◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年09月

4
 最近 怠けてお客様の投稿ばかり載せてしまい 反省しております。



それでは すこし 頭のトレーニング

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット
是非 一度 練習場でトライして貰いたい事があります。
50ヤードのショットをサンドウエッヂと8番アイアンで打ってみて下さい。
当然 弾道 高さが異なります。
そこで考えてみて下さい。
8番アイアンはウエッヂに比べると 限りなく 水平距離の50ヤードに近いショットになり 単純な距離 単純な水平距離の50ヤードの打つのに近くなります。
それに比べるとウエッヂのショットは かなりの高さになるわけですから 50ヤードの距離を打つと言うよりは 高さを交えた「道のり」を打つことになります。

皆さんに課されている課題は 「その距離を打つ ボールを移動させる」事ですから 限りなく走り幅跳び というか 細い小川を飛び越す 様なモノです。
決して 走り高跳び と 走り幅跳び の 混合の課題ではないのです。


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
ボールを外周 約13センチとして
 ☆ ボールを13センチ 水平移動させる
 ☆☆ ボールを一回転させる
 ☆★☆ ボールを13センチの高さに上げる
この3種類の変化を起こさせるのは 決して同じ運動量ではありません。
想像通り 上から順に 倍 以上 エネルギー が必要になって行きます。

120ヤードのショットを 最高到達点15mにするのと
 最高到達点30m にするのとでは まったく違う運動エネルギーが必要になります。  例えば それを8番アイアンで打つにしても 全く違う打撃エネルギーが必要な訳で 要は どちらの高さでも グリーンに止まってくれる 着弾してからの 計算できる転がりなり スピン(制動)があれば良いんです よね。

そのショットを ゴロ って訳には行きませんが
 それに意味合い的には 近いショットを打って 必要以上の距離の短さや長さ にならなければ良い訳ですよね


質量を重力に逆らい 高さを出すのにはエネルギーが必要です。
2倍の高さを出すのには 数倍 事によっては 二乗倍 以上のエネルギーが必要です。

始めに書いた ウエッヂと8番の50ヤード対決
 自分で行ってみて ヘッドスピードやスウィング自体の大きさ
       同 じ で し た か
 どちらが 大きくて   どちらが速かった ですか



 どちらがミスが出やすいでしょう
  ミスをした時に痛手になってしまうのはどちらでしょう



ゴルフはカップインを目標に 距離を進んでいくゲームです。
 これから打つショットの目標は水平方向の「距離」であり 高さではありません


 ゴルフのスウィング  クラブの構造  人間の体の作り   ……

どれをとっても 運動のスピードを上げると
 ロフトは多くなる  格段に ロフトが開きやすく なります。
  また ミスの頻度  ミスの痛手 や再現性も極端に低くなります!


決して飛ばすな! という意味ではありません
 飛ばし を捨ててしまったのでは ある意味 ゴルフを捨てたのと同じです。

ただ 無駄なスピードを上げ  挙句 そのエネルギーを
    ×無駄な高さ 
    ×無駄なスピン 
にしてしまうのでは 結局 エネルギーは距離に変換されない のです。



 高さは 重力というブレーキが掛かり
  スピンは それそのものが制動なのです




    皆さんのやっていることは
  ハンド(パーキング)ブレーキを解除せず アクセルを踏んでいる事では
      あ  り  ま  せ  ん  か













何人ものお客様から 距離感は どうしたらいいか よく聞かれます。

 これから 打つ「水平」距離が決まっていたとしても
 
  その人が打ちたい 打ちやすい 弾道の高さやスピンが決まっていなければ

   ある意味 答えられません。

まして 振り子やゆりかごの動きは 打つ本人も 打つまでは
 インパクトのロフトや入射角度 入射姿勢が確定出来ないんですから
  他人である僕にアドバイスの方法はありません。
   打つたびにロフトの変化してしまうクラブで打つんですから
    距離感 スピード感 力加減 など 特定出来る筈もありません。
BlogPaint20090801 2009_08_30_23_19_09-648フレームショット20090801 2009_09_02_15_09_49-1007フレームショット






皆さんからの投稿やコメント メールを見ていると
 スウィング中 ヘッドを振らない 事が飛ばないんではないか?  
  という 疑念 を隠れたメッセージとして 感じ取れます。
  
 その気持ちは十分理解出来ます。   賛同は出来ませんが…

    ちなみに ヘッドを振らない事は 遅く振る のとは根本的に異なります。
      運動のスピードやヘッドスピードとは関係なく ヘッドを振らない! という意味
      運動のスピードと同心円状 同じスピード 同じリズム 同期した ヘッド
      というのが ヘッドを振らない という意味ですから 勘違い しないよう…
      ま 結果としては 遅く ではなく ゆったりと振る事にはなりますが…



