◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年12月

 クラブ扱い、スウィング で何を追い求めるか

というと ベクトル探しの旅 だと思う。

 クラブヘッドに実際にかかる重力や慣性

  クラブそのものに掛かる重力や慣性、遠心力…

   人間のそれぞれの部位にも重量が掛かってくる

  それらと 自分の動かしたい ベクトル が調和 というか

 妥協できる 共生できる そんな運動の指向性 方向を見出すことだと思う


  特に ダウンスウィングで 自分の行きたい方向

 クラブヘッドの行きたい方向  クラブの行きたい方向

それぞれが 共生できる 似通った一定方向へのベクトル……


  運動が伴った時に それぞれのモノに 重量の配分や形状の異なりにより

 それぞれ 微妙に違う 不可抗力が掛かってくる

細かく考えても意味が無いので 大まかなところ その不可抗力を最小にし

出来るだけ 自分の「行いたい」運動を遂行するためには

それぞれの 動かすベクトルを似通わせる必要が生まれる。


 前回でも書いたけれど ベクトル…指向性のある直線 の天敵は

          曲線/円 である

ベクトルに運動エネルギーを掛け合わせると

 ベクトルのズレ で済む 可能性 だけれど

  円運動は クラブも含めたそれぞれの部位の重量配分や形状によって

   円/曲線運動は 更に沢山の円運動を生むことになる


直線/ベクトル運動でも 立体・3次元では そこそこ 複雑なのに

 曲線/円運動にしたら 二度と同じ事が出来ない位複雑になっていく…ドラムショット
直線運動をしても その部位やクラブの重量配分や形状によって
補足的に 曲線/円運動が生まれやすいのに
それを始めから 曲線運動にしたら…
その運動を 数式で表すと 円運動の場合 飛躍的に数式の量が増える

ゴルファーは勝手に考えているケースが多いが
グリップを支点とした円運動は クラブの重さを恒常的に変化させるので
グリップ部・支点部を 立体的に 引っ張ったり 押したり 複雑に影響を与える。 
ヘッドをターンさせるにしても グリップを支点として ヘッドを振る動きにしても20090801 2009_08_31_23_13_36-320フレームショット グリップ部分が動かず ヘッドが円を描くと思っているようだが そのヘッドのスピードや 重心位置をシャフトの関係 フェースの面の向き 作り出す 更なる円運動が 支点部分にも影響を与えていく…

例えば クラブ全体を 斜めに円運動させる動き…
その動きは グリップ部分も外に引く張力が発生する上に
その動きの中でヘッドをターン/円運動させれば
そこにも別な円運動 小さなその円運動は 大きな円運動と 双方別な張力を発生し合う…
開いたヘッドを閉じる動きは 下がっている重心位置を上げる動き
その動きを クラブ全体を下げながら 行うので
非常に難しい複雑な動き  想像を絶する複雑な不可抗力が発生する


人間は それに応じて 想定の長さや重さ になるように 微調整をしようとするので 人間の動きもまた 複雑な修正を繰り返す事になる

静止時の 長さや重さを基準として
重くなりそうなら 軽くなるよう 長くなりそうなら 短くなるよう
絶えず 人間は調整を繰り返すような動きになってしまう…

 これでは 本来のクラブの長さや重さ 機能は発揮されないので
  それぞれのクラブによる「違い」など判別することは不可能である
  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 僕は クラブ扱いは ベクトル探し で勝負が決まる と思っています

ベクトル とは どこかの方向を指す 直線です

 スウィングもクラブも立体ですから

  その ベクトル は 立体的なモノです


 ベクトルの 天敵は 曲線 です

ベクトルは 曲線には 絶対勝つことが出来ません。

ゴルフクラブ 特にボールと触れるヘッド部には

ボールを拾い 飛ばし 上げ 曲げ 回転させ 止め  る構造を持った

 ロフト角度 と ライ角度 というのがありますが

その関係は 十字の関係 水平と垂直の関係 です。

そして 地面に有るボールを効率よく 安定して 打つために

ゴルフクラブを動かす人間の姿勢には前傾というものが付いてきます。

残念ながら 前傾を無くしてしまった方が 簡単に

 そして 効率良くなる という方法論は僕には一つも見つかりません。

  (そのような 方法があるのであれば 是非 お知らせください)


