフが楽しくなりました。

この場をお借りして申し上げます。ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

数年ぶりに 雑誌の新商品テスト シャフト編を
やってみる…

弊社の取り扱い商品
ちょっとエグイのになるのと
 ドライバー 43.5インチで 15☆cpm なんてのも
ある訳で 
そのテストで使われるドライバーは
皆45インチ以上 46.5インチ!なんてのも あった

試し打ち前に データを計測する。
長さを無視しても 振動数の幅が大きく
Rシャフトで 220cpm というのも あれば
255cpmなんてのもある訳で
同じシャフトじゃないから 数値そのままとは言えないけれど
流石に 30cpmの差は ツーフレックス以上違う感じがする筈
で ブランドや作り なんかで
ハードタイプっぽい 方がシャフトが柔らかく
おじさん向けっぽい方が硬かったりするから タチが悪いなぁ。


f_lineup_img05


総重量しか分らないけれど
シャフト重量やグリップ重量より換算していくと
45インチで 195g位
46.5インチクラスだと 180g後半だろう・・・

感じ?! 感じですか
100cpm 近くも硬くて
硬い方のクラブが20gも軽いヘッドが装着されている
そんな状態では ゴルフクラブと言うより
ヘッドの付いていない棒を振っているような感じで
ヘッドが無い(感じ)、だから シャフト感なんて
全然 分らな〜い。 全く 分らな〜い。

動いていないモノの
特徴なんて
死んでいる人の特徴を探るっていうか
置いてあるだけの車の特性を
表現しろ! って言われてもなぁ…

ボールがヘッドと フェース面と当たるまでに
15球以上掛かるほど…

打った感触?!

ボールが石というか
石膏の塊を打っているような
なんとも言えず 面白味がない
非常に 無機質な感じがする

ボールの質量に負けて
インパクト時に クラブや ヘッドの動きが
一瞬止まっている感じがする・・・

完璧に質量負けしている。

ad105115g





反対の感覚で有れば
ハミングバードのドライバーは軟体動物というか
液体のシャフト みたいな感覚なんだろうか。ねぇ・・・

僕は乱視のガチャ目なんだけど この色合いは酷いなぁ…
色のセンス 色の組み合わせも 年々酷くなってくるような
年々 組み合わせに無理が生じて来るような

なんだか 愚か者の証 みたいな感じがするし

この ハチャメチャな色って 安っぽくって
ゴルフをするのに 貧乏っぽい感じがしてしまうけれど
なんで こんな色にするのかねぇ


最近のシャフトは 先端が重く 先端に繊維の量が多い
軽いヘッドでも バランスが出るようになっている

それに比べ グリップ付近のテーパー感が消えている

前者が アイアンがスチールを全盛で
スチールとのヘッドバランス感の統一と言う意味であるし
安っぽい繊維を量でカバーしている 一石二鳥
 あ 勿論ユーザーでなく メーカーにとってね

でも 後者の理由・・・ 良く分らないなぁ〜
手をこねて使うのに 右が太いのは良いけど
ずん胴のニュアンスは 右が太い じゃなくて
左が細い・・・  双方になんのメリットも無いと思うけど。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

数年振りに男子トーナメントを見てみました・・・

場末の たかがゴルフショップの親父がこんな事を言うのも
おこがましいのですが
アマチュアとして 参考になるという目では
かなり レベルは低く感じます。

確かに スコアや飛距離に関しては
プロのトーナメントレベル なのかも知れませんが
こと ゴルフスウィング  クラブ扱い においては
単に 素人の延長線上にいるような・・・
なにひとつ 参考になるところはない気がします。

弾道だって ただ遠くに飛ぶだけで
(そりゃ それで凄い というか
 あんな こすり打ちで飛ぶってところが余計…)
プロ! って球筋でも無いし。。。

そりゃ こっちはおじさん真っ只中だから
そんな距離打てない! 
だから 言う訳じゃないけれど
こんな 打ち方してたら
雨後のタケノコのように 日替わり優勝選手ばかり
体に負荷を掛ける使い方の上
確率が悪いから
練習量 球数 で勝負するしかない・・・

そして 練習すれば するほど 体は痛み
矛盾の罠にハマるから 選手寿命は縮まる

サッカーやラグビーみたいに 接触プレーが有る訳でも
テニスやバスケみたいにダイナミックに動いている訳でも
無いのに 25歳過ぎると 故障だらけの体になり
35歳を超えた選手は ほんの少ししかいない

勿論 プロの競技は スコアのみの競技で
スウィングや クラブ扱いの評価点なんてモノはないけれど
それにしたって あまりに素人過ぎると思うけど・・・

殆んどの選手が どスライスを打つような方法で
ショットを打っているように見えるのだけれど・・・

12_2_0

40個のトーナメントで 40人の優勝者・・・
そんな状態が続けば プロの興行としてのゴルフは
アメリカですら 立ち行かなくなる
今はまだ ヒールになりつつあるタイガーがいるけれど
タイガーが引退すると 選手の名前も覚えきれなくなる
今ですら この5年の4大メジャーの優勝者が覚えられないのに
この状態が続けば 覚える気も無くなってしまう
群雄割拠 って感じでもないしねェ〜

