◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年10月

4
 ブログを始めてから まるでお見合い写真のように
全国から スウィングの写真や動画が送られてくる。

20090801 2009_08_30_20_03_19-60フレームショットそれを どう 僕が分析しているか…
 多分 スウィングを紐解く ヒントになると思うので 書き出してみた。


まず 動画の場合
 特徴的な動き は 何故そうなるのか を見つける為
  逆に どうしようとすると こうなるのか 想像してみる
    その想像の元 何度か 動画を見てみる

通常速度で 流してみると 特徴的な体の箇所は
 その場所だけが 必ず 他の全ての動きに比べ   「速く動く」

 クラブも含めた 全ての動きが 同じような速度の動きであれば
  多分 スウィング クラブ扱いには 問題がない
   だから 僕のところには送ってこない


 鼓笛隊のモデルケース の動画を持っている人は もう一度 見て貰いたい
  確かに 全体の雰囲気に比べ ボールを打つ前後のヘッドは速く動いて見える…
   コマ送りにすると分るけれど 体の向きの変更分しか ヘッドは動かない
    ヘッドの方が 縦 横の動きがあるから たくさん動きそうだけれど
     殆んど 体の向きの変更と同調して動く 
なんとなく ボゥーっと見て ヘッドだけ多く動く テークバック
 この時点で もう上手く行かない事は決定

  テークバック時の右肘の使い方
  お尻の回転
  こぶしの通ったラインとヘッドの通るラインの関係

   そんなことをなんとなく見てみる
   そして その人が どんな手順で動かそうとしてるのか推測する……

  スウィングは ボールを打つ行為 そのものよりも
   ランニングアプローチ とか 素振り である程度決まっちゃうし
    究極には アドレスとグリップ、スタンスで終わってしまう けれど…


スウィングのミスアクション デスムーブの殆んどは
 アドレス グリップ スタンス の 「静の動作」 に隠れている
                  ……僕自身の問題もそこにある

それが概ねクリアできれば 残りのほとんどは テークアウェイ で決まってしまう

 静の動作 と 静から動への動作 で 動作の良し悪しは決まってしまう
  そこから先は 良くも悪くも 不可抗力が王様の世界だから…


 最終的には  ヘッド重量を重力を味方にして ボールに与えられて
  そのエネルギーを 正しいロフトの立ちに変え ボールにぶつけられれば
   形や姿勢 動作 なんて どうでも良いと言えば良いのだけれど
    今まで ミスアクション デスムーブを繰り返し 覚えてきた人にとっては
     残念で 退屈だけれど 基礎知識と 基本動作は 覚えなければならない
      逆に その感じを覚えてしまえば 型なんて テキトーで良い

 新悶絶クラブは 味が濃いいから 手厳しい先生では あるけれど
  自分から 頭を切り替えない限り その個別の家庭教師もなかなか機能しない…



ロフトさえ立ちさえすれば あとは何とかなるんだけれど
 そうは問屋は卸さない
  今まで何万スウィングと その反対の動きをしてきたのだから…

20090801 2009_08_30_23_19_09-646フレームショット


 話を元に戻そう
デスムーブは例外なく テークアウェイにその原因が出て来る

 クラブの横の動きは体で行っていれば
  その大小にかかわらず 基本的な横の動きを
   脚を使った お尻/骨盤の動きでしていれば…

     それさえ 守っていれば 多少  イヤ 結構適当でも大丈夫。

   しかし それを 腕の動きでしてしまえば

     絶対にロフトも立たないし ヘッド重量の効果も
      シャフトの運動量も 全部 無駄  いや無駄以上。
       ただの邪魔なお荷物

    400馬力もスポーツカーも ガス欠状態ではただのお荷物


逆に言えば
  静の動作が出来ていて テークアウェイでチャント横に動かせれば
    あとは 勝手にクラブが行う
        そうクラブは出来ている
     のだが続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
相談1
トップオブスウィングの時、シャフトがやや後方に倒れこみやすい点が
スウィングで悩んでいる箇所です。
この時、自認しやすいのはシャフトの傾きよりはむしろ左手首が掌側に折れることです。

原因を推察すると
ひとつは横方向への慣性が大きいのかなと
トップ直前のスピードがゼロに向かって減速していないのかな?(気をつけているので自覚なし)

2点目は左手グリップが悪いのかなと(自分ではこちらが原因と思っています)
アドレス時に左グリップは右に比べて甲側の角度がゆるいのかな
右手はかなり甲側に折れているので左右非対称になっている。
両手首を左右対称にすると 雑巾絞りと言ったら言い過ぎですが
ちょっと近いものがあるなと感じます。

そこで質問ですが
アドレス時の手首の角度は左右同じがいいですか?
雑巾絞りに似ていてもいいでしょうか?
左手首の角度がきついと左親指はシャフトの真上には来ないのですが
それもOKでしょうか?


相談2
アドレスからの始動時にクラブ(ヘッド)が重く感じて困っています。
(特に刷毛塗りの直後)

重く感じているのが困るというかどこからいつ動けばいいの?という感じです。
(先生からはスウィング始動のきっかけなんてつくってはいけないと教わりました。)

重く感じるということは上に上げようとするから・・・・
足を使って最初だけ横に動かしてもいいでしょうか?
(きっとダメなんでしょうね?)

うまく言えませんが、上記本当の悩みは
始動時にヘッドを上昇させる・右に体重を乗せる・身体の右回転・右ひじを後方かつ肘をはる
これを同時にすることができないのです。
最初から極端な右足体重ならひとつは省略できるかな思いますがいかがでしょうか?

初冠雪

 ご本人は大変苦しんでいるので 言い難いのですが
(ごめんね でもみんなの参考になるので いけにえになってね!)
もう少し 頭の中を整理するべきです。

動作 動き や その姿/形は それそのものは重要ではありません。
我々は もういい加減な年齢ですから 高校生や大学生のように
素晴らしく アスレチックな動きにすることは ある程度あきらめるべきでしょう

 それよりも 実を取りましょう。

ひとつ ひとつの動作には 意義 意味 理由 があります
 それが 根底に無いと 動作は単なる労役になってしまいます。
  それを繰り返すとなると 苦痛以外何も残らないのでは無いでしょうか…

 そうではなく テークアウェイの意味 意義 理由 に乗っ取った準備
  その準備は何の為なのか…  何故 そうするべき そうした方が良いのか
   何故 始めから極端な右足体重ではいけないのか
    何故 両手は向き合ったグリップが良いのか
     雑巾絞り はお薦めしませんが 何故 いけないのか…

   勝手な想像ですが 動作に何かの目安 を作ろうとしていませんか?
  長年 それを追いかけてきて 失敗しているのではありませんか?
 目安やより所は 結局 自分が長年してきた反射と化してしまった
元のスウィングとの 類似箇所を探しているのではありませんか…

 運動性能も 運動神経も まったく問題は無く
言葉は悪いですが 素材としては NO PROBLEM です
もう少し ミクロとマクロ 部分と全体 それをつなげあって
  考えられないでしょうか
   人間の動きと クラブの構造
     もう少し クラブ側の視点から 人間を考えられないでしょうか

よくギャグみたいなので 一生懸命 ドアを押している
 タックルしてみたり 殴ってみたり…   実は引き戸だったりして
  そんな ミステーク だと思うのです。
   単に トゥワイライトゾーンのような 平行した世界を彷徨っているような
    そんな感じだと思うのです。

今まで 散々 人間 人間の動き そちらばかり気にしていた……
 形や姿勢 トップの姿勢 とか テークバックのきっかけ とか
  その結果は たっぷり味わったと思います