また ヘッドには 効率良く 安定して ボールを飛ばすために

 重心位置 という 打撃部分とそれを持つ軸棒とに 位置のずれがあります


  … それが一直線の方が良いのでは  と思っている限り
    絶対に「ゴルフクラブ」扱いは上手くなりません
    練習を 人一倍 し続けて下さい   体壊さないようにね。

 そのズレは 色々な意味で 非常に大切で
そのズレが ゴルフスウィングを形成している
そのズレをいかに有効に活かし そのズレに体を動か「させる」か
 そこら辺が 勝負の分かれ目になるのだと思います。

 打撃の下ごしらえ 下準備の時点では
  その重心位置のずれがスウィングを作りますが
   打撃そのモノに近づくと シャフトの運動性がそれを消します
     あ……勿論 正しく使えば ですが
IMGA0239


ゴルフクラブの重心距離 は
 カマキリや桑の様に 外に落ちているのではありません
  自分の方に向いているのです

 昨日の動き バックフェースの向きにヘッドを動かしていく
  アドレス時のコッキングアングルを保ち
   シフトし 右足の直立脚/軸足を作り
    お尻 骨盤 秀二の向きを変えると

   だんだんと ヘッドの先が自分の方に近づきたがり…
 それに 伴い クラブヘッド クラブそのモノが 上方向に
  動きたがりませんか…


   バックフェースの向きに沿って…
  トゥが重たい縦の動きに任せて…

 体の向きが終わりを迎えると バックフェースの向きと行き先がなくなり
  そして 回転運動が揃って終わりを迎えませんか

        それでは また24時間後…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 僕は常々 視覚情報に騙されない様に と言っています。

その僕も陥りやすい「騙し」なのですが

 実は ゴルフクラブには 機能としての フェース面 というのは
  無いのではないでしょうか…

ものすごく ニュアンスを伝えるのは難しいのですが
 ロフト角度もフェース面の事を指します
  ライ角度もフェース面の事を指します

   その他に フェース面 勿論 物質的には存在しますが
  機能としては ロフトとライ でおしまい なのではないでしょうか


何故 そう思うかと言うと
 人間がゴルフクラブを持ち ボールを打つ場合
  アドレスして見ている ヘッド フェース
   何気なく 縦の方向には立体だと言う概念が薄いのではないでしょうか

 目  という構造から考え
  ボールとその眼の位置関係から考えると
   アドレス時のロフト感覚って 視覚的には分り難い と思います

 アドレス時に目に見えるのは フェース  その平面的な「向き」だけです

でも その実 その向きは かなりの立体で
 ライ角度は勿論ですが ロフト角度や 接地条件などにより
  かなり 分り難くなっています。

  視覚的には ライ角度とフェースの面はイメージし易くても
 ロフト角度とフェースの面の感覚は分り難いと思うのです。

 もし ロフトの立ったクラブのフェース面が縦方向に大きく
 ロフトの大きいクラブが縦方向に小さかったら
  簡単にイメージとしてのロフト角度は 騙されてしまうと思います
 数えてみた事は無いと思いますが ウエッヂの方が 「ワザと」
 スコアライアンの本数 は 多いんですよ
  別に 極端に間隔が狭くなっている訳ではないんですよ


 では フェース面の持っている意味 は 何でしょうか…
  何か 機能 ではなく 役割があるんでしょうか
IMGA0238


   僕は フェース面の役割 は ガイド だと思っています
 正しく扱う 扱おうとする 扱いたい という条件の上で
  クラブヘッドは 必ず フェース面の向いた向きへと動きます。
 また 扱う人間のイメージも フェース面の向いている方へ
 動かしやすい筈です。 感覚的にフェース面の向きを違う方向に
 ヘッドを動かすのには違和感が伴う筈です。

 テークアウェイでは真反対になりますが
  アドレスから 前傾姿勢は保って シフト 骨盤の回転
 という条件の中で まずは ゆっくりと バックフェースの向いている方に動かして見て下さい

