◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年07月

5
 お待たせしております



本日  悶 絶 2 0 号  出荷予定

  明日 悶絶21号 出荷予定



またもや お届け先は 発送 をもって代えさせて 頂きます

                 待っててくださいね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 お肉のことじゃないよ

ミートすること
    ジャストミート
         芯を喰う

これを勘違いしている人 かなり多いと思います

はじめに言っておきますが これらの言葉は

  クラブの真ん中(重心位置)等 どこかの場所に当たることでは ありません

 ドライバーで言えば フェース面の真ん中に当たること
決して 間違いとは言い切れませんが それが正しいことでもありません。

すこし物理学的な説明になるので 難しいかもしれませんが
運動エネルギー ヘッドを動かし その力を効率よくボールに加える
この動きをする場合 一番重要になるのは
  ベ ク ト ル  指向性 です。

ヘッドが厳密には重心位置が どのような指向性で入ってきたか
 ボールが理想的に飛ぶであろう その方向に対し
  ヘッドがその角度から入ってきたのか
   理想的には ボールの飛ぶであろう方向 とヘッドの入ってきた方向が
    出来るだけ似た 出来るだけ揃った状態になることが 理想 あくまでも 理想です

単純に 釘打ち で考えましょう
 左手(利き手でない)方の指で押さえた 釘
  この釘を正確に 少ない労力や回数で 打ち込むには
   金づちの打面のどこにあたるか という事よりも
    釘の刺さっている 刺すべき 方向と
     金づちの頭の動かした方向が揃っていることが一番重要です。


そういう事から考えると インパクト付近で ヘッドをターンさせる方向は
ヘッドの入ってくる方向に 円運動 の指向性が入っていますから
ボールにも 円運動のエネルギーが作用します
ヘッドターンの強い人が左右、上下のスピンが多いのはそのせいです。
ヘッドその物の移動スピードやヘッドの回転速度を上げたとしても
その上げた分は 距離に変換されず ボールの高さやスピンに化けてしまいます

また ボールの外周 13.5センチ
 ボールその物を 地面と水平方向に移動させるよりも
  ボールを空中で一周回転させるエネルギーの方がロスは大きくなります

 空を飛ぶボール それを角度のある物で 打つ場合
ボールには進行方向と逆のバックスピンを生み出します
バックスピンはある意味 ボールの空気抵抗を増やし 浮力を生み出しますが
ボールのスピードの兼ね合いの中 ある数量を超えると 上に向かって進路をとります

走り幅跳びを 走り高跳びを単純に比較すると (飛ぶ方法は全く異なりますが)
同量を飛ぶのは 不可能、  3倍以上の力を要します 多分もっと でしょう。

かなり 強引な論理ではありますが 回転運動のエネルギーを増やし
インパクトロフトを増やす可能性の高いヘッドターンの方法は
物理学的には 距離を増やす可能性よりも 労力だけ増やし 距離を落とす可能性の方が
圧倒的に高くなるのです。


出来るだけ ヘッドの作ってきた 位置エネルギーや 運動エネルギーを
目標方向に対する水平な移動 「距離」に変えるのには
以下に その目標方向に対し 同じ「ような」ベクトルでヘッドが入ってきたかによります


ボール・ヘッド双方のベクトルが近似値である を
 前提条件の上に 重心位置(フェース面上)で当たるのが理想で
あくまでも 付帯条件にしか すぎないという事です。

ヘッドスピードは 一般平均値でも 時速140キロ になります
これの点と点を合わせるよりも 目標方向にヘッドを動かす方が
色々な意味で簡単だと思うのですが…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 子供が夏休みに入った
僕は「殺人的なスケジュール」の為
 同じ屋根の下にいても 何日か顔を見ることもない
   テレビの存在すら 今の僕には全く関係ない