これからは クラブの形 を考え 構造も考えて そちらから
 人間を見つめてみる 発想の転換 を してみましょう

  クラブの形や構造には 必ず理由 が存在しますから
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
sample 2009_09_15_19_47_47-27フレームショットsample 2009_09_15_19_47_47-31フレームショットsample 2009_09_15_19_47_47-35フレームショット










sample 2009_09_15_19_47_47-39フレームショットsample 2009_09_15_19_47_47-49フレームショットsample 2009_09_15_19_47_47-55フレームショット










sample 2009_09_15_19_47_47-59フレームショットsample 2009_09_15_19_47_47-67フレームショット
正しくクラブを扱えない人の殆んどが 手でクラブを「横」に動かしている…  自分では手 手で動かす というと 手 ハンド 手先 手袋 手のひらの部分を示していると勘違いするが 手で動かすの本当の意味は腕 肩甲骨も含めた肩周りの事を示している
自分では 体の向きでクラブを動かしている と思っている

体を回せ 念転 回転 ボディターン   全部を肩を回すことだと思っている

昔から 肩を回せ という 殺し文句があるけれど
 この 殺し文句の本当の意味は 骨盤の上に乗っかっている肩を
  骨盤を回す  →  向きを変える事 によって
   肩周りの向きを変える事を指していて

    肩を単独で回す事は 本来 肉体的には不可能 なのに

   その不可能な事を 反復練習で繰り返せば
  体には必要以上な負担が掛かるし 繰り返す事自体ムズカシイ  …筈

 その「殺し文句」によって 自分の身体も ショットの精度も

そして 「ゴルフクラブの機能」 も  全 て 殺 さ れ る  
自分では 一生懸命 体を回している  つもり
 だけれど 結果としては 一生懸命 腕を振っているだけ…

  自分では捻じっているつもりも 開いているつもりもないけれど
   こんなにつらい思いして テーク「バック」しているのに
    努力するほど ドツボにはまる…   そんな馬鹿な…


肩を回す  左肩を入れる    そんな一言の思い違いで
 そこから先の クラブ扱いは  クラブとの格闘   になるから
  クラブの機能は全部 敵にまわるから ボールを正しく打つ こと自体
   最優先事項ではなくなってしまう…


腕 肩周りで テークバックする

 → 体はまわっていない

  → ロフトは開く

   → 体は痛い 肘は痛い 肩が凝る

    → ダウンでクラブは重い

     → クラブヘッドの重さは横に動かすのに 単なる重量負荷

      → 重心距離 重心深度もやっぱり負荷

       → シャフトが柔らかいと ロフトは増えるし やっぱり負荷

        → ロフトは絶対立たない 立てると左に飛ぶ

         → 体が右を向いていないから ダウンで正面は作れない

          → シフト 体重移動は見せかけ以外絶対出来ない 

           → 飛ばない か スライス か 高いだけの弾道
           
            → スピードを上げると 高くなるか スライスするだけ

             → フェアウェイウッドが上手く打てない

              → アプローチショットは上がる球専門

               → スピンは効かない

                → パッティングが距離が合わない

                 → スコアの為 距離はあきらめる

                  → スコアの為 練習量を増やす

                   → 更に体を痛める

                    → 年齢とともに 更に飛ばなくなる

                     → 肩が回ってないからと 更に回す

                      → 更に飛ばなくなり 体も痛める

                       → 軽いクラブにする

                        → ロフトの立ったクラブにする
                         
                         → 硬いシャフトにする

                          → バンスの少ないSWに

                           → 肘を痛める

                            → 腰を痛める

                             → 練習量が減る

                              → 飛ばなくなる

                               → スコアも落ち

                                → 飛ばなく…

                                 → 痛める

                                  → 飛ばな

                                   → 痛め

                                    → …
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
う〜ん 更に怪しいタイトル…
  下半身の事情ですが 上からの映像です。
分り難いかもしれませんが 初期段階で 体を右足(飛球線後方)に動かしています。
正直 出来てしまえば どちらが先でも構わないのですが
覚える手順としては 軸足 右足を直立脚にする そして 右回転をする
 利き目の問題も有りますが 視線や視界を使うのも ひとつの手段だと思います

BlogPaintBlogPaintfromsky-497フレームショット











BlogPaintBlogPaintBlogPaint











fromsky-1110フレームショットBlogPaintfromsky-521フレームショット

















分るとは思いますが 一枚だけ 間違い(ダウン)が入っています
  分りますよね〜

5枚目の画像と体の向き グリップの位置はほぼ同じですが
 体そのモノが かなり左に動いたのが見てとれると思います

不可抗力の影響がかなりあります
動かしている当の本人は グリップの位置を 上げる時より
 体に近づけている「つもり」ですが 見ての通り…
  クラブだって 背中側に倒したつもりは無いのですが…

 この映像を どうしてこうなるのか 考えずに 形だけ真似る と

   大 変 な 事 に な る の で す
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 またもや ヘンなタイトルですんません
   またもや 生贄(いけにえ)を出します ごめんなさい

720173
こうやって 見比べると より分り易いだろう このカットでの クラブの位置はほぼ一緒である トップの位置自体は そんなに高くも 深くもない

なんとなく 気づくだろうか…
確かに アドレスの姿勢や前傾は それぞれ違うが前回の記事をもう一度見れば 分るけれど体を回す=お尻を回す人 に比べると 体を回す=肩周りを動かす人 はテークアウェイで 前傾が深くなる例が多々見られる。
飛球線後方で見ていると ボールの方に近づき ボールにお辞儀しているようになってしまう
 そんな人も少なくない 自分では回っているつもり だが ただ前に倒れるいるだけ


では 下半身のサンプル をお見せしよう     …勘違いしない様に
このサンプルでは 意図的にクラブを腕で動かすのを遅らせています

鼓笛隊 モデルケース-103フレームショット鼓笛隊 モデルケース-107フレームショット鼓笛隊 モデルケース-109フレームショット鼓笛隊 モデルケース-111フレームショット












鼓笛隊 モデルケース-113フレームショット鼓笛隊 モデルケース-115フレームショット鼓笛隊 モデルケース-117フレームショット鼓笛隊 モデルケース-119フレームショット












鼓笛隊 モデルケース-121フレームショット鼓笛隊 モデルケース-123フレームショット鼓笛隊 モデルケース-125フレームショット鼓笛隊 モデルケース-103フレームショット




















続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 ゴルフとは全く関係のない話題ですいません。

自閉症  …世の中ではこの言葉が故に 正しく理解されていないのです。
多くの方は うつ病や引きこもり、内向的な性格を指していると思っていますが
 誤った認識 です

 自閉症は 先天的な脳の障害です。
脳の事はまだ未知な事が多く 完全には解明されていませんが
今のところ 脳のニューロンやシナプスの異常だと思われています。


では 自閉症であると どうなってしまうのでしょう

 ☆対人相互反応の質的な障害
 ☆意思伝達の著しい異常またはその発達の障害 
 ☆活動と興味の範囲の著しい限局性

簡単に言ってしまえば 他人や社会性を認識することが出来ません。

例えば 好きな人がいて それを告白するとします…
健常者の場合 勿論 好きである と言う事を伝えたい という気持ちもありますが
恥ずかしい や 断られたら や 相手はどう思っているだろう など
他人のこころや 告白するタイミング や 場所 など 色々考慮してしまうでしょう


ところが 自閉症患者の場合  相手や社会そのものが認識できませんので
場所やタイミング 相手の気持ちを考える事が「不可能」なので
ところ構わず 自分の「好きだ」と言う気持ちを執拗に告げる事になります
 かと言って 自閉症患者が 「こころ」を失ってしまっている訳ではありません。
いえ 健常者以上に 素直で 純朴な「こころ」を持っていますし
感情や 感情表現は 大胆 かつ はっきりしています。

 

