◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年09月

5
 <お客様からのお手紙>で〜す

 ようやく最近、写真付きの記事によりアドレスやグリップの修正から始まり、刷毛
塗りスイングの物真似を開始。

まぐれでしか体感出来なかった心地よい打感が得られる様になり
体の動かし方に安心感を覚え
腕を動かす(小細工すると)ミスが起きることがハッキリと分かり
刷毛塗りのスイングからフルショットの右肘の肘鉄を食らわす動きとのマッチング
が出来つつあり
 フルショットの成功率も以前と比べものにならない位に上がってきました。
   今までが悪すぎただけかもしれませんが・・・

>>>> 質問ですが
> アプローチは刷毛塗りスイングの打ち方そのもので 番手のみAW等へ替えて行っ
ています。
概ね良い当たりだと思っているのですが 
 傾斜の付いた地面なのでスピンが利いているか
  分からないのですが正しいでしょうか?


> また パターも自宅のパターマットで行っているのですが
  刷毛塗りスイングそのモノで良いでしょうか?

距離が距離ですのでテークアウェイ少なめ、
 フォロー大きめこんな感じでパッティングしております。

パター練習で自宅でできるドリルや、
 ここ一年ほどラウンドから遠ざかっておりパッティングの距離感というか
  飛距離のコントロールについて注意点等あれば教えて下さい。
   
    以上、宜しくお願い致します。





 お手紙(レポート)有難うございます

刷毛塗りドリルを自宅や練習場などで       (ラブ☆じゃなくてね…)
 はじめられた皆様、
  たかだか 5mとか 10m とかの 距離を へんてこりんな感じで打ち始める…
   周りの人たちが スゥー と 引いてしまうのも少なくない…
 
  でも 何だか この感触 気持ち良いでしょ 

少ない距離 強くないインパクト 速くないヘッドスピード
  それでも ボールはつかまるんです

ボールを捕まえる感触
 この感触が楽しくて ゴルフを続けている
   嘘じゃないかも…


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショットなんでも スピードやパワーに頼っていた自分…実は ゴルフクラブは天才で 逆にスピードやパワーで それを封じ込めていたのよね。





  
 スピードやパワーに頼らない感触が気持ち良ければ それで多分正解



 フルショットにつなげていくのは ゆるりと やって行きましょ


 多くの人に共通なのですが
刷毛塗りショット ヘッドを手で動かさないで 脚を使って体で…
 引きずるような なんだけど へろへろにしては 駄目です
  そうしたい気持ちは理解出来ますが しっかり握り
   体の動きに対し ヘッドは後から引きずるような動き   …逆スナップ

  だからと言って 手首をゆるゆるにしては 駄目 です
20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショット


距離感 ですか…
  一言で言えば  ボールの飛ぶスピード と 体を動かすスピード 

   決して ヘッドを動かすスピードじゃない です

自分の距離に応じて 飛ぶボールのスピードをイメージし
 そのスピードと同じように体を動かす ヘッドじゃない…

前も言ったけど 距離感で 距離だけじゃなく 打つ弾道も含まれている
 刷毛塗り を基本に正しく進んでいくと  大体の人が
  放物線の弾道 ではなく  ライナー とか ハーフライナー
   すこし遅く すこし上がる トップボール のような弾道になる

     だから ある意味 いままでの距離感  要らないかも ね…

パターにしても ハミングバードのあのパター(あれは絶品!)とか
 しっかりしたヘッド重量のパターを使っていると

 最終的な距離  と  転がるボールのスピード   が他人とは大きく異なるでしょ

    ゆっくり ゆっくり 遠くまで転がる

 弾道も含め 距離感は自分でクラブとともに これから 構築してね





前回の Kさんの 記事の中で

  ダウンで 降ろしたい    下げたい


       ☆ それ 腕 でしょ !     てのがありましたが

素晴らしい洞察力 
 流石は ハンデイキャップ 2     …関係ないか

ダウンで 腕を下ろしたい 下げたい  ってことは テークバック(アウェイ)で

   腕 が 動 き 過 ぎ      ズバリっすね

横に動く…体の向きの変更ではなく腕で横へ
この場合は 体の右に動くってことだけど     これは言語道断
 議 論 の 余 地 は あ り ま せ ん

もう一つ 腕自体が 縦に上がる 動く  これは非常に多い錯覚

 縦のエネルギーを作りたい気持ちは 痛いほど分りますが
  ある高さを超えると クラブの構造や体の作りから クラブも腕も
   高さ(位置エネルギー)を失い始めます…

左肘を曲げないという方法で考えると
 腕が地面と平行 シャフトが垂直 
これを超えて 腕や手を上げても 逆にどんどん位置エネルギーを失うのです

左肘を曲げるのであれば 右肘のクランチ方向を注意し 左肘の位置は
 アドレス時の体との関係のまま 動かさない位が良いのだと思います

運動には慣性が付き物ですから
 そこを作るのには その半分や2/3の運動(意志の伴う)で良いと言う事です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
Kさま ブログ  タイトル  体の向きの変更




最も知りたいところ 興味のある部分

それが“ダウンスウィング”じゃないでしょうか?
期待する内容ではないかもしれません
でも こんなの初めて 的な感覚を味わうために・・・・

鼓笛隊 モデルケース-153フレームショット





何度も同じことで申し訳ないのですが

これらの動きの中に 作っている部分はほとんどありません

そうなっているという事を前提において見ていってください



まずトップ
20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット
かっこいい?

かっこよく感じさせてる理由は すきの無さ

どこにいても すぐに殴られ 蹴られ 木っ端みじんにされそう(近寄るべからず)

なんか やる気なさそう と見た人も正解 酔拳の一歩手前です



何が言いたいのかというと

すべての準備が整っているってこと

“何もしない”っていうのはこの事です


手首とクラブの角度が映っていないのは残念ですが 想像してみて下さい

あと今回は正面方向の写真ですが 現実は3次元(スポルテクラブを持つと4次元かな)です このトップ時 飛球線後方からだと どんな形になるのか

慣れてくれば 上空からは どんなふうに映るのか 1カットでいろんな方面からの映像を頭の中で作ってみて下さい ためになります



つぎは 2枚連続で
20090801 2009_09_01_00_16_52-784フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-788フレームショット
まず認識してもらいたいのは 手首とクラブの関係

トップで出来た位置関係(角度)がまったく変わっていません

もひとついえば 変える必要が無い


でも腕やクラブは下がってきてるよ!

確かに 確かに下がってますね この写真では



ピンときましたか?

前傾角度があるんですね

ですから これを見て 後方からのイメージが無いと
下がってる になっちゃうんですね



動力源というか 意識というか 体の動きとしては

“スライド”

だけなんです タネも仕掛けも無く
何かあるように感じてしまう のは準備が出来ていないとき
もしくは 持ちすぎ(1泊の出張でパンツ5枚持っていくようなもの)です



そして フィニッシュ
20090801 2009_09_01_00_16_52-798フレームショット
これでやっと下がったね

え?そう?

またまた やっちゃいましたね



完全なインパクトとして見ていいのですが

正面写真の一番の注意点


ボールがつま先 すぐそこに見えてしまう事です

その先入観があたかも 下 腕とシャフトが一直線という誤解を生んでしまう

飛球線後方から見ると アドレス時のボールとの位置関係は変わっていません

ということは ライ角度に対するクラブの長さ(水平距離)分の角度が付いてるはずですね “ディッシュアングル”お忘れなく



“何もしない”=“何もしなくていい準備を整える”=“クラブ・腕は何もしなくていい状況にする”などなど



いろんな言葉を作ってみてください

感じるのは 自分自身で 発するのも 自分自身 ですから



最後にもう一つだけ

トップの位置から下ろしたい と感じているのは
ヘッド(クラブ)ではなく 腕ではありませんか?


