◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

2009年06月

5
 最近 いろいろな所から訪れてくれる方がいるので
少し自己紹介をしておきましょう。

お店は 神奈川県横須賀市 にある オーダーメイド「専門」のゴルフショップである
お店は既に15年位(多分17年) やっている老舗?である。

店長は一見「危ない人」に見える変な親父
 店はゴルフショップには決して見えないだろう…
  入口を入ると 目の前は 3メートルの海水水槽
   店内には 真空管アンプのステレオ ハハハハ自慢してる
    聞いてるのは 尾崎亜美 ばっかりだけどね

http://www.ozaki-amii.com/
IMG

専門は たっぷり 重〜いヘッド と 柔らかいクラブ

 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす
  体を痛めず 高齢になっても 飛ばして楽しむ   が基本コンセプト

正しく扱うゴルフクラブ=正しいゴルフスウィング  
 これを探究し 山ごもりの仙人生活

スウィングを作るため、作れるゴルフクラブを目指している
 世の中の潮流とはかけ離れた「外れ者」状態です。  本人は望んでいますが…


ハミングバードのお客様であるかどうかに関わらず
 ゴルフをやる人にとっては (手前味噌ですが) 大変有益なブログ 
  だと思っています。 いろいろな側面のゴルフ用品会・ゴルフ業界を
   知っているため有償のゴルフサイト以上の  
        情報量を持っていると自負しています。

特に ゴルフクラブ扱い 通称スウィング については
 クラブやその歴史、体のことを考えた 
   本当の本物のスウィングを紹介しているつもり です


 軽薄なゴルフサイトや受け売りのスウィング理論が多い中
   ゴルフの本道を探求し  ゴルフ業界全体の為になるサイトであれ
、と。


…ちなみに HPもありますが かなり難解ですので
  まずは こちらのブログでウォーミングアップしてから 訪れてください 
http://www.hummingbird-sports.com/続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 またもやサッカーに関連した話題

 日本には 攻撃的サッカー 守備的なサッカー という言葉がある。
日本のサッカー解説、特に民放系はサルのおしゃべりより酷いので まともなコメンテーターを除き、イマイチ聞き取り辛いけれど 必ず現地語で聞く

 少しは聞き取れるんだけど 外国ではそんな言葉は存在しない
他のスポーツでもそうだけど 攻撃も守備も表裏一体で どちらかだけやるわけにもいかない。 全然攻めなければ 守りがきつくなるし、守ってばかりじゃ試合に勝つことは出来ない。
 シュートを打つことやラストパスを出すことだけが攻撃では無い筈だ。 相手が格上で 体力も技術も体格も上なら 守ることが自分たちなりの攻めにつながっていく。 ゴルフだって スーパーショットばかりじゃない 地味なパットだってあるし
苦しいアプローチだってある 精神的に乗っている時もあれば ダウンしている時も少なくない。 それもひっくるめてゴルフなんだし。

 僕個人は何故日本がパスサッカーにこだわるのか理解できない。
守備的なサッカーが罪悪のような扱われ方をする
アジアの中ではAクラスでも 世界的にはBクラスなんだ。
全員がタイガーウッズになれるわけもなし なりたいわけでもなし


そういう意味では ゴルフと言うゲームは本来日本人向きな筈なんだけど…
 ゴルフにも色んなプレースタイルがあると思う
サッカーのブラジルのような曲芸、個人技スタイルもあるし
 スペインのような技術のパスサッカーもあるし
  イタリアのような肉弾戦もあり、ドイツのようなあきらめの悪さもある。
全員が全員、タイガーのような物量作戦、パワーで押し切る必要はない。
 飛ばないニックファルドやオラサバルやカイトがランキング一位になれるスポーツなんだ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 関西方面のお客様よりお手紙を頂きました
    ご本人了解の上、掲載致します。

目標。
ゴルフをすることには目標とか、目的とか、やる人によっていろいろあると思う。
今日の18ホールもそうだけど、ゴルフをすることそのものにかかわる目標が僕にはあるんだ。僕の年齢は、1948年生まれ、61歳

70歳になった時、自分よりずっと若い人とプレーをする機会があるとしよう。
 僕の目標は、一緒にプレーした若者が、18ホール僕とプレーして今日は有意義な一日だった、また一緒にプレーしたい、と思ってもらうことなのだ。
マナーがいいとか、しっかり歩けるとか、気遣いができるとか、いろいろあるけど、ゴルフで自分をを表現したい、同伴者に新鮮な驚きを提供したい。それを僕は、<振らないで飛ばす>ことで実現しようと決めたのだ。加齢による体力の低下を、道具の力と理にかなったクラブさばきで、動きの力感と実際の飛距離のギャップを実現する、ひょいと動いて、ボールの所へ行ってみるとあの振りでなんでこんなに飛んでるの?あっ、これ何かにあたったんだ、きっと。次のホールでまたひょいっと動いて、えーこんなにいくのー。これが僕の目標。目標は語るものじゃなくて実現するものだから、時間をかけてやるつもり。70歳までまだ9年ある

さて本題。(というよりは 悲しくもおかしな誤解と試行錯誤の報告
振らないということは、何を振らないかというと、ヘッドを振らないこと
要はヘッドの動く量とスピードを少なくしてボールに加えるエネルギーを最大化すること
(特に遠心力は使いたくない。これを使うとすごく振ったように見えるから削除)
これはかなり難しい。なぜなら人間には、本能的に頭をもたげる欲があるから

まずバックスイングで欲を捨てる

(バックスイングというネーミングは誤解を生むから、ターンとテークアップ、どうですか、これならバックー背中とスイング−振るイメージを消せるよ)

僕はこれはわりと楽にできる(と思う)。
60こえると左ひじを伸ばした大きなトップは造れない(若い人は、もうこの時点で欲が口をあけて待っている)。右肩の横でクラブはほぼ垂直、後は慣性にまかせる。ここで注意。
バックスイングの終点に行くまでの経路。この経路設計は難易度が高い。経路がどうでも到達点が所定のところならば結果オーライかと思いきやどうもそうではないのだ。
経路を間違えると、その過程で、筋肉に余分な緊張とねじれが付着して、それが後の動きの邪魔をする。その上間違えるときは、だいたいクラブが右に傾くか、グリップが体から離れるか、体の幅からはみ出るか、どれかひとつかそれらを複合的に間違えるから、ボールに向かう際には、必然的にクラブが寝ることになる