今のスポーツ界 経済界は残酷なまでに
利益追従型だから タイガーが去り
主力になる選手もいなくなり
客を集められる要素が減り 視聴率も落ちれば
潮が引くように 手を引いてしまうのは
目に見える訳で
そんな中で ゴルフが活況になるのには
素人のおじさん、おばさんでも より楽しく出来る
見る ではなく やるスポーツの道を
しっかり作り上げる事だと思うけどねぇ〜
その上で お手本になる素材ってのは
やっぱり 活躍するプロ選手であって欲しい けれど。
この選手の メソッドを覚えれば
より簡単に
より遠くへ
より確実に
そして 長い年月 体も痛めず 楽しめる

ほら 僕は60歳になっても こんなでしょ?! って



ゴルフの場合 マッチョってのもナンだし
元々スポーツ選手として中途半端な位置づけのゴルフが
肉体を酷使するゲームに展開してしまったら
ゴルフとしての 娯楽 スポーツの価値は
あまり無くなってしまうと思うけれど・・・

ゴルフだけに限らず 世の中全体が
弱者… ゴルフの場合 高齢者や体力に自信の無い人
を 対象外にしているような気がする。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ハンデイキャップや経験、年齢にかかわらず
9割を超えるゴルファーのショットは
意図的な引っかけ を狙っている
最近では プロゴルファーの大半もそうである

本来のターゲットよりも
やや右を向き

そう体のラインは 本来 ターゲットに対し
平行であるべき なんだけど
多くの人は 体そのモノをターゲットに向けている

→ それでは クラブの目標は
ターゲットよりも右になってしまう

 ってのは 既に知っているよね?!

BlogPaint

手を返して シャフトを捻じり戻して 撓り戻して
ボールを捕まえるとなると 引っかけになる

引っかけは本来 間違ったショット である

そのミスショットを狙って打っているんだから
ゴルフクラブが機能しないのは 当たり前 なんじゃない

打ってみないと インパクトロフトも
インパクトライ(向き) そしてヘッドの高さも
不確定な ヘッドぐりぐり打法で打っている限り
フェースターンさせ ある程度目標に行かせるのには
体を開かなければならない

そうすると 靴の並びから 体の肩のラインまで
上下の向きも 左右の向きの かなりの種類になる
体を捻じって使えば
上半身の中にも 向きの種類が生まれてしまう

でも 始めから それを目標にしているんでしょ?!

ターゲット
アドレスの体の向き
スタンス

それらはすべて
クラブがアドレスの近似値の状態
体の部位で言うと 腕の長さ 左右の腕の長さが
同じような状態・・・
ボールに正対した状態
それが基本になって ターゲット設定する
のだから

始めから 向きも距離も適当になるように
 ワザとやっているのなら
アドレスなんて スタンスなんて 
さしたる意味を持たない  いえ要らないと
言っているのと 全く同じである

100m走で ゴールに向かって
スタートラインに立ち 構えているのに
いきなり 違う方向に向かって
目隠しで走りだし いつかゴールのテープを切るだろう
沢山 練習すれば ゴールの方向に
行けるんじゃないか とやっているようなモノでしょ?!

いい加減辞めるか あきらめなさいよ

打つ距離も毎回 バラバラ
当たりそのモノも毎回 バラバラ
方向も毎回 バラバラ
球筋なんて 打った球に聞いてくれ


そりゃ それを目標にやっているんだから
その目標は 既に達成してるじゃない
それ以上 なにを望むと言うの?

全てのコトが 重なるのは 殆んど偶然
そんな確率でしか 望みの距離 方向 弾道
は出ない ような打ち方を 自分のゴールとして
やっているんだから 自分の運動能力が落ちたら
練習量が落ちたら あきらめるしかないでしょ?!

距離をあきらめて 手を返さず
開いたまま 打つ
スコアの為に 間違った方法すら
あきらめて・・・

そんなのまだまだ解決出来るよ
想像すれば 分ると思うけれど
曲芸のような難しい事だから
あきらめるのであって
簡単な方法であれば…

確かに 長い年月や球数を
費やして築いた 砂の城だけど
それを捨て去る気持ち「さえ」あれば
ゴルフクラブって
誰でも簡単に
ゴルフが出来るようにするための
道具だから

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

多くのゴルファーは シャフトを
撓らして 撓り戻して打つ を思っている

ブログなんかを見ても シャフトのしならせ方 とか
撓り戻し方 など 記述しているし
YOUTUBEなんかにも 実践講座なんかが出て来る

何週間前かの記事でも書いたけれど
すべての動き、運動には時間が存在する
何かだけ速く時間が流れ 何かだけ遅くなることなど
ある筈も無いし
モノには 作用・反作用みたいなモノも存在する

柔らかいシャフトを手にすると
多くの人が 横にシャフトをブルブルと
撓らせ 撓り戻して みたいな動きをするけれど
その動きを 実際のゴルフショットに当てはめてみる
上手く行かない事を痛感する筈だ

