◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2010年06月

 今回もお客様からの投稿レポート
口頭でのお話を代筆して お届けします
CA3F00200002

「鼓笛隊打法」にトライして 早一年弱
始めは 飛ばず 当たらず
仲間からは 人間扱いされず
悲哀をたっぷり 舐めて参りました・・・

「新悶絶セット」を手にし
徐々に弾道も下がり ライナー性の当たりも
出るようになってきましたが
それは練習場での事で
コースへ行くと 人間の業の深さに直面します

ところが 先日
飲み屋さんのコンペで異変が起こりました
面識のないご夫婦とその弟さんとのカップリング
皆さんの前で ドライバーを持ち
ハミングバードでは禁じ手の 横にシャフトを
ブヨヨ〜ン と振ると 周りから一斉に
「なんじゃ そりゃ!」
「そんなんで 打てるの???」 と。

「変わったスウィングしていますから お構いなく」
と挨拶し スタートします。

今日は何だか 快調に当たり
軽〜い おちょくりスウィングで 人並な距離
この打撃方法の難点は ボールの感触
クラブを振り回す感触が無く ボールが飛んでいく事で
何だかな〜 って感じがします。

「鼓笛隊打法」にトライして以来 
最長不倒距離も打ってしまいました

周りをみると ご夫婦と弟さんの内 男性二人は
青筋を立て 歯を食いしばり 振っています。
ホールを追うごとに 気合い一発度は増して行きますが
弾道は 右へのスライスか 左へのゴロ ばかり
なにか 私が影響を与えてしまっているのでしょうか…
体をきしませて 乾坤一擲!
 しかしボールは 右へ 右へと 枠の外へ
男性の一人は ベスグロ候補の筆頭 ・・・の筈が
ボロボロで 最終的には私に敗れてしまいました。


と 気が付いてみると
7番ホールを終え パー五つ  あれ 2オーバー
あれ あれ あれ あと2ホール ボギー パー で
人生初の 30台?!

ティーショットも終え
フェアウェイに向かうと 雨足が急に強くなってきました

残り130ヤード
9番アイアンを持ち カーンと打つと
トップ気味の低い球で
グリーンの方には行きますが 遥かにオーバー
OB です
気を取り直して 打ち直ししますと
今度は 右へのスライス やはりOBです

結果として 二桁打ってしまい
夢の30台とは お別れした訳ですが
実は そのショット
自分では 9番アイアンのつもりが
ナント 6番アイアンを持っていたのです

ですから 始めのショットは トップボールではなく
ナイスショットだった訳です

ハァ〜 人間って  私って・・・


兎にも角にも 少しずつ 光が差してきて
 ちょっと ワクワク しています  チャンチャン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ゴルフとは直接的には関係ないですが
非常に 重要な意味を持ちますので ご案内します。

通常 文字や言語の発達が「文明社会」と言われています
僕は そのことには否定的です。
ここに ひとつの例を紹介しましょう

up_340087_pc



起源前一世紀〜後一世紀にローマの軍隊との戦いに敗れ
追い払われるまで ヨーロッパの広範囲に渡って
「ケルト人」という先住民がいました。
その中に「ドルイド」と呼ばれる賢者がいました。
人の名前ではなく 階級というか 職業です。
教師であり 治療師であり 詩人であり
集団の中の先導者でもあり 預言者でもありました。
彼らは 人に 教えを伝える時
重要な話をする時、 決して文字を使いません。
「ケルト人」には文字はあり 貨幣や商取引には
文字が使われていたですが
歴史や宗教、科学など 何らかの重要な教えを
伝達するのは 必ず 話言葉 伝聞 である


知は人間の内部に留まるように望む
あらゆる知は卑しむべき物質によってではなく
精神の中でこそ 維持されなければならない。

知を蝋や紙、(まして画面の中)などに託すことは
知を辱めることで
人の手によって 汚されるのみならず
知を殺害してしまうコトになるからだ。

その時、知は生成し続けるコトを止め、
永遠に凍りついてしまう。



現代人は 文化文明と言えば
本やインターネットのコトを指すのだろう。
しかし、書物や画面は
書いたその人の心の運動の抜け殻であり、
仮面であるとは 夢にも思わない。
文字は紙の上にこびりついたインクで有り、
物質にすぎない。