人間の学習能力はすごいもので、来た道を帰ろうとするのだ。ハミングバードのHPでは、体のターンの量と、クラブを上に上げる量を同じにするとあるが、そのとうり動こうとすると、なぜかクラブが余分に横に動いて、体の幅からはみでてしまう。僕だけなのかなー。推測だけど、今まで長い間クラブを横に動かしていた生活習慣病の後遺症だと思う。
    …対策として、すごく極端に動かす、つまりまずクラブを自分の顔の前にまっすぐ上げながら右ひじを張り出す、体のターンよりクラブが立つことをものすごく優先させて、回転不足にはしばらく目をつむる。

まずこの厄介な生活習慣病を治さないと、次に進めない。
 これでボールを打つと大変。隣のおじさんよけたほうがいいよ、僕危ないから。
ヘッドがものすごく上から、ものすごくアウトサイドから降りてくる。この違和感にはなれたほうがいいようだ。今までずーっと横ビンタで振っていたのを真反対に変えるんだから。
どうにかあたるけど左ライナーか、ティーアップしているとほとんど上に飛んで前には行かない。恐怖心から空振りもあり。
    ここでスライドを入れる。
右の肩から左の股関節へ動かそうとすると、ヘッドを振りたくなる。なぜならグリップの向かう方向にボールがある!
 よって、右の肩から左の肩へ向けて真横に動かす。これなならボールを意識しなくてすむ。

しかしこれだとヘッドを縦に振らないんだから絶対にボールに届かないでしょう。言葉どうりに動かすとヘッドは頭の上前で右から左に動くだけでしょ。
     そこにボールはないよ!
胸の前でスライドさせれば、振らなくてもクラブと腕の自重で不可抗力的にボールにコンタクトするんだよ、といわれてもどーも釈然としない

そこでためしに、一度アドレスをしてから、そのまま直立してみた。そのときのグリップは腰の高さ。
 ヘッドの位置は、長さによって違うけどおおむね顔の高さ。
次に正しいと思われるトップを作って、そのまま直立してみた。そのときのグリップは肩の高さ、ヘッドは頭よりずっと上。ここで気が付いた。
…グリップは、腰から肩の高さまで約50センチ。思ったほどギャップはない。これならスライドして下に動かせる

問題はヘッドの動く量が、グリップの運動量に比べと何倍もあるように見えること。これがヘッドを縦に振らないとあたらないと思わせる本当の理由ではないか。

直立したまま、トップの位置からアドレスの位置にクラブを動かしてみる、ヘッドはできるだけ動かさない。何のことはない、クラブヘッドは顔より少し高いところまで降りているではないか!あとは不可抗力的にこの差が埋まればボールに届く。

この直立トップと、直立アドレスにターンとスライドという<運動>を付加すると、ヘッドがボールにコンタクトするに要する動きは、クラブを立てるときに使ったコックのわずかな深まりが、アドレス時の状態に戻ることと、クラブが持つトウダウンの動きで十分ではないか。これがヘッドを振らずに、ターンとスライドで打つことの意味ではないか。

なんと理屈っぽい、さっと挙げて、さっとおろせばいいじゃないか。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
    おっと 徐々にHPが進化中…

http://www.hummingbird-sports.com/

本日 二組のご夫婦とともに ご来場
 片方のママさんが デビューセットをご購入
         ありがとうございます

  それで 恒例 初心者スターターアドバイス をしました

体、特に腰や肘等を痛めにくい体の動かし方 を基本に 目で見えているモノと
 それをコピーしようとした時に起こるギャップを説明し 打って貰う…

  素晴らしい   素晴らしいの一言

少し 打って見せると しっかりと課題の部分を見ているし
 質問の内容の高度…  この人 初心者でしたっけ

体を使わず 足を使って 体を回す動き
 肘の外への張り(クランチ)  この二つの連携・同時進行を覚えれば
  男性陣 油断するなよ  って感じ

後は 自分の欲や精神状態との付き合い方等 ある意味 教えて上げられない事を
 経験していけば  他に教えてあげられることもなし
  距離も全く問題なさそうだし あと2回位 レッスンすれば 即実戦

でも 後ろからの男性陣の視線ビームを感じるので この位にしましょうか…
 あんまり上手くならない方が良いのかもね


初心者の方の始めのレッスンと 初めて持つクラブは 大変重要です
  是非 スターターレッスン付き ゴルフクラブセット
    日本のゴルフ界の為に ご紹介ください

 続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
 全然 別な話ですんません。
日本のサッカーが好きになれない
プレーや強さは二の次、どうでも良くはないけど まだ歴史が無いんだから仕方がない。  日本のサッカーのファン、俗にいうサポーターが好きになれない

日本には いいお手本がある。
 若干、下火とは言え 野球のファンは根強い。
  チームが最下位でも 負けていても 自分たちの子供のように見守っている。
   悔しいからヤジも出るけど 生卵をぶつけたりはしない。
    見てはいないけれど ワールドなんとかクラシックでは 日本はアメリカやキューバの野球を真似たりはしない、自分たちの出来る緻密な野球をしたと聞く。

 日本は世界サッカーランキングで30位前後だ。
世界の経済や治安状況から考え サッカーが興行スポーツとして 成り立つのは多分50カ国以下、いやもっと少ないだろう、そう考えれば真ん中より下である。
野球で言えば Bクラス… 10チーム中6番か7番 一番中途半端なところ。
プロ化してまだ二十歳になったかどうかの状態である
勝っても 負けても 上手くいかなくても 今は暖かく見守ってあげればいい
 
 人に聞いた話だが 石川君 18番ホールでミスをした…そうな。
そのお父さん、本来唯一無二のサポーターであるお父さんがミスを揶揄したという。
その人曰く、このお父さんがいる限りはつぶれてしまうだろう と。
横峰親子もそうだし、古くは伊沢親子もそうだけど 自分の子供が稼いで 自分を養ってもらっている事を忘れてしまっている。 自分は髪結いの亭主なのに…。
自分の子供が人から愛され、注目され、ましてやゴルフと言う業界が存在できる世の中を感謝しない人間が親であること、それは予選落ちやシード落ちより悲劇だ

また そんな事を認めてしまっている世の中、
 2匹目のドジョウを狙っている親がいると思うと 背中が冷たく感じる続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
よくお初のお客様から電話があると こんな会話になる
 「アイアン作りたいんだけど 軽量スチール合わなくて…。 ダイナミックゴールドじゃちょっと辛いし…。」
「グラファイトはどうですか?」
 「過去に打ったことも 買ったこともあるけど 合わなくて。」
「どんな感じでした?」
 「シャフトが硬いって言うか、軽くて、あたりも弾いているような感じで好きになれないんだ。」

 クラブを作る際、特にアイアンを作る時 よく有る会話のひとつだ
カーボンシャフトのアイアンに否定的な印象を持っている人が多い。
まず はじめから カーボンは非力な人が使うモノ っていう
          少し上から目線の固定観念があること
次に カーボンの方が柔らかい、弱いという間違った固定観念があること

まず 一つ目から 非力な人が使うためのものかどうか は正しくはない。確かに軽量に出来るため 力のない人向きの「モノ」も作れるが 二つ目とも絡むが それはカーボンシャフトの方が断然「強度が高い」為 実現すること

では 何故否定的な人が多いか というと量産品はニーズがあって初めて存在する!