 久しぶりに 本屋に行った

仕事も兼ね ゴルフ雑誌も見てみる

 相変わらず ◎誌は スウィングレッスンと新しいクラブのこと だけ
  本質的には ゴルファーはこの2点にしか興味がないんだろう…
   分かる気がする

クラブのデータ等は 仕事に関係するから 一応全部記憶する
 
 スウィングの事は ひと通り 見てみよう

◎誌の●●部の人もこのブログを見ているから
 あんまり色々な事は書けないけれど
  読んでいる方の人が勝手に解釈してしまう部分は多い

通常 ◎誌●●部の人は オフシーズンでなければ
 トーナメントの開催の火曜日か 水曜日に会場に行く
  そこで 何人かのプロの 今月 今週のテーマについて説明し
   それについて アドバイス や 写真を取らせて貰う

そんな中で 現在人気のあるプロ
 昔で言えば シャンボ選手 
  今で言えば 遼選手や外国のプロ 特にタイガー選手 などは
   そんな レッスンページにはなかなか使えない

     勿論 タダじゃないし 飛びこみで答えてくれるほど暇もない

外国にいる タイガーなんかは 写真が使える

自分たちの言葉を 彼らの写真に合わせて使っている事が多い


  彼等がそう言っているとは限らない


でも ◎誌社だって商売だから 人気のある人の写真を多く使った方が
 発行部数も上がるし 格も上がる
  昔のD誌とか P誌 なんかは 字 中心の
   ◎誌だったけれど あの悪名高い○○○が出てきてからは
    一気に ゴルフ◎誌が変わってしまった
     ともかく 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真 写真……

選手の方も 写真が出るのは 決して 嬉しく無い筈もなく
 写真だけ使われる人もいれば レッスンも頻繁にする人も登場する
  元来 研修生上がりのプロ    今では少ないけれど
   その人たちは 理屈よりも 実践 テスト 実践 によって
    ボールを打つ事を培ってきた訳で
     スウィングの美しさやボールストライクの技術よりも
      プロとして食える スコアメイクの一環として
       ボールを打ってきた だけ

しかも 当時は高性能のカメラやビデオなんて 少なくて
 研修生の時に 持っていない人も多かったから
  連続写真 高速写真 なんて 見たことも少ない
   ◎誌社が撮ってくれる写真は よい教材にもなった

写真を見ながら 記憶をたどりながら はたと自分のスウィングを
 ロジックにしてみる…   元来 あまり得意ではない分野の筈
  言葉にしてみて その迷路にはまってしまったプロは数知れない

   その頃は 上げて下ろす とか 構えて打つ とか そんな状態だったのが
  え〜と テークバックはこう ダウンの始動は…  悩んじゃうよね続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

例えばアドレスから動き始めるとき。つい手を捻ったり折り曲げたりしてクラブと体を一緒に動かすのを忘れてしまう。

例えば切り返しのとき。つい動きを速めてしまい、クラブの姿勢を保ちつつ動かすのを忘れてしまう。えいやと動かしてしまえば、姿勢や重さなどどこへやら。


今日もひたすらクラブと戯れていました。なかなかクラブと体が合いませんが、他の人の「スウィング」を見ていると何となく何故合わないかわかるようなわからないような。

昔々のお話でもう覚えていませんが、かったいかるーいクラブでは捕まらないし飛ばないので、何とか捕まえて飛ばす方法を見つけたのではないかと思うのです。それがクラブを遅らせることだったのではないかと。

そのときその瞬間はそれで上手くいき、一生懸命練習してその動きを覚えます。できるようになっているころには何故その動きをするのかはすっからかんに忘れて、その動きをすれば上手く打てる、という手段のみが残ってしまったのではないかと。

そしてやっこいおもーいクラブを使うと、遅らせている以上に遅れてしまうはずです。無意識にでも少し遅らせようとするだけで、思っている以上に遅らされてしまう・・・。自分で遅らせている自覚が無いので、止めようにも止められない・・・。正面を向いたときにはかなり右にクラブがあるので、どうしても当たらない・・・。

一方で、めいっぱい捻ったり、トップで力をこめたり、「ギリギリ・・・」という擬音が聞こえてきそうなくらい、一生懸命遅らせている人たちが多くいるわけで、笑うに笑えないのです。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 これも HPを重複してしまう部分ではあるが
ゴルフクラブにある 「ライ角度」これは何を意味するのか…

巷では フェースが右を向いている事
単純に地面にヘッドを置いて それが右に向いている事が
スライスやミスショットの原因ととらえているゴルファーの多いこと…
それは間違いです