文字は言語に遠く及ばないが
その言語は行為に遠く及ばない


精神は運動であり
文字はそれを停止させ、化石にしてしまう。

人間は文字を使う事で
 自分の精神活動を停止させてしまう。
魂を死滅させてしまう。




2000年前に
まるで 現代の我々のコトを見透かしているような
言い伝えがされていたのです。
ネットや携帯などの普及によって
さも 知識や情報が溢れているように見える現代
多くの 情報の抜け殻 知識の化石に囲まれ
我々は 自分の中で物事を考え
自分の中で精神活動する
 大切な人間の営み を
忘れつつあります



現代でも文字を知らない古老が
文字の効能を頼みにする知識人よりも
余程 多くのコトを知っていて
遠い昔のコトもハッキリ覚えていて
間違いを犯さないものだ
 と本居宣長も言っております 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1.耳にしたことの10%
2.目にしたことの35%
3.耳にして、かつ目にしたことの55%
4.言葉を言い換えたことの70%
5.言葉を言い換えて、実行したことの90%



以上は オランダのスポーツ協会が調べた
スポーツ選手の理解度 だそうです。

どうも ポイントは4番に有るような気がします
 例えば ハミングバード が提唱する  「刷毛塗り」のドリル

初めて 耳にすれば   は? これ何?  ですよね
それに近似値の練習や話を既に聞いていれば 
浸透しやすいかもしれませんが
 お初 であれば  上のデータ通り  だと思います


次に ブログ上やビデオ、画像などを目にすると
 すこし 理解度が上がります  双方で 45%
     …もうちょっと少ないかな
20090801 2009_09_02_19_13_32-477フレームショット
20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット
20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット
20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット


ここで 躓いてしまうのは
殆んどの場合 この「刷毛塗り」のドリルが 何の為 なのか
はっきり 頭の中で整理 出来ていない事 なのでしょうか…

 ヘッドは振らない  ←→  振らなきゃ飛ばない

始めから そう考えている限り ここで思考はストップ!

 何度も 言います    誰かには自閉気味とも言われていますが…

   ☆しっかりしたヘッド重量のクラブで
   ☆しっかりとしなるシャフトが装着されている

そのヘッド重量を有効に使い ロフトを立ててインパクトするのには
   この「ドリル」がものすごく重要です。

ある意味 このドリルが出来れば 概ね解決するのですが…

 この動き この動きの意味が 自分の言葉に言い換えられているのか
この動きは何のためで  何とどうツナガッテいるのか…

そして 実践してみよう

  お店に来店して このドリルの正しいやり方を
  尋ねに来る人が 思っているよりも うんと少ない


 それと もう一つ
BlogPaint
ゴルフのアドレスに対する ボールの位置 上下に対するボールの位置
これが やはり 上手く 消化出来ていないような気がします。

前傾するアドレス姿勢の上半身に対し ボールは
 ベルト なり ヘソ 位の高さに位置しています。
    …あくまでも 股関節から上の上半身に対して だよ

靴の位置 と同じ高さにあるじゃないか!
 と今も疑問に思っている人が多いようですが
  それでは 逆に 「では前傾している意味」は何ですか と問いたい

これも 「分らない」「分らない」 と唱えているのでなく
 自分の言葉にしてみよう!

何故 ベルトやへその高さにボールが位置するのか
 そうだとすると 何が良いのか? 何がメリットになるのか?

