◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年07月

5
またも お客様よりレポートです
 参考にして下さい




鼓笛隊打法 (2)

発想の真逆転換―主役は自分かヘッドか?

極端な仮説をたてました。
ヘッド重量「1キロ」の超重量級ドライバーを作ったと仮定します。シャフトは
45インチの超柔らかハミングバード仕様。


このクラブで、左足前にティーアップされたゴルフボールを打ちます。チョロ、ダフリ、テンプラ、空振りは「無し」です。少なくともゴルフといえる弾道を実現したい。まず予測できることは、<振る>ことはやめたほうがいいようです。重すぎます。仮に無理をして振れたとしても、手首かひじを故障しそう。最悪骨折。この化け物ドライバーをボールにアドレスすることから始めます。とりあえずヘッドをゴルフボールの後ろにセットしなくてはなりません。片手で運ぶのは無理です。左手でグリップを持って、右手はシャフトの真ん中よりヘッドに近いところを持ちます(グリップ側と、ヘッド側がつりあう、支点になる場所を持てば楽に運べます、総重量は約1キロ少々です)。ヘッドをボールの後ろにセットして、グリップを決めます。もちろんスクエアーに握ります。


ここからが大変です。体を右に向けることと、クラブをほぼ垂直に立てる、ボールを打つ姿勢をスムーズに作るにはどうすればいいでしょうか。よいしょ、とヘッドを持ち上げると、重い!!しかも偏芯した重心位置の影響で、ヘッドが右に回ろうとする。クラブが立ったとしても、ヘッドは相当開いた状態になると想像できます。さらに、シャフトが体の幅からはみ出るか、はたまたシャフトが寝る可能性が高くなります。ヘッドが重いことが弱点を拡大し、修正を困難にします。後はヘッドターンに依存するしかありません。残念ですがここでアウト。
逆のアプローチをしてみます。


<ヘッドを動かさずに>まず右の直立足をつくる。すると、グリップがわずかに右に移動する、と同時にフェースがその分左に回転する。この状態は、シャフトと重心位置が一直線に並んだ状態です。つづいて<ヘッドを中心に>体の右回転を始めます。回転に誘発されて、同時か少し遅れて右ひじのクランチがスタートします。ヘッドが上がりはじめると同時に、クランチの効果でグリップがアドレスの位置から右肩方向に体に近いラインを移動します。
クラブが立つことと、グリップの右への移動により、クラブの支点が、ヘッドからグリップ方向へ向かってスムーズに移動し、だんだん重さが軽減されます。クラブが直立すると、打てる体勢が実現できます。

打撃体勢ができていますから、後はほぼオートマチックです。右手でグリップを左に押しながら(左ひじのクランチをつくりながら)、左の直立足を作り、<ヘッドを中心に>体をターンします。これらの<運動>が不可抗力的に、重力の下への作用を誘発し、ヘッドがボールにコンタクトします。あとは左ひじのクランチの完成と左手の再コックで超重量ヘッドによる打撃が実現できると思います。
大切なことは、体を中心にゴルフクラブを振るのではなく、<ヘッドを中心に>体をターンすれば、すべてが収まるところへ収まるのではないでしょうか。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

皆さん! お元気ですかぁ
 僕は相変わらずのハイテンションです
  だって亜美さんのコンサート近いですから…


それは ともかく 素晴らしい「ニュース」を幾つか

 先日 あの「共栄ゴルフ」の社長にお会いしました。
共栄ゴルフ は業界にいる我々にはあこがれのメーカー
     ゴルフ業界の屋台骨 そのもの
会社そのもののサイズは小さくとも 長年「世界」のゴルフを支えてきました

昭和の名器と呼ばれる
B社 M○N? や T社 V7○1 や D社 D○○01 など
世界をリードするモノ創りをしてきた憧れのブランドです。

モノ創りという観点で言うと
丁寧な作りこみや 作り手のメッセージのはっきりした形状
仕上げの素晴らしさ  アイアンを作らせたら
       世界ナンバーワン  類を見ません。

しかし その「共栄ゴルフ」も鋳鉄で作る 性能の良さ や コスト
そして 大手の資金による宣伝・販売方法 に悩まされているでしょう。



 でも 皆さん ご安心下さい。
新しい社長、彼なら大丈夫  若いんですけどね…
彼なら 世界ナンバーワン メーカー であり続けるでしょう。

       …道を外さないか 見張ってますから。


あぁいう若者がいれば まだ日本も捨てたもんじゃないなぁ 
  と すこし安心です。



その共栄さん絡みで すこし

ベガのOS 次回モデルより ナンバーの刻印 色が入りません!
すこ〜しだけ バンスも強くする予定?です。
ロゴも変更する予定です

また ダブルニッケルメッキ もやります


   ☆パターも共栄さんで行こうかなぁ?


また アイアンシャフト  フジクラのロゴを除き
    すべてのシルク印刷外して と要望中… 網タイツも脱ぎたい


そ・し・て お待たせ  
  ブ○ックス○ー□ー F○ 企画スタート?
     来年 春頃には 商品化 出来るかも・・・
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 昔 工具マニアだった
スナップオンは勿論 プロト マックスボーマン 工具を何でも集めた。

それぞれの得意分野があって
一番有名な スナップオンは メガネとか ラチェットは良いんだけど
   (ショートハンドルやコマラチェット、プッシュ式も有名)
ドライバーとかは 酷い  まったく使いモノにならん…
ドライバー系はマックスボーマンが一番モチが良くて 使いやすい お薦め

メガネ 片口メガネ なんかは高価だけど プロト が一番使いやすい
あの薄さ と 重量感 何とも言えない
工具マニアにとってはあこがれの逸品

日本京都ツール 通称KTC も結構悪くない
ミラーツールシリーズなんてなかなか、コストパフォーマンスもいいし。




で またマニアなもんだから 必ず 同じものを二個づつ買う

ひとつは使って ひとつはしまっとく
尾崎亜美さんのCD も必ず2枚 
一枚は聴く用、もう一枚は未開封で保存用


仕事の道具も必ず二つ

オーダーメイドショップでここまで機材を持っている処は
 日本中探しても まず無いと思う

振動数計は常時3台 稼働している
それぞれ 微妙に癖があるから 週に一度は測定用のクラブで調整する
今回の 悶絶シャフトはものすごく敏感なんで
自分で加工した2台の振動数計を同時に使って
 振動数の「1cpm」のどちら側なのか調べてる
このシャフト 普通のシャフトの3倍 手間と時間が掛かるんだよね


ライ・ロフトマシーンも2台使っている
 やはり癖があり それぞれ得意な分野があり
  片方はパターの調整には使いやすいけど ロフトの多いものにはちょっと…
   実はうちにある最新型は 開店当時からカウントすると6台目
    2〜3年に一台 買っているペースで
     すでに マニアなお客さん二人がお下がりを持っている。