打たない時の その横ビンタ運動は
手元の位置が止まっているし
実際のスウィングでは もっと大きな運動になるから
クラブヘッドやクラブの作り出す遠心力等の不可抗力も
その動きとは大きく異なってしまう

20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット

しなって 撓り戻る
その 撓り戻る にも幾ばくかの時間が必要なのだけれど
その幾ばくかの時間の間 手元やグリップエンドは
どうなっているのだろう・・・
止まっているのだろうか・・・

ボールを打つ間際までは
体の向きの変更やシフトなどで
全体が 右から左への動きの最中である

それを止めるべきなのだろうか

撓り戻し をすると クラブがシャフトの延長線上に
膨らむような 遠心力が掛かる
クラブは シャフトの横への運動の最中も
下方向に重力の力も掛かっているから
無造作な 自分の管理下ではない 撓り戻し の動きには
遠心力と重力等の不可抗力が増大する

ましてや 撓り戻しの動きは
ロフトを増やしていく方向への動き だから
例え スピードが増したとしても
ロフトによって エネルギーは距離よりも
高さやスピードへと変換されてしまうし
ロフトが増える と言う事は 同じ分量だけ
バンス角度も増える訳だから
ソールに奥行きのあるフェアウェイウッドなんかは
ショットの難易度が高くなると言えるだろう

勘違いしないで貰いたいのだけれど
しなり と 捻じれは 別なモノで
捻じれ 捻じり戻し の場合
フェースは 左を向くのであって
ロフトが立つのとは違う
まして ロフトが立つのは 打ってから
 後であるから 
ロフトの立つ場面をインパクトに設定したら
ボールは左にしか飛ばなくなってしまう

遼君なんかも そうでけれど
撓り戻して 捻じり戻して
ロフトを絞めて でもフェースを左に向け
そして体は開いて その分を相殺する
それが 現在主流な打撃方法 だそうだ 

 では 聞くけれど 
ナンの為の ロフト 何の為のアドレス だったの?
基本的なアドレスは 自分の打つ 目標の方向に平行に
セットアップする と誰もがいうけれど
フェースの向きを 自分の体と関係なく
左右に動かし 自分もアドレスとは関係のない
インパクトでの向き を作るのであれば
アドレスの向きの重要性はなにも無いと思うけれど…

RIMG0029-thumb-560x420








スピードUPのイメージで 撓り戻し をしていても
実際には 手元の運動 グリップエンドの移動を
減速 もしくは停止しないと 撓り戻しは発生しないから
結果として スピードUPしているとは限らない と思う

自分が減速するから ヘッドスピードとの
運動差が発生する・・・ 故 ヘッドスピードが上がったような
気がするだけの 気のせい加速 と言っても
間違いではないと思う

シャフトのしなり そして 撓り戻し では
クラブの長さ変化も激しいし
シャフトは撓り戻り よりも その後の跳ね上げの
動きが速いので ヘッドのボトムも本当に一点になって
しまうから 一瞬だけ 一番低くなるところに
毎度毎度 インパクトを持って来なければならない

文章にしてみると 不可能に近い世界だと思う

そして その成功の産物は
距離の増大ではなく 高さ スピンの増大になるだけ
こんな 動きを追いかけて 何か得られるのだろうか
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長こんにちは。

質問があります。グリップのことですが、左手親指の付け根に右手親指の付け根を

合わせますが、どうしてもこの形が維持できません。インパクト前後で、 重なり

合いがほどけて右手がきつくスナップします。

 

フィニッシュまでグリップの一体感を維持する方策をご教示頂きたく・・



IMG_0001
 

 グリップの問題は重要です

重要ではありますが 実は始まりでもあり 答えでもあります

多分、多分ですが アドレスの時にセットした

左右のグリップが 打っている最中や 打ち終わった後に

何かの原因で変わってしまっている というニュアンスだと思います。

 

ここは 理想的なグリップ を理解した上で

頭に入れておいて   いったん箱にしまっておいて良いと思います

グリップは 必ず 自分の必要な事 や やりたい事が

形となって表れてくるモノです

 

多分 アドレス時では クラブを両手で挟む

そして それを体の向きの変更で横に移動させる

脚さばきで クラブを動かそう!

そんなイメージで始めているんだと思いますが

実際には 手や腕 肩回り で クラブを横に動かしたり

縦の円を描こうとしている ので

結果として 挟んでグリップしていては

クラブがすっぽ抜けてしまいます

 

質問の中にも スナップ という言葉が出て来ていますが

スナップ してはいけない では無くて

なぜ スナップしなければ打てないのか

なぜ スナップが必要なのか

を追い詰めていかない限り

形だけを追求することになってしまいます。

 

グリップの完成は

大義ではスウィングの完成

といっても 間違いではないほど

重要かつ 時間が掛かります

 

あせらず スナップしてしまう前に

何か 余計なアクションをしていないか もしくは

しなければいけない約束事をスキップしていないか

順序を間違えていないか

飛ぶ事や 上手く捕まる事 それにハマっていないか

落ち着いて 自分を見つめ直すことだと思います

 