そうなる原因は やっぱりトップ

体の向きの変更に対して 腕の量があっていない

ほとんど 体が少なく 腕が多い

チェックしてみて下さい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
200908311810000




鼓笛隊セットが届いて、約2ヵ月が過ぎました。
悪夢(まだ夢の中)のような数ヶ月を思い起こせば・・・

7月中旬:さっぱり当たらない。飛ばない。ゴロばかり・・・
   
7月下旬:めげずに練習の日々。打てば打つほど最悪の結果に・・・

8月上旬:頂いた鼓笛隊動画を研究、皆様のブログの読み直し etc・・・

8月中旬:無謀にもコースに持ち込む。2打目以降は微速前進。
手で投げた方がましな状態(池が見える・・どうしよう)

8月下旬:店長さんから、右手(肘)で押すことを教わる。
左手がすごく邪魔。
     さらに、右手で押すとクラブが倒れてループするような状態。

9月上旬:練習の一時中止。(ちょっと落ち込み気味。トホホです)
     お店に電話。
右手を押せない理由は、その前までの過程に問題ありとのアドバイス。

9月中旬:基本中の基本、刷毛塗りドリルからやり直し。再度ブログの見直し。
    (本店を始め、皆様のブログの映像、コメントは大変勉強になります。)

と こんな感じで悶絶、練習中です。

近況
黙々と刷毛塗ドリルを復習して、テークアウェーの練習をしていたら、トップでクラブが軽く感じられるようになり、そこから右手を少しですが押せるようになりました。
(迷ったら基本戻る。)
ボールに当たった感触が凄く違う!! ちょっと嬉しくなりました。
次の課題はシフトです。
いろいろ有りますがこれからもブログと動画を教科書に楽しく頑張ります。
店長さま、皆様よろしくお願い致します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
HBSではじめてクラブを作ってもらったのは平成15年の3月のこと。

ネットを徘徊していたら面白いホームページに行き着いた。それがHBSだった。

難解な記事を隅から隅まで何回も読み直した。

その頃使用していたのはアイアンはキャロウエイのX12?にプレシジョン6.0かな。

ウッドもキャロウエイでシャフトは忘れたがカーボンのSかな。

当時は週に2回程の練習場と週に1,2回のラウンドをしていた。

店長さんが言われる巷のチョイ上手と自分で思っているゴルファーだった。

しかし肘と腰が痛かった。もう年だし競技にも興味がなくなり、

もっと楽ができるクラブが欲しくなった。

初めてのF2のシャフトは当たると飛んだ。今までで最高に飛んでいた。

しかし長くは続かなかった。

シャンクが出始めた。


それから2年後にF3のシャフトで作ってもらった。

その頃他の趣味を再開したので練習場に行くこともなくなりラウンドも月1程度に

激減した。

相変わらずシャンクは直らず飛距離も激減した。


そして去年の8月にF4のシャフトにたどり着いた。

しかしシャンクは相変わらずラウンド中1ホールに最低1回はでた。

ドライバーでもシャンクした。

そして今年の6月にHBSブログを見て一から出直す気でレッスンにいった。

それから毎日、ブログと◎◎さんの映像を参考に試行錯誤を繰り返している。

はじめはごんごろさんのブログにしか映像がなかったのでずいぶん参考にした。

埼玉のSさんと同じように外出しない時は9時には眠るので
  
早朝に家の中でほとんど毎日練習している。

月に3回位は練習場に打ちに行く。1回200球程度。


コースには3回くらい行った。トップと空振りが多い。

まずグリップを長年親しんだフックからスクエアに変更した。

油断していると楽なフックグリップになっているので右手の親指の付け根で

左の親指の付け根を包み込むようにしている。

スタンスは放って置くと右を向いて右足を引いてしまうのでやや左を向いて

一度決めた両足の位置から親指分位右足を前に出すようにしている。

幅はやや広くとっている。

背筋を伸ばして股関節から前傾を作り尻を後ろに引くようにしている。

背骨と首筋が直線になるように頭が下がらないようにしている。

左側の窓ガラスに姿勢を映して確認している。


ボールの位置はフルショットでは左踵線上に球の左面が位置するように

シャフトを定規にして確認している。


ランニングアプローチとパターはそれより球一つ分右足よりにしている。

全体に体と球が近過ぎないように意識している。

視界は球の外側50cm位を3Dの絵を見るように全体にぼんやりと見るように

している。


それで刷毛塗りの練習をする。

最近全てのクラブに15gの鉛を貼った。

家の中で壁に向けてパターと6番アイアンで5m位のつもりで本球と

スポンジ球を打っている。

まだ手よりヘッドが大きく動くことがある。

するとシャンク気味の球やトップがでる。
20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショット

テークアウェイの時にヘッドを目で追う癖がある。

視線をヘッドのほうに動かさずにヘッドを動かさずに左の股関節に体重が乗れると

球が潰れてスピンの効いた球がでる。


6月から一番苦労したのは右ひじのクランチだ。

最初はどうしても横にしか動けないので球の後ろに箱を置いたり、

ゴルフ練習用の丸い鏡を置いて家で練習した。

練習場ではデジカメのケースを球の後ろに置いて練習した。

他のお客がいない離れた場所で練習した。

デジカメのケースは何回も場内と打席の後ろに飛んだ。

最近はヘッドを上に上げる事に慣れたので練習場では障害物は置いていない。


練習場では低い球が出ている。

球が潰れる感触と音はある。毎回ではないけれど。飛んでいないけれど。

気持ちが良い。


昨日家での練習をビデオに撮った。

確認するとフルショットで右ひじが下がっていることがある。

ビデオを見て気がついたことはバックスイングで頭が動きすぎること。

顔ごと飛球線後方へ頭4つ分位動く。  
    ……問題は無いと思いますが by店長

右肘の張り出しが不足していること。    
    …それは問題です
20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット

秀二が止まる所まで行ったのに上体がまだ動き続けること。

(手が遅いもっと早くたたむ?) …左手でテークバックする習慣や反動をつける習慣?
                  

トップを高くしたい意識がある。 
  …ヘッドを高くする事で手を高くする事ではありません

左へのスライドと頭の移動が少なくて遅いこと。   −1

インパクト前に腰が開いてしまうこと。       −2

ヘッドが遠回りしている。             −3

       …この3つの悩みはある意味 同じ意味合いで
        1が出来ない ので 3をしてしまい 結果2が出て来る      
ヘッドを振らないで 1が出来るようになると
   自然と2と3は同時に解決する

   同時に4も解決するようになると思います    

インパクトで両肘がもう少し伸びても良いかな。   −4

フォローでの左肘の張り出しが少ないかな。

もっとクラブの重さを感じないといけませんね。

自分で分析した感じはこんなところです。


店長さんがブログに書いていることをやろうとしているだけですが。

一昨日家での練習で自分の感じたインパクトより後で

球が飛び出しました。初めての経験です。

スポンジボール良い音してました。

これですかね。


少しずつ出来るようになっているみたいです。

当たらなくても練習もラウンドも楽しいです。

一回でも球の潰れた感触と音が出れば。

気持ち良いです。

他の人もブログに書いていますが、練習場でもコースでも周りの人の

反応が面白いです。

この間は偶にご一緒するお年寄りが余りに私が当たらないので

ラフに入った私の球をフェアウエイに持ってきてくれました。

        余計なことをする人だ。放っておいてくれ。

いつも一緒に回る友人はにやにやしています。

友人が連れてきた若い飛ばし屋は私のスイングを見て

めちゃくちゃになってしまいました。

可哀想なことをした。

そのうちまたお邪魔します。

     よろしくお願いします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まずは神様の登場
ニクラウスgn
ozaki
















  そして 素人三人衆
20090801 2009_08_31_23_45_58-172フレームショットBlogPaint20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショット














おまけ
鼓笛隊 モデルケース-143フレームショット2009_04_27_01_01_52-233フレームショットwho
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
〜鼓笛隊 Z-T スペシャルは GT !  新クラブからのメッセージ〜
         …斜め字のコメントは店主です

http://www2.nissan.co.jp/Z/Z34/0812/index.html?page=w10
鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