その同じ機種のスチール/カーボンはまったく違う体力・年齢を対象にしている。
当時で言えば ダイナミックゴールドと専用カーボンである。
カーボンを使う人はまず予算が高くても大丈夫で、スチールを使えない、もしくは使いたくないが対象である。 はっきり言えば 対象年齢が全然違う
だから 80〜90gのシャフトは「当然」採用しない。
 対象は60歳以上 最近で言えば 当然50〜60g台のシャフトだ

カーボンシャフトは強い それを大前提に考えると 軽量って事はその中でも より強い物 が使われている。 しかもヘッド重量も間違った「振り易さ」の源「軽さ」を最優先するため 当然軽い。コストを下げるためにはヘッドが軽い方がよりメーカーにはメリット多いし…

もし スチールと同じ「硬さ」Sシャフトを選択すれば 軽くて強いシャフトを 軽いヘッド重量で打つのだ… スチールとはまったく対極にあるクラブである。  元々 強いカーボンの軽くて更に強くなる上 軽いヘッドで打つ

カチン と当たる ボールは多少飛ぶけど…
ボールを打っている感触も ヘッドが付いている感触もない
無機質な感じ… 人間らしくない でも飛ぶ  これじゃ悪い固定観念になる

例えば そんな人に 重量のしっかりとしたスピーダー801
 出来る限り 番手ずらしをして 柔らかくして 打たしてあげれば
  買う 買わないは別として 必ず気に入る きっと欲しくなる
   また カーボンシャフトに対する観念も180度変わるだろう
    こんな仕様で 市販すれば ブームになる可能性も秘めている

シャフトは重くなるほど 遅い ウエットな感じ になっていく
     逆に軽いほど ドライ、ソリッドな感じ

特に三菱系のシャフトは「ピンピン」してる   確かにヘッドも感じないし、クラブそのものも軽く感じるから 振り易いだろう。ただ振るだけなら 
重量物(ボール)を遠くへ飛ばすのを除けば 確かに。

 でも軽くて 振り易いのは クラブに慣れて「普通」に、それが当たり前に感じた時点で賞味期限切れ  終わりがきました て。
軽いヘッドは「飛ばす」エネルギーを持っていないから 軽いと感じる間のみ スピードが出るが 普通になれば 元のスピードに戻るうえ ヘッドが軽い分 破壊力は落ちる。 ヘッドが軽ければ トゥダウンの効果も少ない、もしくは無いから 下にあるボールに触れるには 人間が「技術」で近づかなければならない

その動きの副作用 近づく動きイコール突っ込む動き はロフトを必ず増やす  ロフトが不必要に増えれば 上がる、スライス、ランがない、そして飛ばないになる。

軽量じゃないスチールは 決して 硬・く・な・い
   動き自体は少ないが 動きが遅く 鈍感だ
ヘッド重量は軽いが 動きが遅く、全体の質量があるので下に動こうとする
クラブそのものに「飛ばすエネルギー」は少ないが 落ちる力は持っている。
この重さを維持して 振れるスピードがある プラス ウッドもスチール感覚でOKなら 軽量スチールを除外して 別にスチールその物は否定はしない。
                  使っている人は総じて嫌いだけど…

 軽量スチールの増殖は ある意味 ゴルフそのものを追い込むことになる
   必ず…      う〜ん 憂鬱になってきたから 今日も帰って寝る続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 ブログを始めて 約 か月が経ち 通以上のコメントを頂きました
 本当に有難うございます。

 ブログを始めて 自分で気付いたのですが
世の中には 自分ひとりの力では解決できない問題がたくさんあります。
子供の給食費を払えるのに払わない親 や 政治 なかなか簡単には行きません。

 その中で ゴルフ、ゴルフのスウィングの悩み、クラブ扱い等
この悩みは実は自分で解決出来る 人生でも数少ないひとつ だと思います

 解決していく一つの手段として
文章に書いてみることは非常に有効です。
 論文を頂く Wさん、Kさん  いつも有難うございます
  実は文章を書くことによって 再確認したり 再発見したり 思い出したり
 勿論 悩んでいる人の為に書いて貰ったのですが
 非常に大きな副産物として ご本人達にも実りがあった ように感じています。
書いていることによって 疑問や自分自身の悩みを解決している と言ってけっして反論はない? でしょ

どんな小さなこと、変なこと、非常識なこと、気になること
 何でも良いと思います。
        文章にして表現する
この効果は絶大、想像以上に効果があると思います
実は 僕も文章にすることによって 日々の問題を解決している と言っても良いでしょう。僕もこのブログによって 日々新たな発見をしています
   HPを読んでいるとお分かりになると思いますが 
 いつも頭の中がオムニバスなので 文章を書きながら別な事を考えています


また 僕の頭の中には ゴルフに関連することが
 あたかも辞典レベル(エ〜嘘つき!)で収まっています。
  僕にとっては 「常識」なことは 当たり前と思っているので
   話題に出るまで 決して口には出しません。
    知ってると損しないこと 遠回りしないで済むこと
     当り前のこと   結構知らないかも知れません
      何でも聞いて下さい   何でも答えます
       皆さんからのコメントもタメになると思います


 このブログを目にしている方は 非常に良質な「大人」の人ばかりです。 他人の痛みや苦しみの分かる ユーモアのある方々です。
そんな方からも 意外な答えが貰えるかもしれません。

ブログを始め 今まで以上に お客様とコミュニケーションが取れ
 皆さんに温かく見守られ、感謝してやみません
  
   本当に 有難うございます。

是非 是非 あなたも この幸せのおこぼれを頂いちゃってください続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 私もなりたい でも無理がある
では 発想の転換をしよう

 いつも 練習場で打っている球、弾道、距離
7番アイアンで150ヤード 打てる事もあるだろう
  でも 考えを変えてみよう
自分の打てる球、距離、弾道 はコースで一番多く出る球を指すわけだ
一番多く出る球は 実は自分の打てる最高ではなく 最低の球である。
シャンクとか 大ダフリとか どトップを除いて フェースらしき場所に当たって
前の方に飛ぶ 最低の球 これを自分の球と認識すること。