多少 正しくないクラブ扱いまで容認すると
フェースが右を向いていることよりも
(ある意味 同じような事を指すんだけど…)
  ライ角度が無くなってしまう事の方が「大きな問題」を作ります

ライ角度が無くなる 簡単に説明すると ゴルフクラブのフェースにはスコアラインがあります
このスコアラインが地面と平行の状態がゼロの状態
この状態でもあまり良いことはないのに
 トゥ側がそれよりも下がった 打つ方から見た左下がりの状態を
  ライ角度が無くなった状態を言います。

実は単純なフェース面の向きよりも
 この少し立体的なフェースの向きの方が
  ボールの飛び出る方向や回転などを左右してしまうモノです。

フェースを回転させる
 そんな打ち方を 今スグには改善できない場合
  インパクト付近のライ角度に気を付けるべきです


シャフトの運動による「トゥダウン」のその要素の一つではありますが
ゴルフクラブには 静止状態で 必ず「ライ角度」が付いています。
最近では この角度は年々増え
 ジャンボがに君臨していたころは55〜57度位のライ角度が
  平均的なドライバーの角度でしたが
   この2、3年では 60度は当たり前 64度のドライバーもあります
    いくら重心距離が増え シャフトの硬度が下がったと言っても
     ジャンボのドライバーから 実質上10度も左を向いたクラブを
      使っているのです

いくら トゥダウン作用が働いても 重心とシャフトが一列になるところが
限界点ですから トゥダウン作用によるライ角が消えてしまう事を
心配するには及びません


それよりも ライ角度を消してしまう大きな要因に
 アドレス時のボールと自分との間合いがあります
  ドライバーはシャフトが長く ボールを遠くに置きますから
   上手く狙った方に打てるのか 飛ぶのか 心配と期待は大きいモノ…
    出来るだけ近くに置きたいのは 同じ人間としては理解できますが
     うまく 確実に 遠くへ 飛ばしたい
      のなら 近くに置くことは お薦め出来ません

コースでは必ず練習場よりも いろいろな要素から
ボールとの間合いは近づきますから 許される範囲 出来る範囲
練習では ボールを離しておくことをお薦めします。


ヘッドを回転させる意識が強くない人にとって
ライ角度を消す一番の要因は アドレス時に作られた前傾姿勢を
ダウンスウィング時やインパクト時にほどいてしまう事なのですが

技術的には これを意識することは大変難しいと思います
週に数回 月に2000球も球が打てるような恵まれた人は良いかと思いますが
ゴルファーの平均値は練習の週に一回以下です。
 月に打てる練習球も 500球、 多い人でも1000球程度
  自分がもし普通のアマチュアゴルファーであれば
   週に一回行く練習は ストレス解消 運動不足解消 そして球慣れ 程度

勿論 技術を磨きたい とは思いますが
 正直 現実的では無いし 自分の現実を踏まえれば
  今の景気の状態であれば ゴルフが出来 練習に来れるだけ幸せ
   と判断するかと思います
    新しいクラブも買えそうにないし
     あぁ 次のゴルフは 9月か…  て感じがごくごく普通だと思います


そんな中 ゴルフで最も難しい ダウンスウィングの
 しかも不器用な体そのもの 大きいモノの動きを調整する
☆ボールに当てる
☆しかも 上手く当てる
☆遠くに飛ばしてぇ〜

と直接関係にないような 位置的にもボールに離れたところの動きを
 意識するのは 大変難しいと思います

 
  あえて 意識をするのならば 左手とクラブで作る
   薄い角度の差  「ディッシュアングル」を維持することでしょうか…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ちょっと一休みしたいので HPから持ってきました
  すんません!    異議・反論 お待ちしております



 そして現在ご自分のお子さんにゴルフをやらせている方が
これを読まれてお怒りに成られるかも知れません。ごめんなさい…
 あくまでも私個人の経験と意見ですので該当されない方も
いらっしゃるとは思いますが書かずにいられない状況なので
 ご了承下さい。