確かに ボールの位置自体は動いていない
   地面に置いてある   宙に浮かんでいる訳ではない…

 では 直立しているアドレスと 前傾のあるアドレス
  その二つでは 地面に置いてあるボールとの 位置関係はどうなるのか


逆に 靴の高さ に有ると どんなデメリットがあるのか

 あの養老孟司氏の「バカの壁」にも出て来るが
  人はすべて 脳内イメージの中で生きている

  ☆ボールは地面、靴と同じ高さ と思えば そのように打つし
  ☆ボールはベルト、へそと同じ高さ と思えば そうする

どれも ある意味 他人の創ったイメージ なんだから
 それを 自分のイメージにして貰いたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

スウィングの話とか クラブの話とか じゃなくて
僕が クラブを作ってる中で ビックリした話・・・

シャフトが入荷すると
視認検査 振動数や強度検査などを行う
通常 新品のシャフトは一本一本 ビニールに入ってくる
ある時、
アイアンシャフトの一本の
ビニールが妙に汚れている
黒っぽい 油のような   う〜ん何だろう???
シャフトの中を除いても
反対側が見えない。 穴が何かで詰まっている・・・

シャフトは 製造工程や装着行程で
どうしても 中が貫通している筈なので
この状態は ちょっと 変だ・・・

細めのライトで照らしても
詰まっている事が分るだけで なにが詰まっているのか
まったく見当が付かない・・・

そこで ガラス細工のように
中を 自分の息で吹いてみることにした。
結構 キツイ・・・

段々押し込んでいる感触はする・・・

おっ 何か出てきた・・・
黒っぽい塊のような・・・
先端で膨らみ始めた・・・


おぉ〜 くそデカイ ムカデ
死んだムカデが 先端で膨らんでいる〜

いや〜 びっくりしたな〜 もう〜。
DSC01380-1

前の前のお店・・・
朝 お店に行って鍵を開けると
アレ 閉まる
な なんで???
もう一度開けると
中は散乱・・・ 泥棒だ!

その数日後 店の前に置いてあるクラブを
買うでもなく 見ている
変な格好した人がいる・・・
背広を来ているけど 下は短パン
変だ〜

「あの〜」 って声を掛けたら
せんだみつお だった・・・


 このお話はすべてノンフィクションです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

多くのゴルフメーカーは 在庫削減の名目と
直接ユーザーに売ることの出来る
 メーカー直営のフィッティング販売
に力を入れている

正直 僕がゴルフを知って 30年弱の中で
ここ最近の ゴルフ全般のレベルが低いと感じる
アマチュアだけでなく 日米男子女子プロ共に
相当 酷いレベルで 賞金総額や人気などはともかく
アマチュア・・・平均的な日本のおじさんゴルファーが
参考にすべき クラブ扱いをしている人は皆無 とも言える

日本のアマチュアも スコアの良し悪しに関わらず
自分のやっているスウィングに自信が持てないから
どうしても 著名プロとか 人気のあるティチーングプロの
教えにすがりたくなってしまう気持ちも分らなくもない・・・

BlogPaint

コスっている
ロフトを開いている
打点がシャフトの延長線上に無い形状、
そんなモノを無視して クラブを扱っているから
ほとんどのアマチュアが
不必要に 弾道が高い
10度のロフトのドライバーを
15度や20度にして打てば
飛ぶ訳がない

中古ショップも多いし
ネットオークションやネット販売なども
利用し易くなったそ
昔よりも クラブ単価が下がっているから
頻繁にクラブを買い替える

無数のスウィング技術理論も
垂れ流しな状態だ

スウィングも探求した
クラブも買い漁った
しかし 思った結果は得られない

そこで行きつくのが
有名メーカーの直営店での
フィッティング と言う名の地獄だ

コスっている
シャフトを捻じっている
だから ロフトが開いて
弾道が高い
飛ばない
スライスする
のに それの根本を解決せず
クラブで対処するとなると
小さなロフト
軽いヘッド
短い重心距離
硬いシャフト
を選ばざる負えない

ロフトを開くから 少ない角度
ヘッドが遅れるから 軽いヘッド
ヘッドが遅れ ロフトが開き易いから 短い重心距離
ヘッドが遅れ シャフトを捻じるから 硬いシャフト

当然 データ解析 弾道解析などの
シュミレーションを使ってフィッティングするから
捻じって コスっている人は
上記 4項目を進めていくほど
良いデータが出て来る 例外は少ない

また この4項目は
知ったかブリっこのゴルファー
アホなプライドもくすぐる、くすぐる
俺って アスリート?
俺にも スチールシャフト 使える?
9度のロフト 使っちゃおうかな?