ボール盤も2台あるけど 置く所がないから常設は一台
 最近は軟鉄の加工が多いので 結構使う
  センターボリングバイス って便利な物があるから楽チン
   穴あけ作業も結構コツがあって
    素材の硬度・軟度によってキリの硬さもスピードも
     微妙に調節しないと綺麗に空かない
      ツマンナイところにこだわっちゃうんだけど
       金属加工の専門職の人に見られても
        恥ずかしくないように加工したいしね。


グラインダーやポリッシャーも2台ずつ持ってる
 それぞれ 回転方向が違うので 使い分けている 


スウィングウエイト計なんて 使ってないものも含めれると5台ある
常時3台使ってるんだけど 最近は非常識な数値を測るから ちょっと改造
ばね式のタイプは温度に敏感だから 夏は使わない
やっぱり 人力調整の古いタイプが一番 頼れるね



でも うちに唯一 一台しかないモノがある
 これがなくなったら 仕事にならない
  あの達人 Kさん 憧れの シャフトカッター である
       でも 実は二台目なんだけど…

     一台目をすこ〜し 変更して貰って 改良版かな。


    
 自慢しちゃうけど 多分 日本のゴルフショップ でこれを持っているのは
  多分 ひとケタ  5人位? かな  どう○橋さん。
   大手メーカーでも使ってない(下請けさんが持っていない)ところも多い

普通のショップだと サンダー か 金ノコ
 切り口汚いし シャフト繊維が引っ張られる
  店はカーボンのキリコだらけになるし 絶対 イヤ


水を掛けながら 高速で回転させた紙の薄さの砥石で切る
  何と  0.7mmの厚み。  らくらく 1mm単位 で切れる
    
   最終仕上げで 一ミリだけ切る ことも楽勝!

水を使うから 熱も発生しないので シャフトへのストレスも少ない
 切断面の美しさ 芸術に近い

また殆ど機械的な振動もないので 切断時の感触が分かり
 シャフトの質 シャフトの性格 使っている繊維の性格 もよく分かる

強くて 安い繊維 は 厚みがあっても 切り感は軽く 何の感触もない
 量は少なくても いい繊維 弾性の高い繊維が入っていると 粘る感じ

切断音も僕にとってはすごく重要
 音によって 性格が想像できるし つぶれ感も感じられる

10本のアイアンセットを作るのに 多分60回以上切るから
 自分にも シャフトにも ストレスのない この マシーン
  
     僕には 最高の相棒なんです続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
お客様よりの投稿です



○ なまけもの おおなまけものへ 
   体も回してもらおう 宣言

手持ちのヘッドに適当に鉛ぺたぺた 5〜8g程度かな
pw だけ 試しに 多めに

重量が増すと 鼓笛隊 ますます実力発揮

重すぎてのたうち回るか?

それはヘッドを振ればの話

技術の必要の無い鼓笛隊 おそるべし

球が強く 飛ぶようになるだけで 全く問題なし・・・・

そりゃそうだ バントのバットが重くなっただけ
振るわけじゃないから関係なしか・・・・

肘使い  

ジャンボのいうとおり、肘 は打撃中
とても大切な部分を担っていると思われる

☆  HIJI  is The KEY to golf swing

クラブヘッドを固定し、肘を正しく使えば
体を回転を必要なだけ誘発することも可能と思う
どれだけ回転が必要か と聞かれれば クラブの設計分だけ ということになる

その回り方 まるでソレンスタム

アニカのグリップは 数少ない 眼でもわかる情報
テイクアウェイで 何を一番先にしたいか が現れている
彼女は天才 
右ひじは大変使いやすいと思われる

こすれない鼓笛隊は バンカーショットも難なくこなす

鼓笛隊打法 を使えば、
人工芝からなら 直ドラ 200ヤード打てるのでは?

ああ、鼓笛隊おそるべし

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最後のドリルですが、以前スイングを見てもらいに訪れた際に、パッティングのやり方で教わった方法と同じですよね。
教わった直後に、アプローチに取り入れて練習したことがあります。
確かに捕まる。
でも、当たるだけで、距離のコントロールが全く出来ない、という結果でした。よって本番ではやったことがありません。

この方法だと、ヘッドを動かさないように、飛球線方向で手首とクラブの作る角度が大きく動き、力がそこで全て抜けている感じになってしまいます。
パターは可能性があると思いましたが、この動きがアイアンやウッドで100〜200ヤードを打つ方法として成立するとは到底思えませんでした。



鼓笛隊ドリルを始めた多くの人を代表するような質問なので載せてみました

ドリルを始めてみた人の多くは 上の質問を抱き
 そこで思考がストップしてしまったでしょう、分かります。

もう一度 落ち着いて 上の質問を読んでください 
   上の質問には 多くのヒントが内包されています。


それでは解説していきましょう
歴代の多くのプロ(勿論全員ではありません)の写真を思い起こして下さい。
ほんの少しだったり がっちり 打っている人によって差はありますが
トップの位置で左手は甲側に折れています。
では フィニッシュの位置はどうでしょう。
これも殆どの選手の右手は甲側に折れています。
     これは何を示しているのでしょう

  何処かに思い当たるフシ ありませんか?


今でも呪文のように つぶやき続けられるゴルフの金言
 ☆スウィングは円運動である
 ☆シャフトは横に走り ボールを弾く
その動きを簡単に 実践するにはそうすれば良いんだろう と考えました。

 「手の返し」「ヘッドの返し」 「ローテーション」
  とは実は 「スナップの動き」 なのではないか と。
 スナップの動きは 割に誰でも簡単に出来る動作で
     (ドラマの中でも よく主人公がガールフレンドにやられます)
スウィングは円である、や シャフトは横に走り ボールを弾く
 などとのイメージのつながりもよく、実際に多くのアマチュアを見ていると
成功・不成功に関わらずと 腕を回転させるローテーションの動きよりも
率先的に スナップ = 横ビンタ を行っているのだ、と。

結果として ローテーションになってしまうのは
ゴルフクラブには偏芯・偏重の特性「重心位置」のズレが存在する為
向きを変える動きのなかでは ヘッドのターンを誘発するのです。


このドリルをやる上で 行うのは足を使った体の揺さぶりと手の動きだけ
この動きで飛ばせる距離は「当然」限られています。
 それは 何故か?
ボールを飛ばす・飛ばさない この距離感、すなわちスピード感は
体全体で行う動きで どこか局所で行うものではありません。
これはドリルなんです!
 すぐにボッカンスッカンドライバーを打つためでは断じてありません。