 自閉症の子供が100人集まって 公園で遊んでも
ほぼ絶対に 鬼ごっこや集団での遊びにならずに
100人が 100人とも 個別に ひとりで遊ぶことになります。
また 他人や社会が認識出来ないので 「その良く解からないモノ」と関わると
嫌な気分になることが多く 避ける事が多くなります



自閉症は 後天的になる事はまず ありません
また それそのものが治癒することも今のところありません。
先天性障害が故 体の部位の欠落した人と同じ 訓練で 
自閉症でも暮らせるようになるだけで 治癒することはありません。
年齢や外観が大人になっても 知的年齢は3〜5歳のまま
30年経っても 他人や社会性が認識出来るようになるわけではありません。

また それぞれにより程度も異なりますし 殆んどの場合 知的障害や学習障害と
合併しているので 本当に「自閉」にも個性があります。
目に映るその姿は まったく健常者と同じですから
より一層 世の中からは奇異に見られてしまう部分も多々あります。

現在 分っている状況では 新生児の1000人に2人程度の患者数 です
その患者の5人のうち4人が男性です
東京ドームが満員になると その中に100人の自閉症患者がいる割合です。
そのうち 80人は男性 20人は女性 と言う事になるでしょう。

ですから 少しでも多くの人に 「自閉症」と言うモノを知って頂き
暖かい目で彼らを見守って欲しいのです



  最近では 形式上 立派な大人でも
 自閉症 以上に 自閉気味な大人が目立ちます。
 直接 その社会とは関わらず 他の人の「こころ」が認識出来ずに
 ただ 自分の言いたい事 やりたい事を放ってしまい
 自分は責任を一切持たない…
 後先 考えず 自分の快楽のみを追い求めてしまう。
 意見されても 「お前には関係ないだろ」と言い放つ。
 社会の仕組みが 後天的な自閉(そんなものはありませんが)を生み出す
 といっても間違いではないのかもしれませんが
 特に 男性にはその傾向が強いと思われます。


かく言う 私も「自閉症児」の親ですから
 その傾向が無いとも言い切れませんが…
  学校のお説教のようになってしまいますが
   相手に対し 配慮すること それが一番の自分への配慮 なのだと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
思わせぶりのタイトルである  が期待はずれである
 ゴルフのテークアウェイでの 体の向きの変更 が今回の記事である

今回は多くの人の「下半身」に登場して貰う
  出来るだけ分らない様にしているが
   載ってしまった方 申し訳ない 
奥様 GF 二号さん の承諾なしに

   ゴルフスウィング 探求の為  その下半身 お借りします

     スンマヘン     …どうぞ ご了承ください
             しかも ケチつけたりしてしまう ごめんなさい

      くれぐれも 下半身以外は怒らないでください


20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット まずは これを基準として 画像のカットはすべて 一番深くなった トップの位置から抽出しています。 ズボン バックル チャックの位置 秀二… ともかく下半身のご注目ください
一般的に トップオブスウィング と言っても こんなに違うのです。
体を回す 正しくは 脚を使ってお尻/骨盤を回すことなのですが 画像上 クラブはトップらしい場所にきていますが 殆んどの人は 体では無く 肩を含めた腕だけの動き  あの有名なTプロは脚すら動かない…  エクソシストになっちゃうよ
90度回る事が正しい とは言えません 脚力や体重 股関節の稼働域によって 個人差はありますが 体を回す=お尻を動かす をしている人と  体を回す=肩(腕)を動かす に大別してみました  間違った方に載ってしまった人 これを機会にトライしてね

まずは 85点以上の人から133106141173
















ちょっと股関節硬いけど ちゃんとお尻は回している人
右への体重移動が少し足らないか 股関節の稼働域がまだ少ないのか
繰り返していれば 自然に深くなる と思うけど…338321302217











 チャント 回れているか どの位 回れているか それを判別するのには
軸足…この場合は右足 右膝に目があるとしましょう
 その眼の視線と 下腹部やヘソ 秀二の向きを判別して下さい
  各個人によって 筋力や股関節の稼働域 稼働習慣 などがありますから
   個人差はありますが これより上のサンプルは 右足と骨盤にしっかり
    差が出来ますが これより 下に有るサンプルは怪しいか
     まったく右足と骨盤に差のない例もあります

            

353240次は ある意味中途半端 体を回す=お尻や骨盤の向きを変える と理解はしているけれど
反射のように 左腕や左肩 が動いてしまい 結果 肩周りの動きが体の動きを阻害してしまう
頑張りましょう!の人
初期動作で左腕 左肩が動いてしまうと 背中の筋肉や筋幕は引っ張られてしまうから 本来の右を向く動作も浅いところで ギブアップ信号が来てしまうのよね

          

さて ここからは ちょっと手厳しく 体の周りを 肩を動かす 腕を動かす
もしくは 肩周りの動きで誘導している人で 結果的にはクラブを横に振ってしまう事になる人
手 でクラブを動かしているつもりは無いけれど 体の横の動きがほぼされておらず
テークアウェイで体そのモノは正面を向いたまま
 脚の動きはお尻を回す為ではなく スウィングらしくしたり バランスを取ったり
  本来の目的 意味を持っていない

☆このテークアウェイでは 絶対にシフトする事は出来ない
  切り返した 途端 体は左回転始める
        … 載っちゃった人 参考にしてね
          85点以上の人と比べてみてね
720176116
シャツ等に隠されているから見えないかもしれないけど
 ベルトのバックル チャックの位置 秀二  殆んど正面を向いたまま…
  逆に言えば どうやって クラブをトップの位置に持って行っているんだろうか

16592553
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 クマさんの5年ぶりのお散歩   …お散歩なんて可愛いものじゃなく
まさに 実弾演習    いや 人間狩り だったのではないか


東京圏に有るコースは短い それに加え ヤーデージも甘い
18hのラウンドで 使用したクラブは
  1W 7I 8I PW AW SW LW PUTTER たった7本
    (7I はグリーン周りの 刷毛塗りアプローチに使用)


ドライバーを打つと 低いライナー    曲げられない
 ただ 一直線に打ち出しの方向に飛ぶ
  距離が分らないから 突き抜ける
   ミスすると とんでもないテンプラ  でも同伴競技者と同じ距離…


300ヤード台のミドルホールでは
 全てが ウエッヂの射程圏に入ってしまう…


前の組への打ち込みも 後ろではなく 前の組み越え
 グリーンに乗るまで 怖くて打てないそうだ


新悶絶アイアンの特徴の一つだが
 ラフや相当なダフリも 結果はナイスショットになってしまう…

アプローチやパターの距離感が上手くいかず
 パッティングでたっぷり打ったが
  5年ぶりのラウンドとしては上出来
   一緒に回った人が ボロボロ ボロ雑巾になり 結果ベスグロ…


130ヤードのショートホールでの出来ごと
 高齢?の人は 谷越えが故 ユーティリティを持っている…
  同僚は 多分 8番 あたりだろう…

   なんと クマさんは 良く解からないから ショートしても と  AW

  そして ナイスオン
 一緒に回った人は さぞ 苦しんだ一日だったのだろう…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現在のセット、 コブラのドライバー  ベガ オーバーサイズアイアンです。

月1ラウンド 週2〜3回の練習(200球)で ゴルフをしております。

毎日 ブログのチェックをして 自分なりに 考え 試行錯誤の毎日です。

ヘッドを振らない 刷け塗りのイメージでのスイング等 自分のレベルでは、うまく出来ません。

最近感じたのが、アドレスの形です。

普段利用する練習場ではなく 別の練習場でのことです。

玉の質も風景も 違う為 ボールの着弾点を 意識することなく スイングに集中できたようです。

まず アドレスで、いままでは、右肩を 少し引いて なおかつ下がってアドレスをしていました。

意識の中での話しですが、右肩を前に出し 位置を上に上げた アドレス(多分見た目は、この構えが 平行?)に

したところ 右ひじが、うまく上方向に動きやすくなり ブログに出ていた 映像に近いトップの位置が 出来ました。

このアドレスで ブログの内容を 思い出しながら 練習していたところ サンドでの打点が 下のスコアラインの

1〜2本に集中し 少し低めの ストレートの弾道になり 打感も 今までに無いボールを つぶしている感じでした。

スイングも すごく楽で 何回でも 同じ打球が 打てました。

ついに 出来たと思い 大きいクラブに持ち替えたところ 今度は、ぎこちないスイングになり がっかりです。

どうやら フルスイング時での トップでの切り返しが、スムーズに 出来ないようです。

もういちど サンドで ハーフスイングから 感じを掴み 打っていたところ

実は トップでの 切り替えしなど 必要では無いのではないかと 思い 大きいクラブで 打ちました。

手首が、自分の方向にトップでコックしなくなり(クラブが立った状態) スライドの動作が 簡単に思えました。

アドレス時の 右ひじは、最初から 外側に 張り出していても 良いのでしょうか?

