プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」、
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。


正規のつかまえる仕組み「プロショット」が
理解出来ていると つかまえない、こするショットの
「アマショット」もより確実に
そして 重要な「適材適所」で選べるようになります。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)











例えば バンカーショットや深いラフからのショットですが、
目玉やスタンスの取れないような状態を除き
通常は 『プロショット』を
 スタンスとボールの置き位置 で
 ロフトを大きくして打ちます。
その成功率は スタンダードに近い程、
 そして ロフトは小さい(限度はありますが)
 ロフトを寝かして使わない程 高いです。
そして その先に 緊急時対策として
あごが異様に高い、ピンが異様に近い、
 このような場面では 意図的に「アマショット」
 を使う場合もありますが、
 「アマショット」は「プロショット」に比べ
 成功率、確率がかなり低く、
 大袈裟には イチかバチか の要素が強くなります。
 スコアを考えるのであれば
 それを使わざるを得ない場面以外は避けるべき
 そういうショットをしなくてはならないようなところは避ける
 なのがアマショットです。

それほど プロショットとアマショットには違いがあります。


通常のショット、
 特にフェアウェイウッドなどを使う場合、
 『アマショット』  …こするショットは
 地面に置いてあるボールを
 まるで アイスクリームスプーン(スクーパー)で
 こそぐような形で すくいとるのです。
アイスクリーム

それを フェアウェイウッド という
 ボールを上げ易い構造(直接的な形と言う意味でなく)
 ソールの奥行き、ヘッドの奥行きを深く長くすることが
 逆に災いすることになります。
411BK-5-1

シャフトを少し柔らかめ、ヘッドを少し重めにしてあげて
 無理にヘッドを返そう、ヘッドでグリップを追い越そう
 としなければ ロフトは自然に立ち、
 その機能がボールを上げてくれるので
 FW苦手だなー と言う方には そういうセッティング
 かなり効果的です。