上記の動きに ☆体の向きを変える動き
       ☆ヘッドの高さ(位置エネルギー)
これを加えない限り ボールは 「当然」 飛びません


しかし 上の質問には 手のスナップの動きが封じられているから
 ×距離感も出せないし
 ×飛ばせない
と書いてあるのです。


ある意味 答えが書いてあるのです。
 小さなアプローチを行う場合 殆どの人が
 手さばきでボールを捉え 飛ばし 方向を出そうとします。
その動きは 手の位置を動かさず スナップの動きでヘッドだけを動かします。

質問中には
 確かに   つ・か・ま・り・ま・す  とあるのに…

切り返しの時に感じる違和感は
今まではそこで 手を急に止め その反動でヘッドを動かしていたからで
逆に ヘッドを動かさず 手を止めずに 常時動かしているから
感じてしまう 違和感だと思います。


 百歩譲りましょう
打ち手がどう打とうが どう距離を出そうが
どう距離をコントロールしようが
手さばき(スナップ)を使ってボールをさばこうが
距離コントロールをしようが   その人の自由です。
   一切 賛成 も 反対 もしません 

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 最短距離でクラブを上げる(右サイドが円弧で膨らまない)ということは、必然的にアーリーコックになると思いますが...。


これも スウィング(クラブ扱い)の中では多く取り上げられる項目です。
でも 根本的に大きな誤解があるように思います。

前傾した姿勢の方から下がる左腕
概ねダランとブル下がった状態が理想でしょう
体の中側に入り込んだり ボールの方にあまりに突き出た状態は
お薦めではありません。

飛球線方向から その様子を見てるとしましょう。
透明なビニールに時計の絵を描くと
左腕はだいたい6時を指しています。
ではクラブ(シャフト)は何時を指していますか
前傾している限り その延長線 6時はありえません。
シャフトは7時〜8時を指すでしょう …勿論クラブの長さや前傾にもよりますが

腕とクラブはそのままの状態で 体を起こしてみましょう
この時点で エンド部(グリップ)は ヘソ〜ベルト の前あたり
クラブヘッドは それよりも やや高い ミゾオチ〜胸 の前あたり

これが俗に言う ディッシュアングル
左手とクラブ作る 薄い角度 スープ皿のような角度

  これが すでに コッキング なのです

コンキングはスウィングの始動の前に既に 始 ま っ て い る の で す


 ここから するコックングは 量にすると 1時間〜1時間半 分
 7,8時から9時にするだけ
 それは左手の筋肉 左手首の筋肉を使わなくとも
 右手が「クランチ」していますから それ だけ で起こります。

MACさんの言う アーリーコック
 多分 それとは 違う意味で アーリーコックなのです。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ハミングバードのお客様には出来る出来ないは別でも
「なんとなく」 ヘッド重量があると こうなる と分かると思います。

平均的な世の中の「クラブ扱い」
 
 体の捩じり  この反動を使って 腕ごとクラブを振る方法です

雑誌やレッスンで出てくる  腰を回せ 腰を切れ 手を返せ ヘッドを返せ
この言葉を正面から信じてしまえば 腕を振るスウィングをせざるおえません。

  そうなれば クラブヘッドは「軽い重量」の方がやり易くなります。

ちょっと 筋違いの「簡単なクラブ」を作ろうとすると 軽量ヘッドで軽いクラブに
行きついてしまいます。  ま いかにクラブを売る側 作る側 設計する側 
にも素人多いか と言う事になる訳ですが…


本来 クラブヘッド重量の意味は

 ☆ヘッドが重いことによりボールを打撃する破壊力を生む
 ☆遠心力の掛かり易い「ゴルフスウィング」でトゥダウンという働きで
  低い(そんなに低く有りませんが 肩の高さよりは低い)ボールを拾う

ただ ゴルフクラブを振る人・腕を振る人にとっては
 クラブヘッドの重さは単に 振る行為の抵抗・負荷(不可)になってしまうだけで
  あまり 打撃のエネルギーの増加にはつながらない…
   ましてやトゥダウンという 自動ボール拾い装置はまったく稼働しない
    ヘッド重量と偏重した重心点のおかげでロフトも増え
    ハイボール・ダフリ・スライス の元になるだけだ


話を元に戻そう
 ゴルフのスウィング・クラブ扱いの中で
  大きな課題の一つに どうやって 体を回すか 体の向きを変えるか
   この何十年 どのゴルフ雑誌もみても 必ず こうしろ あぁしろ
    と載っているが正直 誰も確信を得ていないのではないだろうか



しかし もし  このヘッド重量の重要な役割として
  そのクラブを持っている人間に対し 体を回させる機能を持っていたとしたら…
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

あ・の・ 衝・撃・映・像    の感想文 お客様より 頂きました




   感覚と現実

3日間、何度も映像を見ました。まず大雑把な印象から。
本人は、最初は戸惑い、打っているうちにだんだん楽しくなってくる(これ飛ぶんじゃないかなー、でもこのスイング他人から見るとなんか変なスイングに見えないかなー、力感無いし)。
私の第一印象、このスイングは美し過ぎる


昔、あるゴルフ場で連続写真を撮ってもらったことがあります。自分は、かなりいいスイングだと思っていましたが、ホールアウト後に写真を見て愕然としました。
なんというぶさいくなスイング!

二つの事例は、本人の自己感覚と、現実の姿には大きな乖離があるという例です。二つ目のわたしの事例は極端で、自己感覚と、現実が真反対。ゴルフに限らず人間は、太古の昔から自己感覚と、現実とのギャップのなかで生きており、このギャップから作用を受けて進化してきました。言い換えれば、この<差>を認めて、そこから学ぶことが成功への道だと思うのです。

鼓笛隊打法について、五感から得る感覚と現実との<差>を整理しました。全部は網羅できませんし、ホームページやブログで出てきたことと重複もあります。



1. ボールの高さの位置感覚(この勘違いがミスショットの原因のほとんど)

地面にあることで、ゴルフボールは自分より下にあると<感じる>。
<現実>は、前傾姿勢で打撃することを考慮に入れると、ボールは胸から肩の高さの間にある。短いクラブは胸の下あたり、長くなると、ボールの位置は高くなり、1Wでは肩の高さ。グリップを腰の高さで構えるとすれば、ボールはグリップより高いところにある!
さらに、構えたときにあごが下がると、ボールはさらに下にあるように<感じる>。
ここから導かれることは、いわゆる深いトップは不要。シャフトの運動慣性とトウダウン、さらに人間の身体へのいたわりを考慮すると肩の高さ、あるいは、肩よりわずかに上、が適正と考えられる。シャフトはほぼ垂直。慣性により、グリップは、肩よりわずかに高くなり、シャフトは垂直よりわずかに飛球線方向に傾くのは自然にまかせる。これ以上振り上げてもグリップとヘッドは飛球線方向に向かうのみで、位置エネルギー(高さ)は増加しない(きついだけです)。