 7番アイアン ヤードで良い
これを最低のスピード、最低の力加減、最も遅い動き、最も少ない動きで
打って貰いたい

最大のスピード、最大の力加減、最も速い動き、最も多い動き
 これが緊張感の高い、他にも注意点の多いコースでは
  絶対に出来ない  打つ前に失敗が確約されている

今はエコの時代である。 最も省エネの方法で7番で100ヤードなり120ヤード
打って欲しい。 自分は7番で150ヤード打てる!と言う人が120ヤードを打つと 多分自分の「フルショットの半分よりちょっと上」、 5〜7割程度の力加減、スピード加減 だと思う。

練習場で 出来るスピード や 動きの大きさ の7割強の動きが
 本当の意味での 「自分の」ショット なのである
車で言うところの 巡航速度、それ以上出せるけど それは瞬間出せるだけ
維持は出来ない。 巡航速度 とは 更に加速も 減速も出来る その車にとっての
安定ゾーン というか 実力発揮ゾーン と言う事になる

     最高速度を基準にしない事、自分の実力は巡航速度を磨くこと

その7割 仮にそれを7番 ヤード とすると
そこで 自分の弾道なり スウィング作りをする それが基本中の基本だ。

どんなに距離を伸ばしたくても 総合性能が高くないと 単に馬力やスピードばかり出ても 車で言う 単に殺人マシーンになってしまうだけ。

7番で100〜120ヤードの距離で 
 クラブ扱いと考え 安定した高さ 安定した弾道 安定した距離 を打つ
これが出来て初めて 自分が分かってくるのさ


 ちなみに 学生時代 陸上部だった
短距離 100mの専門的なトレーニング は ある意味 全力疾走しない
毎日の練習で 100mを走るのは 通常週に3〜4本
 ジョギングや その場足踏み 静止状態で 走り方 体の使い方を調整していく
たまに ダッシュもするが スタートの練習と 30〜40mの距離と5割程度の
スピードで流すだけ。そこで走り方が反映されているか確認
短距離走の場合、かなり筋力に依存はしてはいるが 正しく動かさないと その筋肉も正しい場所に 正しくついてこない。 ゴルフと同じで 間違った場所に付く筋肉は 単に妨げになるだけ
 オリンピッククラスの調整は分からないが 小中学生のトレーニングはこんなところである
この調整で 中学生の平均的な男の子は 半年で1秒、一年で楽に1秒半縮まる。

ゆっくり 正しく動かすから 筋肉が正しく発達し 運動記憶が出来 関節の稼働域が広がり さらに筋力がついていく 無駄を省く …シンプルでしょ

ゆっくり 正しく 走って 行くことが 最終的には速く走る方法 なんだ
  
 オリンピックには出られなかったけどさ…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

亡霊の スイング悶絶探究記 2

右回りの達人

多くの方が誤解されているようですが、
私は 右振り の達人です
放っておけばすぐに右側でヘッドを振り、
フェースが開いた軽い いっちょ噛み の状態でアイアンを打ちます
(バンスで地面を打つ?  ソールでボールを打つ? ソールで飛ばせ! マルマンソール!!)
ボールに当たる前に地球を打っていては、飛ぶはずもありません 私のおかげで地球は木星側に2ミリほど動き、温暖化の抑制になっているとのことです  
人様のお役に立てるのはうれしいものです

一度師匠のところの機械で、インパクトの写真を見せてもらったのですが、ヘッドがボールにあたると同時に姿勢の変化を起こしていて、師匠のヘッドの姿勢はそのままに打ちたい方向に ヘッドが スライドして動いている映像とはまったく違うものでした
要するに、スイング中 ヘッドがいろいろな姿勢をとるものだから、重量物であるボールにあたってしまうと、とたんにまけて ねじれて しまう訳です。
打ちたい方向と、ヘッドの軌道が合っていないのでしょう
ボールの前後のヘッドがコマ写真で写るのですが、
師匠のヘッドはボールの前後でコマ数が変わりません
私のヘッドはボールに当たるととたんにコマが増えるのです
・・・タイガーのパンチショットのように、そこで減速しているのです

ボールの下に 天使の空間 があるドライバーはごまかせても、アイアンショットはごまかしが利きません

多くのゴルファーが同じ悩みを持っていると思います 


ここから、多くのゴルファーの共通の表現を使って書きたいと思います

右側で コックを解いてヘッドを振ると、クラブヘッドが右側で円を描いて降りてきて、ボールよりも手前で 最下点 を迎えてしまいます
そこでマットを いっちょ噛み してボールに当たりますが、イメージとしては グリップとヘッドは地面と垂直でボールに当たってしまいます
・・・下手をすると、グリップをヘッドが追い越すかもしれません!
素晴らしい ! サイボーグ009みたい!
7アイアンのインパクトのロフトは45度前後  実質飛距離125ヤード
ボールが 捕まった ときには、必ず左に飛び出します
右側でヘッドを振るので、スイングの軌道がアウトサイドインアッパーになってしまうからです
(書き方うまいでしょ 日本のレッスンプロみたい!)
いずれの場合も、ターフ はとれません

さて、この状態でこのお店と出会ったのですが、
お店のお客さんの中のロフト立ての名人 NISSAN FAIRLADY T師匠からも再三、
右手の甲側の角度を変えないで打つように教わりました(ゴルフとは関係ありませんが、FAIRLADY というネーミング すごいと思いませんか?)

右側でヘッドを振ってしまうゴルファーは、右肩も下がります
クラブが重いからです 重いので腰もその場で左を向きます
トップの腰の位置から いきなり左に向きます 正面がありません
・・・そう、それはあたかもデュバルが振っているかのようです
彼のパターロフトは 1度 だったとか・・・・・・・

マットにさわるので、手首や肘を痛めます
マットは芝と違い 抜けませんので、手首にもろに衝撃を受けます
ノーマンのように さらって 打ちましょう

市販のクラブならば、このスイングでもボールは前に転がりますが、
(決して 打てている 訳ではない)
ハミングアイアンでは 泣きたくなる様な ショットしか出ません
市販のクラブならば アプローチ(のようなもの もどき  亜種)も打てますが、
ハミングウェッジでは20ヤードが打てません・・・・・
ハミングアイアンは、ヘッドを振る動きの駄目だしが凄いのです
ゴルフをやめたくなってしまうかもしれませんね…

65ヤード バンカーから、続けて50球 出球そろえて打って
・・・・・できません・・・・・砂が邪魔なのです
おかしいなぁ?  ダウンブローに 振れば 振れば 振れば 振れば
手前にはあたらないはずだけどなぁ・・・・・