これも あくまでも推測に過ぎませんが

ダウンでの順序で 体スライド クラブスライド この

二つの順番を間違えていないでしょうか

スナップ という動きは クラブが

体に対し 右にずれた補正行為です

体の横への時間軸に対し 遅れを取り戻そう とする動きです

ズレなければ 補正も要らない

そう言った意味合いだと思います

 

あせらず ゆっくり 参りましょう。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

硬いシャフトを使っている人や
ウッドとアイアンを全く別な性格で
構成をしているゴルファーのボールの位置を見て貰いたい

今 このブログを練習場で見ているのなら
目の前の打席の人のボールの位置を見て貰いたい 

ドライバーのティーアップの高さなんかによっても違うけれど
20年前に比べると ドライバーやウッドの
シャフトの硬さは大分落ちてきている

昔で有れば Sシャフトなんか は
振動数で言えば 280〜300cpmなんかも
珍しくなかったけれど 
今では 結構ハードと呼ばれているモノでも
250〜265cpm程度である

ところが それに比べ アイアンの振動数は
スチールシャフトであれば 依然高く 
5番290〜320cpm 位
ウッドとの硬さギャップはどんどん広がっている

販売する番手構成に 3番等が排除されているので
シャフトは全般的に長くなっており
アイアンであっても 20年前に比べると 半インチ以上
長くなっている。  長くなっていると言う事は
ヘッド重量が下がっている 軽くなっているのだから
より クラブは下方向に落ちにくい
 届き難い と言うことである

sample 2009_09_15_19_47_47-197フレームショット

スウィング破壊兵器 NS950
を 
破壊兵器と呼ぶ最大の理由は
低い所に置いてある ボールを拾う
クラブにとって 最大であり 始めの一歩である
機能が 殆んど備わっていない事で
これが備わっていないと
その機能を自分で処理しなければならなくなり
その処理による副作用は あまりに多く 重大。
頭痛を解消するため 薬を飲んだら
頭痛はおさまるけれど
その副作用の為 肝機能障害 腎不全 心不全 
などになってしまうほど 深刻な事態。

話は戻るが アイアンのボールの位置
前の打席の人は 多分 真ん中よりも右
日本人は 利き目が右の人が多いから
真ん中に置いている と思っても
正確に後ろから見てあげると 相当 右
右の☆たまの前とか 右の股関節の前なんて
人も少なくないし ウエッヂなんかは
体を少し左に開いている と言うのを差し置いても
右のつま先の前 なんて人もいる筈です

極端な例ですが ドライバーを左足かかと
アイアンを右足かかと の位置にボールを置けば
スウィング ヘッド軌道を変えるだけでなく
二つは大きく リズムやタイミングも異なる訳で
スタンス幅 人によって異なるが
往復では 1メートル以上の差にあったりもするのです

ですから 例えば 他人のクラブなんかに
アドバイスを求められた場合
双方の ボールの位置の違いがどの位なのかによって
だいたい見当が付く訳です

お薦めはしませんが
右にボールを置くのならば
そこで 全部のクラブが打てるのであれば
クラブによって ボールの位置を置き換えるよりも
ショットの問題は大幅に軽減出来るのです

多くのクラブは
その使う人にとって 動かないオーバースペックなモノです
ハミングバードのクラブのように
重く柔らかい軟体動物系のクラブは
かなりの幅 15センチ程度 ボールを動かしても
満足は出来なくとも 何とかなりますが
オーバースペックなクラブは
ボールとヘッドが接する時間と場所は
多分 一点しかないのだと思うのです

届いて スライスし辛く 一番飛ぶところ
幾つかの要素を満たす 唯一の場所
ですから オーバースペックなクラブで
ボールの場所がズレテしまうのは 命取り なのです

しかし 良く考えて下さい
コースは練習場のように 目標になる直線や規格が
一切無い場所で 精神状態も 非常に高揚しています
遊びの無いボールの置き場所・・・
果たして その ミッションインポッシブル が
一球 一球 成功するでしょうか  乞うご期待!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドを振る

シャフトを振る

シャフトを撓らせて 撓り戻して打つ

遠くへ飛ばしたい

真っ直ぐ飛ばしたい


もし そうであるのなら
何故 ウエッヂは短いシャフトで
ドライバーは長いシャフト何だろう

長いとスピードが速いから?

でも 45インチのドライバーが190gのヘッド重量で
35インチのウエッヂが290gのヘッド重量で有れば
さして 破壊力は変わらないような気がするけれど…
スピードの違いはあれど 打撃力は似ているような…

しかも シャフトを撓らして 撓り戻して振る
この動きは フェースの向きも ロフトも
その運動中 いつも変化している

理想的なロフトでインパクト出来ても
方向が整わない可能性も否めないし
その方法論であれば 遠くへ飛ばすドライバーが
シャフトを長くする理由は 単にギャンブル??の為?