ただ 今度は僕の立場からすれば

  ヘッドを 振る事  は 距離を 無駄な高さや 無駄なスピンに変換させてしまい
 その挙句 ヘッドスピードも含めた運動のスピードを上げる
ヘッドの打撃エネルギーが高さやスピンに化けてしまうので スピードを上げざる負えない
無駄 無理 危険 のスパイラルから抜け出れなくなってしまうのに気付いていないのか
 そして スピードを不必要にあげる事の難易度の激増 再現性の低下
  打ってみなければ 水平距離を確定出来ず
   わざわざミスを増やす選択をし ミスをした時に より痛手になる

     そんな方法や考えをしてきたから 今まで苦労したのではないのですか…

   それを解消するため ヘッド重量を増やしたり シャフト硬度を下げたり したのに
  結局のところ スピードに頼る スピード以外を信じられないゴルフをしている限り  
 どんな技術を身に付けても 知識を仕入れても 訓練しても 
最後は 自分の運動性能 身体能力 練習頻度 次第になってしまう…
 今までのゴルフスタイルの 周り車 の中を
  ぐるぐるとハムスターのように回っているだけなのではないでしょうか   
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

練習しておりますがチョット甘く考えていたかもしれません・・・

アイアンはそれなりな感じは出る時はありますが
ドライバーが・・・xx
DR、基本的に高め右切れです。
低く真直ぐの玉を出す事も出来ますが飛距離がイマイチ、ドロップしちゃうし・・・


そこで質問(アイアン、DR共)です!

?トップでのクラブ姿勢ですがHPの画像だと地面に垂直くらいのが多いですが、人に見てもらうと私、垂直よりヘッドがボール側に倒れてるみたい(前傾角なりの倒れこみかは不明)コレOK?

     ☆度合いにもよりますが特には問題ないと思います

?トップでの右ひじのクランチですがコレ右のみクランチ?
私、腕立て伏せの様に両方クランチ・・・なんかクラブに抱きつく様な感じですがコレOK?

    ☆これも度合い/意味合いによります
     体に引き寄せる為や クラブを体の幅の中に収めておく為なら良いですが
     左肘は皆さんにとって 魔性の肘
     左肘を動かして テークバックしていた過去がある人にとっては
     左肘の動きでクラブを動かしがち な筈
     左肘 曲げるのは全く問題ありませんが
      少し緩む と言う意味で 曲げるので
     クラブを上げる 動かす で曲げるのは × です

     また これも多い例ですが
     左肘で 左手首の仕事を取ってしまわない様!
     本来は 左手首は 受動的にコックされるのですが
     それを 肘のコック にしないように。



?切り返しですが右手でボール方向に押し込む行為は良いと思うのですが・・・
ヘッドの重みを感じてから動きを入れた方が良いの?
軽く押し込んでおいてヘッドの重みを増すようにさせるの??
((余)テイクアウェイから始動していくと反動を利用しようとするためトップを作っておいてから始動させてます)

     ☆トップの位置は クラブの中で ヘッド重量が一番少なくなる場所
         ……クラブの重力に対する長さが短くなる為
      ヘッド というか クラブの重みでスタートしたい のです
      ですから 重みを感じてから する のニュアンスには
      シャフトを倒す ヘッドを開く が含まれてしまうので 賛成出来ません。
      軽い! って訳ではありませんが その重み 正しく使いたいです
      その重みに 時期も 方向も 先導させたいですね

   スウィングには 1グラムも反動の動きはありません



?クラブのインパクト姿勢ですが・・・
地面とシャフトを平行(手元がかなり低い位置を移動)につかえば使うほどフォロー側でトゥーが上に上がろう上がろうとしますがこの感じが出た方が良いの・・・?
逆に手元を高い位置で使うとトゥーは下がろう下がろうとしますが・・・どちらの感覚が良いの??

はたまたこんな感覚ある方が・・・X ???

     
     ☆なかなか鋭いですね
     ヘッドと言う重りの付いたシャフトの本当の意味での
      走 り は 縦方向 なのです

     ボールを打つまで 横方向のしなり は遅れ放し の一方方向ですが
     縦方向は トゥアップ トゥダウン トゥアップ と 
     全ての流れの中では 一回半(勿論最後戻りますが…)動きます
     前者が正しいのですが ボールの打つ前後あたりで
     シャフトは トゥアップ方向に跳ねあがる筈
      上手になってくると スウィングボトムとトゥアップのタイミングを使い
     ヘッドの低いゾーンを長く作るモノです

     ただ私の経験からすると スウィングボトムとトゥダウンボトムを
     一致させてしまうと 跳ねるのが強烈になり フック傾向が強くなります

     断言はできませんが トゥダウンが先 スウィングボトムが後だと思います





どちらにしても私、ライ角を一定に使うことがかなり苦手みたいです・・・何か良い練習方法ありますか?


     ☆手周りの動きが多過ぎるのです
      
     右肘を伸ばす時に 左手ではなく

     シャフトを 指を押していないでしょうか?