ヘッドは どのヘッドも 先 トゥ側が広がって ヒール側がつぼまっている
 上から見ると 平面上 縦にも 横にも 三角形の形をしています

 飛球線真っ直ぐに引く のが本当であれば
  この形状は 視覚的にも 形状的にも 適していない筈です

 その アドレス時の飛球線と垂直なリーディングエッジの状態から
  比べると トレーリングエッジはマイナス イン側を向いています

 前傾を守り バックフェースの向いている方に 少しずつ動かしていくと
シャフトはあまり立たなくとも クラブはそこそこいい所に来る筈です。


 ヘッド/フェースの縦の形状は 人間の目には 打つ本人の目には
あまり自覚することが出来ません。
縦方向に△三角になっている事も 知っているから そう思うだけで
視覚的には認識し難いモノです。  ですから その形状は役割ではなく
機能が本質なのです。 重心距離を作り 上手く打たせる

 しかし 水平方向 横方向に広がる その形状は
  人間の目から入る認識に当たる 役割 なのです。


だから パターの様に 後ろが直線/真っ平らだったり
 円系だったり するモノは テークバックが取り難いのだと思います。

  唯一 L字のパターだけが 末広がりに トゥ分が広がっているのです

両手で持っている限り 地面から脚を離さない限り
 クラブヘッドは飛球線真後ろに引く事は出来ない事は
  体は知っているから です。


クラブのソールを見て下さい
 ロングアイアンほど トゥ部の幅が厚く
  ウエッヂはトゥから ヒールまで ズンドウ〜

  機能的には ロングアイアンは重心距離が短く ウエッヂは長い方が
 良さそう なのに その 反対になっているのは何ででしょうか?

 ライ角度のアップライトなウエッヂの方を先を膨らませないのは
  何ででしょか

        それでは また 明日…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 ちょっと タイトルとは離れた話題になっていますが
勉強になるでしょうから続けます。

人間の反応というか 情報処理能力は非常に優れています。
クラブの重さや長さは 殆んどの人が固定 決まっていて 不変だと
思っていますから 急に長くなったり 重くなったりすると
ありとあらゆる方法で調整し始めます。20090801 2009_08_31_23_13_36-316フレームショット例えば このようにダウンに入ってきたとします この状態では想定以上にクラブが右半身に負荷として掛かります。 クラブが想定以上に重くなっている……これではボールまでたどり着けないから 本来のインパクトタイミングを早める必要が出てきます。 アドレス時のボールと自分の位置関係では ボール寄り手前にヘッドは着地してしまいます、クラブが想定以上に重くなったからです。

クラブは ライ角度 と ロフト角度 という
 全く十文字の クロスの構造によって 構成されています。

 以前の記事で 実験しましたが  ボールの自分との位置関係
ボールの位置が 胸の高さで有れば 皆さんの現在お使いのゴルフクラブの
形状や構造では ライ角度とロフト角度が逆転してしまい
ロフト角度の方向にクラブが飛びやすくなってしまい
何がロフトで 何がライ角度だか 分らなくなってしまうのです。


当たり前 と言えば 当たり前なのですが

 ロフト角度は ロフト角度

  ライ角度は ライ角度  として使わない限り

   ゴルフクラブは その機能を一切失ってしまうのです。

ですから クラブが想定外の重さや長さになりやすい動きやクラブ姿勢/位置を
作ってしまうと それを処理する体が 色々な姿勢を作ってしまい
ライ角度やロフト角度を複雑に混雑させてしまうのです。


ロフト角度って なんでしょう
 これは エネルギーの変換器 です
  位置エネルギーや運動えねるぎー そして ヘッド重量
   それらが 作り出した破壊力 を 
    角度 と 並進速度 そして スピンに 振り分け
     エネルギーを高さと距離に分散させ 距離を打ち分けさせます

ライ角度って なんでしょう。
 僕は フェースの向き そのモノ だと思います
  立体的な 3次元な フェースの向きがライ角度なんだと思います

それでは フェースの向き って何でしょう
 皆さんのイメージでは フェースの向きって
  リーディングエッジ とか 一本目のスコアラインの向き だと
   思っているのではないでしょうか…