ウエッヂよりも 縦の飛ばす距離が大きい分
弾道の方向の痛手は大きいと思うけれど…

勿論 正しくは ヘッドも振らないし
シャフトも振らない クラブ単体は動かさない

RIMG0029-thumb-560x420

シャフトを撓らして 撓り戻して振るのであれば
ゴルフクラブなんて 買い替える理由なんて一切無いし
その方法論のゴルファーが リシャフトするなんて
情けなくて 笑うしかない・・・


ロフトを変えず そのクラブの持っているロフトで打つ

と言う条件で なぜ クラブの長さが異なるのか
何故 ロフトの立ったクラブほど長いシャフトが必要になるのか
何故 ロフトの寝たクラブほど短いシャフトが必要になるのか
クラブの長さをすべて同じにして ロフトだけ変えないのか

そんなところにも クラブ扱いの基本が隠れているのだよ




ggr
昨日も書いたけれど
 ショットの中で ロブショット
良い方を変えれば ロフトの大きいクラブのショットは
格段に 段違いに 
ものすごく難しい

上手く当たるか 当たらないか
真っすぐ行くか 行かないか
をショットの尺度にしている限り
ゴルフのショットの何故は絶対に解決しない

ショットの本当の目的は
決めた距離を打つコト

そこから 考えると
150ヤードを5番アイアンで打つ成功率と
30ヤードを70度のクラブで打つ成功率では
後者の方が 10倍以上難しい

70度のロフトのクラブは
ほんの数度のロフト変化で
距離のプラスマイナスが起こってしまう上
上手く打てれば 必ずショートする

5番アイアンで有れば その同じ程度の
ロフト誤差であっても
だいたい150ヤードは行くだろうし
双方 殆んど同じ運動スピードであろう

ここまで しつこく書けば
かなりの方にはニュアンスを汲み取って貰えると
期待しているのだけれど…

それでも まだ ヘッドを振らないと
思っている人は もう一度
ブログを始めから読んで欲しい

手前味噌だけれど このブログには
ゴルフショットのおける 殆んどすべてのコト
無料で ネットなんかに掲示するべきでない
情報が 漏らすことなく 掲載されていると思う
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日の続き になるけれど
同じ距離を打つ・所定の距離を打つ
それを目的に ボールを打つ

そのためには ロフトを出来るだけ一定にして
動かすことが 絶対条件になる

鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

クラブの持っているロフトを出来るだけ増やさず
出来るだけ変えず ボールとコンタクトするようにする

訓練して 変化しているロフトを
同じタイミングで打てるようにする
と言う意味合いでは無く
コンディションやタイミングなどに左右されず
多少のズレであっても 同じロフトでインパクト出来るように
しておくことが ショットの目的 と言える

ロフトが増えてしまうような動きは
そのショットの目的である 所定の距離が打てない
距離になる筈のエネルギーが 高さやスピンと言う
ロスに化けてしまい 距離のロスになってしまう
それでは 真っ直ぐ行っても 初期目的は達成されていない
これを ミスショットと言う

フェースをローテーションする振り方や
アプローチで ボールをこそぎ取る
アイスクリームスクープのような打撃方法は
ナイスショット/ミスショット と言うよりも
打つ前から 所定の距離を打つ という方法ではなく
距離も方向も ましてや当たりそのモノも
その時の運任せのような状態であるから
これを数多く練習したところで
ショットの向上 とは全く関係が無い

スウィング中 ロフトを変化させない 本来のショットは
方向に置いても 当たりの確立に置いても
ヘッド姿勢を大きく変化させないのだから
圧倒的に高い
不必要な高さやスピンも与えないし
扱う人には関係が無いが ヘッドの重量も
打撃エネルギーをしても 有効に使えるのだから
ロフトを変化させる打撃方法に比べると
格段に 少ないエネルギーで 遠くに 確実に
繰り返し 安定して 打つことが可能である

これが ショットの極意であり 基本である

ある意味 10メートルのランニングショットや
パターストロークが ショットの基本だと
理解出来るだろうか

ヘッドをたくさん動かすと
まるで エネルギーが沢山作られ
遠くへ飛ぶような気がするだろう

でも 例えば グリーン周りから ロブショットを打つ場合
かなり 高い球で 30メートル打つ場合の
体の運動量は ドライバーのそれと殆んど同じである
クラブの長さが異なるから ヘッドスピードは同じ
とは言わないけれど 運動量そのモノは殆んど差が無い
それが 200メートルと 20メートルに分れるのは
単純にロフトだと思って欲しい
殆んど同じエネルギーが 10度だと200メートルになって
75度だと20メートルになるのだ

ヘッドを人間の動きよりも
その同一円心上よりも 多く動かす動きは
すべて オリジナルロフトよりも 多くなってインパクトする

高さやスピンのロスは
ヘッドスピードや運動量そのモノの5%ダウンよりも
より 距離のロスにつながる上に
打撃の確実性や方向性も破滅的に確立を下げる

沢山動かせば動かすほど ロスになりやすく
ミスになり易い…
全番手で ゴルフショットの中で 一番難易度の高い
ロブショットにトライしているのだから。

だから その発想を応用すると
距離を伸ばそうとする時に
スピードを上げるのではなく
より 立った(少ない)ロフトで
打つようにすれば 良い訳で
スピードを上げる動きは 無理・無駄の連続である

そう言う意味では 全てを ロブショットで
あの距離を打っている タイガーや遼君は
人間を超越しているとも言えるのだろう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ものすごく伝わり難いニュアンスだと思うけれど
アプローチの基本は ショットの基本概念と直結する
ここの部分に ショットの基本と言うか
極意が隠されている。
本当に 上手くなりたい
ゴルフショットを理解したい

と言う方は 理解出来るまで しっかり読んで欲しい。

ま 隠されていると言うほど 秘密でも何でもないけれど…

まず グリーンの花道からの 10〜30メートル
殆んど高低差が無い状況でのショットで考えてみよう
昔から 言われるけれど ショットの基本は転がし
青木御大が ゴルフはゴロフ と言っているように
パター もしくは パターに近いモノが基本中の基本

160_56949

それは 何故か?