  ニューアイアンが届きました
店長の 人当たりの◎◎しさ 人柄がそのままにじみ出た
鼓笛隊セットのバージョンアップです       
  ……(えげつないって事???)
強烈な ウイルスワクチン 付
さっそく、仕事帰りに打ちにいきました

それまでのアイアンで打てていたウェッジに異変が起きました
打痕がスコアライン2〜3本分高くなってしまい、
弾道が高く、スピードが下がってしまう、
よく言う 抜けた球 です

 9アイアンまではごまかせますが、ウェッジはそうはいきません

それまでのアイアンセットが(硬くて 硬いから 硬いので)
自由に打てていただけに、
なかなか自分の 余計な動き を
認めようとしない(気がつかない)
のが人間です

女房に出て行かれなければ、    
  それまでの酒癖を直そうとはしないものです 

・・・なんかおかしいなぁ インパクトゾーンが遅い・・・・

しかし、この クラブからのメッセージ は、クラブ使いを見直し、
階段をひとつ登る チャンス でもあるのです
せっかく趣味で楽しんでいるのだから、
やっぱり登って 見てみたい

クラブと一晩 ちゃぶ台をはさんで話し合い
何点か妥協点はあるものの、
双方の合意には至らず

なぜ、打痕の位置に差が出てしまうのか?
自力での修正案に行き詰まり
   藁をもつかむ思いで お店に電話してみると

より撓る軟らかいシャフト しっかりしたヘッド重量では
それまでのクラブでは 結果に出てこないくらいのクラブの無駄な動き
も重力によって強調されてしまう

 
私のウェッジをなめないでください
くまが横須賀で暴れているのです
あなたの相手をしている暇はありません
いそがしいから電話をお切りください
・・・・とのアドバイス    (…アドバイスになってないけど)

では、そんな無駄が強調されないクラブを使えばいい?
いえいえ、強調されないとはいっても、無駄があることに変わりは無いのです
政権が変わったとはいえ、今は エコ の時代です
男も 女も ゴルフも 全て エコ なのです
訳分かりませんね    

・・・ふふふふ、亡霊よ・・その動きをしている限り、
私の本物のインパクト は 一生 垣間見れんのだよ・・・・・・

・・・・何と言うメッセージつきのクラブでしょうか

こうなったら クラブに備わった 強調してしまう力 
      を良いほうに取り込めないものか

責任力 は駄目だったが、重力 ではどうか?

「日本を守る 重力力」

それとも、
「日本を救う 不可抗力」

いやいや
「私とクラブ 政権交代」  では??

戦後一度も出来なかったクラブ使いが 出来るチャンスなのか????


この 一見 出てこない無駄(結果的なヘッドの遠回り)
は、インパクトの感触  インパクト音  そして、
押さえの聞かない弾道 などなど、それぞれのシーンを
すこしずつ 濁らせ ます

これは本物(クラブの本来の性能)ではないのです
これが打痕という見た目にも少し表れます
このお店のクラブに慣れている方には、
「何か変だ」 という感じで伝わってきます

・・・こうは動きたがっていない・・どこに無駄が入っているのか・・・・

☆☆さんや◎◎さんのインパクト音を聞かれた方も多いと思いますが、
濁りの無い本物 のインパクトは、迫力とスケール 
 そして なんといっても スピード が違います
この 迫力と スケール  スピード  インパクト音 これこそ 
そのクラブのもつ 本当のポテンシャル
本来の性能 人力の及ばない 重力のスピード と言えましょう

・・・人間が振らないほうが 結果的にクラブは早く動くのです・・・・
・・・人間が 手で 振らないから スピードに乗るのです・・・

人間力 6 クラブ力 5 に対して
人間力 1 クラブ力 10
鼓笛隊セット では このくらい違います

トップのクラブの位置 に無駄がありました
位置を確認しながら練習・・・いろいろ試しているうちに、
「シフトに連動して 自然にインパクトゾーンへ入ってくる姿勢」 
がありました
この 自然に入ってくる軌道 は
手では創れない最短距離 です

そうでない位置から降りてくるから、
どうしても人間がいったん 位置を直して
(この場合、修正すると結果として ヘッドを振ってしまいます)
しまうので、クラブ本来のスピードが出ないのです

そして直した形は、そのままインパクトの形でもありました

シフトと連動して落ちてくるインパクトの形は、修正の必要がないことと
重力スピードを 微調整 せず もろに 使えるため、
時間が早く、スピードにも乗り、なにより 
スケールが違います


雑誌で言う、加速しながらのインパクト という表現でしょうか



使えれば 迫力が違います 飛びが違います ボールのつぶれ方が違います
人間は 自分の力の範囲の出来事 には、そんなに驚かないものです
・・・これが結構、あからさまに変わる のです
自分で出せない 理解ではないものに出会ってしまったときに
・・・・おおっっ!!????? となります

以前のMYクラブ ではここまでの迫力はありませんし、
人間が振ったのではこのスピードは出ないでしょう 
普通免許しか持たない素人がこんなものに乗ってもいいのでしょうか?

視界に入る 残像 では 飛球線上をインにもアウトにも入らず
ストレートにクラブヘッドがボールをつぶしながら進んでいくのです
   絶対に敵に回したくない動きです
内藤選手のストレートパンチはこんな感じでしょうか・・・

そして、思っていたより さらにずっと
ずっーーーとヘッドは トップの位置に置き去りなのです
書いていて良く分かりません

115ヤード pw 中弾道ライナー 2バウンド目で キュッ! 見たいなことになります

かっこいい〜 トレビノみたい〜

「おじさん アイアン上手だね!」

「おじさん、なんにもしてないんだけどね・・・・」

4年前 象の亡霊作戦 でシャンクしていたころから見ると
夢のよう の球です

長年感じていて お伝えしたいことがあります
この邪魔をしないでクラブを使えたとき、
(修正が掛からずヘッド重量を使えたとき)
インパクトしたクラブから なんというか・・シャフトの美味しいところ
というか・・・みずみずしいというか・・・昔はシャフトの走り とよんでいたような

しっとりとして・・・それでいてくどくない・・・・
どこかのお菓子のキャッチフレーズのようですが

ありがとうの感触? が手に伝わってくるのです
これがグリップから感じられると、もうその日は大丈夫
打てば打つほど うまく行きます
俗に言う 「入ってしまった状態」  です
ラウンド中にこれがくると 当たる気しかしません
何をやってもうまく行きます
アイアンの番手が 1番手 変わってきます
そのときに出るドライバーの球
自分が打ったとは思えません

全てのクラブデータが一列にきちんと並んでいる
     オーダーショップならではの楽しみです


私はこの 呼び方の分からない
美味しさ  を ゴルフの醍醐味 と感じています


後記 

クラブと一緒に、お店から 
衝撃映像第2弾 を送っていただきました

これはほんものの 衝撃です

この映像が見れる方は 本当に 
・・・これはお世辞抜きで・・・・
幸せだと思います
上達は 一気に 20年 早まったでしょう
怪しい生き物の怪しいダンス・・・しかし、
日本でこのクラブ使いが出来るのは◎◎さんしかいないでしょう
この 人間????? のクラブ使いは あの ニクラス の使い方です
    (ジャンボがいますよ!)
(ここ、削除しないで乗せてくださいよ)

ぜひ参考にしてください
     そしてあなたも、異次元 ワールド へ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Kさまの 9/11 のブログより 大変参考になるので そのまま転用しています




表題   トップの確認をしてみよう


なんだかMの気持ちが 分かってきた気がする・・・・





さてトップ 内容が被るかもしれませんが

恒例の2枚の比較
20090801 2009_08_24_23_31_25-253フレームショットtopofswing



      
これまた エンジェル と サタン



今回のポイントは

・右肘の向き

・グリップの位置

・クラブの角度(重要)