そのほうが スムーズに すべてのショットが打てます。(何か不恰好のようですが)

アドレス時の写真を 正面と 後方の2種類を ブログにでも 載せてください。










お手紙 有難うございます
色々な意味で 「刷毛塗りドリル」は 大変役立ちます
 ゴルフショット そのもの と言っても決して過言ではありませんので
  練習してみて下さい

   また トップオブスウィング では 
  腕と手 ここでインパクトの形を作ります
 その形は 刷毛塗りドリルより 抽出してみて下さい
アドレスの写真はまだ後日載せますので お待ちください


20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ゴルフクラブの特徴、あるいは球技としてのゴルフの特徴

野球、テニスとゴルフの球技としての一番大きな違いは、

打撃すべきボールが動いているか、

  静止しているかです。

200908311810000野球とテニスあるいは他のほとんどの球技は、

打撃すべき対象が運動しているため、

自分の求める打球の方向と、

飛距離を決めるためにプレー途中で道具を替える事ができません。


ゴルフは、対象が静止していることで、

その時々に自分の求める飛球線に応じて

  最大14本の中から<自由に>選択できます

グリーン上はパターという最低限の制約はありますが。
    注…ルール上の制約では無く マナー上の制約です


グリーン上以外では、

要する飛距離と求める高さ、ボールの置かれた環境(ライ)に応じて

<自由に>使用クラブを決められることはものすごく重要なことで、

ものすごく楽しいことです。

ティーショットを9番アイアンで打って、

2打目を3Wで打ってもルール違反ではありません。



ゴルフほど固定観念にとらわれやすいスポーツを私は知りません。

1番ホール、500ヤードパー5、

  ティーショット、ドライバー、

   セカンドショット、3W,

    サードショット9番アイアン。

     私の場合一日を台無しにする可能性の高い典型的固定観念です。


次回のゴルフであの1番ホールを9番アイアンからスタートしてみるつもりです。




  僕は大学時代 グリーンを狙うショットは

   ピンフラッグよりも 高い球は打たないラウンド

   すべて 2クラブ大きなクラブでラウンドしたこともあります。 by 店主
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
>右肘は高さ… 前傾姿勢に対し 両肘が同じ高さである必要はありません。
>もし 間違えるなら 右肘の方が「フライングエルボー」のように高い方が、次の動きに対しては問題が格段に少なくなる筈です。
>右肘は「ある程度」の高さがあることと外に張っている事が鍵となるでしょう。
>垂直、平行の意味合いが掴みとり難いのではっきりは答えられませんが、シャフトを地面と垂直にするポジションから「切り返す」なら、体と平行にボール側に少し傾いていた方が次の動作には入り易いと思いますが大きな問題ではないと思います。

右肘のクランチの意味を理解していないのかもしれません。
私はクランチの意味は重力に対してヘッド重量のベクトルを同じにする為(一番ヘッドの重さを感じないようにする)だと思っています。
背中方向にシャフトが倒れればフェースが開き易くなると思いますし、逆にボール方向に傾けば(つまり前傾姿勢と平行側)フェースは閉じ易くなると考えました。
テークアウェイの度に、重力方向に対してシャフトを垂直にするのは難しいので、こすり癖がある私にとっては、後者の方がボールが捕まると思った次第です。

>ダウンで右肘が下がるのは癖とかでは無く、右サイド・右腕に負荷が掛かっているので、クラブヘッドの重さ、クラブ自体の重さによって下げられていると言って間違いではないと思います。
>なんとなく、インサイドアウトの軌道概念を間違っているような気がしますが、如何でしょうか……。

ということは、トップでシャフトが背中方向に傾いているということになりますか...? 
また、秀二運動で右を向いた体制のまま(のつもりで)左へスライドする...の意味は、ボールをインサイドから捕らえるためだと思っていましたが、誤解でしょうか?

>右回転は 右の軸足が出来てから 出来る運動です
>右足がバランスを失ってしまうほどのスライド それを防ぐため回転しているような…
>もう少し細かく教えてくれませんか…

これは少し解ってきたような気がします。 目的は右足軸が出来てから回転(正しくは秀二運動)するということですね。
私の勘違いは、刷毛塗り運動の際に右をスライドしすぎていた事によると思います。
恐らく、刷毛塗り運動の真意を理解していないのかもしれません。

別件ですが、右手のグリップを親指、人差し指、中指の3本で握るようにすると(薬指と小指を軽く浮かせる)、インパクトでグリップファーストになり易い気がします。
邪道かも知れませんが、インパクトで手首を返す癖がある私にとって以外に効果的なのですが...。


sample 2009_09_29_23_01_02-514フレームショットsample 2009_09_29_23_01_02-516フレームショットsample 2009_09_29_23_01_02-522フレームショット





以上はお客様からの投稿レポートです。
この文章の中には 答えが散らばめられています。
あまり 細かく解説する必要もないのでしょうか…

 ボールを打つ 移動させるエネルギーの 主エンジンは
    ヘッド重量 と 位置エネルギー です
 しかし その単純な動きでは ボールは地面に埋まってしまいます。
 
 それと スライドを含めた向きの動きで ベクトル変換しているのが
 体の回転   イエ その場に立ったまま行う 単純な横運動なのです。

 円運動の回転 と思ったいるから 上手くいかないのかもしれません。

 単なる 横運動

 それを その場所を動かずに行う のが 体の向きの変更なのではないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   ……前日の記事からの続き です

また、前回の質問の件は、シフト開始時の関節およびグリップの力の入れ具合にヒントがあるように思いますが、いかがでしょうか?


sample 2009_09_15_19_42_40-1299フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1428フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1436フレームショット









ある個所を除く 下半身の運動性能には自信があります  が しかし BUT
この写真から見ても その運動性能で 左足がシフトを作っているとしたら
左足が先行して動いてしまうのではないでしょうか
 また それを右足の蹴りで 行っていても同様な気がします。
写真で見る限り 左膝と左のお尻は殆んど同じような量 スピードで動いているように
見えます。  確かに高い運動性能があれば その「同期」も可能かと思いますが
それであれば もっと力感が出てしまうのではないでしょうか…

僕個人のシフトの方法は クラブや上体の重みを利用して
飛球線に背中を向けているうちに 倒れこむ 「ような」脳内イメージ です。

 それを支える 左脚 左膝は もちろん 重いモノが来ますから準備はしますが
どちらかというと 関節は脱力?って訳ではありませんが 力は入れません。

sample 2009_09_15_19_42_40-1444フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1448フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット










グリップに関してですが 昔 練習器具の通販を行っていた時に
グリップ圧に応じて BEEP音のなるモノがありました。
基準値は アドレス時に ヘッドを宙に浮かした状態で
この時の 圧 より強くなると 音がなります。
正しくは 切り返し時と インパクト時に 少し鳴るんだと思います

グリップの圧 は がちがちも駄目ですが ゆるゆるはもっと駄目 です。
グリップの運動量よりも ヘッドの運動量を増やさない
 しかし クラブの作る不可抗力 遠心力にはしっかり支える
  数値では表せませんが 握力は特に必要はありませんが
   実は加齢とともに低下する握力が 飛距離低下と比例する
         にヒントがありそうですね
 クラブを振る筋力 というより そのスピードで作られる遠心力等の不可抗力
 それに 握力が耐えられるか
 自分のインパクト その負荷 に握力が耐えられるか
   そんなところが 握力の仕事 と認識しています。


他の方からも お願いされているのですが 
 グリップの映像   どうしてもサンプルにしたい人が来ないのです
  その人が来てくれ次第 映像はお届けします。
   僕のグリップでは 不十分 納得できません…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

質問です。インパクト以降での左肘の使い方の画像がありましたら掲載お願いできますでしょうか?