?刷毛引き(塗り)ドリルについて
数は少ないですが毎日やってますが、この中のことで・・・?、?にも密接に関係しているのかも知れませんが、グリップ部分の位置地面からの高さを一定に保つ様にするべきですか?
適度にクランチを入れながら行う方がより効率高いですか??

   ☆逆に言えば どうして グリップ部の高さが変化するのでしょうか
    脚の動きで 頭や背骨を含めた 状態を 右足 → 左足 に動かして
    いる 筈 ですから どこにも 上下動はないような気がするのですが…


     頭が動かず ゆりかごになってしまっているのか
     その動きの擬似行為を 肩周りのゆりかごで行っているのか
     いずれかの可能性が高いと思います
     それが解決するまでは 肩周りのゆりかごを併発しやすいクランチは
     避けるべきだと思います



以上宜しくお願いします。


この質問の中の特にライ角方向の不安定さは如何なものかと・・・
私の場合、抱きつきクランチを入れるとライ角方向の動きがアップ→開き、ダウン→閉じる+例の玉拾いのとの連携が取れません。
ただアプローチなどのゆっくりした動きの中での表現であって、
距離を飛ばそうとするスイング中の動きは早くて分かりませんが似た事が起こっているんではないでしょうか?



       アップ→開き、ダウン→閉じる
       シャフトの右、左の開閉運動
  ごめんなさい この 開き 閉じ 開閉 の意味が多岐に渡り 掴みとれないので
   正確には答えられないのですが ニュアンス的には肘の動かし方の間違い?

     連絡 メール 下さい    
   

29フレームショットBlogPaint
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
虎のしっぽ 踏んじまった

sample 2009_09_24_03_46_35-267フレームショットtopofswing
横ビンタの好きな人はいない……と思う

が、横ビンタはボールに対してだけにとどまらず
スウィング中 ほとんどの箇所で食らっていた
(しかし本人 がぜんやる気!…..なにを?)

調子に乗って 振る フル 古スウィング!

天使のクラブをふと見ると それは殺気立った虎
こちらも負けていない
そうですね 自分を説明すると
バイオハザード
感染した犬に噛まれた状態 しかも気が付いていない
スウィング中 虎とゾンビの攻防戦
どちらが勝つかはわかりません
ですが これが天使のクラブにならない(させない)ことだけは確実です


ヘッドとシャフト 混合チーム 対 自分
クラブの重量分の体の動き
シャフトもびゅんびゅん走る しかも 自分の充実感付き
当たれば距離も……!?

完全な○薬○毒

クラブに動きを作ってもらう
正解! でも対戦ってどういうこと?
クラブは敵なの?

シャフトが走る
走るって言葉がでるというこは ほとんどの場合
ボール後方からの感じのはず
自分(他人)の走っている姿
平地での移動イメージを思い浮かべるはずです
あれ?
これもおかしいぞ
物は落ちるんだよね 高いとこに上げたんだよね 確か


飛距離が伸びた!!
これに喜ばない人はいません
ですが 何回か楽しんだあと もう一度分析してみましょう

ヘビーウェイトのヘッド やわらかシャフト
スウィング中の重量感が増えた(重くなった)
確率が落ちた でも 飛ぶ

少しでも 当てはまる場合
再度 ブログを読み返してみましょう
覚○状態に入っている可能性大

わたしも完全な中○患者
幸いにも 先生がいてくれますが
自分の症状の理解の重要性 知ろうとする姿勢
病は気から
という言葉がありますが ゴルフも同じ

知ろうとする姿勢が そのままヘッドのクラブの姿勢になってます
そして先生は いつもあなたの手の中にいます
言葉はしゃべることはできないけれど……
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いつもブログを楽しみに拝見させていただいています。
動画を送っていただけるというので、メールしました。
  (こんな時だけしか連絡しないのを心ぐるしく思ってます。)

最近、ドライバーの飛距離が著しく落ちて悩んでいます。
ますっぐ飛ぶのだけど、当たりがうすい感じです。(アイアンも)打ち出しのベクトルが違うのでしょうか?
芯には当たっているのですが。ロフトが立ってない?