有名メーカーが
自分個人を解析して
選んでくれたクラブ

悪い筈が無い
当然 そう思いこむ。

違う! 有名メーカーほど
目先の結果を追いかけ
売れるモノ
買う人の立場でなく
会社を管理する人の立場に立っているだけだ


在庫もしなくて済み
すべて 受注生産
データ という証拠もあるので
クレーム処理も簡単!
一般商品よりクレーム率も低い。

大抵の場合
メーカーは間違う筈がない
上手く行かないのは自分せい!
と思う筈。

さぁ 思い当たる人 いませんかね?!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

題名の通り だけど 理解出来ると 凄いでしょ?!
スウィングという呼び名の人間の動きとクラブの関係
BlogPaintこの どこにも重力に対して
垂直な部分がない
・・・ぶる下がった腕位かな?!
ありとあらゆる 斜め で構成された姿勢

人間の傾いた姿勢 前傾で作る
上半身の上下方向 と 重力の上下方向
そして クラブの構造・・・

傾きを作り出すことによって
この姿勢の中で一番難しい
重力方向の下への動きを完全に省ける

傾きを作ることによって
横の動きと縦の動きを 分けた二つの動きでなくて
完全なひとつの動き 人間の意志で動かすひとつの動きで
一挙に出来る・・・ あとはクラブの構造任せ

人間がクラブ本体を動かす瞬間
ほんの少し 指一本分位かな スライドさせる瞬間は
ゴルフショットの中で クラブが一番短く 軽い瞬間

その動き と 多くの傾き
 そして クラブの構造が有れば
あとは なすがまま キュウリがぱぱ
人間の本能と重力が殆んどの事をしてくれる

クラブはその形状のせいで
ボールの方へ 上から 落ちて来るし
アドレスの目標方向へと ボールを打ちだす

多少の個性は有っても
その入射角度分 自動的に ロフトは立つし
クラブの重さが 右から左に動くから
シフト スライド も 難しくはない

トップオブスウィングで
人間の稼働関節や部位の中で 一番低いのは
左の膝 だから 自然の摂理に乗っ取って
高いところから低い所になだれ込む ような動きで
だいたいの事は完成する

そこに行くまでに
右肘の動きで クラブを持った左手を
進行方向に押し クラブそのモノをスライドさせる
立体刷毛塗りをドリルで掴んでおけば良いだけ・・・

グリップは 右と左が重なっているのだから
右手で シャフトを押し ヘッドだけを動かしてしまっては
重なっている意味が無くなってしまう

テークアウェイで行った右肘のクランチの動きと
同じく インパクト後の左肘の抜きを覚えていれば
体の向きの変更や右肘の押しを 上手く長せるし
それによって よりボール方向への長いフォローが作れる
その動きも テークアウェイでチャントしていれば
オートマチック だよね
笑える位 クラブと体の姿勢って
 スゴイ関係だと思うんだけど 如何?

RIMG0029-thumb-560x420
フックグリップに握って 左肩を入れ背中を捻じる
それを 左膝から回転し 腰を切り
クラブを残し 溜めて インパクト直前で
一気に腕を回転させ ターンする
  俺は雑巾じゃねぇぞ〜  人間だ〜
 俺は消しゴムじゃねぇぞ〜 人間だ〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

自分が進んでいる
自分は目標に向かって進んでいる
一生懸命進んでいる
周りの人に 道などを聞きながら進んでいる
着実に 距離は伸びている
ゴールに近づいている・・・ 


それ そのモノが間違っているとしたら・・・

目標そのものが間違っているとしたら どうするだろう
道を間違ったのではなく
自分は福岡に行かなくてはいけないのに
東京から 北に北に 進んでいるとしたら・・・

道を間違ったのじゃない
目標が違うんだ

ドライブ そのものが目的なら それでもいい
でも 福岡でラーメンと食べたい とか
そこへ行くこと そのモノが目的でなく
そこで 何かする事が目的で 行くことが手段 だとしたら