2. ドリル

動画の中で、グリップを肩の高さで、シャフトを垂直に立てたまま右肩から左肩へ回転させる動きがありますが、これが大きなヒントです。このドリルは、下に振らない練習です。ゆっくり動かすと、クラブは立ったままグリップといっしょに右肩から左肩へくるりと<移動>します。この緩やかな動きでは重力に耐えてクラブを立てたまま動かせます。次に、打撃という<運動>をさせると(運動があるスピードを得ると)、重力が顕在化します。重力は、物理学で言い換えると<動かしにくさ>です。スピードを上げるほど重力の影響は大きくなります。かつ重力は下に働きますから<運動>させると不可抗力的に、グリップの位置が下がり、シャフトが下に動きます。その結果ボールにコンタクトします。自分の感覚では、シャフトを立てたまま運動させようとしますが、現実はグリップとシャフトが下がるのです。これはあくまでも<動く>ので<動かす>のではありません。動かすと必然的に、重力+人間の力がダブルで作用しますので、ヘッドはボールより下に行きます。地面にあるときはダフリ、ティーアップしていればテンプラボールになります。補足ですが、アドレスで目線が下に向いていると、ほとんどの場合ダフリを誘発します。理由は、ボールの位置感覚が現実よりさらに下になるため、クラブを下に振ることを阻止できないことによるのだと思います。
クラブの重量についても説明できます。1Wが最も軽くて、SWが最も重いのは、ボールの高さが理由のひとつです。ドライバーのボールの位置は、構えるとおおむね肩の高さです。SWは胸の下あたりです。クラブを運動させたときに働く重力は、重いほど大きい。これがクラブが短くなるほど重く作ってある理由のひとつだと考えます。



3. エネルギー保存の法則

圧倒的に重いヘッドと、大きく運動するシャフトを動かす場合は、人間がクラブの動きを邪魔しないことが第一優先になります。ヘッド重量を増やすことは人間がクラブを振る速度を低減させますし、大きく運動するシャフトを動かす場合は、人間がおとなしくしないと、シャフトが暴れます。今まで人間が担当していた、エネルギーの発生をヘッドの重量で肩代わりさせ、人間が作っていたロフトの立ち(ミート率の向上)をしなやかに動くシャフトで肩代わりさせれば、人間の仕事はずいぶん軽減されます。打撃エネルギーを一定とすれば、ゴルフクラブにそのエネルギーを発生させる仕事のほとんどを担当させれば、人の動きは、あの動画のような穏やかな動きにならざるを得ません。


感覚と現実
鼓笛隊打法の最大の課題は、いままで自分がやっていた仕事を大きく減らすことです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 クラブには2種類の落ち着き場所がある

       ☆運動していない時の ゴルフクラブの原型

       ☆運動している時の ゴルフクラブの姿勢

この二つの差異が ゴルフクラブの取っての 謎解き である。

これがある意味 クラブ扱い・ゴルフスウィングの謎解き でもある。


前回も述べたが ゴルフクラブは偏芯・偏重している
 テニスラケットや  野球のバットとは少々異なる
この 偏芯・偏重が上記二つの差異を作っている のだ

この差異が不必要なら 500年を超えるゴルフの歴史
コンピューターが発達した現代までに 当然 淘汰されてしまっただろう

そして その偏芯・偏重を支えているのが シャフトの硬さ・柔らかさ なのです。

運動している時のクラブの姿勢は(正しく機能させるために)
    グリップの延長線上に クラブヘッドの重心点が並ぶ姿勢 です。

この姿勢を作る為の物理的な条件が シャフトの軟度  なのです。
使う人の動かすスピードに応じて シャフトが運動し その一直線化を作る
硬いシャフト、動かせないシャフトを使ってしまったんでは
アドレス時のクラブの原型から運動を加えてあげてもクラブはあまり動きません

また シャフトを捩じって動かしてしまうと 軟度が十分でも
   一直線化は起こりません


そう考えていくと だんだん 
   シャフト・クラブの使い方が見えてくるのでは無いでしょうか
   続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフのクラブ扱い(ゴルフスウィング)は本当に難解なパズルである

ボールをあんなに遠くに飛ばす
アメリカのドラコンチャンプのボールの初速は
   時速300kmに迫る

長〜い棒の先にある鉄の塊で ボールを打つ訳で
それを人間がくるりと回転しながら打つんだから
ヘッドを振っているように見えるのが ある意味 正常!(正解じゃないよ)

でも ヘッドを振ろうとすると うまくクラブを振ることが出来ず
世の中には その動きに一万回もトライして 答えの見いだせない人が
大勢いる イヤ 殆ど全員の人だろう

気をつけないと ローハンデイの人やレッスンプロの中にも
 ヘッドは当たり前のように振るものだ と思っている有様…

右からも 左からも 北からも 南からも
 「う〜ん 上手な人はゆっくり振るんだよな〜 それで飛ぶんだから…」と


では 反対に考えてみよう
2メートルの棒の先に重さ1キロの鉄の塊が付いている物体
出来るだけ先だけを動かさないように 動かさないように
棒だけを振る?  動かしたとしよう
棒をスライドさせようと「思い」 棒を動かしたとしよう

果たして 見ている人には どう見えるのか?


その場から動かず その物体をスライドさせて 動かしたら
体って回っちゃうんじゃないかしら?
体の動きそのものを特に制限せず 動き方も指示せず
その棒を動かしたら 自然な動きで体って回っちゃうんじゃないかしら

その棒の先にある鉄の塊で 地面にある何かを打とうとしたら
真っ直ぐ立って 体に対して棒を斜めに振るよりも
体を少し傾けて 体に対しては 横方向に動かした方が楽なんじゃないかしら

長くて先の重たいモノを腕で横に振ると重いし 危険…

体に対し斜めに動かすのは 重くてム・ツ・カ・シ・イ…

ものすごい労力にいるその行為で 距離を打ち分けるとしたら
打つ所に角度を付けて 打撃力を高さに逃がした方が
打ち方や打つスピードを変化させるよりも楽なんじゃないかしら…

   棒の軸線上に打点があると 打つところの向きが分からないから

   角度のある打面の時に 自分の方に飛んでくることもあるから

少し打面をずらしたんじゃないかしら?