この3点

それぞれ違いを見てみましょう



まず右肘の向きは後回しにして グリップ位置から

かなり高い位置になっていますね 頭のまだ上に見えます

対して エンジェルカットは 右耳の位置

非常に多いと思うのですが クラブの位置エネルギー っていうと

手を高く上げたくなる その典型です



まずはグリップ(手)の位置は 自分が思っているより はるかに低いって思って下さい



次にクラブの角度 高さと 飛球線後方から見た左右の位置

ちょっと分かりづらいですが 手首の向きで想像してみて下さい

このデビルのシャフト かなり右方向 もしかすると ヘッドはボールの上にあるかもしれません

違いは一目遼然ですね

シャフトは垂直(鉛直方向)に綺麗に立っています

すると当然のように ヘッドは高い位置に収まります 手の位置は低いのに

頑張って手を上げた分だけ ヘッドの位置自体は低くなっちゃうんです



後回しにした 右肘の向き これはよく似ていますね めでたしめでたし



以上が 静止画像の見たまんまの説明です

もしこれを鵜呑みにしてしまうと とんでもないことが起きます

この写真を見て 修正にかかったとしましょう

トップの形が強くイメージされていますから 当然のように この形を作りにいきます

何がいけないのかというと

クラブ始動時 スタートで間違って 紆余曲折した最終形です

この状態になってしまったものを 最後の形だけ意識しても効果どころか逆に悪くしてしまうでしょう



ちょっと想像してみて下さい

彼のヘッドを右側から中央に戻してみましょう 手首や肘の位置関係は変えずに

位置関係を変えずに戻してくると ヘッドの移動量に比例して 右肘がだんだん下がってくるように思いませんか?

クラブが中央に戻ったときには 右肘は真下を向いている

さらにヘッドを左に移動させると もっと右肘を絞った オンプレーンに近い位置関係になりますよね



先の比較では右肘は正解の判断をしてしまいました

そのままの修正では 右肘は頭の中に無いでしょう

本当の修正ポイントは 右肘 なのに・・・・ 最重要課題なのに・・・・

ということは 改善していかなくてはならないのは その前の位置

見えている瞬間とか直接のところをいじっても 解決にはならないってこと


本当のエラーが 解消できたとき トップはきれいに出来ていると思います

映像は非常に分かりやすい反面 必要な事を隠してしまう側面を持っています



けれど これまで見えなかったものが見えてくると また違った楽しみが生まれてきます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
少しオーバーには行っていますが 実際前のソファーに対し 10m位の感覚で
 ボールは打っています   犬が慌てて 逃げています…
20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショットよく見る 振り子 ヘッドを振って行うショットを真似てみました 分り易いようにヘッドの裏側にはピンク色の線をいれています  このショットを真似る為 ゆっくりボールを打つと まるでロフトで出来る坂を登り ボールが後ろにすり抜けるようなショットになります

20090801 2009_09_02_14_54_45-78フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-89フレームショットボールに対するヘッドの残り距離 両方とも同じ位置になるように抽出しました 右の次のコマはインパクト ボールを打っているコマの一こま 手前です
入ってくるロフト
入ってくる高さ
ずいぶん違うモノですね

それと撮影して 気付いたのですが 似たようなスピードで動かしているつもりでも
10mを打つ と限定しているので 振り子ショットはヘッドの動きが速く ヘッドのぶれていないコマが抽出できません

この後のボールは どうなるかというと
 振り子ショットは 上の段にあがってしまい ヒヤッとさせたれました
      …シャンク方向に大事な真空管アンプがあるので

 スライドショット… 正規のショットは ソファの土台に当たり 帰ってきます



20090801 2009_09_02_15_09_49-1005フレームショット20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット 疑うかもしれませんが これは28度のロフトの6番です 入ってくる様子はサンドウエッヂかと思ってしまいますね   これじゃ 飛ばないよね



20090801 2009_09_02_15_09_49-20フレームショット20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット 参考になると思い すこしオーバーにやっています 上下を比べると あまりに足のアクションの 「有る無し」の違いにびっくりしますね
ちなみに これは「トップ」では ありません!


[上のウエッヂショットのような画像について ですが]
☆このシャフトが動いている量が イコール ロフトの変化 です 非常に短時間に こんなに大きくロフトが変化するのですから…
スピード等を含めた距離感 なんて 打ってみないと 距離感 にはならないと言うか ボールの距離は 「ボールに聞いてくれ!」になりますよね





 これが 飛ばしの秘密 と言えるでしょう
同じ6番28度のクラブを打って 短距離ですが この弾道の違いです
上のウエッヂのようなクラブを方を 45msのヘッドスピード で打ったとしても
下の6番のショットを 多分 36ms で打てばラクラク勝てると思います

しかも 記事のはじめにある画像と重ねて考えると
 方向性の良し悪し 当たり具合 当たる頻度 繰り返せる頻度  全てにおいて
 下の低目に出ている 6番のショットの 段違いの勝ち
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 こんばんは!
文章の形式に制約があるので 記事にて お答えします



初めてお便りいたします。
切り替えし時、右股関節ロック状態では骨盤は左下がり、
そこからスライドし、左股関節ロック状態まで来ると骨盤は右下がりになるのを防ぐ為?
視界のコントロールで骨盤をほぼ水平(左下がり)に保とうと言う狙いが有るのですか?


☆骨盤さま

  お便り有難うございます 
質問の真意が掴みきれないので お望みの答えになるかどうか 自信はありませんが
  知りたいところは ダイレクトな目的でしょうか
  それとも もっと 大きな目的を指しているのでしょうか

僕自身が あまり 使わない用語をお使いなので ハミングバードのお客様かどうか
 分りかねますが  最終的な目標は


筋力や体力に依存せず ヘッド重量の力を主力エンジンとして 遠くに飛ばしたい

体のメカニズムを考え クラブのメカニズムを考え 「ナマケモノ」でボールを打ちたい事

そのためには ヘッド重量やシャフトの運動で発生する ヘッドの遅れを

インパクト時に ロフトの立ち  →  受動的な ハンドファースト にしたい事

正規な その個々のクラブのロフトで打つのには

両方の腕の長さの都合の付く 体の正面で 腕の長さが概ね アドレス時に近いような

そんな姿勢で インパクトを迎えたい事

そんなところでしょうか…


記述されている事も要素の一つだと思います  が 股関節 スライド シフト 体重移動
体の向きの変更 体の回転 を考える上で もう一度 体の構造を考える事は重要だと思います

後からコメントされている ☆悶絶次郎さまの 前傾を 右股関節から 左股関節に 移管し
結果として 前傾を保つのも 重要な要素だと思います


視線 視界のコントロール で 行う のは
スウィングと呼ばれる動きの中で トップオブザスウィング → ダウンスウィング → インパクト という 一番動きの速い 少なくない動きの中で 体の各位 を制御し
技術として トップからインパクトまで 人間の完全なる意思で クラブを動かしボールを打つ
そして それを繰り返す 事   「技」として 体を動作させる事は
一般人の我々にはかなり苦しく 週一回 200球 程度の練習では 習得不可能?
もしくは一度出来たとしても 頭や体に刷り込むのは 非現実的 と認識しています
人間には優れた防衛本能があり 反射行動がありますから
一番大事な頭 もしくは顔を守る本能を 視界によって 逆に 利用してしまおう
頭を動かす為に 視界を動かす   すると 体は大事な頭を守る行動を

 必 ず  行 い ま す

それを 利用し 一番複雑な 軸足の変更をし 体の向きを変えるサポートをしてしまおう
と言う訳で  狙い と言う言葉で言えば もっと たくさんの狙いが隠されています

お望みの意味合いに はまったか自信ありませんので
 また コメント下さい



切り返しで一瞬左にスライドすると、レッスンプロから「そうやって左に体重移動するから失速ボールが出るんだよ!」「トップから右の股関節の上で回転するの!」
と怒られます。。。う〜む、どうなんでしょうか?
スライド時に右膝が内側に折れるのが悪いのでしょうか?それともクラブがダメなんでしょうか?汗)