kinugasaExit_S

自分の過去を否定出来るのか
そこら辺が 問題なんだと思う
別なスポーツだと思うのも良いかも知れない
その失敗も 必ず未来の財産になる

ギャンブルは全くしないので
人からの受け売り というか
パチンコ屋さんから聞いた話。
パチンコをする人は儲からない
パチンコ屋さんは儲かる
オール7が出る確率は全員一緒
沢山お金を使えば それを味わう回数は増える
年に一万円使う人よりも
年に百万円使う人の方が
100倍 オール7を味わえる
でも 絶対に儲からない
パチンコで喰える と言う人は
パチンコしている後ろめたさを
無理矢理肯定したいだけで
お店の人間とツルマ無い限り
必ず お店が儲かる
一般ゴルファーの言っている目標
「ナイスショット」も全く同じだと思う

CA3F00200002
鼓笛隊打法・・・
なんだか楽そうで 飛びそうだ
柔らかいシャフトも良さそうだし
重いヘッド、う〜む そりゃ飛ぶだろう。
なんとか 間違っていた 自分の「ある部分」
修正しようとする
自分の今までのスウィングをアレンジして
簡単に 重いヘッド
柔らかいシャフトを使いこなせば
良くなる?!だろう

北に進んでいたことが分かった・・・
さぁ どうしよう
目標は西だ

でも それは 出発点に対して であって
いま 移動してしまった地点との相関関係でもないし
まして 道路は東西南北 と言うほどシンプルでもない

右往左往して コンガラがるか
ギブアップするか 目標を新潟に変えるか
それとも 元来た道を戻るか

自分がどれだけ 北に進んでしまったかも
まったく分らない
今 自分がどこにいるのかも分らない
このまま 道路の続く限り 北上しても
絶対に 福岡はやって来ない
さて どうする?!

自分のやってきた事を否定するのは難しい
費やしたお金、時間、労力 も大変なモノだ
それを 無駄と考えるか
ここにたどり着いた布石と考えるか

覚える事は簡単
クラブは全面的に味方してくれる
外的にも 内的にも 必ず結果が出る
騙され続けて 諦めないで たどり着いて欲しい
そのゴールは 実は出発点 だから
ゴールはスタート地点と同じ場所で
そこが ゴルフと言うゲームのスタート地点
まるで 幸せの青い鳥 のような話

いい加減 ゴルフスウィング 
と言うゲームは終りにしよう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

あるお客様のハナシ
その方は 現在 CIAエージェント(仮称)で 外国に居住中。
昨年中頃から「鼓笛隊」スウィングにトライして
今年の1月に 新悶絶セットを入手。
仕事で日本に帰ってくる時に来店され
昨年も含めて 4〜5回程度の来店回数

来る度 来る度 に スウィングが進化して
今回 見た状態では
もう あまり 教えることがない

兎も角 
クラブを振らない
自分の体が向きを変え クラブを動かすこと
を 体に身に付けられ
あとは 如何に上手に右肘使いのタイミングと
融合させるか という段階まで来ている

距離も 手応えも 弾道も
段々スコアも 道筋が見えてきている と言う

練習教材は ブログとYOUTUBE  のみ
123
確かに 外国にいると スコア とか
結果にあまりこだわらず
他人の目をあまり意識せず 楽しめるから
日本国内でラウンドするよりも 実践でトライしやすい
かも知れないけど それにしても 感心してしまう。

運動センスというか 勘が良いと言うか
あとひと山越えれば 本当に教えてあげられる事が
無くなってしまい 嬉しいような 寂しいような・・・

確かに 最近とみに コメントやメールの内容が
高度になり 卒業生が多発してしまう予感がしている・・・

悶絶中の人には まだ分らないと思うのだけれど
理解してしまうと 馬鹿らしくなる位 簡単な方法・・・。
単純に 今まで思いこんでいた事を辞め
まったく 180度反対の事をするだけ。
その方法には クラブが味方をしてくれ
クラブが力の源になり 先導もしてくれる。
距離を作る → 飛ばすメカニズムを知ってしまえば
ある程度 普通程度の 飛距離なら殆んど筋力は必要ない。
労力と呼べるような 運動性能は一切要らない。
曲げるほうが難しくなってしまうかも知れない・・・