 お気づきだと思いますが 私は学生時代ゴルフではない本格的なスポーツ活動
俗に言う部活を行ってきた体育会系思考です。
 その私が多少の偏見を持っているとは言え
自分の息子や娘に高校を卒業するまで遊び以外で
ゴルフをさせるつもりは毛頭ありません。 

勿論私個人の財政事情もそうさせてはいますが 
もし本格的にソフトボールやバスケットなどのスポーツで
一流になりたいといったら私財を投げ打って協力するつもりはあります。

 でも 絶対に 今の日本で ゴルフだけは駄目です。

ゆくゆくは プロのスポーツ選手として 育てる と言う意味では
  ジュニアの時点で ゴルフを選択する と言うことは
 運動資質 運動性能が低い と可能性が高い と言えるでしょう

また 競技ゴルフでなく行わせている場合 勉学に差支えない
 運動量が少ないので へとへとになって 勉強に妨げにならない
  というのもあるでしょう。

親として 子供にスポーツをさせる意義は 体を鍛え 人の心を知り 
自分をコントロールすることを覚えることで 
勝つことやプロになることは本人が望むかどうかは別として
 親の望むべきことではありません。 

その中で体の鍛錬 運動資質の向上は非常に大きな課題です。
 ゴルフではなく他のスポーツをやることの方が
  圧倒的にその性能を磨くことが出来ると思うのですが…


 次にそれを取り巻く親が作る環境がより劣悪にしているといっても良いでしょう。

親はあくまでもその子の正規なファンであって
負けても弱くても見守ってあげるのが務めで 
勝ち負けや成績に口を出すのは本来の目的とは異なります。

 自分の子供がモラルやルールを守らず 
コーチや監督から殴られるのは心苦しい反面、有り難くも有ります。
仲間の中でバランスをとり 泣いたり喜んだり一喜一憂し 
色々な場面に応じて自分で状況判断をし 
自分で決断する能力を体と共に鍛えていくことの
重要性は40歳を過ぎた自分にはその重要性は一番価値のある財産だと思っています

 それを学べる環境がゴルフ 特に日本のジュニアゴルフには見つかりません。
ろくに挨拶も出来ず 中学生になってもちゃんと受け答えの出来ない
そんなジュニアゴルファーがよくテレビに出てきたりしています。

自分の子供の育成に金を掛けたから取り戻す といっている親もいるほどです。 

色々な価値観の人がいるから世の中はおもしろいのですが
 その人がナンセンス というよりも
それをワイドショーにしてしまう世の中の常識の方が問題でしょう。 

子供のゴルフに毎年200〜400万円も掛けられる それはそれで幸せな事ですが
   それを 当たり前で有り難いとも思わない 子供、
そんな環境が狂っていないと言えるでしょうか。 


某有名プロがたまたまコンディションの悪いコースでスコアが悪く、
頻繁にコースやその整備する人を公に批判しています。
その非紳士的な行為により 
  そのプロは二度とチャリティーイベント等には呼ばれませんでした。

試合終了後のインタビューを聞いていても
 欧米の選手とかなり違う異質なコメントが多く、
  また他のスポーツでは聞かれないようなコメントが日本人のゴルファー、
   特にジュニア出身の選手から多く聞かれます。

 成績の悪いときにいつも自分以外のせいにする傾向も
  非常に強いように感じられますが気のせいでしょうか?

 

ジュニアゴルフの試合を見に行くと最終ホールに親の人垣が出来ます。
終わってきた子供に対し 大半の親が一言目に「スコア」を聞きます。

中にはスコアに対し暴力を目にするケースも少なく有りません。
 故にジュニアゴルファーの殆どがスコアのごまかしを経験しています。 



 道具に関しても然りです。
親は小学生の身長に対し 
自分のクラブを短く切った物を渡すのが平均値だと思います。

体重の少ない 筋力の無い ヘッドスピードも無い小学生に
 大人用の更に使わなくなった 大人が使えなくなった
それを切ってしまったものを渡して
 ゴルフクラブの使い方が覚えられるでしょうか? 
  シャフトがしなることや ヘッドが重い事を覚えられるでしょうか?