また、飛球線後方からビデオを撮り見てみたら、フォロー時のクラブが縦に上がらず斜め
45度(後方線から見て10時)の方向に上がりショックでした。
この原因は、左へのスライド不足と見てますがどうでしょう?
どうもトップの位置からそのまま回転に入ってしまい、正面が無い、そして刷毛塗り不足
どうしてもヘッドを振ってしまう癖が出てしまう。悔しいです。

何はともあれ、悶絶することを楽しんでいます。悔しい思いもいっぱい。
今後もよろしくお願い致します。



sample 2009_09_15_19_42_40-1440フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1444フレームショットsample 2009_09_15_19_42_40-1448フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
国語が苦手だった上に
最近はあまり練習やコースに行っていないため、
まともなレポートが書けませんが、
ちょっと前に、「最近では一番進歩したのではないか」
という部分を報告します。

それは、50y以内のアプローチです。

このクラブ(H20年ver.)を初めて手にしたときは、
アプローチで本当に激爆悶絶させていただきました。
同伴者より30yオーバードライブしておきながら、
残り30yを5打かけて刻んだこともあります(涙。

あまりの悔しさにAW1本だけもって練習場に通いました。
絶対に50y以上打たないという一大決心をして。
1回の練習で300〜400くらい打ったでしょうか。
(自分の打席の前だけ、雪が積もったように真っ白になるって楽しいですよ。)

そして、のべ1000発ほど打ってやっと見つけたのが、

「アドレス時のボールとヘッドの位置関係を終始維持する。」 でした。


sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット
わかりやすく言うと、
スケボーに乗ってアドレスして、
自分はまったく動かずに、飛球方向と平行にスケボーだけが移動する。
というようなイメージです。
この意識で打つと不思議と上手くいきます。
(あくまでも意識です。物理的には無理ですから。)
ただし見た目はとてもかっこ悪いのではないかと思います。
しかし、何度やってもほぼ確実にまっすぐ
しかも同じ角度でボールが飛び出していくのです。
その後、コースに一度行き15回以上アプローチショットをしましたが、
ダフリ、トップ、シャンクなどのショットのミスは皆無でした。
(距離感のミスはありましたが、、、)

私はこれがゴルフショットの基本だと
あらためて心の底から思うようになりました。

何度も野澤さんが言っていますが、
釘を打つのとまったく同じですよね。
金槌の頭を回転(ローテーション)させて打ったら力が伝わらないし、
よっぽど訓練し続けないといけませんよね。
当たり前のことですが、身をもって体験したことは私にとって
本当に大きな収穫だったと感じています。

そして、この直後に、「刷毛塗り」を教わりました。
体重移動ははるかに甘いですが、偶然にも似たようなことをしていました。

・・・・・・・・・・・

近頃は素振りばかりのエアー鼓笛隊打法がほとんどの毎日で、
たまに行く練習では、まだまだ落ちこぼれ生徒です。
「刷毛塗り」は結構満足できていますが、
フルショットが「振るショット」になっているようです。
距離や方向性はそこそこなのですが、弾道がイメージより高いのです。
スライドで無理にロフトを立てようとするとかえって上手くいきません。
ボールが潰れる感触はとても良いのですが、なぜかドロップして距離が出ません。
自分では、「視界」「秀二」「頭4個スライド」を
一生懸命意識しているつもりなのですが、
有機的にかみ合ってないような気がします。
コースでの鼓笛隊打法のデビューが「300?」・・・の経験が、
少なかれトラウマになっているのでしょうか(笑。

すぐにでも、お店に行って修正してもらいたいのですが、
「環境」が・・・・

まぁ、私は私のペースで少しずつ少しずつ前進しながら楽しんでいます。

長文駄文失礼しました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

7月の終わりに人からHBのブログが出来たぞと教えられたものの仕事の忙しさと
更新スピードになかなかついて行けませんでしたがおそい夏休みを使い
やっと追いつきました。

2年半HBのクラブを使ってきた今ブログを読んでいて感じたことや体験したこと、
疑問に思った事を書かせて頂きました。なんか書いているうちに長くなってしまいました。

諸般の事情から練習量、ラウンドとも激減していますが、楽をして(いろんな意味で
リピータブル)き・も・ち・い・い(HBクラブの弾道)をこれからも楽しみたいと
思いますのでアドバイスをお願いします。

修行の門へのおまじないと、参考用の 映像(動画)も合わせてお願いします。
ブランクメディアが必要であればメールください。

●刷毛塗りドリル
>>表現が難しいのですが 右サイドはそこに置いておき

これが一番大切と感じました。
HBホームページ、ブログを通じて一番感覚的な変化を与えた1行でした。
HBホームページ、ブログで同じ事を違う言葉で何度も書いているとは思いますが、
読解力、経験、素直な気持ちの足らなさをカーバーする1行に少しですが半眼に近づきました。
(目が覚めるとボールとの距離をロックするのでHBから何を得ると少しずつ半眼になる!?)
バックスイングで右足の裏全体に均一に体重をかけたまま(右サイドを置いておく)
左にスライドするとPWのハーフスイングですがクラブフェースがボールを
覗き込む感じになりボールの初速が今までとは違う感じです。
右の足の裏のバランスがつま先でも、踵でもだめ!均一に体重が掛からないと右サイドを
置いておいたつもりでも左にシフトしようした瞬間に左への回転が始まる気がします。
ただPWフルスイング、7Iハーフスイングだとなかなか上手く打てません...
まだ なにか大事なもの抜けている気がし若干目が開きそうです!?

