自分としてはトップでロック、
そのまま回転を意識してやっているのですが、
動画見て
グリップの遅れに驚いています。

自分的には結構気持ちよくショットしているのですが、
もっとトップからの動き出しに課題ありということでしょうか?

アドバイスいただけると幸いです。




全体としては とっても良い仕上がり だと思います。
飛距離もそこそこ 出ていそう ?? ですか❓
そのソブリは垣間見えるのですが、手で振っている訳でもなく
フェースローテーションも
ただ 仰る通り  切り返しから、
からだの回転に対し グリップや腕、クラブが置き去りになってしまい
その結果、入射が緩くなり 左曲がりがキツイ とか、
スライスはでなさそうですね…
飛ぶけどボールが浮き難い 等細かい問題は出ているのかなと推察します。
腕やグリップの遅れ は インパクト付近で
手で振るための準備の記憶、尻尾だった尾てい骨のようなモノ
だとも言えますが、一応、用心のため、
今のうちに消しておきましょう。

ただ ちょっとスイング感覚 としては 高度です。
技術的には難しくありません、むしろ、簡単ですが、
感覚として 「感覚のない、実感のない感覚を掴む」
と言う得体の知れないモノ というコトです。

トップの位置も悪くないです。
でも 切り返し、ダウンのコトを考えると
ヘッドの方がグリップよりも高い を維持したうえで
もう少しフラット、の方が良いかも知れません。
少なくとも 「通す道」が感覚的に掴めるまでの
 応急措置的な、危険回避的な部分ですが、
グリップの遅れ(尾てい骨のような)は コースに出ると
手打ち、手振りとして顔を出す可能性があるので
今よりも ややフラットなグリップ位置 で
 右向きを誘発し、ダウンスイングの時間と空間を
 少しでも確保しておいた方が安全です。


問題の課題部分ですが、
池田康二202520_Moment➀トップの位置での 腕とクラブをロック
ここまでは問題ありません。

➁ロックした腕とクラブをからだの回転で…
その行為そのものは 努力されていると思いますし、
おそらく そのせいで 距離とか、弾道になにがしかの結果
良い感じが出ているのではないかと思います。

➂さて ココ です
 ロックした腕とクラブを からだの回転で送る方向、
 移動させる方向、移動先、導く方向が
 横方向、この場合はボール方向になってしまい、
 遠回りになってしまっているので
 先頭である左半身の動きが滞っています。
 故に 腕が遅れる、
 また 回転が右半身主体の後輪駆動気味 になっています。
池田康二202520_Moment(2)
 まず 意識として からだの回転は
 足を主体とした からだ全体の向きが
 私たちの年齢にはより良い と思いますが、
 出来れば 左半身、この場合は前輪駆動だと思ってください。
 右半身はその場に置き去り…にする位、
 意識として 右半身と左半身のアコーディオンを開く(伸ばす)
 ようなイメージです(当然、実際には両方動きます)

 また 足腰、主体の回転に対し、
 クラブや腕の生えた 重さ(負荷)の掛かり易い 肩部分は
 遅れガチ ですので、
✋からだの開きを怖がらず、途中で止めることなく
 一気に左向きになるところまで廻ってみて下さい。


 左へのシフト が伴いますが、
 廻る と シフト にはっきりした順序は無く、
 混じり合ったモノ です。
 体が開くのを恐れず、積極的に左サイドを動かせば
 概ね 体重移動はくっ付いてきます。
 (フェースの円弧に対する外向き感、お忘れなく❕)

 ここまでで 解決する可能性も十分あります。
 十分ありますが、一応 念のために
 腕で動かす訳ではありませんが、グリップを、クラブを
 腕を通す道 について 後編で書きます、ね。