 例えばアイアンは半インチ短くするのに約7gが必要です。
子供用に2インチ短くしたとしたら
 約30gも軽いヘッドのクラブを渡すことになるのです。

 読んだ方は多分力が無い子供だから30g軽い方が楽だろうと思うでしょうが
      全くの反対です。

 力が無いからこそ 自分以外の力が必要で
軽い方が振りやすいという発想は目的と手段が反対です。 
 ゴルフクラブを振ることは 
それを使ってボールを打ちゲームをする目的の手段であって 
振ること自体は目的では有りません。


学校で授業を受けるのは 学習方法を学ぶ事や 知識を仕入れる事で
 テストで点数を良くするのはそれを促す為の手段で目的では無い筈です。

撓らない ヘッド重量の無いクラブを使ってきた子供達は
必ずクラブではなく自分を撓らせて使っています。

ジュニア地代に活躍した殆どのプレイヤーは大人になる頃には壊れてしまいますし
数少ないプロプレイヤーになっても活躍年数は限られてしまいます。

プロスポーツ選手として意識も少なく、
アメリカ遠征の際に欧米選手のトレーニングを見て
ビックリする中堅の選手もいます。

悪く言ってしまえば他のスポーツに早期の段階で落ちこぼれてしまい、
当然体格も恵まれておらず、トレーニングにも興味が無い、
社会的な環境においての自分の立場も読めず 
当然正しい道具の使い方も学んでいない 
自分以外に興味を持たず物や人を大切に出来ないから

   最後には自分も大切に出来ない

そう言ったことにより他のプロスポーツよりも本来活躍年数の長い筈なのに
    早期に離脱してしまう 概ねこんな状況です。

本来 ゴルフ競技は 自己の精神コントロールや 状況分析
 自信 決断 等 経験が非常にウエイトを占める筈のスポーツです
  ですから 30歳以上の選手の方が 強くて当然に感じるのですが…
   日本の選手は28歳位を目途に徐々に消えていきます。
    25歳位から 体の痛み 特に腰回りの痛みに悩まされているプロも
     非常に多いような気がします




有名高校では有名選手は学校から
  無名選手は選手の親側から金銭が出ていると聞いています。

中学校の時代から有名選手は大手メーカーからのサポートを受け
 本来のアマチュアではなくなってしまっている事実も表には出てきません。

それらがゴルフ業界全体の未来を支えているとは到底思えず 
  やはり「緩やかな自殺」への道を進んでいるような気がするのです。



もしかするとゴルフだけではないのかもしれません。 
娘の小学校では先生に「ため口」を使う女の子がいます。
先生の事を呼び捨てにする生徒も少なく有りません。
授業参観で四六時中しゃべっている親も多く見かけます。
サッカー教室でコーチが「今日は新しく○○をやってみよう!」というと
 必ず「無理! 出来ねえよ!」が一番初めに出てくる言葉だそうです。

 わざわざ自分の足でやってきているサッカー教室で学びに来ているのに
 やる前から「無理」と言い そんな言動を許す親が数多くいる限り
 日本そのものの「緩やかなる自殺」は悪い意味で終わりが訪れるかも知れません。

 
 いや 私は違う 子供は正しく育っている 
   と反論があれば救われるかもしれません。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 このブログに関連する中によく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

  人間にはアガナエナイ、逆らえない力 一般の事を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。
 そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が
  「仕方がなかった」
というのがあります。


車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます
 どのスピードからは 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。  確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います

自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
            {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。


良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです


☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている   ヘッドターンをしようとしている人の
不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれにアガナウか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 スタンス  実は初歩の初歩にも癖が隠れている

多くのゴルファーを見てきた
 現在ハミングバードには 〇千人の会員がいて
  多くの方がHPやこのブログを見ている
 
その大多数の方が 自分の動きの都合の良さや
 単なる勘違いから 一番初歩の動き スタンスを間違えている

スタンスは ショットをする際に 一番初めにする動き
ショットをする際の 自分の番の合図みたいなモノ
実は この動き まず 上手くいってない

   …動き とは言っても 動き そのモノでは無く
    スタンスそのモノを間違えている という事ですが


まず スタンスは 自分のボールとクラブヘッドで作る 「ターゲットライン」
それに対し 平行である という事
多分 雑誌やレッスンブックでもかなり口酸っぱく 言われている事で
平行とは いつまでも お互いは交わらないという事