私はどうしたらよいのでしょうか

トップの姿勢 クラブの位置は幾度となく教わりました
腕でテイクバックを取ってはいけないと・・・
体の幅の中にクラブを収めておきなさいと・・・
右ひじと左ひじの高さは、胸に対してほぼ同じ高さにしておきなさいと・・・
決して、右ひじが低くなり、下を向いてはいけないと・・・・
・・・石川君は思いました  なぜ? みんな下を向いているジャン・・・
背中側からクラブを振っている私を見て、師匠は言いました
裏口入学ですか・・・・」

ジャックのトップの姿勢が理想だと・・・そういえばジャンボもよく似ているなぁ・・・
・・・でも、右ひじを たたんで クラブを 遅らせて 打てって書いてあるよ・・・
一度失敗して、クラブを放り投げちゃったけど・・・・
・・・・ほら! いい球でしょ!?  × ×

バンカーから 6アイアンで 出球をそろえて 170ヤード打ってみて
・・・・・・んなこと難しい!!!! × × ×



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 ハミングバードには誰よりも振らない
そして 多分 誰よりも飛ぶ、ニクイ奴がいる(らしい)
300ヤードも飛ぶって意味じゃないけれど 動いているサマは
 ドライバーでも 限りなくアプローチやウォーミングアップ程度…。
彼の振っている割合から考えると タイガーは500ヤード飛ぶ筈?

多分 一緒にコースを回ると 2〜3ホールでショットも頭も壊されてしまう…
だいたいの人は誰のことか分かると思う。  勿論僕じゃ無い!
ショットの距離感が壊されてしまうのと
 スウィングの力感に「疑問」を感じてしまう。
ゴルフはラウンド中 一度でも 自分に対し 猜疑心 を持ってしまうと
 その日は沈没してしまう。  しかも しばらく引きずる…
  ま 世の中ではそれを「ねたみ」とも言う

 ドライバーショットのミスはまず考えられない
  そして その人間 はパットも 当然 上手い
    最近 アイアンショットも上達しているそうな…

気が狂ったように振る、飛ばし屋はさして怖くない。
 ちょっとでも狂うと 自滅してくれる。
毎回 コンスタントにいい筈もない、気分的にも浮き沈みが多いから
ショットに自信を失うと 転落も早いので 放っておいても大丈夫

振らない飛ばし屋はそうはいかない。
 多少 力んでも タイミングを失っても はじめからパワー勝負でも、スピード勝負でもないから 大きな乱れがなかなか出ない。 ラウンド中の修正も出来る 
まぁ 理屈で言っても 振らない飛ばし屋はグリーン回りやパットが大崩れしない
調子を崩しても底が見えている。

 振らなくても 動きが遅くとも 動きが小さくても 飛ぶ見本は存在する
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 何度も書いているけど 勘違いを引き起こすから 訂正しよう。

ロフトを立てる ロフトが立つ 
この状態 シャフトがしなって クラブの先っちょが遅れ 後ろにしなった状態を
指すのじゃないよ。 クラブはそうならないから。

正しく言い直すと 正規のロフトになるだけ

正しく振ると 例えそれがドライバーであっても 地面のボールを打つ限り
入射角度 薄い少ない角度であっても 上からボールにやってくる。
その角度に対するロフトが 「イ・ン・パ・ク・ト・ロ・フ・ト
インパクト時の 地面に対するフェースの角度じゃない

オリジナル25度のクラブが その25度で打つのには
仮に入射角度5度だとすると その5度に対する角度が25度
 つまり 地面に対して20度の角度でインパクトすること を指す。
    …入射角度は人によって まちまち 決まった角度はない

その入射角度を保ってクラブが 斜め上から「スライド」して
ボールとコンタクトするその結果 ハンドファーストになる
ハンドファーストにしさえすれば 正規のロフトになるわけでも 入射角度が取れるわけでもない。

では 何故 ヘッドが重く シャフトが柔らかいと そうなりやすい のか。 
       …ゴメン、正しく振れる人にのみ 適用されるけど
硬いシャフト、軽いヘッドだと 下に置いてあるボールに対し 届かないが故に
届かせようとする動きや 自然な「タメ」が出来ないため それを作ろうとする動きが 入射角度やスライドの動きを阻害してしまうから
正規な入り方や正規なロフトが作れないんだ。
 特にヘッドの軽さは致命的
その軽さを補うのは スピードだけで 自然なスピードであるなら問題ないが
不自然な加速や速度は必ず入射角度やスライドの動きを阻害するので
           百害、いや億外あって一利なし

先端を腕のさばきで振る人にとって
 下がる行程はロフトが開いているから そこでインパクトすれば 右スライス  へなちょこスライスだね
 ロフトが閉じる行程は 軌道が上に向かうから 入射角度が存在しない。 引っかけになるよね
無理やり 下向き行程でロフトを閉じれば 左引っかけ&フック
ロフトが開いたまま 上向き行程は論外、ゴルフショットにならない

 それでも そのローテーション、腕さばきでヘッドを振る動き 捨てないの?続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 動いている空母に着艦するヘリコプターを想像して欲しい。
想像だけど 多分空母のスピードに合わせ 斜めに降りていくのだろう。

シャフトの縦の動き
そのほとんどは 自動的に先端のヘッド重量が作る
グリップを 胸から離さず 下に移動/スライドさせれば
勝手に ヘッドは下がるし トゥダウンも生まれる。
 自分でヘッドを下げたり 下ろしたり トゥダウンさせる必要は一切ない
でも それじゃ ヘリコプターは空母のいない海に落っこっちゃう

グリップの下にスライドさせる動きは クラブ全体の動きでやらせればいい!
ここで 自分がしっかり管理する 動き は
 移動する空母のスピードに合わせた 横の動き なんだ

テークバックで 右肘を体の外に張る「クランチ」の動き
 これの意味合いがここで登場する、そしてその重要性を知る
そのクランチの動きから クラブそのものではなく
   クラブをもった左手を「胸から離さず」左に押してあげる
クラブの重みでグリップの位置も下がるから 結果として
 右胸の前〜右肩の前あたりにあるグリップ部を左腰〜左股関節辺りにスライドさせる役割が右腕、右肘のクランチの目的なんだな

 その時の注意点
1.グリップエンドと体の距離感を離さない
2.スライドさせる 左こぶしと右こぶしの運動量を合わせる
         特に縦にシャフトを振ったりしない