それは 10メートル打つ

☆パターで10メートル転がしてみよう

その距離の感覚は 限りなく10メートル打つ
ボールを10メートル移動させる という
距離感 スピード感 力加減 と結びつく

では 少しだけ ボールを上げて
7番アイアン当たりで 打ってみるとなると
先ほどの パターで10メートル打つ力加減やスピードよりも
余計なエネルギー、力だったり、スピードが必要になる
最高の高さが1メートルになるのか
それとも80センチになるのか
それによっても 距離感は異なり
それに スピンと言う要素が異なる

それは ロフトが 意図的にスピンや高さという
距離に対しては ロスを作り 相対的な破壊力・エネルギーを
分散させる機能を持っているから。

立体的にボールの「道のり」も 地面を上を転がった
平らな地面の上を転がった「道のり」よりも当然多くなる
パターショットは 距離=道のり
限りなく 距離と道のりが等しいからで
以前にも説明したと思うけれど
ボールを水平に移動させるより 重力に対し
垂直に移動させる方が 数倍エネルギーが必要になる

水平飛行なら プロペラ機でも可能だけれど
垂直飛行で大気圏の外にでるには ロケットが必要なのだ

50度位のウエッヂで打つとなると
更に 弾道は高くなり 7番で打つよりも更に
エネルギーが必要になる

高さによるロスもある上
ボールの立体的に移動する道のりが更に増えるので
当然 ボールをヒットする力やスピードがより必要になる

そうなってくると インパクト時の
ロフトによって その道のりは非常に可変になってしまう
50度でインパクトするのと 52度でインパクトするのでは
その水平距離 目標とする水平距離を達成するのには
本来 必要なエネルギーは大きく差が出てしまう
これから 20メートルの距離を打とう と思っても
パターで打つ20メートルとは まったく違う距離感を
形成しなければならないし インパクト時のロフトによって
エネルギーが 上手く打てば打つほど
高さやスピンという 距離に対して ロス に
化けてしまうのだから 上手く打てても
打てなくとも 始めから失敗が確約されているのに等しい。

30度のクラブのプラスマイナス3度よりも
50度のクラブのプラスマイナス3度の方が
結果として 水平距離に大きな違いが出てしまう


まったく同じ状態で打っても
50度のクラブを使う方が 距離にバラツキが出易い
のにも増して 50度のクラブの方が
強く、速く振らなければならないのだ、よ。

更にだ 多くの人は勘違いをしているけれど
これから 打つ本人にとっては
ウエッヂは視覚的に打つ面であるフェース部は
大きく 沢山見えるけれど
ボールにとっては ロフトが増えるほど
打面は小さくなる訳で
飛球線から見た ボールとヘッドの関係は
ウエッヂの場合 1〜2センチの幅しか なく
打撃面の 1/3はソール部分が向いている のだよ


ゴルフのショットの基本中の基本
ショットの目的は

ボールを所定の距離移動させること

その距離の積み重ねが コースを ホールを
攻略していく という陣地取りのようなモノ…

だから ショットは まず 所定の距離を打つ
その目的に沿った行動をするべきで
ゴルフクラブも その目的に沿って出来ている

多くの方が 所定の距離を打つ事よりも
真っ直ぐ打つコト 曲げないコト
の方を 優先目的にしているように思える

完全に間違い と言う訳ではないけれど
まず 所定の距離を打つ と言う行為を遂行すれば
結果として 真っ直ぐ打つコトも 遠くへ飛ばすコトも
可能なように クラブは出来ている
考え方の順序が逆なんだよ

ものすご〜く 重要なことなんだけど
この根底にあるニュアンス 読みとれるかな〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日 一昨日の記事の続きになるのだけれど
確かに ドライバーは飛ぶ方が良い
沢山飛ばしたい  その気持ちは万人に大事で
ゴルフをやり続ける限り 持ち続けて貰いたい

しかし ドライバーは飛ばすから 別な打ち方、打撃方法
アイアンは飛ばすことは優先順位として低いから別な打ち方
と 考えるべきであろうか

それとも 同じ方が良いだろうか

良く考えて貰いたい

コースマネージメント
ゴルフショットは まぐれ当たりする事を望むだけの
遊びであろうか
確かに それもひとつのゴルフだろう
だけれど 例えば 55歳のAさん
どんなに努力しても 350ヤード打つ事は出来ない
300ヤードだって無理だろう
タイガーや遼君のように 体を酷使し
将来 関節等に傷害を持つほど 速く動けば 達成出来る
としても 遠慮しておくだろう
自分の飛ばせる コンスタントに 距離と方向を
両立出来るボーダーラインは存在する
例えば 230ヤード