 クラブがピンそのモノを狙っている時は
  体のラインはそれと平行に ピンの左の「ある」位置 狙っている という事
   ピンの位置によっては グリーンの外を向いているかも知れない…

まず その基礎知識を持って貰いたい
     エッ 当然知っている?  では先に進もう

大半の人は アドレス & スタンス時
 普通に立っている状態よりも 左足のつま先を開いている
  勿論 左右 同じ分量を開く人もいるだろうが
   多くの人は 左つま先の方が多く開いている

そうする人は 決して つま先同士のラインで平行を作ってはいけない
 そうすると かかとラインは右を向くことになってしまう

   平行なラインは 両足のかかと で作ってほしい
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日 お父さんは家出します
仕事をさぼって いなくなります     探さないでください
家出しますが 馬車がカボチャになる前には戻ります
                 
BY ごんごろさんを真似てみました



すこし 自分の事を書きます

僕が何故 こんな方法を考え付いたか
 僕の経歴は皆さん ご存知でしょうし
  店の経歴も昔の「チョイス」に出ていましたよね
   そこら辺は すこし省きましょう…


同時に 色々なことを考えてしまう
まるで オムニバスのような思考回路があるようです


 だから 自分の作るクラブのセッティングやこの鼓笛隊打法についても
肯定論ばかりでなく 否定論や改善方法も常時 本当に常時考えています。


鼓笛隊を実施する上でのデメリット・メリット
悶絶系のクラブを持っている人の取り組み方
まったく撓らないシャフト&軽いヘッドを持っている人の取り組みから
新「悶絶」系のクラブを持っている人の取り組み方

また 体の動き 体の使い方を中心にスウィングを作ろうとしている人の
考えや取り組み方も決して肯定も否定もせず
単に情報として まずいったん頭の中のミキサーに入れます

学生の頃から 先生や教授が音をあげるほど レポートを書いてきました
 そういう意味では ゴルフクラブやゴルフスウィングが
  僕にとって ものすごく興味深い 奥の深いテーマだったと言えるでしょう



そして 頭の中で攪拌され カオスの状態になった色々な情報を
 ある重要な フィルターに掛けます

   ゴルファーにとって興味があるのか  楽しいのか  やりたいのか

という非常に重要なテーマです。


今回 皆さんにメールや隠れたメッセージで
 いろいろなドリルや映像などの情報を流してきて
  皆さんから上がってくる答えや質問を見ていると
   非常に確信を突いた質問や限りなく正解に近い問い合わせが入ります

    そして 皆さん 例外なく 楽しそう です


僕もつい最近まで 体の使い方 動かし方 を追求していました
 教えてきたこと自体は 間違ってはいません   …が
  実は必要のないこと というよりは
   正直 アマチュアゴルファーにとって あまり楽しめない
    限りなく 修行に近い 出来ればやりたくない けれど
     上手くなる為に 多少我慢しよう というニュアンスが感じられました


便利な世の中ですから
情報が好きな僕としては ゴルフに限らず ありとあらゆる情報を欲します
              ……まるで攻殻機動隊のタチコマのように



完全な「オタク」である僕でさえ スポーツの技術論
 興味はあるけれど 遊びだから 体の使い方の制約ばかりでは
  例え 正しくても 「やりたい!」とは思いません。
   まして 知っている、あったことのある人であれば まだしも
    見たこともない 合う事も出来ない人の技術論には
     自分の命を預けることは遠慮します

「ナマケモノ」打法と それ以外の方法で 一番大きく異なる点は
一般の「スウィング理論」は反対意見を受け付けようとしないことです。
方法論を考えている場合 通常 その反対からもモノを見ようとし
確かめ算や反証もしておくものです。 

僕の…違いました 先人達のメッセージはその反対意見も取り入れられます
その方法論 そのモノは合っているんですから
それを 人間が行うか 人間以外のモノが行うか その違いだけで
それは やりたい やりたくない が伴いますから
どちらも正解であるだけです

