からだの回転は
足とお尻、そこが 主、 ほぼ全部と言えるでしょう。
肩の動き(補足的な回転)は どちらの方向であっても
 腕とクラブの重さで
骨盤に対し、遅れやすい肩を 同調させる程度 です。

軽いアプローチが出来るようになったら
徐々に 強さ、速度、大きさを上げていきましょう。

【廻りながら 下に抑える❓感じ_Moment


アプローチから始めていくと
打つ強さ、打ちたい距離 に応じて
動作も大きくなっていく訳ですが
例え フルショット であったとしても
手を 上げる意識は 必要ありません。
きっと 必要分、高くなります(必要最低限)


トップの位置 の腕 は 
その状態が インパクト の状態 です。
土台になる からだの向きが変わりますので、
空間を移動しては行きますが、
意識として 腕自体は左右にも、上下にも動かさない
そんな感じです。


グリップなり、クラブなり、ヘッドなり を
上下に動かす事で
ダウンスイングで下に振るコトでボールを打つ人は
どうしても その準備として
トップの位置を高くしたがります。
勿論、高くでも構わないのですが、
その必要が無くなれば、その必要性を感じなければ
自然とトップの位置も 最低限の高さ で収まるようになります。
右ひじが曲がる分、程度しか
 左グリップの高さは上がらない のではないでしょうか❓

足、お尻でからだの回転が掴めるようになってくると
テークアウェイでの グリップの『高さの』必要性を感じなくなってきます。

軽いアプローチから徐々にフルショットに移行していきます。

✋動画を見て頂くと わかる かも知れませんが、
 実は テークアウェイでは
 グリップは殆ど高さを「上げて」おらず
 右ひじが曲がり クラブが釣られた分、
 上がってしまった…程度
 ひとこぶし、ふたこぶし 分程度動いた だけ です。
 


右ひじのやや外目 にクランチしますが、
基本は 足、お尻の動きでクラブが動きますので、
その横の動きの流れの中で…。

右腕、右ひじは テークアウェイの 慣性方向の防波堤になります。
クランチでその方向を誘導しない訳ではないですが、
クランチそのもの で上げる訳ではなく
あくまでも 足とお尻の動きのガイド的な役割です。
池田康二202520_Moment

股関節の可動域次第 ではありますが、
右向きの量 ではなく
右の太もも(やや内側)にがっちり乗れるかどうか、
右の太ももを 軸足に出来るか どうか です。