cap02肩を回す でも良いんですが
その肩を回す を根本的に狂わせてしまうのが
「振り子」のイメージです。

このようなアプローチを
平面上に映像化するとこんな感じになる訳ですが
スナップショット 1 (2014-01-20 18-21)からだの傾きに対し カラダ(肩)が回った、
向きを変えたので テークアウェイでは
右肩は後ろに下がり、
前傾姿勢があるので 位置として
アドレス時よりも高くなったに過ぎません。
カラダを、肩を上下に揺さぶったのではありません。

前傾姿勢がなければ 肩の高さは
その向きの大小有っても 変わることはありません。
そして、前傾姿勢は股関節に位置しています。
肩ではありません。

多くの方は この 肩の動き を
 間違えて使ってしまっています。
そういう意味では 肩で廻って 胴体を捩じるより
胴体丸ごと 向きを変えた方がシンプルだと思います。

肩は 他の関節(蝶番)に比べると
 ボールジョイントに近いので可動域がかなり立体です。
ですので 横の動きと縦の動きが混じり易いモノ です。

テークアウェイでもそうですが、
それは フォロー側にも出ます。

是非、実験して頂きたいのですが、
ウエッジを手にし、20ヤードのアプローチを
胴体の回転 と 肩の回転 で
いつもより ほんの少しだけ
フォローでグリップが飛球線方向に出るよう 
 打ち比べてみて下さい。
【スイングの終わらせ方_Moment

胴体ゴト グリップが移動する方 と
肩の回転で グリップを前に出すのでは
同じ力加減、同じ感じなのに 球種が異なります。

総じて 胴体ゴト、グリップが移動した方が
グリップは飛球線に出易い、多くの出る のですが
肩の回転で グリップを飛球線に出そうとすると
自分では前に出したつもりでも
グリップは高さを増す、高くなるので
 ボールは緩く、高く出易くなります。
✋回転したつもりでも 単に肩が上下に動いただけ
 になってしまうから、です。
入射が緩くなり、ロフトが増えるため、
バンスも張り易く、ダフリ・トップの原因になります。
また 回転を肩で行う、を強くしようとしたり、
グリップを手で押す、出そうとすると
より カラダが上を向くため、最下点は想定よりも
手前になるのも また、ミスの原因です。

特に、その肩の回転 と思っているモノが
 左右の腕の入れ替えだったり、腕の振りが主体のモノ
であると、余計に 横の回転ではなく、縦の揺さぶりが混じります。

ものすごく紛らわしい(JAROに報告)ですが、
🔴腕を振るコトで肩を回す のと
🔴肩を回したから 腕が移動するのは 別なモノで、
振り子の動きは それを間違えやすくし易いので
本国会で全面禁止案を提出したい位です。