色々な参考意見や質問を取り入れ 今日もネズミは走り回っています
いろんな意見があれば 有るほど この「ナマケモノ」打法は
どんどん 確立されていきます

だから どんな意見でも構わないのです
 その意見をミキサーにかけることによって
  結果として 皆さんそれぞれに還元されることになります
   どんどん 質問 コメント メール 下さい
    よほど 恥ずかしい内容  ??? でない限り
     皆さんに分かるよう コメントの方がアリガタイ です


ゴルファーは 正直には 自分が知りたい事は 自己中心的に言えば
 いかに他人よりも楽をして 簡単に 体も酷使せず ゴルフが上手くなり
  それを ある意味 てっとり早く覚え 覚えたらもう捨てても良い

   そんな 「ズルイ」 方法だと思うのです

それを提供することが  完全ではなくとも
 目標として提供することが このスポーツで生計を立てている側の宿命です


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
(下ネタでも投稿でもありません)


 俺 首都圏に住む システムエンジニア  現在 34歳。
仕事は忙しい割には 給料はイマイチかな
ゴルフなんて 爺くさいスポーツって 馬鹿にしてたけど
   やってみると 結構ハマるんだよね


ゴルフ歴6年 彼女もいないし 会社の仲間の誘いで始めたんだ
 学生時代もあんまり運動していなくても 出来そうだったし…

 始めてから一年位して 会社でうまいって言う先輩の話では
「お前のアイアン 軽いからうまくなんねぇんだよ。 アイアンはスチールにしろよ。」
って言われたから 始めた時から使ってた親父のお下がりを辞めて
スチールシャフトっての買ったんだ。 何とかの950って奴。
店員さんには 何とかプロも使ってますよ って 俺プロになるわけじゃないのに…
お客さん 若いし ヘッドスピードもあるから Sシャフトにしろって  そうかなぁ…

  ま いいか、 なんか カッコいい「感じ」がするもんな。

使ってみたんだけど 先輩の言ってた 重いのって 何が重いんだ
 あんまり 変わらないような気がするけど  俺が変なのかなぁ…

 でも このアイアン 痛ぇなぁ  変なとこ当たると ピシって
「しっぺ」されてるみてぇ  飛ばないしなぁ
親父のアイアンの方が もっと飛んだ気がするけど こんなもんなのかなぁ…

あそこのおじさんも あそこのおじさんも おんなじようなの使ってるんだから
こんなもんなんだべぇ   俺へたくそだし…  仕方あんめぇ 練習 練習
   今度 先輩と一緒に練習来て 教えて貰おう


 「もっと ボール中に置いて!  腰をこう パッと回すんだよ」
でも 腰回すと スライスしちゃうし 俺運動苦手だし…
「ほら ここで こうやってヘッド返して 左にパンと振るんだよ 見てみな。」
お やっぱ うめえなぁ   どうやったらあんな飛ぶんだろ?
「スウィングのプレーンてのがあってな それをなぞるように振るんだ」
プレーン って  ヨーグルトの?  それともフルーツの?  
「ダウンのここでな  ここここ シャフトが地面と平行になったた時
     打つ方向にグリップエンドが向くようなとこに降ろすんだ、わかる。」
エッ わかんねぇ   そんな忙しいとき そんなとこ気にしてる暇ないし
「グリップをよ 少し こう フックに握って、  そうそう。」


やっとこ スチールシャフト 当たるようになってきたけど
その代わりに ドライバーのスライスが多くなってきちゃって
仲間は スチール振って慣れてきたから ヘッドスピード上がったんだよ って
使ってたお下がりのドライバー シャフトが「軟らかい」からスライスするんだって。
   そ う な の ?

コンチハ〜
今日は良いドライバー探してんだけど どれが良いすかぁ
「そうですね お客様の場合  弾道も高く スピンも多いですから
  このガンダムの Rシックスナイン  シャフトはツアーエエでぇ なんか
   良いと思いますけど…。  ヘッドスピードも有るし 
    ロフト 9.5度 の S シャフトが良いと思いますけど…」
おし ポイントも溜まってるから 結構 安かったし これにしよ。
    カッコいい ヘッドカバーカッコいいなぁ

なんだか 俺って だんだん  アスリート系 ?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