20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-346フレームショット
左肘の使い方 実はこれが一番「脳内イメージ」と実際の打撃とでは ずれるとおもいます。 一番いけないのは 両腕を伸ばそう とする事   プロの写真では打った後に両腕がすらりと伸びたフォローが目につきますが 意図的に伸ばそうとして  →結果 腕が伸びるのは  ☆相当に腕の力があるか ☆腕を痛めるのを覚悟するか そのどちらかだと思います。 

不可抗力や遠心力など インパクト直後 以降は ある意味 最大になる時間 です
しかも 動かしている人間の方は減速気味になりますから ここの時間での 動かし方は体を痛める原因になります。

前述していますが ここの動きは これ以前 テークアウェイなどの 前世の動きで
大部分のところ決まってしまいます。  決まってしまいますが幾つかは実践出来なくとも 頭にイメージしておいて下さい。

左肘は テークアウェイの右肘と同じように 上体・胸に沿って 
  外に張りだすイメージを持って下さい

ダウン → インパクト  ここら辺の時間帯では 上体のラインは概ね 右から
 飛球線方向と言う事になります
  ですから 脳内イメージでは 飛球線やや右方向に左肘を抜いてしまう
   そう言ったイメージです。


sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット左肘について 今の時点ではあまり書きたくないのは 左足へのスライド 軸の移動 そして左回転 この動きが出来ているのと いないのでは 方法論が全く異なるからで ここでは それが出来ているという前提 で書いていますから 正直 殆んどの人が 開いてしまう 左を向き気味のインパクトですから 「まだ」 単なる知識としての参考になるだけかもしれません

http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/976408.html

ここまで 左にスライドしながら 右を向いている時間を確保するのは
 そう簡単ではありません。 インサイドアウトの概念 切り返しの感覚 回転の感覚
  それぞれが 頭の整理が出来ないと 技術的には簡単でも
   自分の意志が 拒否することになるでしょう


sample 2009_09_29_22_41_33-252フレームショットsample 2009_09_29_22_41_33-258フレームショット右腕が伸びたら 左肘は曲げる もしくは 曲げる準備
両腕の伸びる瞬間は アドレス以外にはない と考えるべきでしょう
そして インパクト時に自分の方 自分の体の方を左肘が向いていない事
右肘が伸びたら ただちに 左肘は 体の外(やや外)に向け 曲げ始める
そんな感じでしょうか それが出来れば あとはクラブの作った不可抗力がやってくれます…   重要な事ですが 左肘を完全にマスターするには それ以前の事前準備をしっかり覚えることが先決です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 一般ゴルファーにとっての永遠の謎であり テーマである
   大衆移動   体重移動(シフト)と回転 について考えてみようsample 2009_09_19_23_40_47-233フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-240フレームショットsample 2009_09_19_23_40_47-246フレームショット






答えは明朗会計なのだが
俗に言う 切り返し から インパクトまでは
ゴルファーの意志の伴う回転 意図的な回る動きは一切必要なし なのだ

出来る出来ないは別で 理解している人にとっては またもやくどい話ではあるが
正しい回転の動きは
 ◎軸足が出来ると ◎回転が出来る   右直立脚が出来ると右回転が出来る
この反対は
 右直立脚が無くなると 右回転は解かれる
であるsample 2009_09_15_19_42_40-1299フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1436フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1452フレームショット











だから ダウンからインパクトにかけては
軸足(直立脚)を右から左に移し替えているだけで
意図的な回転は存在していない
自然な「解け」に伴う 右回転の戻り をしているだけなのである

この動きは技術的なモノではなく 軸足の入れ替え すなわち スライドが出来れば
放っておいても 誰でも出来る    そうなってしまう。

僕個人の脳内イメージでは 単に重たい頭や上半身を
飛球線方向に背中が向いているうちに 左(飛球線方向)に倒してしまうだけ
の脳内イメージなのだけれど    皆さんはどうだろう…

 テクニック的には 最終ゴールとして 
 左のひざの向きを左のつま先と揃えるような そんなゴールのイメージは
 持っているけれど 脚は支える為に使っているだけで
 脚の動きで スライドをしたりはしない  忙しいしムズカシイ

タイミングを間違うと 逆ピボットになってしまいそうだけれど
 直立脚を作る 回転する と言う順序が出来ていれば そうはならない筈

 スライドが主体で 回転は補足 のような動きであれば 逆ピボットにはならない

回転が主で 体重移動は補足 のような動きをすると 逆ピボットになる…




20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット刷毛塗りの動きで覚える この画像上で体とシャフトはいつも平行な関係 刷毛塗りの基本はインパクト付近のシャフトはいつも 時計の7時〜6時半を指したまま 体とともに飛球線方向にスライドすることである そのスライドする動き この画像上で クラブが移動する動きを 手や肩を使う振り子の動きは元より 体の回転の動きで シャフトの向きがすこしでも 変わってしまうのであれば それは間違った 刷毛塗りの動きで 写真でのブレ シャフトのブレは 殆んど均等である



多くの人が 始めから この「刷毛塗りのドリル」は単なるドリルで
はなっから 「飛ばない」と決めつけている   飛ぶ筈が無いと…
 そう思うなら 多分何もここからは得られる事はない。

すでに何人もの人から 投稿レポートが上がっている通り
この刷毛塗りのドリルは スウィングの肝 であり スウィングそのモノ と言っても
過言ではないだろう
ここで 特にスライド 回転を入れない
純粋なる 右から左へのスライドをしっかり覚えて貰いたい

このスライドさえ覚えれば
 意図的な回転の殆んど入らない インパクトまでの動きを覚えれば
  スウィング 正しいクラブ扱いの峠は越えるのだから。



スライドを練習している人に 一言言っておこう

  飛球線方向に対し  頭 と 手は 先にボールを追い抜く  のだよ

意図的な回転を入れたら 追い抜くことは不可能だよ
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

090816_0837~01HBSクラブを使用して丸一年。ショートホールで他人の番手が全く参考に
ならず苦労するほど、飛んでしまうこのクラブと出会い、本当に失礼な言
い方ですが、練習しなくなってしまいましたw

当初から非常に打ちやすいなぁと思って、それほど苦労をしていなかった
のですが、悶絶したのはウェッジです。
今となってみると、柔らかシャフトと重量のあるヘッドをいただいてリズ
ムで打つタイプの私にとっては、長いクラブはそこそこ打てていたもの
の、アイアンの下の方からウエッジに関しては今までのスイングでは対応
できていないものと想像できます。
ウエッジの距離感、想像した通りの玉が出るのは本当に稀です(今で
も)。

でもブログを見て、そして動画を見て何となくですがイメージが出来まし
た。
HBSクラブと出会う前の悪しきスイングのエッセンスがまだ残っていたと
いうことだと思います。
これから新クラブとともに、スイングを改善していきます。これからもよ
ろしくお願いいたします。

追伸

今年の7月7日、総勢160人の飲み屋さんコンペでホールインワンをし
てしまいました!

