からだの回転
ゴルフではヨクヨク出てくる
ある意味 大切で、 ある意味 忌まわしい言葉 です。
 ✋Rさん 復習事項ですよー


手振り、手打ちが悪い訳ではありませんが、
例え 手でクラブを振って打っている人であっても
からだ をまるで使っていない訳 ではなく
カラダの向きが変わるコトそのものが打撃になっていないだけ
なので ホント 言葉遊びみたいになってしまいます。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)

カラダの向きを変えるコトは大切ではありますが、
カラダの向きを変えるコトそのものが目的なのではなく 
カラダの向きを変えるコト で
  グリップを動かし

そして シャフトによってつながったヘッドを動かし
ボールを打つ、その為に向きを変えています。
ですので 主に、ですが
ダウンスイングで 左半身の廻り、移動に
左腕、左グリップが付いて行かなくては
 結局、手で打たなくてはならなくなります。

ショットは概ね 両腕の長さが釣り合っていないと
カラダの姿勢が崩れたり、
弾道の上下左右の方向 上がりや左右のばらつきを
生む原因になるので
足を使って からだの向きを変えるコトをお薦めします。

肩を廻す、腰を廻す とよく言われますが、
基本は 土台である 足がからだの向きを変えているから
肩や腰も向きを変えるのであって、
カラダのねじれを作らない補正 程度の意識は
有っても良いと思いますが、箇所として
肩や腰、特に腰を主として廻るのはお薦め出来ません。

リリース の勘違い❓_Moment


カラダの向きを変える 意識のポイント なのですが、
クラブ〜腕はその関係、概ねの形は
  トップオブスイング位置でロック、
体の回転 で グリップに遠心力をかけ
 その結果、右腕が伸びていくように 考えて下さい。
向きを変える以外、自分では何もしないようにした方が良いです。

拒否はしないけれど、
自分で積極的には伸ばそうとか、動かそうとはしない方が
回転に負荷がかかりません。
右軸足から動き始まる訳ですが、
莠澗に移行できるまで
どちらにも体重が掛からないモラトリアムな時間があります。
その際に、積極的に腕を動かそうとしたり
ヘッドに遠心力が掛かると 本能的に右軸足から動けなくなります。


くれぐれも ヘッドに遠心力をかけてはイケマセン
 それでは尾に自分が振られる形になります。
 ヘッドに遠心力をかけるのは インパクト以降で…。

そういう意味では
 回転による不可抗力によって
 他力本願で 打撃部へとグリップは入っていく ので
それに都合の良い、よりそれがし易い形
 というのが トップオブスイングの位置であったり、
 姿勢である、と考えた方が良いかも知れません。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)

回転と踏み込みにはっきりした順序は無く、
交じり合ったモノです。
✋あくまでも イメージ で良いのですが、
低めにティーアップしたボール
 その先にターフを取る イメージで
回転&踏み込み をしてみましょう。