☆パスパパさま
  お便り有難うございます 
世の中にはたくさんの考えの人がいる訳で 自分と違う意見だからと言って
 その意見の背景や歴史 その人の事を詳しく知らない他人が中傷する訳にはいきません。

その「レッスンプロ」が 最終的には違うけれど 何かの意図があって
いったんその動きを覚えて貰いたいのかも知れないし よく分りません

左へのシフトを別な機会に「正しく」教えたいのかもしれないし
僕は賛成しませんが 本当はその「レッスンプロ」が正しいのかもしれません。

書かれている事をそのまま読みとると シフト スライド するよりも 先に
しなければいけない事…  改善しなければならない事があり それを放置したまま
シフトしてしまう シフトを意識してしまうのは良くない! と言うニュアンスも感じ取れます

僕は賛成しないのは その記述された理論であって その「レッスンプロ」の人そのモノや
人柄 存在を否定しているのではなく 単なる意見として 自分の考えは違う と言っているだけです    分ってね

ゴルフは 遊び ですから 自分の信じる事 やりたい事をやればいいので
別に 何が正しいかの 回答が 必要な訳ではないと思います
パスパパさまが そのレッスンプロの考えている事に賛同して 「やりたい!」のなら
信じて ゴルフの命を預けるべきですし 信じないのなら 辞められればいいだけです

誰が正しくて 誰が間違っているか なんて 正直どうでもいい事です 遊びですから。
重要なのは 何がやりたいのか 何を楽しみたいのか なのだと思います

で 本題に入りますが あくまでも 僕の意見です

スライド時に 右膝が折れる事 そのモノが問題なのではないと思います
問題なのは 何故 折れるのか です。
自分で注意しても 意識しても 折れてしまうのは
折れなければ打てない 折れる必然性があるからで 
その理由を解明せずに 右ひざが折れるのだけを解決しても
その理由になっていることを 別な行為が補足することになります

右ひざが折れる行為の原因で幾つか考えられます
例えば シフトしても顔や頭が残ってしまえば 体はバランスを取る為
右にくの字のなりますから 右ひざは中に折れます

☆クラブヘッドが軽く もしくはシャフトが硬ければ
ボールに届きにくくなりますから 何がしかのボールに近づく動きが必要になり
結果 右ひざを曲げ 右サイドをボールに近づける/下げているのかもしれません

☆また 自分ではシフトしているつもりでも 切り返しから
いきなり回転 しかも右足で蹴る行為で回転すれば 体の左側は上を向きやすくなりますから
その結果 右ひざが折れているのかも知れません。

☆クラブをインサイドから入れようとしている為 クラブが自分の体の右外で重くなり
折れているのかもしれません

☆やはり インサイドから入れようとして 手の通り道を作る為
 右足がよけている その結果 折れているのかもしれません

どれを とっても「原因」を解明し 解決しない限り
 右ひざの折れは 別な行為にとって代わるだけですから……


 スウィングの改造   その基本は それそのものを触らず
    それをする必要のない「環境」を作る事に有ります
       ですヨネ! 埼玉のSさま

まぁ 多分ですが 無責任ですが クラブはオーバースペックの可能性は否定できません
   軽いヘッド 硬いシャフト である事はかなり有力な理由、かな?






また 良い機会なので 次につながる議題を提示しておきましょう

多分 のちに Wさまがコメントしてくれると思います

 しばらく ご無沙汰ですから Uさまがコメントしてくれるかも知れません…

  あくまでも 意見ですから 反対や賛成 色々あっていいと思います
         (これは 事実 なので 反対はし難いと思いますが…)


一般的な使われている 当たり前の用語  スウィングの軌道

  よく インサイドアウト  とか アウトサイドイン  とか言われますが

9割9分 その両方の 正しい意味合いを理解されていないと思います

イン とか アウト とか この言葉は  ゴルフスウィングを 真上  空  神様の視点

で見た 上からの平面図 として 殆んどの方は考えられていると思います

   ここまでは 正解です

しかし よく考えて下さい

クラブの 上からの平面図 クラブ(シャフト)の時計が 9時を指したり 12時を指すのは
体の向きが変わるからです
体の向き通りにクラブを横に動かしている限り
この軌道に変化は訪れません
クラブと腕の長さ以外の個人差は訪れない筈 です

ただし クラブの横の動きを 腕で動かせば
 千差万別 それぞれの人 だけでなく 毎回複雑な軌道を描くでしょう

ですから 正しくクラブの横の動きを体の向きで行えば軌道の大きさの違いを除けば
 人による差異は生まれない と断言出来ます



が しかし 本当の意味で その軌道には差が生まれます
それは 上から見た平面図上 クラブの長さがスウィング中 変化するからです

倉本プロのような 低めのトップで こぶしの真上 グリップの真上にヘッドが垂直になっていれば 平面図上 クラブの長さは ゼロ です

クラブは スピードを上げれば 特にヘッド部分は スピードの二乗の1/2分 重くなります
それにより 遠心力が増え クラブが放り出されるような姿になるのは
インパクト以降 フォローからフィニッシュにかけて です
そうなれば 平面図上 クラブは最大の長さになりますから

あくまでも 上からの平面図上では インサイドアウト

  飛球線方向の向かって 右側に向けて 膨らむ軌道に見えます

それを 本当の意味での インサイドアウト と呼び

手で 横に動かし 体の右側からループを描いて フェースを空に向け
 ダウンスウィングしてくる ボールにソールを向けて ダウンしてくる
  インサイドアウトは 軌道 を問う以前の問題です

クラブをループさせ いったん肩の上に有ったモノを
 右サイド から 自分の背後に置き クラブヘッドが一番重くなるファースを空に向け
  シャフトを背後に倒して 自分だけ飛球線方向にずれれば
   腕だけではクラブは支えきれませんから 右サイドが下がります
    これは 必然……     当然 力みもするでしょう。


そうでないと良いのですが 軌道をインサイドから を腕さばきで行ったり
クラブの長さの概念を無視して ボールよりも自分側から入ってくる
クラブが寝て フェースが開くような インサイドからの侵入
     と言う 誤った軌道認識をしていると
          陥り易いミスの例です  ご参考までに…


  また コメント もしくは メール下さいね

hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さて今回は切りかえし直後の写真

真逆の2枚をご用意しました



downswing鼓笛隊 モデルケース-153フレームショット

なんだか 書道の時間にすべての字を赤で修正された記憶が蘇りますが
めげずに検討していきましょう

まずはって何から何まで違うんでどこから手を付けてよいものやら・・・
いっそのこと全部あげてみますか!



・右肘と左肘の関係が逆転している(右肘が低い しかも下向き)

・同じ事だが 両肩の関係も逆転

・上体が持っていかれている(前傾姿勢がほどかれる)

・シャフト角度が寝かされている(45度方向)

・同一時間内なのに グリップの残像が他の部位に比べて多い

・足が短い などなど



ざっとこんなとこでしょうか?

見れば見るほど違いが出てきますが


実はこれ 一つのミスから起こる現象なんです


この2枚の写真で見なければならない 最大のポイント

それは ”体の向き” すなわち “スライド”

この体の左回転によって生み出されるのが 上記のミスとなって表れてくるんです



ですから スライド を身につけてからじゃないと フルスウィングなんて無意味

無駄な時間と悶絶期間を過ごすことになりますので 同じ悶絶なら つまんなくても刷毛塗りドリルに終始したほうが 絶対にお得です



余談ですが 衝撃映像第一巻を見た方で トップで静止して(意味は違うかもしれませんが)打ってみた方が何人ぐらいいるんでしょうか とても気になります



想像する  意味(背景)を考えてみる  やわらかな気持ち



もっと身につけていきたいものです

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
ひまわり様 から こんな質問を頂きました 

 質問です

昔のアイアンの標準的なロフトを教えてください

俗に言う アイアンのストロングロフト化

日本向けモデルだけって本当ですか?