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
大学時代 こんなゴルフをしていた
 いつも行く仲間とショットを打つ度にクラブを相手のバックに入れる
  相手も使ったクラブをこちらのバックに入れる
   パターを除く 11〜12本位のクラブを全部一通り使ったら
    今度は相手のバックから一本ずつ順番に使う
     いつもいく同じ安〜い河川敷コースなんだけど
      11本のクラブの使う順番を考えつつ
       その都度 その都度 使う順番を考えながら
        時として起こるミスや障害を考えながら
         コース全体の流れを考えていく…  面白かったなぁ


それまで コース攻略って直線で考えていた
 ティーグラウンドから フェアウェイを経由して グリーン カップまで
  出来るだけ 最短距離の真ん中 真ん中 そんな風に考えていた

ところが そのゴルフを始めるようになってから
 次のショットを打つ時
 
       あぁ〜 360度どの方向に どんな弾道でも どの距離でも
        打つのは「自由 自由意志」ナンダなぁ 


  と感じるようになって すごく楽になり 楽しくなった。
   今までは自分で自分の事を縛っていたんだなぁ と思った。
    スポーツ、競技だとしても 基本は「遊び」だから
     マニュアル通りにやろうとしても 楽しくもなんともない……


距離感って いつも同じ球を 単に距離だけ分ける と思っているでしょ

  どんな球 どんな弾道 どのクラブ を使うかも距離感なんだよ

どんな絵を描くか  まったく課題のないキャンパスに どんな絵を描くか は
  
     「全部 自分の自由意志」

いつも一辺倒の球を打つのも 自由意志、一つの選択 だし
 毎回 いろんな弾道にトライしてみちゃうのも 自由意志
  ゴルフのショットは必ず 毎回毎回  選択  していくゲームだ
   はじめから 選択 が無いのは ゴルフとは言えない
    その「選択」にはいつも 自己責任 がついて回る これがゴルフだ。

スウィング・クラブ扱いだって 自由意志 でしょ
自分がしたいスウィングをする、選ぶ、それは自由意志であり 自己責任でしょ。
スコアや結果に固執するのも自由意志だけど 僕は辞めとく
面白そうじゃないし 先人からの手紙やゴルフの神様からの暗号解読の方が
「僕には」楽しいから…


ゴルフのショットのすべてがミスショットなんだ
 物理的には「ナイスショット」を打つ事は不可能に近い
  ある程度 上手く打てるようになる と言うのは
   ミスが許される範囲に留まる と言うだけのハ・ナ・シ



クラブを正しく 使う為の 体の動き と 距離感はまったく意味が違う
アプローチで体の緩い向きの変更で打てるのは その距離を打つエネルギーが
それで十分満たされているだけで フルショットとの違い とかの問題ではない。

普通にスポーツをやっていると 距離感って ボールのスピード感なんだけど ね
サッカーだって 同じ距離を蹴るんでも色々な球種有るんだし
単純に同じ球質で 距離を蹴り分けるのって ボールのスピードに合わせた
体のスピード感でしょ…
 短いアプローチで 体のゆっくりしたスピードで打てるのは
  そのスピードにあった距離、ボールスピードでしょ…
   そこのところは 誰にも教えられないし 教われないところ
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 硬いシャフトや軽いヘッドをお使いの方は論外
わざわざお金を出して 覚えてはいけない事を覚え
一番大切な物を覚えられないからです


  ゴルファーはクラブ扱い(スウィング)をクラブからしか学べない

               僕は今も昔もそう思っています

硬いシャフト動かないシャフト軽いヘッド  
  ……通称 スウィング破壊兵器
  それが 例え50万円の有名メーカーフルセットだったとしても
そのクラブを使う為に まったく要らない「技巧」を体が覚えてしまったことは
    マイナスな意味で「プライスレス」

そのヘンテコリンなスウィングは100万円出しても すぐには治りません
硬いシャフトであれば シャフトは う・ご・か・な・い のですから
   どれでも一緒、 次のクラブを買っても やっぱり一緒です。
それがネットオークションとか中古ショップで割安で買ったとしても
何の意味があるのですか……昔の人は言いました「安物買いの銭失い」って。
それで 安かったからって 「得しちゃった!」 アホな…
          ちょっとモノ悲しい……


シャフトが動かなければ 本来シャフトがする筈の仕事を
 全部 自分の技巧でやらなければなりません
  ヘッドが軽ければ ヘッドで作るエネルギーや破壊力も
   全部 自分の体力や技巧でやらなければなりません
    正しいクラブを持ってさえいれば 
     一・切・覚・え・る・必・要・の・な・い・こ・と・を
       クラブは殆どのスウィングの機能を持っていると言うのに…

ヘッド重量がしっかりあり、ちゃんとしならせられるクラブを使っている場合
そのクラブから 学ぶことが少なくなってきた時が「買い替え」のタイミング
体力が無くなってきたり クラブ扱いが良くなり しなりやヘッド重量が
足らなくなってきた時が そのタイミング です

僕も年齢を重ね だいぶ記憶力が鈍ってきましたが
 それでも 殆ど全員のクラブ状況・クラブ展開を覚えています。
  それぞれの人のクラブ買い替えのタイミングもつかんでいます。
   あ、この人 そろそろ替えると「ジャンプ」出来るのになぁ…と
    いつも 心の中で思っています。
     たまに口に出すこともありますが(ほんの稀に)
      やはりこちらは「お金を頂く側」
       商売だから 買って と言う意味で受け止められるのは
        非常に心外なので 「どうして?」と聞かれれば
         すぐさま 前言撤回します。
                   お互い嫌な思いをするので
                    出来るだけ言わないようにしています




クラブが替わるのは「クラブ扱い」の進化を指します。
だから 現在 日本全国で 例のクラブが仕上がってくるのを心待ちにしている
多くの方がいらっしゃるのです。  お待たせしてすんません

クラブ扱いがどんどん進化していく方は
 僕のクラブ変更プランの先を行ったりします
  僕の作るクラブには明確にメッセージが込められていますから
   それをかなり鋭敏に感じ取っているのだと思います
    年がら年中変える必要はありませんが
     時として 未来に投資する必要もあると思います
        …売ってる側の立場でこんなこと言ってすいません

そのタイミングを失ってしまった人は
かなり無駄な時間をさまよいます
その無駄な時間の間に覚えてしまう色々な技巧
あとから それを捨てるのに どの位苦労と時間を要するか…

面白いモノで そのタイミングを失う人は 何度も失いますし
 失わない人は どの場合でもタイミングを失いません。
  ちょっと その感覚に気付いていない人がいると
   「今だよ!」って教えてあげたくなるのですが、ね。


 確かにお金の掛かることなので 買う側の都合もありますから…
     好き勝手に言いましたが でも 正直に僕はそう感じています。


  と・も・か・く

 上手にクラブと付き合っていくこと は 上手にクラブ扱いをする のと
      同意語なのではないでしょうか


   また どのクラブを使うか 買うか 選ぶのか 作るのか は
         非常に重要なゴルフの技術だと思います。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  お客様からのレポートです




本日いい感じのヤッコイドライバーと魔法のパター届きました。


  少佐、これ、ヤバすぎ!!ですよ。


ステップ1で昨日学習し、本日衝撃の映像で確認し、

早速Newドライバーと手元に残る857の5ウッドを持って

練習場に直行。

なんですか、これは!!音が違う、弾道が違う

自分で意識するのは最初だけ、あとは自分が何やっているのかすら

わからない、クランチが中途半端だと駄目駄目くんになるものの

          ホント、オートマだよ。

視線もボールを意識せず、うっすらと前方見ているだけ

動きに先行して、まるでフィギュアスケートのターンのように

動きに先行させてあげれば良いだけ。

        こりゃ、参りました。

意識は先に、視線も先に、ターゲットゴルフに転換です。

4年半前に作ってもらった857ドライバー君ごめんなさい。

あなたの本当の実力を一度も見てあげてなかったんだね。

反省です。君の帰りを待っているからね。



家に帰ってからはパター、先ほどまでずっと打ってました。

  面白すぎますね。やめられません。



少佐!