そして 左肘は右肘と同じに体の外に向いていくんだけれど
 右肘とちょっと違うのは この時点の腕や体に掛かる不可抗力は
  スウィング中最大であるということと 動きそのものの速度が速い という事
だから 左肘は飛球線方向に抜いていく ということ。

でね 分かっている人はいいんだけど 多分ピンと来ない人は
左肘を抜いたら カッチョ悪い!って思うでしょ

 上記の過程をある程度踏んで 左肘を飛球線方向に抜くイメージ、
実際に実行すると 結果は綺麗に両腕が伸びて カッコいいフォローになるの
逆に 目で見た両腕が伸びたフォロー作ろうとすると ものすごく不自然に見えるか
必ず左肘の抜けたフォローになっちゃんだな 分かるかなぁ

ともかく シャフトを正しく縦に動かすのには
  横 に ス ラ イ ド さ せ て 縦 に は 振 ら な い
…結果としては左斜め横だけど
っていう冗談のような 手品をすると 何故か シャフトは縦に動いて
 インパクトのロフトが立ってくるんだな

        騙されるだけの価値はあるよ続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 よし 勇気を持って真逆なスウィングにトライ

そこで 付きまとう最大の難関、それが 円運動のイメージ
クラブ扱いは 結果として 体の向きを 背骨を軸に 足を使い 行う。
その体から生えている腕がもったクラブ、その先にあるヘッドは
背骨を軸とした円運動を作る、あくまでも結果としてだが。  あ〜回りくどい…

結果を除いた それ以外の円運動
   特にクラブのグリップを支点とした円運動
決して 絶対に ネバー エバー 自分では行ってはいけない
これは すべての動きの中で 先端に質量がある棒が勝手に行う動きで
自分で意思を持って 行っては すべてをぶち壊す
放っておいても その質量は遠心力を生む それがスウィングの中で自然に
縦横の円を生みだすのであって 自分で作るものではない 行うものではない

特に見過ごされがちなのは 縦の円運動
クラブを縦に振りたい意識は良いことだけれど クラブを下ろしていく、下げていく過程の中で グリップを支点にヘッドを振る 俗に言う「扇の動き」を縦にするのは
まったく必要のない動きである

これもトライするのに 勇気の要る動きだが 
 打ち手が出来るの事、自分の意志で移動させられるのはグリップのみで
  ヘッド部分は重さや形状からヘッドその物が勝手に動く、決して自分の意志で動かしてはいけない、あえて言うなら間違った方向に行かないよう管理する位で
たとえ正しい位置、正しい方向に「自分でヘッドは動かしてはいけない!」

正確に言うと 動かすことが出来ないのだ。
自分が「移動させられる」のは 見ての通り グリップのみ
手でヘッド握っているのではない  
         ***グリップも移動させるのであって動かすのではない

      結果としてクラブは振るけど ヘッドは振らない

この意味が分かるかな
出来る人や出来ている人、出来かかっている人は多分分かる筈

出来ない人は こう思うだろう
皆 ヘッド振っているよ。 グリップ移動させれば 結局ヘッドを動かすことになるじゃん、意味わかんねェ って。

まぁ いいか、 いつか分かるし ヒントにはなるもんね。
あとは分かる人の復習、確認になるから 進めるネ

グリップ 縦にも横にも スライドさせて使う
これって クラブ扱いの鍵なんだ
スライドさせる 左こぶしと右こぶしの移動量が同じと言うこと

あと 割に勘違いし易いけど シャフトを縦に使う から縦に振るわけじゃない  特に縦に振るから 腕を縦に使うわけじゃない ってこと。
結果をして縦に使うのには 縦横の同時進行と言うこと、クラブの重心位置などを考えると 横方向が作る慣性に負けてしまい易い。
下ろし始めの時点と 下ろしきった時点の時間の間に 体は左回りの動きを連続的にしていくのだから 落下地点が右にずれやすい
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 海を越えた所より メッセージ頂きました

ミスターK さんのブログは こちらです
http://blog.golfdigest.co.jp/user/golfswing/

ジャンボ尾崎の言葉

「根拠のないナイスショットは続かない」
以降は自分の勝手な解釈ですのでご了承ください。

この一言の意味するところは何なのかを考えてみました。
尾崎選手は飛距離に人一倍貪欲で長年にわたってそれを証明してきた存在です。ただの飛ばし屋ではなく、アイアン、とくにアプローチは絶品であったと思います。

体型もよくパワーゴルフの印象を受けますが、それもそのパワーを生かせる根拠があってこそだと思っています。以前はけっこうジャンボのドキュメント番組が組まれていました。ご覧になった方も多いと思うのですが、広大な敷地に様々なトレーニング機器がそろっている中で、独自の練習器具がことのほか多い。羽子板みたいなのや短いクラブ等々、効果がどうなのかは別にして、自分の考えのもと必要と感じたものを形にしたんでしょう。

道具へのこだわりも非常に強い。自宅に工房をかまえて作業していますが、ただ単にクラブいじりが好きなだけではないはずで、自分の中にクラブはこうあるべきだという確信があってのことだと思います。でなければただ組み立てるだけで大事な時間を使ってまでやらないだろうと思います。
これは尾崎選手自身の言葉
「クラブに命を吹き込む必要があるんだ。なにもかも人任せでやってしまうと応えてくれない」
精神的な部分も大きいと思いますが、「ものを作る」とはこういうことなのか、作り手の意思がないものはただの物質だけれど、使う側も意思を感じ取る義務を果たさないといけないなと感じました。

尾崎選手が長く活躍できた理由は進化してきたからだと考えています。あれほどの運動能力を持った人ですから、何も考えなくてもいいショットも出ていたはずですが「続かない」。単なる運動の反復練習だけではダメだと感じたんだと思います。
一時期スランプがありました。OB病とかマスコミにも叩かれていた中、
「今後10年のためには今の2,3年は惜しくない」
そう言っていたそうです。なかなか出来ないことじゃないでしょうか。少しの修正や改造でその場をしのぐ、それをやらなかったから以降の活躍に繋がったんだと思います。

その間の試行錯誤の中、クラブの必然、それがわかればスイングの必然、そして体の必然と繋がったんじゃないでしょうか。決して筋力アップとかの単純なところからスタートしていないはずで、すべてが繋がった結果筋力も必要としトレーニングを考えた。

当時ニックプライスが来日した際、練習を見ている若手プロに向けて、
「プライスがなぜあのスイングになったのか、どういった理由でやっているのか考えろ、形だけを真似してもダメだ」
そう伝えたそうです。根拠(必然)が見えていたんだと思います。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 スウィングを「変える」 クラブの扱いを「変える」