 では ちょっと 話を切って

   謎かけと行きましょう


  僕は 最終的には ゴルフのショットは

    プッシュスライス を目指すべきだと思っています。

 
     プッスラ  です


  答えは出しません。  このままこのシリーズを読んでいけば
               ご自分で答えを出せると思います


      では また 24時間後…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 クラブを正しく扱うと 見た目 インサイドアウトに見える
理解出来ましたか これ クリア しないとまずいッス
 理解出来ない人はコメントなり メールなり で質問して下さい
  どう理解出来ないのか 自分の考えるヘッド軌道はどうなのか

では 3時間目の授業に入ります
 インサイドアウト  長さが変化することによる軌道
  前日の授業で飛球線は忘れてくれ と言いましたが
   比較するために 引用します。
  
遠心力等により 長くなっていくクラブ
 その軌道は 大体 1〜7度位 飛球線より外に出ていきます
 sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット別な記事でやりましたが ボールはそのヘッド軌道に対し 真っ直ぐ飛びだす のです。 軌道そのモノは クラブの長く仕方等が人によって大きく異なりますから どれが「正解」というのは無いと思います。

その軌道というのは 何度も説明していますが
長さやスピード等の間接的な関係を除き 
  「決して」 自分の作為で作るものではありません

その軌道には もう一つ 大きな影響を与えるモノがあります。
 それは ヘッドの姿勢…分り易く言うと フェースの向きです。
  現在作っているヘッドの軌道
   そのベクトルに対し 垂直に近いフェース面の向き
    それが そのベクトルを持続させます。

そのベクトルよりも 閉じる クローズなフェース面の向きは
 クラブヘッドを内へ 内へ (自分に近い方に) 誘います
  一見すると 重心位置がシャフトを追い越すので 加速度が増しそう
   なのですが 重心位置がシャフトを追い越すと その重心位置には
    下方向への重力のベクトルが発生するので
     ベクトルが分散し 減速してしまいます。

   フェースがクローズになるタイミングはおおよそ
 前傾姿勢などにより ヘッドが上がり始める頃なので 下へのベクトルは
大きな減速につながる可能性があります。



ヘッドの移動ベクトルよりも 開いた(オープン)なフェース面の場合
 クラブは 事実上重くなります(クラブの長さに重心距離が関与するから)
  動かしているモノ(シャフト)よりも 進行方向後ろに重さが残るので
   クラブの運動速度が遅くなる可能性が出てきます。

クラブは重くなると長くなりやすいですが
 その反面 重くなると遅くなりやすくなります
  そして 遅くなると短くなりやすいのです   厄介な代物ですね…

そう考えると
 casting
例えば この方の場合 早い段階で クラブを長くしてしまっています クラブが重くなっているので ライ角度を消し 体を起こし 体の方をクラブに近づけ長くなる事による重さ、重くなる事による減速を 本能的に消しているのではないでしょうか  ダウンスウィングでキャスティングする人の特徴は非常に似ていて 打った後は急激に横に振ってしまうのに インパクト付近は総じてシャフトは垂直に近づきます。
クラブの長さや移動スピードを使って 重さを運動中に色々と調整してしまう訳ですから 本来のクラブの重さ ヘッドの重さ など感じることは不可能でしょう。 重くなったら 重くならなように処遇し 軽くなったら早く動かし やっぱり重くしてしまう  クラブヘッドそのもの重さではなく 自分の運動による複雑な重さの一部としてしか クラブヘッドの重さを感じ取れない訳ですから
クラブの違いなど分る筈がありません。

為になるでしょうから 続けますが 例えば テークアウェイで
クラブを腕で横に動かし29フレームショットこのようなクラブ姿勢を作ってしまえば クラブは上がったのではなく 右に倒れた状態でスライドして高くなったのですから 同じ位置の正しいクラブ姿勢よりも クラブは重く感じます
クラブは体の右外へ行ってしまっているので 右サイドに要らない重さが掛かっています。20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット同じクラブを使っているとしても 右の写真に比べると左の写真の方が重く感じるでしょう。 この手のクラブ扱いする人は総じて重心距離の長いモノが嫌いです。 同じヘッド重量でも重心距離が長い分 クラブがより長く重く感じてしまうからです。 勿論重いヘッドも嫌いです。
ここから 左方向への運動をする上で 上半身の幅の中、体の前にあり クラブの長さがゼロに近い状態でスタートするのと フェースが上を向き クラブがシャフトの長さと重心距離の長さ分 × ヘッド重量 で有るのとでは 同じクラブで有っても 全く違う重さ 重さ感になる筈です。
右の写真では シャフトはその硬さ(柔らかさ)とヘッドの重さで
 トゥアップしていますが 左の写真では その硬さとヘッド重量「プラス」重心距離分 横にしなっています スピードの無い状態でシャフトが横にしなると
重心位置という存在のお陰で シャフトは捻じられてしまいますから
より重くなりますし スタートの時点から複雑な運動が始まります。