スコアや距離などをちょっと棚に上げ
出来てしまえば それ以下にはなれないので
先駆者の優位性は全く存在しない
この簡単さを忘れる事は不可能だと思う
殆んど 歩く動作の感覚に等しい

しかし ゴルフそのモノは そんなに簡単じゃない
そこが 面白い
その ゴルフそのモノの面白さ 奥深さ 
そして 人間の業の深さ を堪能出来るようになる

出来てしまうと 悶絶が懐かしくもなるし
悶絶中が一番楽しかったと思うのかもしれない
コロンブスのアメリカ発見と同じなのかもしれない

分析 測量し
自分で プランニング 設計 図面を引き
自分で 実行 施行する
そして それを繰り返していく…
今出来るコト そして出来ないコト をハッキリ見極め
出来るコトを丁寧に処理していく
そして その中で 少しずつ 出来る事の量
出来るコトの範囲を広げていく

 その 自己責任の集約がゴルフで
そのスタイルの確立 が悶絶期間だと思うのだけれど…

ゴルフを 非常に リアリティを追求するゲーム で
バーチャルな 漫画の世界とはかけ離れている
と 気付くことが非常に大きい事だと思う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

仕方ないのかも知れないけれど
個人のブログ なんかに スウィング論なんかが
沢山出て来る・・・氾濫している。。。

321

自称ティーチングプロ とか 自称シングル とか
何かの肩書き とか 誰々プロ とか
自分でない 別なモノを担いでいる場合
だいたいが 何の参考にもならない情報だと思う

厳密に言ってしまえば
日本ゴルフ練習場連盟のレッスンプロの資格は
教えるノウハウ や 教える理論 重視ではなく
その受講者の スコア で決まる
勿論 中には ものすごく良く勉強されていて
素晴らしいレッスンプロもいらっしゃる。

そう言う ちゃんとしたレッスンプロは
ネットを活用しなくとも 口コミで生徒さんが集まるので
あまりネットを活用しない。
また レッスンは それぞれの人に応じて
行うノウハウを持っているので
特定な誰か が対象にならないネットで
それを文章にする難しさも知っている。

BlogPaint

どの レッスンプロも 個人のブログなんかでも
オンプレーン とか スウィングプレーンが大切
そればかりを目にする

でも ちょっと考えて欲しい
皆さんのクラブは そのオンプレーンの線上に
当たり前 だけど 打撃点がない
クラブヘッドは そのオンプレーンに当たる
部分にシャフトなり ネックなりが来るんだと思うけど
打撃点は 重心距離分 離れている

それを ターンさせながら使い
トゥダウン作用も許容しないとなると
オンプレーンスウィングは
有る部分 空振りをさせる為の
スウィングと言う事になる

重心点をオンプレーンに動かす となると
非常に感覚的な動きになるから
視覚要素で覚える事は あまり役に立たないと思う

ゴルフを始める
最初の段階で覚えれば
アッと言う間に済むこと を
全てのゴルファーがスキップして
ああでもない こうでもない という
全く 有害な情報の中に包まれているからだ と思う

ゴルフを除いて 道具を使った方が
その目的が難しくなること ってすごく少ないと思う
殆んどの行為は それに沿った道具を使うことによって
飛躍的に 肉体的も 時間も 苦労も 軽減される
ところが ゴルフに置いてのみ
クラブを持っていないとき「は」出来る
素ぶり「なら」出来る
おかしいと思う人の方が多い筈だ・・・

一通り 雑誌 ネット 等に見てきたけれど
殆んどの情報が 全く無駄な
覚える必要のない 特殊技能 と言ってよい
勿論 何をしたいかは 個人の自由だから
ハミングバードのお客様 にとって 
という条件は 付くけれど
それを差し引いても ちょっと害が有り過ぎると言うか
益が無さ過ぎるよね〜
お金を引き出し続ける先物取引みたいだなぁ

 日本の経済状況や未来なんかも
非常に似た状態で もっと根底の 単純なコトを
ちゃんと論議して 考えていかないで
目先の 表面上の問題ばかり 捕えている限り
もっと 問題は根深く 絡み合ってしまう
そう思うんだけど なぁ〜

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