やはりこれは、
増やして打つから減らした のでしょうか?

u=3097821428,2706946096&gp=0






    平均的なクラブのロフトは以下の通りです
   60年前  40年前  20年前  現在
 #2   22    20    19    18
 #3   25    23    22    20
 #4   28    26    25    22
 #5   32    30    28    25
 #6   36    34    32    28
 #7   40    38    36    32
 #8   44    42    40    36
 #9   48    46    44    40
 PW   52    50    48    44
 AW   --    --    (52)    50
 SW   56    55    55    56

ご指摘の通り 日本スペックだけ アイアンロフトが 現在の状況になり
 アメリカを含めた欧米モデルは 2009年モデルであっても20年前と殆んど同じです
 ☆現在でも 日本のAWやPSに当たるギャップウエッヂはオプションです


長さも含め 40年前は今の日本スペックに比べ 1インチ分短かかったので
  
ある意味 単に 4番アイアンの刻印を 6番に変えただけ とも言えるかもしれません


日本では 生涯を通しての ゴルフショット
 その 98% は練習場で  と言われています

それを元に考えると
 例えば かつて セットが #3〜SW だった頃から比べると
 現在の 話題のアイアン とか 人気のアイアン と言うのは
 #4や#5アイアンが打ちやすい事よりも

   7番や8番アイアンが飛ぶ事なのではないのでしょうか…

 全番手が打ちやすい事よりも 練習場でよく打つ番手が飛ぶ事なのではないのでしょうか…



 例えば 5番アイアンが160ヤード 打てるとしましょう
  現代のクラブ構成から考えると それから  下が7本
   160ヤードも含め それから上が 6本

   ものすごく アンバランスな気がします


 40年前の構成に戻せば 160ヤード未満 に9本ものクラブがあることになります
  ドライバーも含め 170ヤード以上に 3〜4本あれば 十分なのではないでしょうか… 

06
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

鼓笛隊 モデルケース-158フレームショット

<目線>
非常に重要かつ難しいテーマですから
心して トライして下さい。

よく物を半眼でみる と言います
視界の中に ターゲットは入れておくが 直視しない
このことを指します

実はこれがゴルフショット成功の鍵になるかもしれません。

そばにパソコンがあれば以下の映像をご覧ください

http://www.youtube.com/watch?v=P9QaVlCP6w4

http://www.youtube.com/watch?v=NV_WQ53xXK8&feature=related


ファルド氏の過去のスウィングを知っている人は
現役時代 一番良い年齢で 25歳付近 彼は驚くほどのスウィング変身を
した数少ないひとりです。  有名なところでは あと アニカ。

後発性のスウィングですが
この映像 切り返しの時に
わざとボール直視を避けるように 上方に視線を移しています。


ブログや前の項目でも書きましたが
ゴルフショットの場合
上半身の前傾のあるおかげで
ボールの位置・高さが錯覚してしまうミスがおこります。
非常にボールの高さ
本当の位置との関係が深い項目です。

実際には前傾を保ってさえいれば
胸の前 胸の高さあたりに ボールは位置しているのですから
胸がボールと対峙していれば ボールは打てるのです。

しかし 人間には
「見たい」という欲求があります。
特に自分でやってみるとわかりますが
一番激しく動き かつ ボールから遠ざかる 切り返しは
どうしても見たいものです。
また 人間は動くものを見てしまう本能があります
ボール自体は動いていませんが
自分の視界が動いているので つい「見たくなって」しまいます

ボールを見てしまうとどうなるか…
本来 ボールは胸と対峙しているのですが
ボールを見てしまうことにより
激しく運動中で調整が難しいので
人間は自分の「視覚情報」を軸にし 動いてしまう習性が働きます。

正しくは背骨が軸となる動きなのに
目が軸になってしまう動きです。

眼は運動中 放っておくと直視してしまい
気づかぬうちに ボールと目との距離を調整し
全身を使って その距離感を維持しようとしてしまいます

小さなショットから練習しましょう
技術的には難しくありません。

人間がボールと目との距離を保とうとすると
結果、インパクトは前傾姿勢を崩してしまい
突然 ボールは80センチも低い所にさがってしまいます
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

okm02_b01_b










アプローチする姿勢が クラブが そのまま フルショットになる
  特に 右手首に注目!
体の向きの変更による クラブの横の動き…
        お尻から上は アドレスのまま

12_b03_b02_b 







ここまで 徹底しているゴルファーはいない
   この姿勢が保てるんだから…
     こりゃ ダントツ 強いよな

 曲がらないし 飛ぶし のるし  止まるし    文句なし。


  なかなか このクラブ扱いのゴルファーはいないわな…






sosおまけ映像です
 ドンピシャ インパクトですが
さて 質問です  どこに向かって打っているのでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20090801 2009_08_28_14_38_06-576フレームショット

 では どうすれば良いのか
すこ〜し 訓練が必要です。

はじめはスウィングする ボールを打つのに
胸の向きが変わるのに同調させ 顔の向きも変えてみましょう

利き目によっては ボールを視野に入れておくことが
出来なくなるかも知れませんが   大 丈 夫
 ボールは打つまでは 決して動きませんから

 

次に皆さんが苦手な 体の向きの変更 体の回転

  これを自分の視野によってコントロールしてみましょう

この動きを 技術で 行おうとすると 大変難しく
ダウンスウィングからフォローまでの 時間は 約0.4秒です
この間に 左足やら 右足やら 言葉にするのも大変な位
大忙し なのですから 決して 頭で考えてはいけません。

*今回は 頭の中 を使うのではなく 頭の外 頭その物を使ってみましょう



 人間には 防衛本能や身に付いた反射の動きがあります。
頭を守ろうとする本能は 非常に短時間で反射行為として
酔っ払い状態などを除けば まず間違いなく いつでも どこでも 出来ます

 一度 理解してしまえば 練習なしでも 必ず出来ます



体の向きの変更を視野で司る
 視野と言う言葉を使っています
  決して 視線ではありません。
   視野 視界を動かす 視野そのモノを移動させる事により
    自然な体のサポートを促すのです

特に スウィングでは非常に難しいとされる
ダウンスウィング時の 左へのシフト
これは 自分の視野を右の股関節から左の股関節の距離差 30〜40センチ
視線を変えるのではなく 視野そのモノを左にスライドさせる事で
自然な足の動きと体重の移動を促します



そして 視線は 目と胸の上下の距離差 40〜50センチ位
 これを見越して 自分の動かすヘッドの外側
   40〜50センチ 大きな軌道を直視しておきましょう
    これをすることによって
     オートマチックに ボールと胸が正対します

左にシフトする時 大きく外側を見ながら
 ゆっくりと 視野を左へスライドさせて下さい
  

      ほら ボールに当たったでしょ?
20090801 2009_08_31_23_14_53-272フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

BlogPaint
元々 大変美しかったゴーゴン三姉妹
    
    その末娘 メデューサ

 知恵の女神アテナを怒らせたためは
  怖い怪物に変えられたのだと言われています

    そしてその目を覗き込んだ者を石にする…


これのどこが ゴルフスウィングを関係あるのか
 あるのです!  
  
   ナント ゴルフにもメデューサが潜んでいるのです


ゴルフのスウィングをする際
 ボールを打つ際
  日本中の練習場で 魔法の呪文のように 毎日毎日
   言われている 邪悪な言葉

  ボ ー ル を よ く 見 ろ !