お願いです。来週末にでもコースに出たくなってしまいました。

殺す気かと怒られるだろうけど、早くアイアンも欲しいです。

来週出たい、やりたい、試したい、そんな気持ちになってしまっております。

来週やるって返事したんだけど・・・。どんな按配でしょうか???

でも、皆さん同じ気持ちなんだよな。自分勝手を言っちゃいけない、

少佐は一人しかいないんだしね、と分かっていながらも

いい歳こいて恥ずかしながら童心に完全に戻っております。


よろしくお願いします






          こんなコメント貰ったら 間に合わせます
            今日「も」徹夜かよ…



        埼玉のSさま 長野のSさま 赤フンさま Z-Tさま
  岡山の哲学者さま  KAZさま  山口のMさま  Iさま  
  レフティーのIさまご夫婦  山梨のWさま  長崎の支部長さま
    その他 沢山のお待ちの皆様 今年も夏休みを返上して
      頑張りますので もうちょっと もうちょっと もうちょっと
         もうちょっと  もうちょっと 待っててください。


     ホ・ン・ト す・ま・ん・こ・っ・て・す
    

      皆さん ごめんなさい  待っててください

        スペシャルを付けて お届けしま〜す

          
         続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 ブログを書いて依頼 レッスンの仕事が激増している。
          (本当に ありがとうございます)

その中で 驚いている事が一つあるのです
            …ちょっと話が下品になりますので ご了承ください。
             小さなお子様には読ませないよう ご配慮を。


スウィングは 足の動きを使って
お尻 と言うか 骨盤 の向きを変える
非常に重要な動作があります。

    右回りの動き 直立足を右から左に入れ替える

この動きを覚えれば 良いのですが なかなか上手くいきません
そこで 男性に  「ア・ソ・コ」   …仮に秀二と呼びましょう
後ろにいて テークアウェイしていく時に
    「秀二をこちらに向けて! こちらに見せて」
と掛け声を掛けると 突然出来るようになるのです。

   ハミングバードの店舗のような 穴倉の中で
   男二人が この掛け声をかけているところは    
   ご近所さんには知られたくないなぁ〜…



何度も何度も お尻を!  骨盤を! と言っても出来なかった動きが

  秀二をこちらに向けての一言で 突然出来るようになるのです。

     男の人って あそこの意識 強いんだなぁ  って変な認識をしました

ともかく これは真面目な話です
上手く お尻/骨盤が向きを変えられない人は 是非トライしてみてください。


ただし 練習場でブツブツ 口に出してやらないように


        果たして 女の人には何と言ったらいいんだろう…   (赤面)

          続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 この5年のドライバーの変遷を見ていると
各メーカー 揃ってどこへ行こうとしているのか 分からなくなっています。

反発係数のルール対応から始まり 今は体積やモーメントまで規制されています。
そのせいで クラブの進化の道筋が途絶え もがいている状況にあります。

「大量に売れる」を開発コンセプトにあげるのには
正しくヘッド重量を使えない人達をターゲットにする訳で
有る意味 下手くそ養成器 を作らなければなりません。
ヘッドの重量を正しく使える事を 教えるクラブでなければ
距離に対し欲求の止まらない ゴルファーを満足させるのは
ヘッドを軽くした一度きりになってしまいます。

昨今では またも46インチのドライバーへの道が見えてきましたが
46インチを作るには 45インチ用のドライバーヘッドに比べ
10g前後 ヘッドを軽くしなければ 単に振り難さを助長するだけに…
ヘッド重量をあまり軽減せず 長尺にすれば 飛ぶ要素は高まるのですが
軽いヘッド 「振り易い」と言う事を優先して教育してきた一般ゴルファーは
使えないし 振れないから 結・局・飛・ば・な・い


ゴルフメーカーやシャフトメーカーは面白いもんで
90%以上を占める一般 月一ゴルファーの声に左右されるよりも
全体の消費税程度しかいない 俗に言うアスリート・競技ゴルファーの声
非常に気にする。  大量販売したいのに ごく少数のレアな意見に左右される
これでは 何だか誰の為にクラブと作るのか 意図が見えない。

どのメーカーもヒットモデルが出て モデルチェンジを繰り返すと
 普通モデル → アスリートモデル → プロモデル に変化していく

一般ゴルファーの味方だった Sヤード  プロギア  マックテック など
 アスリートモデルに変化して 忘れ去られつつある…
  ツアーステージシリーズの消え入るような状態から学ばないのだろうか…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 またもや お客様のレポート で〜す

グリップとアドレスについての問題
1.グリップについて
フェイスの向きと重心位置と両手(腕)で重さを感じている場所・部分の関係

・現在のグリップは、両手で包むように、なるべく指で握るようにしている。
・重量を感じているのは、両手の人差し指・中指なので、その部分とヘッドの重心位置でバランスを取っている。
・この状態だとフェイスが飛球線方向より左を向いてしまう。気持ちが悪い。
・ボールは左に曲がるボールになる出球が右に出れば○左に出れば×曲がり幅は同じ程度なので、方向以外は○。
・ボールの位置(現在は左足親指先端)を変えず肩の向きのみを右に向ける。
・出球は、右に出るがボールは右にすっぽ抜け&引っ掛けになる。
・気持ちが悪くともフェイスの向きは無視した方が結果は出ている感じです。

2.アドレスについて
骨盤(お尻)を右回転させやすい位置、回転させられる限界の位置の発見。

・左股関節で球を見て!左足首と右足股関節が同調して始動始められれば○。
・不安があったり、欲が出たり、そんなときは大体右股関節が球を見てしまって、股関節が回るのを足首が引っ張ってしまう。
・クラブを含めた重心全てが、両足首でコントロールでき、左足首と右足股関節が同調して始動できる位置が○