変える とは (1)形・色・性質・内容などをそれまでとは違う状態にする
                    BY 大辞林


前に進まない、変わっていかない、立ち止まっている人の合言葉は
      「ワ・カ・ラ・ナ・イ」
今まで通りには動かさない のだから 分かる筈がない
出来たときに 分かるのであって 分かるから 出来るのではない
何が どう 分からない かでは無くて
単に「ワカンナ〜イ…」 は 分からない事が分からないになってしまう

タイガーウッズのスウィング 分かるけど 私にゃ 出来ないよ。

例えば 今の打ち方(この言い方は嫌い!)、クラブの扱い方 正しくないとしても どうやって覚えたの
分かったから 出来るようになったの

違うでしょ 分からないけど 繰り返して行ったら当たるようになり
練習場で 弾道や飛距離の是非を見ながら続けていって今日に至った。
実は 現在も自分のクラブ扱い 分かっていない
今の自分のクラブ扱い、良い悪いは別にして 把握していない…
自分の立ち位置、状況が分からなければ 前に進めない

自分側から 自分の感覚側から 考え過ぎ
クラブを扱うのには 一定のルールがある
 まずは そちらが優先です

自分の感覚がどうだから 動きが分からない の自分側を優先させるのではなく
クラブの形状や重量配分、番手の役割を活用、活かすこと それが最優先
それらを利用するから 人間の運動性能を上回る飛距離や安定性を
    クラブは作れる

ヘッドという重量物
それが長い棒に付いている、 それによって 質量×速度 という
          素手の人間では作りえない「破壊力」を作れ
その形は左右、上下、前後 非対称で歪なカタチ…
それによって ヘッドの向きや状態を打ち手に知らせ
          繰り返すことを容易にしている
クラブには「ロフト」という距離を打ち分けてくれる便利な物があるので
          技巧によって 距離の打ち分け は不要

これを尊重する気持ちがあれば
いまの自分がどう動く どんな感じか は 後回し でしょ
どうすれば ヘッドの重量が生かせ、 それが無駄なくボールに伝わり
 その上で それを繰り返していけるか
それが このクラブ扱いを覚えていく 最大のテーマで
           このテーマは何よりも 優先される。
目先の当たりや距離、そんなものは 5の次 6の次!

まずは 言いたい  ともかく やれ と。
自分がやらなければならない課題が最優先で
振り難いとか 動きにくいとか 握り難い そして 分からない は
逃げの言葉   分からないは男の泣き言 みっともないよ

前にある課題に がっぷり四つ でぶつかってこい

その勇気があるか それとも逃げるのか
         そこが 変わる・変われる の別れ道
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 クラブヘッドは振らない。シャフトは振らない。
  クラブは振り子の動きで動かしません  と説明しても 大半の人が
 ヘッドは振らないって言っても 皆振ってるジャン!
スウィングって 円軌道で ヘッド振らなきゃ飛ばないジャン


みんな そう振っている…   雑誌にそう書いてある…
 他人は他人 みんながそうやっている! としても迎合する必要は無い筈
  自分は自分。  自分のやりたい事をすれば良い
   遊んでいるだよ あくまでも個人の娯楽でしょ
    別に「集団生活」を意識する必要はないでしょ

ましてや そうやってきて 上手くいかなかった から
 クラブやスウィングを変えようとしているのだから
  この際 横須賀の変な親父にダマサレても 大した差はないと思うけど…


円軌道 円運動に振ってきて 駄目だった 
 腰や肘など 体を痛めたから 動きを変える「必要」があったから
  スウィング変えよう! って思ったんじゃない
   違ったっけ続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ウィキペディアによると アスリート とは競技者を指すそうな。
つまりゴルフをし 誰かと競技、争うと言う事ですな。
なるほど だからこの「言葉」が出てきたあたりから ゴルフが壊れ始めたんですね

確かに 「あいつより飛ばしたい」 とか
「奴には負けたくない」  などゴルフでは重要な「欲求」
その欲求が向上心を生むわけですが 不特定多数の中で競技したい と思っている
ゴルファーは非常に少ないのではないでしょうか。

アマチュアで ゴルフを競技 として捉えると 競技を維持していくのには 大変お金の掛かる遊び になってしまいます。
年に10ラウンド程では 20年やっても なかなか グロスは切れない… 
競技をするゴルフは 見ず知らずの他人と一緒にプレーをし 人前でのゴルフで80を切るわけですから 年に30回平均では少々足りない…

つまり 社会的な生活を営み ごく普通の暮らしをしている人にとっては
「競技」ゴルフ生活は 反社会的ですから 憧れでもあるんですね
ま うらやましい と
競技ゴルフをしているフリをすると 経済的にも恵まれている「風」に見えるから 背伸びして アスリートゴルファーを装うわけだ 納得

ゴルフが上手い から エライ は 断じて間違いだと思うのです。
そう思っている人を 私個人は軽蔑する 方針であります。

 ゴルフの楽しみ方は色々、無限にあるんじゃない
都会を離れて 季節を味わったり
 いつもの仲間と童心にかえって 遊んだり
  贅沢な空間を占有したり
   白いボールが青空を飛んで行ったり
    勿論 自分の実力を競技会に出て試してみるのも良いでしょうし
    誰も使っていないような へんてこりんなクラブで楽しんだり
それぞれの人が いろいろな楽しみ方をしているから こそ おもしろい のだと
思うのです。  みんなが同じ目標で 同じ方を向いて プレーしてしまったら
それは ゴルフでは無い と思うのです。

確かに 管理する側 用品を売る側に とっては 価値観を単一化した方がやりやすいし 煽動し易い とは思います。 
我々が もっともっと 大人になって 賢い消費者に育たないと 彼らの事を教育し 互いに切磋琢磨していくことは出来ないのだと思います。

本物志向 って本物じゃないって事、本物になりたい! って意味だし
 アスリート志向も アスリートになりたい! って意味、
  あぁ メタボな私にゃ 無理だわ トホホ
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 それぞれのシャフトにはテイストがある。
当然 自分のスピードやスタミナでシャフトが「動く」ことが条件ですが。

正直 カタログに書いてある 先調子とか 元調子 と言う言葉は まったく、まるで、全然あてになりません。
通常 メーカーが言うシャフトの「調子」「キックポイント」はしならせた時の頂点、一番膨らむ部分を全体から割り出し 名称を決めます。
シャフトには動く部分と動かない部分があります
シャフトの先端を、後端部をとしましょう。 全部が均等にしなれば 一番膨らむ部分は50の位置に来ます。
また、別なシャフトは30から80の部分が均等にしなるとします。 こいつの調子部分は55の位置に来ますから こいつの方が「数値上」、元調子となりますが 打ってみると動かない部分の多い後者のシャフトの方が先調子のように感じられるものです。  ホント キックポイント表示は当てにならないんです