この言葉が ゴルファーを石に変えてしまうのです



 では 解説していきましょう

侍の言葉で 半眼で見る と言うのがあります。
そのモノを直視、注視せず 視野には入れておく と言う方法です。

ゴルフの運動中
スウィングの最中
人間には 速い 複雑な動作を要求されます

ですから この際 ボールを直視してしまうと
 人間はボールと目との距離を「ロックオン」してしまい
  運動終了まで その距離を維持するようになってしまいます

また 体の感覚器官は 運動中 大変忙しく
 体のバランスや向きを把握する余裕を失います
  ですから 視覚情報がかなりの割合で
   そのバランスや向きを感じるセンサーになろうとします。

ゴルフスウィング、正しいスウィングでは
 インパクト時に体の正面で打つ 理想形が存在しますが
  それを作ろうとトライするゴルファーは
   その眼に入ってくる視覚情報に騙され
    体は左を向いている体の向きが開いた状況でも
     目線だけはボールに正対した状況を作れば
      体が正しく「ボールに正対」している錯覚を生んでしまいます

またゴルフのスウィングは背骨を軸とした
体の向きを変える回転運動で成立します。
運動中に生きているセンサーの一つ 目の部分は
その背骨の真上=後頭部よりも 20センチ位前方にあります
背骨を中心に 右を向き そして左を向く 
そうなれば 最大 目の位置は40センチ以上 移動することになります

 勿論 体の向きと反対に 顔を向ければ その移動量は少なくなりますが
  移動することに変わりはありません

     ボ ー ル を よ く 見 ろ

  この言葉により ボールから目線 目の距離が変わるのは
  本来 正しい動きなのですが それは阻害され
  ボールから目が離れる筈の 遠くなるはずの
  テークアウェイでは 目の距離を変えないように 動いてしまいます

  ダウンスウィングでは 右軸足から 左軸足へのシフト が成立して
  はじめて 正しい背骨の軸運動なのですが
  前述した量を動くのを この言葉は阻害してしまいます。

  左回転は左の軸足=地面に直立する足ができてこそ 出来る運動なのですが
  ダウンスウィングのスタート時点で 目がロックオンされれば
  左にシフト出来ず その場で 左回転を始めることになります



  また 鼓笛隊打法シリーズで 何度も述べていますが
  ボールの位置は へそやみぞおちの部分、 その高さにあります
  自分の胸をボールと正対させれば 自動的にボールを打てるのですが
  ボールを直視して スウィングすると 顔が正対し 胸は左を向く
  この動きを本能?反射?的にしてしまうのです。


                     次 に 続 く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
色々な事を通ってくると やはり 基本 に戻らなければならなくなる

 参考画像を探しているうちに ジャンボ尾崎選手に行き当たった
そのクラブ扱いの素晴らしさは 群を抜いている 素晴らしい
なんとなく 個人的に興味が持てなかったので 見ない振りをしてきたが
その クラブ扱い  アマチュアのお手本中のお手本 と言える

 特に アプローチの動き
  ショットの動き その物を凝縮した というか
   助走を除いて 抽出したというか    …美しい

      …… そう言えば 徳島出身でしたっけ?   SHOT SHOT

 あくまでも 個人の見解だけれど 石川遼選手  弟子入りすれば、 と思う。

スウィング中 クラブの動き
 横のクラブの動きに 一切 一ミリも 腕が介在しない

アプローチの手周り 手首周りの LOCK LOCK ロック  
  そのまま ショット している

   これじゃ 飛ぶし 真っ直ぐ行くし 曲がらないし ミスしない


元々 デッカイ体もあるし 運動神経もあるし
 筋トレや練習も大好きな人…  誰よりもすごくて 誰よりも練習する。
  そりゃ 君臨するわな…。  別格だもの

 そのすごさ の秘訣は  基本中の基本 を守る事 だもんね
だから クラブへの造詣も深いし 誰よりも 重いヘッド でかいヘッド 長い重心距離
に こだわってきたんだよね   クラブの基本を使いたいから…。

割と ドライバーショットの豪快さ が 目についていたけれど
 アイアン アプローチの上手さ  正しさ 美しさ  本当に敬服してやまない。

その尾崎選手が 雑誌や テレビで スウィングの事を口にしないのも理解できる
 一番振って見える選手の口から 「スウィングの極意は振らない事」だなんて…



 ☆☆☆実はね 今回 新「悶絶」セットに使っている 特注の軟鉄鍛造アイアン
作っているのは 日本 いや 世界の 老舗であり アイアン創りの屋台骨の
    共栄ゴルフ工業さん なんだけど

現時点での 名称は 共栄 ベガ オーバーサイズ
 オリジナル名称は   N K - 9 9      エヌケイきゅうきゅう

実は ベースモデルは BS の MTN-?  なの  通称ジャンプロ
 MTN-? の共栄さんが作っていて  そのモデルの後継機
  ジャンプロのキャビティ盤 として用意してあったのが  NK-99 なんです
そういう意味合いでも 何だか 今になって ジャンボ尾崎選手も 身近な気がします






  長くなりましたが 刷毛塗り 後ろから見た様子 です
鼓笛隊 刷毛塗り&視線-160フレームショット鼓笛隊 刷毛塗り&視線-166フレームショット 視線/視界のトレーニングも一緒に行っているので すこし骨盤の向きの変更も入っていますが その場所、場所で感じるであろうクラブヘッドの重さと右手首の様子 クラブ全体の動き そして 肩のゆりかごの動きでない 足の動き そういったモノを参考にして下さい    シフト(スライド) が先 回転が最後 その動きです


鼓笛隊 刷毛塗り&視線-170フレームショット鼓笛隊 刷毛塗り&視線-172フレームショット この一見すると分り難い
   何もしていない手
そして 両足の動きは 大変参考になると思います
トライ している人は 自分の感覚ではすごく へんてこりん な感じがして ゴルフとは似ても似つかないイメージなのだと思いますが 外・自分以外の目線で見ると カッコいい でしょ ものすごく「ゴルフショット」らしく見えません?
ゴルフらしくなく動かすと ゴルフショットらしく
ゴルフショットらしく動かすと ヘンテコリンナ素人っぽさ
それだけ 自分の目に見える印象に翻弄されてしまっているのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

質問♪

u=2368701261,1095988984&gp=0例えばアイアンのフェースは絶対にフラットでなくてはならないのでしょうか?
極端な極端な極端な話、逆『く』の字とか縦『へ』の字とか。

ダメですか?
有り得ませんか?
道具として成り立ちませんか?



 ゴルフクラブの場合
機能面というよりも 素材や製造方法によって それが先に生まれ
あとから 機能面が付いてくる場合が非常に多い

 ウッドクラブには 縦にも 横にも ラディアス 通称 R が付いている
横方向をロール 縦方向をバルジ と呼んだりする

これが有ることによって 弾道が安定するから と言われるが
当初 ウッドヘッドはボールの打撃による摩耗のへこみ・くぼみ対策であった
ところが それがあることによって 弾道が安定する?為 継続するようになった

その4ウェイロール パーシモンヘッドの頃は
 色々な使われ方をするので 正式な意図はよく分らない

縦のロールで 同じドライバーのロフト変化を使い 距離を打ち分けたり
 横方向で 方向を打ち分けたり  ロール・バルジともに色々な種類もあった

メタルヘッドになり ボール素材との相性もよくなってので
 現在はスピン量増加(微量)の為に存在していると言っていい

昔は 8インチのRや 10インチのRが多かったが
 現代のウッドは 12〜14インチのラウンド(ロール)が多く
  機能としては大きな意味を持っていない
   多分 使う側の固定観念と
    曲面で多く構成されているウッドに 平滑なフェース面は
     違和感が多く感じられるのであろう  売れ無ければ決して作らない訳だし…


アイアンの場合 元々 ロフトがある為
 ボールとの接触面積を増やし スピン量増加も 特に必要がない あまりメリットがない
  直線面で構成される事のあるアイアン形状に ラウンドの付いたフェース面も
  ルールの縛りがなくても やはり 売れないだろう

くぼみのアイアンヘッドは2度打ちの危険性がはらんでいるし
 出っ張りのアイアンは スピン量は増えるが 非常に構えにくい(慣れによるが…)
  大きなメリットは無いが 何故か ルールによって平滑は保つ事を拘束されているので
   その部分において 残念だか 発展は望めないと思う20090801 2009_08_30_23_15_58-185フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 最近 雑誌やブログで
    「シャフトは縦に振れ」  というお題目を目にする