<その時の状況>
◎◎ゴルフクラブの17番、165yard若干打ちおろし。ピ
ンは手前。風は右から左。
同伴競技者はこの辺のトップ尼たち。何回も一緒に回っているので僕のク
ラブは参考にしませんw

155y打てばいいかなと思い、9アイアンを手にした僕は風が気になって低
い球で行こうとラインだけ出してと思い、軽い気持ちで打ちました。(こ
のスイングが、いま思うと答えだったのかと思います。)
打ち出した方向はワンピン左の方。打った瞬間は「寄ったな」。同伴競技
者は「みじけーべ」
糸を引くような弾道で低いフェードボール。
ピンの左1ヤードに着地。ツーバウンドめでバックスピン。

カランコロン!
入っちゃった!まじでーーーーーー!?

ヤバい!
保険はいってませんでしたーーーーー!

その後は、ショートホールで低い球を封印してますw

その後、計画が進み、今月の13日にコンペを開くことになり、定期解約
しましたw
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 本日は 私 店主の出番でございます
皆さんの「イマジネーション」を試してみたいと思います

 脳内イメージと実際の打撃と 別な、ある意味同じな画像を
         つなげて貰いたいと思っています
20090801 2009_09_01_01_25_27-306フレームショットfromsky-1104フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット












20090801 2009_09_01_01_25_27-320フレームショットfromsky-1110フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-784フレームショット















20090801 2009_09_01_01_25_27-361フレームショット20090801 2009_08_28_14_38_06-576フレームショットokm













fromsky-1120フレームショット



























色々なお手紙や問い合わせを頂く…
最近はハイレベルな質問が多く 残り少ない脳味噌をフル稼働しないと
答えられない様になってきたのは 素晴らしい と思う
しかし まだまだ スピードに応じて発生する  1/2MV二乗 の法則を
掴み切れていない人が多いのも確かである

すぐ上の大きな写真も含め 横列に並ぶ 3つの写真は
 ある意味 全く同じに近い写真である
  説明は不要だとは思うが 不可抗力が無い状態 と
   不可抗力に動かされた状態 の違いがあるだけ である


何度も書いているが ゴルフクラブの主たる機能として ヘッドの重さ
そして ヘッドの形状 と言うのがある

特にゴルフクラブの形状は すでに 完璧な機能を持った形状をなしており
この形状が理解出来れば 人間が意図的な動かす必要は殆んど無くなる…
ゴルフクラブの形状によって 人間は 先導 と言うか 誘導 されるのに
伴い 動作 すれば良いだけ になる

その度合いは 1/2MV二乗 に応じる訳で
 スローな動作 スローな時の脳内イメージ  不可抗力の少ない もしくは 無い
  動作と ハイスピードの動作が 一致しては決して正しいスウィングにはならない

不可抗力はあるレベル  例えばオンプレーンスウィングをする人にとっては
単なる負荷 もしくは天敵であるのだが
鼓笛隊スウィングをするのにとっては 大きな味方なのである
不可抗力にスウィングさせてしまう… と言っても過言ではないだろう

 そして クラブの形状にはそれ以上の機能も付いているのだから… 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
<投稿レポートです!>


 まとめ1

ゴルフスイングは直線移動が本質である。

からだの回転は、直線移動の結果現れるもので、回転させようとして作るものではない。

みためと本質は大きく異なる。




20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット1. クラブの動き
ではゴルフクラブはどのように動くのでしょうか。

ここでどのように<動かす>と、あえて言わなかったのは、

できるだけ動かそうとする意思をいれずに、

必然、あるいは、動きの連鎖にまかせてゴルフボールを

必要な距離を結果的に移動させたいがためです。

よって、インテンショナルなボールさばきは今回の考察からは除外します。


先に結論。クラブの動きは直線で刷毛塗り。フルスイングでも同じ。

まず、ゴルフボールの移動距離を決めます。

それに適した番手を選択します。

こんな当たり前のことを書くには理由があります。

たとえば、100ヤードをPWで移動させることと、

9Iで同じ距離を動かすことに優劣をつけないということを確認するためです。

昨今<飛ばす>ことがもてはやされ、

その結果、ゴルフクラブの性能、品質の劣化、過剰広告による道具の高価格化、

飛ばしたいがための身体への過剰な負荷、等を生じ、ゴルフが本来の楽しみから、

お金がかかって、その上、体を痛める修行になり始めていることに鑑み、

自分を戒めるためです。



20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット もとにもどります。
ボールの移動距離を設定し、クラブをボールの後ろにセット。
刷毛塗りをスタートします。
ヘッドを置いてきぼりにして、体を右に移動開始。
グリップは体の移動に引かれて右に動きますから、

結果、クラブヘッドはわずかに左を向きます。

この状態は、シャフトの延長線上に重心位置がそろった状態です。

さらに体を右に移動すると、ヘッドは右上にむかって

シャフトと重心位置が直線になった状態で必然的に右上へ直線的に上がり始めます。

このときのグリップの形は、刷毛塗りの前半の左手甲側に折れた状態です。

そのまま右に移動すれば、2.で述べたように、体は右に回転します。

同時に刷毛塗りのテークアウエーと同じグリップの形でクラブはさらにあがりますから、

右ひじが外にはりだします。どこで止めても打てる状態です。

クオータ、ハーフ、フル、すべて可能です。



20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット打撃に入ります。くどくなりますが念のため。左に直線移動を始めます。ここまではほとんどオートマティックです。

さて、ここでちょっと工夫がいります。

ヘッドの重いクラブを使っていますから、また重心が偏芯していますから、

体が正面を向いているわずかな時間に打撃タイミングが遅れがちになります。

遅れ防止のために右手で左手を押してやります

力加減は個人差、クラブのスペックで異なります。

この右手で左手を押すことで、打撃タイミングの適正化と同時に、

右手の逆スナップと左手甲のわずかな盛り上がり、

すなわち、ロフトが立った状態(刷毛塗り後半のグリップの形)ができます。

短い距離ならこのままのグリップの形でフィニッシュできますが、

ある距離以上、あるいは、スイングの大きさ、スピード、本人の筋力により

この手首の形を保持することで、特に左手首を損傷する危険があります。

BlogPaint
  スポルテ… 左肘の逃がし および 体の左回転することで
        左手単体への衝撃緩和をお薦めします






よって、この右手逆スナップを省略はできませんが、

どこかで左手再コックにより衝撃を逃がす必要があります。

動画、連続写真等ではこの右手逆スナップは見えないことが多いですが、

省略すると、ボールがつかまりません。必須です。



  クラブを動かす方向について。

ボールの位置からヘッドが上がったからといって、

ボールに向かって、クラブを動かすと当たりません。

ほとんどの場合、ボールの手前を打ちます。

これには理由があります。

テークアウエーは緩やかな運動ですが、

打撃にかかわる運動は、はるかに早い運動です。

その上慣性がかかります。

一定以上のスピードでクラブを運動させると、

潜んでいた重力と、慣性が表面化します。

それを計算に入れて、ボールに向かって動かすのではなくて、

テークアウエーの終了点から、ボールのはるか上で刷毛塗りの後半部分を行えば、

物理の法則でボールとヘッドがコンタクトします。
a href="https://livedoor.blogimg.jp/hbs/imgs/a/1/a108821e.jpg" target="_blank">sample 2009_09_29_23_01_02-1364フレームショット