特にこれから 左方向への動きになるこの時点で 掛かるクラブの重さ 負荷
それが 右半身にかかる重さは ものすごく違います
右の写真では クラブは短いですし 重心位置も対してシャフトから離れていませんので薄〜く重さが背中側にかかっているので よりクラブは軽くなります
左の写真では クラブは長いままですし 重心位置のズレ分更にクラブは重くなっています シャフトも捻じられていますので その正確な割合は分りませんが
これから 始まる運動に対し 二つのクラブの負荷としての重量は 「倍」 では効かないと思います。

左のこのスウィングしている人に それぞれのクラブの違いを聞いても
 多分 分らない筈です。
       それでは また 明日
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 インサイドアウト   …クラブヘッドの作る軌道の概念は
 理解して頂けただろうか 
  
 しつこいようだけれど これを間違いて理解すると 
           これから先の話は全く意味しないし
クラブを寝かして 体の右側から左側へと 体の動きよりクラブを遅らせ
のちほど 体の動きを追い越して 腕さばきで作るヘッド軌道 をしている限り
例え スクラッチプレイヤーであっても 日本アマに出場していようと
 単なる偶然を 尋常でない練習量で 続けているだけである。

 平均的なゴルファーの練習量と体力では
  今出た「ナイスショット」をもう一度行う事は
   単なる 4個のサイコロの目が全部 1 を2連続出すようトライしている
    そんな行為になってしまう
      それは何故なのか 少しずつ解説していこう。


良く耳にする言葉で
 多くのアマチュアが悩む スライス

  その原因は ファースが右を向いている(開いている)から

  ヘッド軌道がアウトサイドインだから

    「知ったか振りの人」が言う 二つの原因である

検証してみよう
 フェースが右を向いている → スライス
そうなのならば フェースが左を向いている → フック となる訳で
右に出た球はスライス、左に出た球はフック という事になる。

 しかし 実際には 右に出てのフック そして スライス
 左に出てのフック、そして スライス と大きく分けると4種類の球筋が
 発生する。 上の理論では世の中の球筋は2種類になってしまう…

次にアウトサイドイン だから スライス
インサイドアウトだから フック
 で この イン とか アウト は何を基準にしているか というと
多分 その「知ったか振り」の人達は飛球線に対して言っているのでは
無いだろうか…
で この飛球線は 単にアドレス時のボールとターゲットを結んだ線 なのか
それとも それぞれの人のアドレスの例えば脚 靴 かかと つま先 そう行ったものと平行のラインを指すのか… はっきりしない。

正しくクラブを扱っている人にも 微妙に オープンスタンスだったり
クローズスタンス だったりするし、つま先で有れば 両足(靴)の開きも
人それぞれ 結構バラバラである。

僕の知る限り アドレス時 ターゲットラインに平行に立てている人を
見るのは 砂丘で針を見つけるよりも少ない確率、
 殆んどの人が その両足のつま先の開きが左右異なるのに
  つま先をターゲットに揃えようとしている。
   アドレスは 色々な理由で 左のつま先を方を少し開く事が多い
    その両つま先をターゲットと平行にすると
     その度合いにもよるけれど かなりのクローズスタンスになる
   → 右を向いている とも言うけれど…
    話は大分逸れてきたけれど 大切だから続けます
   