** ここまでのニュアンス伝わってますでしょうか。**
** または”それは違うぞ”と言う部分はありますでしょか。**

7Iで刷毛塗りドリルを行うとダフル事が多いです。ブログをよく読むとボールを体の
中寄りにセットとあるのでこれが原因かも知れません。(普通の場所に置いていました)
ただ腕は基より手首に力が入ると刷毛塗りにはならないので、極力脱力し体重移動に
任せて動かす(正確には勝手に動く)と切り替えしでグリップが緩む感じがハッキリと
分かります。緩まないように握ると意思を持ってクラブを動かす動作となり刷毛塗りになりません...
ここでゴルフを初めてからずぅーと持っていた悩みを解決する必要が出てきます。

・足の使い方はこれでいいのか?
・大きなクラブ、大きなスイングに移行するコツは?

●グリップ
ゴルフをはじめたころから左手の小指の付け根(アニカの言う第6の指)の密着感で悩んでいます。
左の小指側に密着感がないため、どうしてもトップで左手が甲側に折れシャフトが飛球線、またはそれよりも
右側を指しオーバースウィングとなります。結果としえてインパクトまで遠回りする感じで、この
遠回りの間にシャフトは右に倒れたり左に倒れたり余計な動きをして安定感が無くなる原因と考えています。

で 左手の密着のために逆テーパグリップと左の親指を右手の甲、手首寄りに被せるグリップ
(パターで見かけるやつで左一指し指はオーバーラッピング)はどうかと考え、手っ取り早い
親指を被せる変則グリップで4月からGWまで1回練習し2回ラウンドしました。
このグリップは力める程のグリップ力はありませんが、クラブを密着させるには十分な感じで
オーバースイングになりえずかなり良い感じです。
結果は方向性、距離とも問題なく、スコア(あまり気にしていませんが)これまでと変わりません。
GWから約4ヶ月クラブを握る事が出来ず、変則グリップを元に戻すに十分な期間があいた事と
刷毛塗りドリルを知ったので通常のグリップで練習を再開しました。

長くなりましたがグリップの疑問点にお答え頂けますでしょうか。

・左手小指(正確には小指の下の手のひら)を密着させグリップを安定させる秘訣があれば
 アドバスください。(握り方でも、グリップの種類、サイズでも)
・仮に上記変則グリップにした場合、HBのクラブを使ったゴルフに将来悪影響を与えますか。
・逆テーパグリップに弊害はありますか。
(試していませんがグリップを逆に持つと普通より密着する感じがします)

ここからは2年半HBのクラブを使って感じた事とブログを読んでいて思った事を書きました。

●アニカ
アニカのスイングってクラブが長くなる、ターゲットが遠くなるほどいわゆるLook Upが遅くなります。
でも本の中ではどのクラブ同じように打っているとあります。この違いが視覚のゴルフと内面の
ゴルフの鍵のような気がしてなりません。見た目は同じスイングとは思えません。
画像をみてこんな事を書いて何ですが、画像からスイングを真似ても無駄と感じた瞬間でした。
本人は同じ事をしていても、持つクラブで結果(カタチ)が変わる。
カタチはクラブやライなどの要因で作られると思って良いのでしょうか。


sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
●現在のクラブの悩み
・AWとPWでAWが極端に難しく感じます。また7W練習後にアイアンを打つと必ずトップします。
 これはスイングに問題ありですか?まだまだ基本がって言うことでしょうか。
・ウッド系が右に出やすい感じが未だにあります。クラブを変える前からの悩みで潜在意識がそうさせるのか
 身長がないので長いクラブは短いクラブよりどうしてもフラットな起動になりやすいのか...
 刷毛塗りをマスターしてもだめならゆっくり考えようと思います。

●ボール
ブログにあったインピーダンス理論から考えるとHBのクラブ(ヘッド)に対する推奨ボールが
あるのではないでしょうか?それともまだボールとヘッドで固有振動数のレンジが重なる組み
合わせはまだないのでしょうか。推奨ボールがあれば使ってみたい気がします。
ちなみに今はPRECEPTのLADDEと言うコンプレッション50の柔らかいボールを使っています。
たまたま拾ったボールを打ったら良い感じで2年くらい変えていません。このボールが廃盤で
ある事と他のボールを打つと硬くかじるため次のボールを捜しています。
お勧めボールはありますか?


