【質問】
元々ドライバーは得意ではないのですが、
よく言われる「野球振り」抜けず、悩みます。
ドライバーショットの、
  なにかコツみたいなものはないでしょうか


スイング集 Patty_Moment



(。◕ˇдˇ​◕。)/
全ゴルファー共通のコツがあったら
きっと 日向子ちゃんも知りたい と思っているでしょう(^_-)-☆

ゴルファーには
 野球出身者や野球経験者が少なくないか、と思います。

野球のバッティングとゴルフスイングが
 どう違って、どう同じか はいろいろあり過ぎて
割愛させて頂きますが、決定的に違うコトがあります。
それは 技術的なコトではなく、物理的なモノ です。

👉それはヒッティングポイントの違いです。
show_img2021-04-17_15










ゴルフのヒッティングポイントは個人差はあっても
体の中、からだの幅の中です。
 野球だと体が開いている場合、
 より一層 HPは前気味になりますが、
ゴルフの場合、その逆で より中になります。
yjimage4NR1MAL3hirakidohiraki







1ⅿとは言いませんが 50センチ以上は中、
野球に例えると 差し込まれたような状態 が
 ゴルフのヒッティングポイント です。

ですので 野球のホームランバッターのように
引っ張ってホームランを打つ、
ゴルフで言うと 利き腕で叩く ような打撃では
より一層 ボールに差し込まれた状態になります。

野球でそのヒッティングポイントが該当する
となると 流し打ち に近いの…でしょうか…



ですので まずは自分のインパクト姿勢をイメージし、
その 腕とクラブの関係をトップで形成、固定(半固定)し
あとは 足を中心にからだを廻すだけ‼

足を動かして グリップを移動させるだけ、位に考えて
打ってみたら、振ってみたら 如何でしょうか❓






打った後のリリースはしてもいいと思いますが、
からだの回転に対し、腕やクラブが遅れると
からだの回転に対し、肩の廻りが遅れます。

>>からだの向きに対し 打ち遅れが発生します

その遅れを作らないようにすることが 利き腕、
腕やクラブの重さを支えているのが右手の叩き で
右打ちの人ならば 右腕、右手 で
野球のそれが そうするのかどうか、は分かりませんが、
俗に言う 利き腕で叩く、利き腕で巻き込む動きを
強調すると 差し込まれたボールの位置 なのですから
妙な姿勢でからだを開かざるを得ません。

腕で振るにしても、からだの回転で振るにしても
野球のヒッティングポイントと
ゴルフのヒッティングポイントでは
円弧にして 90度近くもズレたところ、
野球のHPの何割も、大袈裟には半分 円が少ないのです。


これは あくまでも イメージに過ぎませんが、
野球のように からだを開いてから 打つのを
 左サイドを軸点にして 右サイドを回転させる とすると
その逆の、トップの位置の右サイドを軸点にして
 左サイドを回転させる ような 感じはどうでしょう❓ 
なんと言って良いか分かりませんが、
右打ちの人が右手、右腕で叩こう として、
それを実行しようとする時間の間に
当然、からだも向きを変えるので、
止まっているボールにもかかわらず
どんどん 差し込まれた状況、
 まるでボールが来ている状況になる訳です。

トップの位置から 打ちに行く…
トップの右手の位置とインパクトの位置を繋ぐ
そのイメージがマズイ のかもしれません。

ある意味 投げられたボールと同じで
時間が進行してくると
  ドンドンボールは中に入ってくる感じです。