 スタンスは 両脚のかかと で揃えるようにして下さい
  つま先で揃えるのなら それぞれのつま先の開き具合と良く相談して下さい

 スタンスは理想的には やや オープン(両かかと)がお薦めです。





飛球線を軸とした ターゲットライン
 これはこれで 大切ですが クラブヘッドの軌道 との関係は
  あまり重要ではありません。   忘れて下さい


前の記事で説明した インサイドアウト は
 クラブの長さの変化(上から見た状態で) による ヘッド軌道の見え方で
  ボールを基準とすると 左の方が体からヘッドが離れ
   右の方が体に近い所を通る  から インサイドアウト のように
    み え る だけで
   軌道そのモノは 自分の体の向きによって作られるので
  正しく横に動かす という意味では
 長さによる見え方を除けば一定なのです  分りますか

      それでは また24時間後にお会いしましょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 今回の記事はちょっと複雑な内容で混乱しやすいので
  良く読んで欲しい

非常に大事な事で 間違って理解していると
 何十年にも渡って 答えの出ない迷路から抜け出せない


 ますは 軌道についてもう一度説明する

俗に言う インサイドアウト アウトサイドイン

 存在するけれど 95%のゴルファーは間違った意味で理解している。


クラブヘッドの通る軌道 上下 高低 を除けば
 腕や手のさばきや動きは一切 直接関与はしない…
 →クラブを持っている 腕の生えている 体の向きの変更 で
   クラブヘッドの通る軌道は決まっている

 両手でグリップエンドを持って へそにくっつけて
  シフト & 骨盤の向きの変更
   この動きでしか クラブは横には動かない

 ものすごく下品に言えば 立ち小◎ している軌道 に近い


しかし クラブはある意味 短く なったり 長く なったりする

 意味不明?? クラブは垂直になったり 水平になったりする

垂直になった状態はクラブの長さがゼロになったのと同じ
 コブシの真上 グリップの真上にヘッドがあれば クラブの長さが短い
  → この状態が 一番クラブが短くなる瞬間だ

 コッキングのアングルが解かれ クラブが地面と水平に近い状態
  それが クラブが一番長くなる瞬間で
   クラブの長さを 背骨からの距離 と考えると

 スウィング中 クラブがボールより飛球線後方(右)にある時は
  クラブが短くなっている時間が長く
   ボール寄り飛球線前方(左)になっている時は
    クラブが長くなっている時間が長い(多い)

 このクラブを含めた動き・現象は 人間が作為的に作るものでなく
  放っておけば クラブヘッドの重量 と スピードが 自然に作り出す

 ☆ヘッドが早く動けば動くほど クラブは長くなり易くなる


 その結果 正しくクラブを動かせれば
  必然的に ヘッド軌道は 形式上 インサイドアウト になる

  手や腕で 体の右側から左側にクラブを動かして作る軌道は
 ゴ ル フ ス ウ ィ ン グ の 軌 道 と は 呼 ば な い 

  *ゴルフスウィングとは「ゴルフ」「クラブ」をどう動かすか という意味で ゴルフクラブを正しく使おうとしない ゴルフクラブのその機能を使おうとしない動きは 単なる「打撃」で ゴルフスウィングとは呼ばない


  ここまで 理解出来ただろうか


スウィングの軌道は 体の向きの変更  骨盤の向きの変更 で行うので
 シフトや骨盤の回転 が クラブヘッドの作る軌道に基礎になる

 しかし ゴルフクラブの動きには 縦の動きが存在するので
  グリップ部とヘッド部の 上下差が強くなるほど 物理上 力学上
   クラブは短くなるのと同じで 背骨からヘッドまでの距離が近くなる

 ヘッドの重量を使って 正しくボールを「ゴルフクラブ」で打とうとすると
  ボールを打つまでは クラブが短くなっている時間が長く
   ボールを打った後では 遠心力などの影響で クラブが長くなっている
    時間が長くなる


 これにより クラブヘッドの軌道は 形式上 インサイドアウト になる

   わかったかな〜?

     それでは 24時間後にお会いしましょう
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 重要なので 立て続けに書きます


☆ロフト角度

  ☆ライ角度

    ☆フェース面の向き


この3つの言葉 
  変じゃ 有りませんか…


   ロフト角度は線じゃない


    ライ角度も線じゃない

    
     フェース面の向きも線じゃない



  ロフト角度は 縦方向のフェース面の向き


   ライ角度は 横方向のフェース面の向き



  では 単独に フェース面の向き はどこ?