幼かった私が15年前に言っていた 明かなる「間違い」である


 正しくは 「シャフトは縦に使う」 であって ×縦に振る訳ではない×
20090801 2009_09_01_01_18_13-228フレームショット20090801 2009_09_01_01_18_13-232フレームショット20090801 2009_09_01_01_18_13-236フレームショット








腕 特に右肘を使って シャフトを縦に振る  →縦にリリースする その動きによって クラブはどんどん遠いところを動く ヘッドの動く道のりもどんどん増える 遠くなればクラブも重くなるとの同じだから グリップ部分にも遠心力が掛かり 体から離され 更にクラブ通る道のりは 遠く 大きくなる

その間に 体は止まっている訳じゃないから
 シフトなり 回転なり 左方向に 動き始める

 クラブは それとは反対方向にどんどん動き
  道のりも多く 大きくなるから どんどん遠回りすることになる

クラブはその形状から その方法を取れば 当然 フェースが空を向くような
 ロフトの増え方になるだろう


   体の向きや姿勢は 本来のインパクト に差し掛かった


が 道草クラブは 大周り
 体に巻きついたようなところにある

  ボールに対しては ソールが向いちゃってるし
   体はとうの昔にインパクト姿勢に入っちゃってる


     フェースローテーション

仮面ライダーの右から左への変身ポーズ 以外 ボールを打つ方法は残っていない…



   ちょっと上手くなると そのローテーションを
  上に逃がしたりして クラブは縦に振るのさ!  なんて のたまうけどね。








     …少しはお役に立ってるでしょうか?  哲学者さま
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
このブログの画像用に 夜な夜な一人で撮影した

 参考用の 映像(動画)をお分けいたします

           …販売する価値アリ???


  一応 お断りしておかなければなりませんが

  この映像は ハミングバードのお客様のみとさせて頂きます


 
   色々 新たな発見があるかもしれません…

  スウィング作りには大変参考になると思います

  正しい動き 間違った動き 両方混ざっていますので

  しっかりと 見分けてください




    また 僕が使っている動画ソフトは

  WINDOWS VISTA の フォトギャラリー というソフトの為

  詳しくは分りませんが 対応しない パソコン があるようです

   ご容赦下さい

 
  今回も メールで送信出来るデータ量ではありませんが

  CD-R (700MB)で 十分収まります


  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は少し 厳しい記事になるかもしれないが 本音なので
    覚悟して 読んで貰いたい

ピンと来ていない人もいるだろうし これじゃ飛ばない なんて言っている人もいる
 もう少し時間があったら もう一度 ホームページとは言わないけれど
  この ブログ 始めの頃から読み直してほしい・・・

実際に 目で見てなくても  ちゃんと意味合いを考えて 想像している人は
 上手く打てなくとも トライしているのは良く分かる
   
   何故 そうするのか
   そうするとどうなるのか
   目的はナンなのだろう
   これをどうフルショットにつなげていくのだろう


 ミクロ と マクロ 両方を同時に考えないと 見えるもの見えてこない
  
  それをスウィングに反映させようとしているから
   時間は掛かるかもしれないけれど きっと出来る 保証する


この動きは アプローチは元より フルショット の土台 になる

 僕個人の感想では このドリルなし …この動きが無ければ 全くショットにならない
   その位 重要である

 倉本プロのレッスンビデオの中で
本人の口から スウィングの練習の為に 「阿波踊り」を習ったと言っている
多分 倉本プロは ショットにつながる のと これはショットという固定観念から切り離せこの二つを同時進行に考えていたのだろう

 「刷毛塗りドリル」
これはあくまでもドリルなので ゴルフショットとは一旦切り離して 練習して貰いたい
 ココが「正しく」出来ないと その先に進んでも単なる真似事になるだけ。
  また この「刷毛塗り」ドリルの意味合いがちゃんと理解出来ないのであれば
 トライしない方が 中途半端にゴルフが壊れないで済むと思う

お金や時間を掛けて スウィングを習った人の多くが 
その動きや「振り方」の意味や仕組み、影響などを考えず 教わらずに 
ただ「動き」としてスウィングを教わる。

 レッスンプロの中には そう言ったことを質問することを嫌う人もいる。
単に 動きが反射に変えるまで 繰り返し 繰り返し 繰り返し 反復練習 する。 
そういう覚え方 教わり方をしたゴルファーは 自然と
 自分で考え その仕組みや つながり 流れなどのことを 
  考えないように「洗脳」されていくようになる
   理屈のない 理由のない動きを体に「叩き込ませたので」
    解除する為の 魔法の言葉が見つからない…   無いのだから…
   
 運動能力が高く 運動神経が良い 若いうちは良いけれど
    加齢とともに運動性能が下がると
その理屈無き「動き」を再現するために 更に練習して数をこなさなければならない…
例外もあるけれど 理屈無き動きは往々にして 体を痛めやすい動きが多い

そして 運動性能に頼った飛距離は 加齢していくと どこかで崩壊する
 しかし 理屈のない動きは 解除することが出来ない… 


そういう意味合いでは 「刷毛塗り」ドリル は 考えて 気が付いて
自発的にやらない、イヤ やれない人にとっては トライしないことを薦めする


この動きをしないと 打つことが出来ない
 この動きをしないと 飛ばない
  この動きをしないと 安定して打つことが出来ない
   この動きをしないと 体を痛めてしまう

   と自分の体の内部 頭の内部から 湧いてくるように 思わないと
    多分 トライしても より混迷が増すばかりでしょう


20090801 2009_09_02_19_13_32-477フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット それでは 始めよう
ボールを いつものショットよりも やや体の中よりセットする
この動きで 動かすのは
 基本的には 足だけだ
頭・顔・背骨 を含めた 上体を足の動きで飛球線方向前後に動いているだけ
 手や腕・肘の動きも「意思」を持っては何もしない
 体の向きの変更/回転も一切ない

出来るだけヘッドを動かさず 体を足の動きで 右に持っていく
その際 クラブは握っているが 自分の意志では一ミリも動かさない
クラブを持っている手 その手が生えている体が右に動くから かろうじて 右に動き と言うより 引きずられるような形になるだろう   →それによって左手の逆スナップが生まれる
それも 意思を持って 逆スナップするのではなく そうなってしまうだけ…
 クラブヘッドを上げず すこしオーバーに地面を引きずっても良いと思う

20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット今度は切り返しだ 右に動いて行って もうこれ以上行けない! となったら 今度は左に 一切回転は入れず スライドする
右でもそうだが 頭 顔 背骨 上体 すべてを 左 飛球線方向にスライドさせる
 
 視線 や 視界を 上手に使って やる方が フルショットの時に簡単になる

この時 注意したいのだが 手先を使って ヘッドを切り返しさせてはいけない
 ループを書くような 遅れているヘッドを 自発的に 今度は逆方向に遅らせるような
そんな動きを入れた瞬間 この動きはすべて無駄になる
はじめと同じく 足の動きで体が飛球線方向にスライドしていくと
 今度はだんだん 右が逆スナップ状態になっていく
        ・・・・決して 自分の意思で 行ってはいけない

もどかしいかも知れないが ヘッドは一番遠い足でしか動かしてはいけない


20090801 2009_09_02_19_13_32-590フレームショットあとはボールを打つまで スライドするだけ

足で作る 片仮名の ハの字 を右に倒し 左に倒したりしてる だけとも言える

これは当然ながら 足を使って 体やクラブを 飛球線上 前後しているだけ だから
 クラブヘッドの ずっと ボールの飛球線後方を動いているだけ
  そのヘッドが 飛球線後方から 外れれば 腕の動きや体の回転が入っている という証






この姿勢 普通のフルショットのインパクト姿勢でしょ!
20090801 2009_08_31_23_14_53-278フレームショット


問題は その形 姿勢 位置 ばかりを真似して しまう方の人の場合だ
往々にして 色々なことを 形や見た目から 入ってしまうのだろう
そういう人に限って  「何とかスタイル」とか 「こだわり」 という言葉を
口にするけれど  
  モノ でそれを表現しているうちは タダの真似事に過ぎない
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