長くなりましたが 人(私)は結果に弱いので、今感じているスライドも、変則グリップ(やめてますが)、
ボールのチョイスも在るべき姿に近いのかまたは遠いのか判断するのはとても難しいと感じています。
しかも”10年以上ゴルフをやっていてまだグリップかよ”と言う感じです。
お願いしている動画についても実は見るべきか迷っている所もあります。HBのクラブを使い始めて週刊誌を
買うことをやめました。連続写真を見ないため(とギヤについての情報が必要なくなった)です。
出来れば ”右サイドはそこに置いておき”のような聞いた時にはよく分からなくても、体を動かし
てみて初めて価値の分かる一言を多く発信して頂けると助かります。

これからのゴルフの為によきアドバスをお願いします。もちろん脳内ゴルフだけでなく練習量も
増やつもりです。

PS.仕事以外で長い文章を書いたのは久しぶりです。乱文乱筆すみません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

映像がもらえるそうなので、私の体験や悩みを書きたいと思います。
ハミングバードのクラブに出会って、やがて2年になります。はじめは、従来の打ち方でも当たっていたので、こんなに悶絶するとは思いませんでした。
しかし、ドライバーからウエッジまで揃えてからが悪戦苦闘の毎日で、ハンディも13から20に下がってしまいました。
特に、100ヤード以内やパターで、ボールをこすったりつかまったりで安定しません。また、クラブの使い方も正しく理解しておらず、無駄な練習をしていた時もありました。最近は、ブログ等でわかりやすくなったので自信をもって練習しています。以前は、ゴルフ雑誌を毎週読んだり中古クラブを頻繁に替えてましたが、そうゆうことにも全く興味がなくなり、この打法をマスターするのが楽しみです。
具体的な悩みは、始動時にクラブが右にずれるのと左へのシフトがうまくいかない(特にコースで)ことが大きいと思います。
うまくいくと、すごい球が出ますが、力が入ってこすりだすと、振っても振っても飛ばなくなります。
これからも、ブログや映像を参考にして、この打法をマスターしたいので、よろしくお願いします



20090801 2009_09_02_19_13_32-477フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-487フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット
















何人かの方から  「刷毛塗り」ドリルは  単なる「ドリル」ですよね
って 質問が来ます   決して少ない人数では ありません。
この動きでは2m位しか 飛ばない…   打てない…   ショットにならない…

その反面で このドリル で アプローチやパターが改善され
 ショット の基本になる ボールを潰す や ロフトを立てる を
  覚えている人もいます。   フルショットとはつながり切れないけれど
   ボールをつかまえる感触を初めて味わった人もいます



はっきり 言っておきましょう
 出来るひとに聞けば  例えば6番アイアン
  刷毛塗りショット(ドリル)で50ヤードは打てると言うでしょう
   キャリーボールは50ヤードも飛びませんが
    本来の 本当の 6番アイアンのロフトで 捕まえて打てるのです
     最後はゴロになってしまうかもしれませんが 50ヤードは打てるでしょう

        僕 は 出 来 ま す

 ものすごく簡単
  だって ロフトも フェースの向きも ヘッドの高さや左右感 変えないのですから…
   飛球線の前後を動くだけですから…



飛ばない人   …… 多分 刷毛塗りドリルの意味がまだ理解出来ていないと思います
           故に やり方も 正しくない…



刷毛塗りドリルは ショットの フルショットの 基本中の基本 の 動かし方

 確かに ボールを遠くに飛ばすエネルギーの基本は

  ヘッド重量の作り出す 位置エネルギー(重量)とスピードの合算 なんだけど

   それを 距離に変換するのには 正しくボールを潰す ボールをつかまえる

       それが必要不可欠

    エンジンだけでは走りません  タイヤが無いと。

  どっちが重要?  って聞かれたら 

     う〜ん  刷毛塗り   かな  って答えるね


   だって 世の中の主流の 今までのスウィング

 ヘッド重量は有効に生かしてないけれど スピードという意味ではヘッドの破壊力は

 打撃力は 使ってきたでしょう 正しくないけれど…

 その打撃力を 正しくボールに伝えられないから  ここにたどり着いたんでしょ

   破壊力 =  ヘッドの位置エネルギー(重量) ×  スピード

 その数値を入れ替えるだけでは 結局 今までと一緒だよ

 何にも変わっていない…   変わりたいから 変わったクラブ使ってるんだよねぇ。

 破壊力や打撃力は 自分じゃない 物質の作り出すエネルギー

    それは自分じゃないんだから 邪魔はしないで そっちに任しておこうよ

   自分の仕事は その邪魔をせず 折角作った破壊力を

 効率よく ボールに伝え 飛距離にすること    …それが刷毛塗りドリル


    ものすご〜く重要。
  だから スキップしないで  刷毛塗りに関してなんでも相談して
 ある意味 これが出来れば 出来たも同然  それほど重要


        なめてかかるのであれば 初めから挑戦しないで!