これを組みたての基本にする
230ヤード打つと この池は超えて
あのバンカーの手前
地面の硬さや傾斜などを考慮に入れても
プラスマイナス15ヤードの範囲 であれば
だいたい あそこら辺 かな
そうすると 次のショット
グリーンを狙うのには 右かな 左かな
あそこに行ったら セカンドショットはバンカー越えだな とか
あそこから打ったら 対角線グリーン奥はOBだな とか

091018_1257~02

僕が見ている 一般的なゴルファーの殆んどが
自分のドライバーショットは上手く打てれば
300ヤード飛ぶ かも知れないと思っている
夢も希望も無いかもしれないけれど
ドライバーで合っても 自分の打つ距離を決める事だ


上手く打てるから、
真っ直ぐ打てるから、
フェアウェイに打てるから、
そう言うんだ と思うでしょ?!

だけど 距離って
固定されたロフト角度 と ヘッドスピードで
決まるわけでしょ
ヘッドスピードを上げる為に
どのロフトでインパクトするか 分らない
打ってみなければ分らない方法 の方が
真っ直ぐ打てる可能性が高いかしら?


Oヤードから 願望も含め300ヤードの
どれが出るか 打ってみないと分らない
ロシアンルーレットのような 打撃論では
距離だけでなく 方向も ルーレットになるのでは
無いだろうか


そもそも 飛ばないのは
力が無いとか スピードが遅い ではなくて
単に ロフトが大きくなって ロスが大きいからで
始めから ロフトを変化させるような打ち方では
単に ギャンブル というか 富くじ を引いているだけ

アプローチショット
グリーン周りの 20ヤードのショット
花道からの 9番アイアンの20ヤードのショットが
正しく打てる人は ドライバーも打てるよ

それは 全く同じ動作で
距離の大小の違いはあれど 目的も全く同じで
ショットとしての 価値も 全く同じなのだから・・・

単に クラブが違うだけ だから

20ヤードの距離を 次も その次も
確実に出来る方法を採って 打つ、打とうとする
20ヤード打つのみ 許される最低の高さ
最低のスピン 最低のエネルギーを打とうとする
何故ならば 次も 明日も 来年も
一番確実に出来る方法だから・・・

それと 230ヤードのドライバーショットを打つのに
ナンの違いがあるのだろう

そう クラブが違うだけ

決められた距離を打つ

これが ショットで合って

上手く打てれば 何ヤード

と言うショットを始めから トライしている限り
その 確率は数 練習量に比例させるしかない

この意味が分る人には この記事はあまり重要ではないし
これが重要な人にとっては この記事が理解出来ない
正に 矛盾ではないかと思う。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

衛星放送などが発達し 欧州のサッカーを
目にしている方もいると思うのですが
クラブチームのリーグ戦の場合 かなりショーの要素も
入っていて もっと華麗なゲームを見るコトが出来ます。

ワールドカップの場合 南米やアフリカでは
その勝ち負けに 母国で毎回死人が出るほど
壮絶な争いに成ります。 南米では真面目に
ワールドカップがきっかけで
 紛争になってしまったケースもあります

サッカーと言うスポーツの中身よりも
勝負事として 優先されるのが W杯 ですから
華麗なパス回しや連携プレーなども
なかなか発揮されず 
ド突き合いの色が濃くなってしまう傾向にあります

そう言う意味では 日本人の得意な
スタイル とか コンセプト なんか が
まったく通じない世界で 
その部分に 目覚めたのが 日本代表の大きな一歩
だったのではないでしょうか

華麗な攻撃のスタイルを構築して
それを実際ワールドカップで発揮し
成果を射止める国は ブラジル 位しかなく
そのブラジルですら ワールドカップ本大会になると
堅守速攻を中心に リスクを回避する方法を取ります。

今回の優勝国スペインにしても
伝統的な パスサッカーを駆使して
ワールドカップを制覇するまでに
 90年も掛かっているのです

例年は サイド攻撃を中心とするオランダは
現実主義に転換し 今準優勝となりました。

世界で一番つまらないサッカーをする強豪国イタリアは
 ゴールに鍵を掛ける カテナチオ という手法で
4度も ワールドカップを制しています
今回は 中途にパスサッカーに目覚めてしまい
残念な結果に終わった訳です。

自国独自の攻撃スタイル なんて言葉で
挑戦する アルゼンチンやオランダ、スペインは
いつも ベスト16、8、で現実的なサッカーの前に
屈してしまうのが通例でした。

denjpn05

果たして 今後 日本代表がどんな変化を遂げるのか
非常に 楽しみなところです

前回のドイツワールドカップで活躍した
シュバインシュタイガー や ポドルスキー は
一気にスターダムにのし上がり おごり
しばらくの間 苦汁を舐めていました
しかし この何年かで軌道修正し
 今回の活躍となりました。