まとめ2
ゴルフクラブの運動は、刷毛塗りと寸分たがわず同じものです。
考慮に入れるべきは、<運動>が誘発する重力と慣性(不可抗力)
                 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
体の回転の意味

前書き
私の、親友で30年来のゴルフ仲間の一人が医者からゴルフを禁止されました。

大学卒業後、一人で事業を立ち上げ、数十年後会員権を取得し、

ゴルフが唯一の楽しみで、練習に励み、ハンディキャップは8です。

同年齢ですが、ドライバーの飛距離は、

私を30ヤードくらいアウトドライブしていました。

二週間前に一緒にラウンドしたときの彼のスコアは76でした
(私のスコアは秘密)。
その日ちょっと気になることがありました。

ラウンド中に背中の肩甲骨の間が時々痛むので、

キャディさんに背中をちょっと押さえてくれないかと何度か頼んでいました。

数日前電話があり、痛みが激痛に変わり、救急で病院へ直行。

1時間あまりのMRI検査の結果、脊椎のヘルニアという診断で、

当分安静、できれば入院、運動は禁止になりました。

彼のモットーは、肩をまわせ、ヘッドスピードを上げろでした。

加齢によるクラブの相対的オーバースペック化、

体をねじることの危険性について何度か話しをしましたが、

残念ながら伝わらなかったようです。友人の回復を祈りつつ本題に入ります。



鼓笛隊 刷毛塗り&視線-160フレームショット1. 刷毛塗りの意味

刷毛塗りは、ドリルであるばかりでなく、ゴルフスイングそのものです。

まずアドレス、グリップはフルスイングの際と同じです。

ではおなじみのドリルの動きを見てみます

(アプローチあるいはパッティングに使う小さな動きです)

テークアウエーではヘッドを置き去りにして体全体を右に移動させます。

体の右への直線移動、それに触発されて腕の右への移動、

結果として最後にヘッドが右へ移動します。

この順序を間違えなければ、ヘッドの運動量は体の運動量を超えることはなく、

テークアウエー終了時の左手首は甲側に折れた形に必ずなります。


つぎにゴルフボールの打撃に入ります。

まず体が左に直線移動します。

ヘッドは、テークアウエー終了時のまま置き去りです。

体の左への移動に触発されて腕が左へ移動。

ヘッドはまだ動きませんので、腕の移動途中で、グリップが、止まっている、

あるいは待っているともいえるヘッドを追い越します。

必然的にグリップの形は右手が甲側に折れた逆スナップ型になり、

左手は甲側が盛り上がった形になります。

インパクトの体勢の完成です。

このままボールにコンタクトすれば、ボールのつぶれたインパクトが実現できます。


意識することはひとつだけです。

<テークアウエーのスタートでヘッドを置き去りにすること>

後はほぼ自動的に連鎖的に実現できますし、

急激に動きのスピードを上げることも阻止できます。

鼓笛隊 刷毛塗り&視線-166フレームショット刷毛塗りで、体の動く量よりヘッドの動く量を増やさない、

体の運動は直線、

テークアウエーの左手の形、

右手の逆スナップ、

等速運動(遠心力の防止)、

視野の動き、を習得する。



2. 体の回転は運動の連鎖による直線が本質

1.のテークアウエーは、おおむね、右足が垂直で、

グリップは腰のあたりで終了しましたが、ここからさらに体を右に移動させてみます

(あるいは移動させようとします)。

何が起きるかというと、右足は体を転倒させずに垂直以上右に傾けることは非常に困難で、

防衛本能から右のお尻が左後ろに回転を始めてバランスをとろうとします。

当然お尻に乗っている体幹も回転します。

さらに体を右に移動させようとすればさらに右のお尻が左に回転して、体幹も回転します。

結果的に右に回転した打撃体勢が出現します。

自分の意思は右に体を直線的に移動させようとするだけでねじりのない打撃体勢ができます。

(グリップと、クラブの動きは体の動きと関連つけて
     後で考察しますからしばらくおいておきます)


……鼓笛隊 刷毛塗り&視線-170フレームショット 打撃をスタートします。

1.の刷毛塗りと同様体を左に移動させます。

左足の直立状態からさらに左に移動させます。

左への体の移動は、右足と違って左ひざの柔軟性と、

左足の筋力によって、垂直より左に傾くことが可能ですが、個人差があります。

この個人差は、ゴルフボールのつぶれ度合い、

   あるいは、飛翔するボールの高さ、飛距離、スピンのかかり方に表現されます。

最低限左足の直立状態ができれば後は自分の身体の個性に任せます。

同じように、左に体を直線移動させれば、限界点から左のお尻が右後ろに回転を始めます。

さらに左に移動しようとすればさらに左のお尻が回転します。

当然お尻に乗っている体幹も回転します。終着点が打撃動作の終了です。



その2に続く    (投稿レポートです)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

類似項目ですが
多くのアマチュアがなんとなくしか理解していない

03_bバンスの使い方 バンカーショット

質問:::私がゴルフを始めた頃のアイアンはソールが角ばっていて、四角い?
ミズノプロ ms-1 みたいなモデルが多かったです

マルマンソール! なんてのも出てきましたが、今みたいに スクープソール? ソールの前後がカーブで丸みがついているものは少なかったです

バンスの本来の意味 役割?使い方?とあわせて、なぜ丸くなっていったのか ご見解をお願いします

バンスの認識は、スイング改造にも役立つような気がします私を含め多くのアマチュアが、誤解している気もしています

なぜウェッジの方が大きいのかしっかり答えられるゴルファーは少ないと思います




  バンスには幾つかの役割があります
        意外に見落とされがちのは ヘッド重量だったりします
       ウエッヂは 通常のアイアンのように 低重心や深い重心というのは困ります
      双方ともに ロフトを増やす働きがあるので 元々 ロフトの大きなクラブには
     必要のない事です
    一般的には 高重心 浅い重心を作る為にも ネックを長くしたり
   色々な工夫が行われていますが クラブの中で 一番ヘッド重量の必要なウエッヂには
  重量を増やす為に 厚い 大きなソール周りが必要不可欠です。

ヘッド全体を大きくすれば良いのですが ロフトが寝て フェースが上を向いている為
それでなくとも ヘッドが大きく見えますから 重量配分をソールに依存しなければなりません


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショットロフトの大きなクラブ ウエッヂには大きな短所があります。
ひとつは その大きなロフトが クラブを難しくします  ロフトが大きいと言う事は
進行方向に対する投影面積が小さく 人間には大きなフェース面であっても
ボールにとっては小さな打面なのです。
ロフトというのは大きくなってくるほど 一度が効いてきます
距離を高さやスピンに変換し わざと飛ばさない為のモノなのですが
インパクトロフトが45度を超えるあたりから そのロス率は顕著にでます

 ロフト調整をする場合 5番や6番あたりでは ロフトを一度変えても
  殆んど距離の増減はありません
   ところが45度以上のクラブは 1度のロフトの増減がそのまま距離につながり
    2度変えたことによって 5ヤード以上変化してしまう事も少なくありません。

要するに ウエッヂはインパクトロフトの変化によって 大きく距離が変化してしまう
 ある意味 非常に難易度の高いクラブなのです。

  150ヤード打つのであれば プラスマイナス5ヤードなんて
   ナイスショットの範囲内 なのですが
  30〜40ヤードのショットの プラマイ5ヤードは重大なミス になってしまいます。