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

なかなか毎日練習することは困難な状況ですが、練習を続けております。

6日(日) お店で教えて頂いただき、その足で練習場に行き2時間や
りました。
       PWでアプローチ、右足への体重移動を試してみました。
       やっているうちにヘッドに当る音が良くなってきました。特に今使っ
ているアルグランのPWは
       上手く当ると良い音がします。
       この時点では右ひじを折ることも何度もやってみましたが、頭が整理
できていなくてトップ
       の位置からしたに落とす感覚が、「横にスライドする」という言葉と
結びつきませんでした。

7日(月) たまたま会社を休んで御殿場を予約してあったのですが、6日の夕方に
キャンセルして横須賀
      に留まり、ハイランドへ(3時間コース)
      右足へ体重を乗せていき、その後体が回転する感覚も出てきました。
      これは何度も腕を動かさず体重移動することを練習していたときに掴ん
だ感覚です。
      
      前日のPWに加え、6iで同じことをやっていたところ、前日の店長が見
せてくれた右肘を曲げた
      トップの形のイメージが浮かび、右肘を意識しながらやってみると10
0Y近くまで軽く飛んで行く
      ようになってきました。このとき、右側を向いて祈りのポーズ・・腕を
右に持っていかずに、上体も
      捻らないように上半身に力を入れないと素直な動きになることも感じま
した。
      
8日(水) 会社帰りに三島の練習場で、130球
      たまたま練習場から10回利用で、100球プレゼントしてもらい約1
時間くらい素振りをしながら
      おさらいをしました。
      このとき、6iで祈りのポーズから右肘を意識して体重を左に移し、フ
ルショットに近いのもを何回か
      やってみると、「何だこれは!?」軽く打っているのに、意外と強い玉
になってしかもまっすぐ行く
      ではないか。自分ではアウトサイドインの感覚が強くて、スライスが出
るような感覚なのだが・・

      よく考えてみると、体の回転”秀二の向き”のときのクラブの位置はア
ウト側になんかないのだという
      ことに気づきました。クラブを振らないから常にアドレスした状態に
戻ってくることが納得できた瞬間
      でした。

10日(金) 会社帰りに3時間打ち放題
       翌日に御殿場を予約してあったので、今迄理解したことをもう一度お
さらいする意味でじっくり
       打ち込みました。すべてのクラブに2gのおもりを貼りながら、試し
てみました。
       時々欲を出すと、力が入ってしまいクラブヘッドに”いやいや”をさ
れてしまいますが、概ねイメージ
       通りのショットが出るようになってきました。
       時々右に行くことがありますが、これは腕が遅れたことが原因かと右
肘への意識を強くしていると
       時々「これが腕のスライド?」という感覚が芽生えてきました。(こ
の感覚はその後再現できていません)
       上手くいかなくなったときは、もう一度はけ塗りから始めることにし
ています。

11日(土) 御殿場コース(TG)で現場実習
       ちょっと早めに出かけてアプローチ練習場で、PWの体重移動付 転が
しアプローチをやってみて、
       距離感を掴もうとしました。その後、PWと6iと1Wをいくつか打っ
て、大の苦手1番ホールに臨みました。
       この日は、H大学のゴルフ部2年生が、お父さんと一緒に来ていて、
自分とは180°考え方の違う
       スイングで素晴らしいショットを打っていましたが、私は彼のお父さ
んと一緒に試し運転に徹しました。

       1Wはそこそこ良い当たりで、グリーンまで160Yの地点、いつもは
6iで力んで右の池か左のガード
       バンカーに入れるところ、飛距離の感覚に自信がないため、7iで手
前でからせめるつもりで、
       右体重移動→祈り→右肘伸ばしをやってみました。するとまっすぐで
素直なボールがグリーン目掛けて
       飛んでいくではありませんか。
       続く、2番ホールも今まではセカンドショットで悩んでいましたが、
ここ数日練習を積んだ6iに救われ
       ました。
  
       その後、何度かクラブに”いやいや”をされましたが、スコアとして
はいつもと変わらずでした。これなら
       いけそうだという感触を掴みました。さらに、AW、SWと体重移動右肘
ちょっと曲げで50Y以内のショット
       も音が違ってきています。

12日(日) ギャツビー  以前から義弟とその会社の人たちと約束していたので
連日のラウンドです
       前日と同じような感じで、特別良くはなりませんが、一つだけ8iの
転がしが成功しました。
   
       本グリーンとサブグリーンとの中間で、多少のアンジュレーションの
あるライからでしたが、体重移動
       による8iのアプローチで、グリーン手前のこぶを越えてピン1mく
らいまでよって行ってくれました。
       今後こういうアプローチを優先してやってみようと考えています。AW
 SWでも気持ちよく当るように
       なりましたが、やはりころがしのほうが安定するようです。

いろいろ会った1週間でしたが、今後はじっくりと練習をするために、現場行きは一
時凍結しようと考えています。
クラブができましたら、またお邪魔できることを楽しみにしております。

ブログも楽しみに拝見しております。昔30代のころにパソコン通信のゴルフ愛好者
のSIGに入っていた頃のことを
思い出して居ります。HBSのお客さんも本当にゴルフ好きの人が多いようですね。
sample 2009_09_19_23_41_53-255フレームショットsample 2009_09_19_23_41_53-257フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
ブログのそして画像、ドリルの紹介のお陰で、約2年間さまよっていた迷路から出口の光が見えてきた感じがします。
現在の自分の動きとお手本の動きを比較したく、動画閲覧希望します。
それにはレポート提出が義務かと思いますので乱文ですが作文を お送りします。

