KOちゃんの憂鬱 前編で解決した?かも知れませんが、
からだの回転で、ロックした腕とクラブを通せる経路、道を
なんとなく掴むと スイングスピードもあがりますし、
ショットの安定性、特にアプローチはかなり良くなりますので
あまり焦らず また動画で送って頂いたりしながら
のんびり 掴んで行ってください、必ず役に立ちます。

始めは ウエッジのハーフショット 30〜40ヤード位から
始めると とっつき易いと思います。
 


動画にも起こしますが、
ロックした腕とクラブを からだの回転で
横に動かそうとしている と言うか
本当に移動させようとしています。
✋回転で グリップに遠心力を掛ける と言っても
 インパクト付近で 腕が伸びるようにかける? かかる感じで
 回転の外方向にグリップが膨らんでしまう様に掛けては
 打撃に別な作業が必要になってしまいます。


からだの回転で移動させるコト自体間違い
 では断じてありませんが、
からだの回転の移動で ロックした腕とクラブ、
特にグリップに 低さ方向。。。懐の中へ
すこし縦めに移動させないと 体が浮きます。

なんと言えば良いのか
トップの位置で 出来た両腕の三角 ありますよね。
その空間というか 一番外枠がそのトップ時の三角 で
カラダの向きを変える&シフト(必須) で
両腕、クラブがその 外枠の中を通るような感じです。

そこを通ると
 今までよりも遥かに早くタイミングにインパクトが来るので
 ダウンスイング〜インパクト〜フォローを含め
 何か別のコトをする余裕はほぼ何もありません。
 いつの間にか打つ感じに等しいです。

トップで出来た腕とクラブの形
 その形のまま 打つ感じに近いですね。
リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


手でやる訳でも、手で誘導する訳でもありませんが、
トップの位置で からだは固定し、刷毛塗で
インパクトに入る感じと似ています。

決して 手でやる訳ではありません。あくまでもからだの回転です

また からだの回転で行う感じは
決して そうする訳 ではないですが、
トップの位置で右を向いたまま、右にお辞儀をした時、
腕やクラブ、グリップが行く先に似ています。
(決して 本当にお辞儀したりはしませんように)


びったり この経路 と言うわけではなく
おおまかにその経路に入れば 思ったより遊びはありますが、
腕でやることは何もありませんし、
からだの回転も今までより負担なく、スムースになるので
感触として掴みドコロが無いのが難点と言えば難点です。

からだの回転で 腕、グリップを移動させるコトを掴めると
一つの動きで ボールを打つコトが可能になり、
アプローチなどの 加速の強くないショットは
カラダの向き加減(速度)で距離調整が可能になります。