そのロフトの安定を促すのが バンスのひとつの大きな役割です

ブログの中で一貫して書き続けている事ですが
 ヘッドを振る ヘッドを振り子のようにして使う人にとっては
  このロフトの修正機能としてのバンスは全く役に立ちません
   役に立たないどころか 上手く当たる事の弊害にしかなりません。


sample 2009_09_29_23_49_15-964フレームショット重心位置とバンスの位置関係と言ったらよいでしょうか それともハンドファーストと言ったら良いでしょうか   バンス 接地時に バンスよりも重心位置が 進行方向側に有ると ハンドファーストの状態でバンスが接地すると クラブフェースを進行方向に押す ロフトを起こすような動きになります
それにより ロフトを元の状態に修正する機能です。
 本来 バンスの大きなウエッヂの方が飛ぶ のです

20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショットその反対にヘッドを振る ヘッドが手を追い越すような動きで打とうとすると バンスが地面を設置した際 ヘッドを上に持ち上げようとします ダフッているのにトップしてしまうミスになります。

近年 日本のウエッヂのバンスが 「ローバンス」化してしまうのはここら辺に問題がありそうです。

35cb88f77052c597adb8-Lジーンサラゼンが発明するヒントになったのは 翼 そのモノではなく
その翼が 飛行機の胴体とすこし違う角度になっていることなのです。
胴体に対し やや上向きの翼が 飛行時や離着陸時に姿勢を安定させる という発想なのです




もう一つ   ウエッヂ ロフトの大きなクラブの欠点は
 フェース面とソールで作る角度が非常に 鋭角な上に
 クラブの中では短いシャフト…スウィングの弧が小さく 
 入射角度も鋭角になってしまう事で 
 リーディングエッヂが地面を接触した際に 刺さってしまいやすい傾向にあります。

それをガイドのように刺さらない様に 抜いて上がるのがバンスの役割の一つです



ですから バンスの大きな役割
 ☆インパクト前の ロフト 姿勢の修正
     ☆インパクト後の 地面に刺さってしまうのを防止する
 があるのです。


バンスには バンス幅 バンス角度 形状など色々ありますが
 正しくクラブを使える ヘッドを振らない人には 大きなバンス角度
  しっかりとスライド出来 インパクトを長く取れるひとには更に幅広のバンス
   ウエッヂの距離が飛ばない悩みの人には やはり 大きなバンス角度
     を お薦めします続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
090816_0837~01
その後の成果報告が「凄い、スゴイ」の
驚きばかりで断片的なもので終わっておりました。
大変失礼しました。


さて、その後、週2回の練習と2週に一度の
ラウンドで悶絶クラブでの打撃法に取り組んできました。

クラブを受け取った直後より何故か「刷毛塗りドリル」で
要領を早々と掴んだみたいで、そのまま比較的速やかに
フルスイングに移行出来、今では確かな手応え まで
感じるようになってきたので、久しぶりにレポートさせて
いただく次第です。



悶絶クラブでの極意は、
身体、特に脚を絶対的主役に、クラブは完全に脇役に
することと感じています。

20090801 2009_09_02_19_13_32-477フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット
















これは刷毛塗りドリルでも充分に感じられることですが
脚で始動した「動き」が下半身から上半身、そして
両腕を通じてグリップに伝わり、最後にヘッドに
伝わるのであり、切り返しも完全にその順番さえ
守れば極めてスムーズな切り返しとボールへの
打撃が可能となりました。



この感覚を掴んでみると、脚を主役とした
身体の使い方(=「動き」)は直線的であることが分かります。
直線的な「動き」を実行できれば、クラブヘッドも
直線的にならざる得なくなります。

ヘッドが直線的に動くことが、結果、重力に対して
もっとも効率的な位置エネルギーを獲得することに
つながり、ヘッドをローテーションさせたり、肩を回す
こと自体が全くナンセンスとなります。



ここまで出来れば、ブログで展開されているような
右肘と左肘の関係もうまく収まります。



「動き」は全てターゲットラインに向けて作ることを
目的としていますので、「動き」を直線的に作れば
自ずとシフト&スライドも生まれます。

ターゲットに対しての意識の量とスライドの量は
完全に比例します。

sample 2009_09_29_22_41_33-252フレームショット

あとは、この脚から作られる「動き」の質を高めることが
全ての眼目となります。質を高めるために
目標に対してのパワーのかけ方をこの1ヶ月間
重点的に取り組んできました。

同時に方向性もこの「動き」によって作られることが
分かってきました。

クラブを振ることによってパワーを高めたり
振る方向を考えたりは、一切しなくなりました。



自分のゴルフにとって
 完 全 な コ ペ ル ニ ク ス 的 転 換 です。

何のためにゴルフでボールを打つのか?
当たり前ですが目標とする地点にボールを
運ぶため。こんな当たり前のことがようやく
ボールを目の前に置いたときに出来るようになりました。


sample 2009_09_29_22_41_33-258フレームショット
この「動き」はゴルフ特有のものではありません。
日常的にある地点に向けてものを下手で投げる時に
自然に行っていることだと思います。



しかし、それをゴルフも全く同じであることを
自分に気づかせてくれたのは「刷毛塗りドリル」でした。

これが出発点ですし、原点です。

ここで、身体だけでなくクラブとの関係性を身につけ
(それが絶対条件となります)あとは身体の「動き」の質を
高めていくことが、ゴルフの打撃方法の真髄と
感じております。



さて、最後に現状での自己採点。
フルスイングは得意です。まっすぐ打つことに
ほとんど苦労しません。あとは、フックとスライスの
身体の動きを現在習得中です。

アプローチ、これも得意です。だって、刷毛塗りドリル
そのものですから。身体の入力次第で「動き」の量が
変わり、5〜30Yくらいの内訳も徐々に可能となっております。

スピンの効き方は目を見張ります。

SW一辺倒だったアプローチも番手を上げることに
躊躇はなくなりました。

残るは、30〜60Yくらいのコントロールショットです。
ここのさじ加減が何故か不自然なのが今の課題です。

頭で考えると、単に入力の違いだけなのですが
クラブが腰より高く、肩より低い位置での
身体とクラブの関係性が良くないんですよね。

と、自信たっぷりに書いたものの
今週まだ暑さがたっぷりと残る中
二日連続で歩きのラウンドをこなしてみましたが
最後のハーフは脚の疲れで動きが鈍り
握力の低下で逆にグリップ圧を高めていたのに
気付かず、クラブが暴れだし、制御不能の事態に陥って
しましました。まだまだです。

体力もつけて、もっと自分のものにしないと駄目ですね。

鼓笛隊 刷毛塗り&視線-160フレームショット鼓笛隊 刷毛塗り&視線-166フレームショット鼓笛隊 刷毛塗り&視線-170フレームショット










最後に、もう一つ。

視線と言うか視野はやはり極めて重要ですね。
ラウンド中にたまにボールを直視してしまうことがあります。
当たり前ですけど、結果はダフリ。

ここら辺は容赦ないのが悶絶クラブの特徴ですよね。

でも逆に大きなミスの理由はこれしかないので

分かりやすくて修正も簡単。



視野を先の「動き」と如何に連動させるかは
現在研究中です。「動き」の質を高めるためには
脚を主役とした身体の使い方に加え、視野も
大きな役割を担っているような気がして仕方がありません。
でないと、先のダフリは説明できませんものね。

脱力オヤジさんも以前書かれていましたし、既に実行していること
ですが、視線の動きで身体の動きをリードすることは
これまでに確認済みです。

一歩踏み込むと、先のライン出しと視線の関係性も
あるように思えて仕方がありません。

また、「動き」が直線的であるが故に
その「動き」が向かう先はあくまでもターゲット方向であり、
バックスイングはそのための準備にしか過ぎないはず。

となると、視線&視野はライン出しとターゲットへの目的意識
の関係の中でもっと機能させることが出来るはずと
思っております。

ここら辺が今の研究テーマといったところです。


また、一定の進捗が見られたら、レポートさせて頂きます。

今回はこの辺で
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