総合
・この2つがきちっと決まったときは、とても気持ちよくスウィングができる感じです。出来ないときは最悪です。
・もちろんその他にも注意すべき点は沢山あるのですが、クラブにゆだねてます。
・注意すべき点は、立体的に両足首でクラブ・体の重心を、支えていられる位置に置くことです。
・アップダウンの激しいコースなどでは、傾斜によって重心のバランスが変わるので、難しいです。激しく動かないのが○。

追記
*スイング時のグリップの変化
アドレス時にしていたグリップ特に左親指がアドレス時には、右手の薬指の延長線上付近に爪が当たっているのに
フィニッシュ時には右手親指の裏に左手親指が来ているときが有ります。トップの位置で変わっているのかもしれません。
そんな時はあまり良いイメージがありません。 練習場で一度そうなるとなかなか直りません。親指が痛いです。
やりたくてやっているわけでは無く、グリップが緩んでも無く逆に親指付け根が痛くなるほど握っています。
必然的にそうさせられている気がします。時間があるときは、しばらく素振りをしてから練習再開ですが、時間が無いときは、
すぐに練習を止めてしまいます。このまま打ち続けると、どんどん力が入り最後には気持ち悪くなってしまいます。
たったそれだけの事なのに、そうならない時と比べると天と地獄です。疲労度も3倍4倍です。
まだ何が原因でそうなるかは突き止めていませんが、解っている事は腕OR手首をロールしているということです。
自分にはそんな意識が無いので、なにか他の要因でそうさせられているのでは?と最近は思っています。
でもその他の要因が分りません。体と頭と両方で解明・理解できるようになることがキーポイントです。
もちろん連鎖なので、どこに悪癖が潜んでいるか?それはなぜ?・・・・結果 欲出しすぎ!
といったように体の動かしかたら自己抑制まで探求していると、ゴルフはより一層楽しいスポーツになりますね。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

☆衝撃の映像 解説☆

  送った映像 ちゃんと見れてます?
   不調が有ったら 教えて下さい
    代わりを送りますから…


 *この映像を見て ショックを受けた人
  多分 その人は この打撃方法が出来るようになる

 あぁ なんだ 軽く振っているだけ
 アプローチの練習かぁ と思っている人にはかなり厳しい


藤さん(仮名)は今もこの打撃方法で打っています
……多分 生涯 この「何もしない打法」辞められないでしょう
 この次の日の練習はバンカーにボールを置き
  この打撃方法で 7番150ヤード〜160ヤード
   打っている  藤さんの常用する練習場は 多分
    日本でも有名な某コースに付帯している施設。
     今も進化を続け ハーフトップでドロー系の弾道
      なめてる打法でドライバーは255ヤード(実測)
       スコアライン下から2本〜3本でしか打たない
        という すでにアマチュアのレベルを超越!


この映像は40分のビデオの最後の方である

突然 お休みの日に訪れた彼を捕まえ
 初めて この打撃方法を説明した訳で
  この日が 藤さんにとっても「初体験」だったのである。


悶絶クラブ 強烈版をまずは持って貰う
渡す時に 片手で持たないように 説明する
 重いから 片手で受け取ると 腕痛めます… と

刷毛塗りドリル から始める
 かれは元々は超スライサー 日本のカッターの代表のような人
  それが面白いように捕まる
   刷毛塗り打法は 「絶対にこすることが出来ない」

まずは 短い距離を打って貰う
 体は左右の足の踏み変えだけで
  ともかく 肘・手首を使って
   出来うる限り ヘッドを動かさないよう
    手を10動かしたら ヘッドは3〜4動かす
     ヘッド操作をしないよう 指示

特に 人は切り返しの時に 手を止め
 その反動を利用して ヘッドを折り返そうとする
  
この動きをした時点で ヘッドのすべての機能
           シャフトのすべての機能は

     死・ん・で・し・ま・う

でも やりたい  この葛藤に耐えて欲しい
 やらないと飛ばない 打てない 当らない
でも やれば クラブの殆どの機能を失う
 欲望を理念で抑えて欲しい ここが乗り越えられれば
これが乗り越えられれば 峠は越える
 難しいかもしれない…   でもクラブの本当に機能を
垣間見てみたいならここは理念で欲望を抑えてくれ

次に 体の回る形を一度 チェック
体は背骨・左右の股関節が同じ位置にない
ずれていると言う事を再確認しなければならない

また人間の感覚のリーダーである 視覚情報
これを司どっている目の位置は背骨よりも25?も
前にあり それも軸の真上にない事を確認して欲しい

正しく体の向きを変えれば 視線 視界 は動くんだと

逆に 視界 をうまく使えば 無意識で 向きの変更
 それに伴う 体重移動も可能なんだと。

そして 両肘のクランチ運動

クラブは「聖徳太子」のポーズが基本姿勢
体の向きの変更とともに交互に両肘鉄を加える
        右を向くのは 右背後に肘鉄を入れるため
        左を向くのは 左背後に肘鉄を入れるため

視線で体の姿勢を維持し

クラブは 下ろさない     下げない
ボールは 打たない

ただくるりと向きを変えるだけ

 すこし 打った先の左肘の誘導路を説明し

    そして この映像に至った  のだ続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 クラブ扱いの最終形・そして新悶絶クラブに出会ってから
シャフトの柔らかさの真意の意味は実は別にあるような気がしてきました。

また 今の時点では 単なる「推察」で確証はないんですが
 多くのお客様が悶絶クラブを使う新しいスウィングに興味を持っています

何人か 会得した もしくは会得し始めている人のクラブ扱いをみると
 スウィングテンポが非常に似ている事に気が付きます。
  皆様に「映像」を届けるために かなりの回数見直しているのですが
   手元にある参考映像8人のスウィングテンポ・リズムが非常に似ています。

習得する際に使われる 「第3コーナー」 と言う言葉があるのですが
 その前後で一気に加速するテンポがすごく似ているのです。
  はじめのうちは誰もが非常にゆる〜い・遅いテンポで始まるのですが
   ボールを打つ所からフィニッシュまで 本当に一気
    あの動きのスピードは ある意味 人間の領域では ないのでしょう。


 あくまでも クラブを正しく扱うという条件で
たしかに柔らかなシャフトは ☆スウィング中にヘッドを感じさせたり
☆トゥダウン効果がしっかりしているので
 ボールに打ち手が近づく必要性がなかったり
☆重心位置とグリップ(遠心力延長線上)が一直線でつながるので
 エネルギー伝達効果が非常に高かったり
☆シャフトの柔らかさが ヘッドのモーメントや重心位置効果を引き出すので
 ミスが軽減でき 寛容性が高くなる
☆自然な遅れを作りやすので インパクトロフトを立てやすい

