プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。

ロフト、フェースを円の外に向けたまま
 からだの向きを変えて打つショット、「プロショット」、
地面からボールを打つ場合、
 その最下点は ボールよりもやや先にあります。
Moriya Jutanugarn 右打ちと左打ち比較

一方、 ロフト、フェースを円の中に向けるよう
 地面にあるボールをこそぎ取るように打つ「アマショット」では
 ボールの位置がほぼ最下点 に位置します。
 多くのアマチュアゴルファーが…特にアプローチでは
 そういうイメージを持っているように「見えます

 

プロショットの場合、
 インパクト位置が 1冂度前後しても
 ヘッドが下がり過程であることは変りませんが
アマショットの場合、
 インパクトの位置が 1僂眩宛紊砲困譴討靴泙Δ
 ミスにならなくても 上がり軌道になる可能性も秘めています。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)













ボールの飛びさまや弾道、距離は
 ヘッドの上下の軌道、それに対するロフト姿勢 で決まります。
プロショットの場合、
 クラブの長さ によって あらかじめ入射角度は
 決まっていると考えて良く、
 例えば 入射10度 それに対して40度のロフト
 この状態が維持されたまま、インパクトを迎えるので
 ズレがあっても 大きな違いは出ません。
 この場合、回転/打ち出し角度に作用するロフト角度は40度
 打ち出し角度に作用するのは
  ハンドファーストの度合い マイナス入射角10→ 30度以下です

IMG_0777IMG_0776





ところが アマショット、振り子のショットの場合、
 ヘッドの上下の軌跡 と ロフトの関係は、固定とは言わないまでも
 固まった状態に近いですが、
 常時、そのヘッド軌跡は変化している(円を描いている)
 からだの向きで移動しているのに比べると
 激しく変化しているので
 インパクトポイントのズレで 球筋だけでなく 距離も変わります。
 例えば 入射角度10度 40度ロフトだったものが
 すぐに 入射角度5度 → 入射角度0度 →仰射角度5度
 それに加え インパクトに向け ハンドファーストは解かれる ので
 変化が大きく 奥に成る(後になるほど)ほど 回転数は減り、
 打ち出し角度は高くなっていきます。  

 ですので 球筋だけでなく、距離や高さなども
 ほんのちょっとのズレによって ばらついた球になります。

 そして インパクト付近の弧が小さく、弧がきつく成りますので
 ちょっとしたインパクトタイミングのズレが👉ミスに直結します。
 また これも多くあるケースだと思うのですが、
 プロショットをする人の多くが ほぼ固定位置でボールを打ちますが、
 アマショットをする人は クラブによってかなり激しくボール置き位置を
 変える傾向が強く、コースではソレは一定になり難いので
 ショットの安定しない要因に成り得ます。

勿論、運動神経や練習量でそれを乗り越えるコトは可能ですが、
可能ですが、シンプルにモノを考えていくと
多くのアマチュアのショットの安定しない科学的なメカニズムです。

困ったコト、と言って良いかと思うのですが、
これの 治らない、治せない、治そうとしない原因に
この現象、このアマショット(こすり打ち→煽り打ち)
空中にあるボールを打つ、ドライバーショットにおいては
有効な場合があり 👉ボールの位置、ティーアップによって
自然にアッパー軌道でインパクトを迎えるモノを
445TL-5-1意図的に アッパーを強める距離を稼ぐ「アマショット」
多くの人が ソコの為に
 地面からボールを打つコトを犠牲にし
 ソコに走っているケライ が見られます。