    人間の目は横方向に二つあるので

     アドレス時に ヘッドは 平たい物体見える…


  縦の形状は 「知識」 をして知っているだけで

   実際にボールを打つ時 縦(垂直方向)の立体は

    横方向(水平)ほど 認識し辛い…


   フェース面の向き という単独の言葉は存在しないのではないか…



人間の目は横方向に付いているので

  フェースの向き という 平面上のモノが認識されがち だが

   当たり前 だけど フェース面は複雑に斜めに傾いた「面」で

    それは 縦方向のロフト と 横方向のライ

     この二つによって 構成されている…


  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 良く 聞く 言葉

  真っ直ぐ 打つ  とか 真っ直ぐ飛ばす

 長年 雑誌やレッスン書では
フェース面 フェースの向きで それを実現しろ と教えてきている

 僕は 反論覚悟の上で 真っ向から反対したい!

仮に ヘッドスピードを 40ms位としよう

   時速に換算すると 144kmh

  パトカーにつかまって 一発免許取り消し 下手すりゃ逮捕だ

 そんなスピード なんである。

これを フェース面の向きで 目標方向に打つ事は 非現実的 と思う。

 ドライバーで言えば フェース面は湾曲(バルジ)が付いている

機種によっては フック角度や マイナス角度

 そして 最近になっては ライ角度にもかなりの幅が出るようになっている

castingこの写真を見て貰いたい この映像はインパクトのホンノ一瞬手前から抽出したモノ… 良〜く見ると ヘッドやフェースはかなり右を向いている  → 目標方向にある白いキャンバスよりも相当右を向いている。 残りの時間で 俗に言う スクエアに向けるのは 不可能、非現実的である。 
ライ角度もアドレス時よりも相当フラット 10度近くフラットになり 
リーディングエッジのライン自体も 右に向いている
どう考えても 右に飛び出る と思うでしょう

  と こ ろ が 

sample
結果は やや左へのハイボール
ホンノ 1/100 や 1/1000秒手前では アイアンでシャンクしそうなほどのフェース姿勢…  フェース姿勢で見れば 右に飛び出て 右にドドド「スライス」が出そうな状態の弾道が 左へ飛び出る

多分 色々なゴルファーの インパクト直前のコマ写真 を見て ボールの飛びだしはどっちだ? クイズをしても 誰も正解出来ないだろう。  僕にも全然分らない。

一般のゴルファーは 平面上のフェースの向きでボールの飛び出る方向が決まると思っている。 でも その フェースやクラブの構造は もちょっと複雑な立体であるから 多くのゴルファーは 「ライ角度」 を忘れている
ライ角度を忘れて フェースの面だけ 面の向きだけを考えてしまうと どうフェース面の向きをスクエアにしても 右向きの出球やスライス から逃れられない


はっきり言えるのは 上の写真の人の出球は

 インパクト前後で動かした ヘッドの動き/ベクトル 通りに出ているのだ

 ヘッドの通ってきたベクトル通りに ボールも飛び出ている

ボールがハイボールになったのは それ相応のロフトだから で


  ボールの飛び出る方向は そのヘッドの動いたベクトル通り


フェースの向きは そのベクトルに対する 角度が問題で

 その ベクトルと垂直なら 限りなく横スピンは無くなるし

  マイナスなら スライス回転

    プラスなら フック回転


 → アドレスの目標ベクトル に 対する フェース面のプラスマイナス
    では無く 実際に打撃した際の フェースの向きが
      ボールの回転 ボールの球質に影響を与える

ここで アウトサイドイン の正しい概念については ちょっと割愛するけど
 例えば ヘッドが 目標方向に対し  2度外に向かっているとする
  フェースの向きはアドレスに対しては 1度マイナス
   そのベクトルに対しては 1度プラス

  → この弾道は うす〜く 右に出て フック回転が掛かる
      左に曲がるかどうかは 分らないけど…

 例えば ヘッドが目標方向と全く同じに動いて
  ヘッドはアドレスに対しても ベクトルに対しても2度マイナス
   だとしたら 真っ直ぐ出るスライス回転の球 になる


   フェース面のプラス・マイナスには ライ角度が大きく作用すること
     忘れないでね 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 新悶絶クラブ 超重量級ヘッドになって かなりのヘッド重量の恩恵を
感じているだろう。

