既に フェースローテーションをしてボールを打っていて
それに困っていない人には何も意見はありません。
しかし、まだ そのフェースローテーションを会得していない、
なんだか それが上手く行かない、や
ゴルフを覚え始めの人は
  その道に行くのは避けられた方が良いと思います。


(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)





何故ならば
 つかまらない はイコール スライス ではありませんが、
 ボールの右回転 と ロフトが増える と フェースが右向き
 は同一のモノではありませんが、親和性が非常に高いモノです。

フェースローテーションする発想は
 『ある何かの基準点』に対し
👉フェースが開いている〜フェースが閉じる
 なのですが、その基準点になるのが
 「ヘッドの道のり、軌道」です。
とても残念なのですが、
 開いている/閉じているの基準点になる軌道は
 フェースの左右の向き、上下の向き によって
 どんどん変わっていきます。
サッカーをしていて ゴールが逃げる ようなものです。 
ドライバー入射角度yoko

スライスをしていて 「フェースが開いているからだ」
と思い フェースを閉じ始めると
軌道はどんどん インに切り込みます。
閉じ始めた時の想定した 閉じる必要量は
 かかった時間分 増えたしまいます。
その時には 軌道全体が左を向いている可能性も高く
 フェースローテーションに置いての
 スライス殺しは 真っ直ぐ飛ぶ で解決するのでなく
 ややひっかけ気味で終了することになります。
 

弾道計測機やスイング測定器で実際やってみるとわかりますが、
何かを変えようとすると
ヘッドはグリップと、からだの左右、からだの上下は
つながっているので 別なモノも必ず変化を起こします。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

スライスを解決するのも重要だし、
ドライバーであれば飛ばすのもとっても重要ですが、
時速換算の ヘッドスピード120舛覇阿い討い襯悒奪匹
1度2度の向き、それに応じた軌道 で修正したとして
どうやって もう一度似たような球を繰り返すのでしょう❓

そして そのフェースローテーション、ヘッドの返しは
軌道ばかりでなく、自分の姿勢にも影響が出ますから
複雑さは倍々ゲームです。

難しい謎解きを解決するのが楽しい、好きであれば
それでも構わないと思いますが、
飛ばす、真っ直ぐ行かす、繰り返す、その上でスコアもある
ゴルフのゲームをするのに 喜んでお薦めできる方法ではありません。