ベッカムは その華やかなセレブ生活 とは
全く反対の 泥臭いプレースタイル で
 長年一線級として活躍しています

日本のマスコミは 売れ行き重視があまりに強いので
スポーツ選手であっても 政治家であっても
すべて アイドルと同じ扱いをします
そのベッカムで合っても プレースタイルについては
殆んどのマスコミは取り上げません。
試合後等に 選手にコメントの義務は無いので
取材拒否をを避けるため
紙上での批判は極力避けるようになります
その反面 取材拒否やコメント拒否のし辛い
代表監督は 批判の矢面に立たされます

ちょっと批評すると 辛口 と言われ
スポーツ界全体 が甘言しか受け付けない体質は
少々 気に掛かるところです

僕自身 スポーツ畑にすっぽりハマっているタイプなので
石川遼君の 容貌の変容には少々疑念を抱かざる負えません
精神論を問いたくは有りませんが
男性スポーツ選手が 新聞の一面を飾り始めると
皆 メンズノンノ っぽくなるのには 辟易します




ひとつ こんな話をしておきましょう
今回のワールドカップのMVPになった
ウルグアイの ディエゴ フォルラン選手

幼少の頃 
 交通事故でお姉さんが下半身不随になりました

「サッカーをやっていると
 色々辛いことがありますが
 歩けない辛さに比べれば
 何と言う事はありません。」
「名声もお金も要りません。
 姉が歩けるようになれば
 それで十分です。」

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

幾つか 打つ前から グリーン周りなどのアプローチショットが
失敗する可能性を広がる そんなイメージを紹介しよう
CA3F00210001

まず ボールと地面  練習場ではマットの間に
ヘッドを入れようとするイメージだ

物理の学問で言えば 球と面の接点 は 点
店の面積は ゼロ
面積の無い所に ヘッドを入れる事は出来ない
まして コースの芝の上では ボールは その自重で
すこし 沈んでいるのだから
入れたい と言う場所が地面の中に隠されてしまっている

ボールは球で 円じゃない
ボールの下にヘッドを入れようとするイメージは
ボールの大きさの円とか コインとかを打つイメージであって
球体 としてのボールを打つイメージでは無い

ボール 直径約4センチ強の球体であるのだから
ボールの芯 真ん中は 約2センチ 空中に浮いている
結果として リーディングをボールの赤道
 もしくは それよりも下に入れれば良い訳だから
2センチ ティーアップされている パチンコ玉を
打つイメージを持って貰いたい

ショットでも そうなんだけど
トップボール… ミスのトップボールは
フェース面ではなく
ソールがボールを打ってしまう事で
正しく フェースがボールと対峙した状態で
クラブヘッドが入ってくれば
赤道前後(上下)に 歯が入っても
ボールは球体なのだから 坂 角度の付いた
フェース面に逃げて来る
トップボールの多くは ボールに届かない事で起こるのではなく
ボールに向かって 上がる軌道でコンタクトする事にある

sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット
クラブを持たない状態で
ヘッドの替わりに 手のひらでアプローチのイメージを
作っている光景を コースでも 練習場でも 良く見かける
ヘッドの通ってくる軌道 立体的な軌道に対し
フェース面の替わりの手のひらを それに沿って
その軌道をなぞって 入ってくる ・・・
良く考えてみて欲しい
その入り方で いつ どのように
 フェース面でボールを打つのか?
その入れ方は ソールでボールを打つ方法である

ものすごく運が良く ものすごく経験豊富で
まるで テーブルクロス引きのように
 (上に乗っている食器を倒さず テーブルクロスを引く)
うまく ボールとコンタクト出来たとしても
ボールを上方向に打つ
と言うのは 創ったエネルギーが 距離や高さ、スピンなど
どう配分されるかのコントロールが非常に難しい

特別な場合や緊急事態を除いて
ショットも含め 水平方向の距離に必要以上の高さを
創っていけば よりエネルギーも必要になるし 確実性も失う
絶えず 練習していない限り
上手く打てるか のハードルを越えても
打ちたい距離に なってくれるか の2重以上のハードルが
付きまとうコトになってしまう

低い球にしなさい
と言う意味合いではないけれど
その距離を打つのに 不必要な高さを作るのは
なに ひとつ メリットが生まれない

そう言う意味合いでは
ずっと 手のひらを上に向けて
ボールの下をヘッドをくぐらせるようなイメージは
上手く打てたとしても ボールを上に運ぶだけで
前に進ませない
前に進ませるのには 必要以上のスピードが要るので
難易度は 二乗倍以上に難しくなる

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/2010-06.html#20100629

ここでも書いたけれど
アプローチで使うクラブは 元々ロフトの大きいモノが多いから
視覚的に ボールの下側を打つ そんな感じになってしまうけれど
それは クラブの役割 であって
自分の動作やイメージの役割ではない

ゴルフクラブは構造上
ロフトを開く動きを嫌う ので
いったん開く動きを作っていくと
中途では止まらず とことん ロフトを開く方向に動く
ロフトを開いてしまうと クラブには進行方向に対し
重さを増やし 長さを増やし ブレーキを掛けてしまうので
想定より 右手前にヘッドが落ちてしまったり
それを補うため 上げて トップしてしまったりするのだ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