当初はクラブを寝かさまいとクラブを立て、腕の上げ下げをコントロールする事ばかり考えていました。
流石に体を捻る考えは無くし股関節の動きにより体の向きを変えていましたが、上手くクラブを上げられれば
上手く落ちるだろうと 安易な考えで根本的には今までの打ち方そのモノでした。
前回お店へお伺いした際にアプローチは上からヘッドを入れる事だと教えて頂いたので、注意していましたが
結局 手でコントロール、小細工していたに過ぎないので、再現性に乏しい状態で当然のことながら上手くいかず
段々とゴルフが つまらなくなりラウンドのお誘いも断り、1年以上ラウンドしておらず
週1回の練習から月1回の練習へとゴルフが遠ざかっていました。

ブログが始まってから理解力は乏しいものの 再度 興味が沸き色々試し現在に至っております。

グリップ
お寿司を握る感じと説明がありブログに写真が掲載され指の付け根から指で握ることが分かり
ストロンググリップだったのが合掌の握りへと変化していきました。

アドレスと前傾姿勢のキープ
そもそも力感のないアドレスで棒立ち状態、スウィングの途中は さらに前傾姿勢が崩れ
挙げ句の果てにボールとのキョリが離れ、ボールに届かずトップ。そんな感じだでした。
前傾姿勢キープのお陰で故意にクラブを持ち上げなくともテイクアウェイでクラブが高い位置に行くのだと思い
練習場の天井へクラブヘッドを突き刺すような無駄な動きが抑制されたように思います。

刷毛塗りドリルが掲載され、試した所まぐれでしか得られなかった良い打感が時々出る様になり面白味がわいてきました。
ただこれを どの様にフルショットへ移行すべきか不明で、右肘の動きをどうすれば良いのか迷っていたところ、
お尻の動きに連動して「後ろの人に肘鉄入れる」動作を取り入れると良いのかなと思い取り入れてみました。

この時点ではシフトの事は、頭の中に入っておらず紙飛行機ドリル?で飛行機の滑走路=シフトの重要性を認識
足元の連続写真により今までイメージしていたシフトの度合いが自分のシフトとは全然違う事が分かりました。
それにヘッド姿勢の写真も大変参考になりました。

来週1年半振りにラウンドしてみます。まだまだスウィングがリハビリ状態なのでスコアは二の次で楽しみたいと思います。


sample 2009_09_19_23_41_53-251フレームショットsample 2009_09_19_23_41_53-253フレームショット
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

        …合宿中のKさんのレポートです


 自 己 主 張 
 



発展途上とはいえ…..


全体のイメージ 部分的な動き

理解ではなく 言葉の記憶と動作の意味が正誤ともに混在状態

結果 どのような形であれ 

“振る”行為からは逃れられないことを体験


しかし 覚醒一歩手前か!!!

そんな気もするぞ!


調子に乗ると 店長さんではなく クラブから無言のビンタがきますから

 ここはひとまず謙虚に



大きな誤解だった部分

自分でクラブに シャフトに力を与えようとしている

ただそれが 横じゃなかっただけ

決して乱暴に扱っているようには思ってなかったのですが

ちょっと運転が出来るようになったから うれしくて山道走りに行ってクラッシュ

そんな感じでしょうか(でもそれって横だよね…..)

結局振る行為につながり ジ・エンド


けど ここのお店 このクラブは クラッシュしても柔らかクッションに当たったようなもの

何度もトライすること あきらめなければ いつかは スポンとその中に入れてもらえるかな

(途中の過程では頭フル回転させないといけませんけどね)



何種類もの勘違いがあったのですが 順番に追っていきます

まずは テイクアウェイ

手首の使い方

この使い方と考えすぎ 無駄なこと

ヘッドを自分で動かさない限り 必ずヘッドは最後に動く

手首をやわらかく とか 故意にヘッドが最後になるように とか

過剰行為なんですね


最後に取り戻さなくちゃならない

やっぱり振る 振らなければならない要素を生み出す行為

自虐行為……


その行為が コックを阻害していることも判明


ヘッドの下がり過ぎによって 右ひじの誘導と 左手のコックが連動しない

自分のトップイメージの時に 完成されていないんです


これが ダウンの始動を早めてしまい ダフる

間に合わすために 振る



sample 2009_09_24_03_46_35-267フレームショットsample 2009_09_24_03_46_35-285フレームショットsample 2009_09_24_03_46_35-289フレームショット












やっぱり悪循環から逃れられない

あせらず ゆっくり やわらかな気持ちで

なんですがなんとか自分のものにしたいですね


     本物を…

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