しなるシャフトである。
捩じらないで 正しくシャフトを使える

という条件の上で まずシャフト選択の重要な条件は 手元が緩んでいるか、締まっているか です。 この二つは スウィングのリズム感も 切り返しの感じも大きく異なってきます。 前者は 切り返しをシャフトに任せ、ダウンスウィングの加速もゆっくり どちらかと言うとゆっくりしたスウィングの人に適しています。 後者は自分で切り返したい人、ややせっかちの人向きです。また 後者の方が シャフト自身が硬く感じられ シャフトスピードも速く クイックな感じがします。

 シャフトを選ぶ最大のポイントは 単に「硬さ」だけ なんです。
自分で撓らせられないシャフトであれば 何を どう 選んでも まったく同じです。ほとんど何の差、タイミングも 距離も 弾道も 変化は無いと言って良いでしょう。  自分で撓らせられる「硬さ」を選ぶ これが基本中の基本です。
あとは そのシャフトの強度、剛性がボールの質量に勝てるか どうか
ちゃんと打つと シャフトにはトン〜トンの荷重が掛かるのですから それに耐えられれば いいんです

 最近のシャフトは 硬めが多いんですが 剛性は低めです
一枚一枚のシートの弾性、剛性は低めですが 量を使って強度を稼いでいます
ニーズの関係から 柔らかいシャフトは軽量が多く 軽量にするためには 一枚一枚のシートの剛性を上げるこれはコストが掛かるので メーカーは嫌います。  柔らかくて剛性の高いシャフト これがアマチュアを救うのです

剛性はシートだけでなく シャフトそのものの「太さ」によっても作れます。
この太さ、テーパーの掛け方、それにシートの構成 シートの枚数 シャフト作りは無限の組み合わせが作れます。

 結局 シャフト選びとは 硬さ選びであ〜る
選択ミスをするのなら 柔らかい方にミスった方が あとあと良いことが起こる 

 手間暇掛ければ 剛性の非常に高い 強烈に柔らかいシャフトも作成可能なんです。   目標 アンダー cpm続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
亡霊の スイング悶絶探求記・・・
こんな呼び方になるのかな・・・・・

○リー トレビノのスイングを見て思うこと

家にボーダーコリーがいます(関係ないだろ  ボーダーコリーは牧羊犬ですから、視覚的に動く ものに非常に反応します 人間もかつては狩猟をして食べ物を確保していた訳であり、やはり視覚的に動くものには反応する・・・というか、興味を示します 男性が自動車を好きなのはそのせいだとも言われています

これゴルフで言えば、まずヘッド(分かりやすいですね) 続いて腕 肩 腰(だんだん動きが減ってきました)・・・ということになるわけですが、お得意の落とし穴があるように思います
徳島の永世名人 kさん がこんなことを書かれました
「パターストロークで最初のころ、同伴者から足が動きすぎだと揶揄されたが、ヘッドと同調するようになってきてからは目立った動きではなくなった」

つまり、Kさんは、足やお尻周りの筋肉を使ってストロークしていたわけであり、レッスンのために同伴者にも分かるほど大きく動かしていた・・・・

リー トレビノのスイングは、ジャックやワトソンに比べると 泥臭く 玄人好みのように思います
その泥臭さゆえ、 の動きを大きく表現してくれているように感じます どうみても、下半身しか使っていないのです・・・
つまりジャックの足も同じ使い方をしているのだけど、kさんのように 同調 洗練 されてしまっていて、さらにズボンに隠されてしまっていて、他人からはほとんど使っていないように見えてしまう・・・・

ひょっとしたらこんなことはないでしょうか
「足 お尻回りの筋肉を使った分だけ、ヘッドの移動として現れ、視覚的にも見て取れる」
ただし、足やお尻周りの筋肉の動きは洗練されてしまうと、ほとんど体内的に処理されてしまい、外見からはあまり動いていないように見え、積極的に使っているとは判断できない

足は日常的歩行時に、全体重を瞬間とはいえ片側で支えるほど大きな筋力を持っている・・・片腕で同じことをしようとすれば、肘や手首は壊れてしまう・・
ただし、足やお尻周りの筋肉は 微調整 や微妙な動きは苦手で、遠く手と腕には及ばない・・・

大きくて、強くて、鈍感?な筋肉を使ったほうが、破壊力は上だし、同じ動作を繰り返すのにも適している・・・



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ドライバーをアッパーブローに打つ。

結果は確かに○   でも意図的には×
まずアッパーブローに「なるのは」 ティーアップして 左にボールが置かれているから。
そして 正しいクラブには トゥアップと言う機能が装備されているから。

クラブが捩じられていると トゥアップのままインパクトに入ってくるから この機能は使えないんだけど シャフトを捩じらなくなると この機能、要領を覚えると強烈に飛距離を伸ばせるんだ。

ロフトって言うのは 動いてきた上下方向の線/ベクトルに対してのヘッドの角度を指す。 ヘッドが斜めのレールの上を緩やかに上から下に入ってくるんだけど これが逆になると 一気にロフトが立つ。 地面に対するヘッド姿勢が変わらなくても その動いてくる入射角度が 仰射角に変わる分 ロフトが立つ。
 それを巷では アッパーに打つと飛ぶ って言うんだけど
その動きを 自分で 意図的に スウィングのプレーンで作ると 最悪。
アッパーに振ろうとすれば 右サイドが 自動的に下がるから ロフトが付く。
 それで プレーンの仰角を作っても 無意味。 

そこで その機能を使って スウィングはいつも通りだけど ヘッドがアッパーに動く を自動で作っちゃおう。
前提はシャフトを捩じらないで使うことだけど それは出来る としてね!

材料 少し高めのティー 5〜7センチ位かな
   たっぷり左めのボールポジション  ティーの高めの分考慮
   ブラックスピーダー468 特注ハミングバードスペック
   200gを超える やや重心距離のあるヘッド

捩じらないで・意識的にヘッドを振らない・トゥダウンは自然に任せる
をクリアしたら 問題は トゥアップを妨げない事
クラブが体の回転に遅れないよう 補足的に「右手」でクラブをもった左手を押す
押していく先に左手のリコックを用意して トゥアップの逃げ場を作っておく

基本はフェースが上を向いていくアッパーでは無く
ロフトが変わらず ヘッドが上にスライドしていくアッパー


これで確実に弾道は下がるよ まずはアイアンのスローでトライしてみて
この動きアイアンショットにも役に立つから。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