ロフトを立てる ₌ フェースを円弧の外に向ける
アドレス時を基準として
ロフトを立てる動きは
クラブにねじれ、ひねりを入れなければ
移動、運動に対しては ヘッドの重さ 
「ヘッドの遅れ」によって
半自動的に作るコトが可能です。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)

そのまま 打てば良いだけですから
クラブにねじれやひねりを入れないコトに
意識を傾けるだけで可能です。

一方、 ロフトを増やす ₌フェースを円弧の中に向ける は
トップからインパクトまでの間に
グリップよりもヘッドをたくさん動かす必要が生まれます。
ですので ヘッドの遅れは大敵になります。
グリップよりもヘッドをたくさん動かすには
どこかの時点で からだの回転を減速、止めるか、
クラブの移動 と からだの向きの変更 を
分離させる必要、平たく言えば 手振り が必要になります。
【ゴルフスイング】 20210701_Moment

ですので フェースを円弧の中に向ける、
ボールを円弧の中に掻き入れるような振り方/打ち方 に対し
手で振るな、からだの回転で打て とは
ボールを打つな と言っているのと同じです。
からだの回転で打とうとすればするほど
ヘッドは遅れ、ロフトの開き としては良いですが、
それに フェースの右向き(右打ち)や開きが
付いてきてしまうので 後々、フェースの返し〜手振り を
より強めなくてはならなくなります。

ヘッド単体を動かせば
スイングの軸点は 左に移行出来なくなります。
ヘッドがグリップを追い越せば
自分のヘッド(頭)は蕕坊垢、残ります。
スイング軌道で言う、最下点はボールの手前、蕕
来やすくなるわけです。

それは右サイドの下がり や からだの開き
 を誘発しますが、そうしないと打てませんから
ソコを技術的に改善するコトは出来ません。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(3)


アマショットのスイングが
ボールより手前が大きくなり、
ボールより先が小さくなる のは必然 で
フェースを円弧の中に向けるのが早い ので
当然、フォローは大きくなりませんが、
そこも 技術的には改善出来ません。

別件で『リリース』の件も書きましたが、
リリースは少なくとも グリップがボールを追い越した
インパクト直前、もしくはインパクト以降 が
理想であって、ウエッジやショートアイアンでは
そのリリースすら存在しない場合もあります。
クラブ、ヘッドの慣性のフリー化である『リリース』は
 スイングの終息へ向けた打撃のオマケ に該当します。
その 打撃のオマケ の部分をメイン に
ボールを打とう とするのですから
 いろいろと難しい問題は出てくるでしょう。