そういったことは あらかじめわかっているのですが
 シャフトの柔らかさがつくる   本当の意味でのタメ
  一気に爆発 するような破壊力が
    ロフトを立てやすい動きとともに 距離を生むような
      そんな気がします。

コース・ラウンドでのテスト結果は まだ日が浅いのであがってきていません。
 いまのところ 練習場で 少なくとも8人中4人の人が
  大変「飛ぶ」 しかも労力・運動は半分位 と聞かされました。


独逸の住人さん TETSUCOLAさん ヘッド重量で体を回す
 すこし 考えてみたら如何でしょう?  飛ぶ可能性が上がる と思いますが続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ブログやHPをよく読んでいる方には
  重複する内容が多くなることは御了承頂きたい

クラブの機能は どの項目をとっても
ボールの飛距離や弾道の安定に対し
非常に間接的というか 複雑に色々絡む

使い手がどう考えていて どう使うかによっても
 違いがある。
シャフトを横に払って使おうとしている人にとって
しなりの増大は一概に飛距離を生むとは限らない
ロフトを増やす 大スライスや引っ掛けの元になってしまうかもしれない
深く考えないと 理解できないところである。
それが  面倒くさい! 一言で言ってよ。 と言われても
                 難しいことを了解して頂きたい


まず シャフトの使い方を多くの方が勘違いしている。
テニスのラケットや野球のバットのそうでけれど
長いモノ はたから見ると
 エンド部分を支点に先端を振っている 様に 見える
ゴルフで言うところの 横ビンタ のような使い方である。

この使い方はゴルフクラブの構造上も 肉体的にも大きな過ちである
硬いシャフトだから その動きが少なく    故に飛ばないけど曲がらない
 柔らかいシャフトだから その動きが多く   故に飛ぶが曲がる

    双方 明らかなる間違いである

この双方を「マシーン」に打たせれば 分かるが
長さ・ヘッドの重量・硬さとは別の剛性が 等しい条件であれば
どちらの「飛距離」「破壊力」「飛びの安定性」もほぼ同じ

  硬いから飛ばない訳でも 柔らかいから曲がる訳でもない

エンド部分を止め インパクトで先端に追い越させる動きは
先端を最高速にした上で 対象物を打撃するタイミングに
体の一部分を止めることになる
最高の運動量を取ろうとしているところで 止めるのだ!
とめた部分にその衝撃が掛かり易い
 部分で言えば 手首や肘 という割に小さな部分である

人間が両手でクラブをグリップし 先端部分を先に行かせる動きは
必ず 両手の回内 回外 の動きが入る…簡単に言えばローリングである。
それを避けて ヘッドを先に生かすことは手を離さないと不可能である
そのローリングを使い 最高速度更新中に
 適切なロフト 適切な面の向き(含むライ角度) 適切なヘッドの高さ 打点
       これを理想的にはすべて揃えなければならない

ドライバーショットで言えば
         時速140キロ前後で動かしている先端のヘッド
         4センチ強のボールを500円玉位のエリアで
         狙った方向に
         狙った角度で

ヘッドローテーションの量やスピードもコントロールしないと
  高いスライスや低い引っかけも待っている
     やり過ぎも×   やらな過ぎも×


そして最大のデメリットはクラブヘッドの機能をまっくた使えない事だ
 前述の通り 表示ロフトはある意味 無意味
  その時々で 6度になったり 15度なったりしてしまう
   長い棒の先に重さが付いている 50gのシャフト 50gのグリップ
    200gのヘッド であれば 総重量の2/3が先端にあるのだ

それを手先の動きで加速させるなんて…
無い方がやり易いです  という事から ヘッド重量 という
ゴルフクラブ最大の機能 も使わない事になります。
また ゴルフクラブは偏芯・偏重する構造です。
握り手の延長線上に打点がありません。
重心位置という「ズレ」が存在します。
ローリングする動きは その「重心距離」・「重量点のズレ」という
もう一つの機能も無視することになってしまいます

それにより どの位 握っている棒をボールから離して通すか
 重心距離をいつも把握、クラブに応じて考えていなければなりません。


という事から判断すると
クラブ(シャフト)を横に使う、横ビンタのように打つ、ローリングして使う
ゴルファーにとっては シャフトはしならなければしならないほど
先端部分の運動量は減りますから 安定性する と考えるのではないでしょうか
だから 「タイミング」があった時は 「飛ぶ」と考えるのではないでしょうか
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
実際にグリップの握り箇所を変え、クラブを短く持つことにより様々な難局を乗り切ってきた…と、思っていた私にとっては衝撃ね解説であります。

つまり、アレは方向性をより正確にコントロールのに成功していただけであって、距離にはほとんど影響してないと言うことでしょうか?

現実に?番アイアンと?番アイアンの長さは違う訳で…。?番のヘッドで?番の長さのシャフトでも飛距離は本来の?番アイアンとあまり変わらない?って話でしょうか?


 という質問がありましたので お答えします。

ドライバーの長さについては 別の章でお答えしているの思います。
アイアンの場合 一番長いものから短いものまで 約4インチ(10センチ強)
の差があります。


回答から先に言うと ○でも×でもありません。


すこし複雑な回答になりますが
長さが直接 距離を作ると言うよりも
長さがロフトを補助し、その結果 距離が稼げると言った方が正解でしょう。
9番アイアンと同じ長さ・同じヘッド重量の4番アイアンを作ると
クラブの運動半径が小さいため 重心位置によるロフト増加効果が薄くなります。
本来の長さの4番アイアンと同じだけの「破壊力」は作るのですが
格段に弾道が低くなります。スピンも少なくなります。
打ち出しの角度が低くなります。
地面の転がり抵抗の方が 明らかに空気抵抗より多いので
総飛距離(ボールの止まるところ)は少なくなってしまいます。
クラブの長さは その作り出すヘッドスピードの増加と
クラブの運動半径が大きく 入射角度が緩くなり 重心位置の偏芯により
ヘッドが前に出る効果が高くなり 打ちだしも取れ スピンも増えます。

直接的な ヘッドスピードの増加 というよりも
ロフトによる失速を抑える効果が高いと言う事が直接的要素です。

結局は 距離は ロフトで作る と把握しておくべきでしょう
その補助として「長さ」があると把握した方が良いと思います。


では 逆に9番アイアンンを4番の長さで作るとどうなるでしょう
4番アイアン並に飛ぶのでしょうか?

答えは NO です

おそらく 理由はもう分かっていると思うのですが
単に高く上がるばかりで 道のりは増えますが 距離自体はさほど変わりません。



ですから それぞれのクラブを距離調整の為に
少し短く持つ ことそのものは 殆ど効果がない… と思った方が良いと思います。

短く持つ → 飛ばさない → 気合いれない → 気楽に振る
こう言った意味合いで 短く持つと上手くいくのではないでしょうか… 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