 比較するのは何だけど  ♯5IRON head-weight

   キャロウエイ X22「ツアー」   248g
        …ツアーってサー☆スの事?
   オノフ 「プラス」        250g
        …☆イナスの間違いでは?
   ゼクシオ プライム            246g
   バーナー プラス         247g
   ツアーステージXブレード701G       252g
  ☆プロギア TR-X505           ☆242g
   ミズノ MP-52              253g

    あの〜 ハミングバードの9Wって 240gオーバーなんですけど…

  ☆ベガ OS Wニッケル HBS-sp.  278g

昔と違って 大手量販メーカーはあまり良心的ではないので
 スチール用 グラファイト用の2種類のヘッドは作らないだろうから
  これが 装着シャフトに関係なく 双方に装着されている訳だ


当然 ヘッドの持っている破壊力が違うので

  飛距離には大きな武器になる   のは想定済みだろう

同じ条件なら ヘッドスピード 2ms分以上の差になる

しかし 軽いヘッド は結果として シャフトも硬くしてしまうので
より ロフトの多い状態でインパクトする事になるだろうから

 ロフトの立ちやすい条件での 重いヘッドと

 ロフトの多くなりやすい条件での 軽いヘッドは

たぶん ヘッドスピード 5ms 以上の差になると思う

2009年10月20日_IMGA0226
 

































ドライバー換算で  45ms のヘッドスピードのゴルファーに

  40msのゴルファーが 楽々 飛距離で勝てる 計算
     あくまでも 計算 理論じょうだが そうなる


だが それは 織り込み済みで それ以上の効果が出る
 
 あくまでも ロフトが立てられる という条件の上だが

  まず モーメント効果が重量分上がる

モーメント という言葉自体 勘違いされがちだが
スウィートエリアが広がる のは 二次的なモノで
基本的には その言葉そのモノが 重量を示しているのだ。

それにより ミスヒット あたり損ねに 大変強くなる。
 ダフリ トップ という 本来 ミスヒットになりがちなモノも
  結果には出にくくなる


ラフなど ボール以外の障害 抵抗にも 大変強くなる



 当たり前 と言えば 当たり前なんだけれど
重量が重く ロフトを立てる効果が強くなるので

  スピンが効くようになる

  まるで プロのような スピンボールが打てるようになる

タネを明かせば スピン量自体は減っているのだけれど
 スピンが弾道後半に残るようになるので 接地時に効果を発揮するのだ



 ウエッヂの効果は 絶大

    史上最強 最凶 のウエッヂと 呼んでも 良いかもしれません。


2009年10月20日_IMG_0980


















 営業活動になってしまいますが 予算的に アイアンセットは…
  ちょっと 今は苦しい と思われている方
   新悶絶以前の 弊社のクラブをお使いの方

    是非 新悶絶超ヘビー級のウエッヂをお試しください。 


ちょっと 低めの  周りの人からは トップした と思える弾道が
 ワンバウンド もしくは ツアーバウンド目 当たりで
  ブレーキが掛かり スウッ〜と 止まってしまうんです
    これ 約束 出来ると思います 





アイアンの距離について 徐々に報告が上がってきています
先日 コメントを頂いた レフティーのI さま
 番手 という事で 比較すれば
  以前のクラブよりも 外観で 半インチ近く短くなり
   ロフトはひと番手以上 多く   寝ている

  のに すこし ハミングバードの営業活動を気遣って下さり
   オーバーにコメントして頂いたのかも 知れないが
    ひと番手以上 二番手位 飛ぶようになったと報告頂いた。

  コースでの H/Sは計っていはいないけれど
 ご本人の感触は フルスピード の7〜8割の感じ と。

 …多分 人間のアクションが 7〜8割の感じで
  スピードそのものは変わらないのだと思う


  ひと番手分短くなって

   ひと番手半分 ロフトが寝て

    ひと番手分以上飛ぶ…

     
  番手の刻印を無視し ロフトと長さで単純比較すると

   二番手〜三番手分 何故か 飛ぶようになる…

    人間の労力は少なくなったような感じがするのに…



  答え:決して カタログ上のロフトや長さなどの

      表面上のモノは頼りにならない という事
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