さて アプローチに話を戻します。

【振り子】 
踊り子ならいいんですけど…
 肩の回転は否定しませんが、
 その方向/角度を間違えてしまうと
 正しく行ったモノと比べ
円弧も小さく、
最下点は蕕縫坤譴泙后
✋アマチュアのアプローチの悩みの
 ダフリ、トップ、チョロ、シャンク の
 大きな要因です。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)振り子のアプローチ_Moment





(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(4)







この延長線上で
ターフを取ろうとしても
ボールの下のターフが取れるだけで
未来永劫 ボールの先のターフを取るコトは出来ません

球質も 正規のモノと比べ
打ち出しが高め、スピンは少なめ、ボール速度も緩い ですから
スピンを効かせようと 強く打てば
より最下点は蕕縫坤譟▲瀬侫襪世院,覆里鰐椶妨えています。
バンカーやラフなどで 意図的にこう打つコトはありますが、
 基本のショットにするにはあまりに非効率です。

そして 怖いことに このアプローチの動きは
かなり多大にショットに影響をおよぼします。





さて ココで 御大ジャンボの登場です。

まあ 相変わらず ご本人の説明は長嶋さん調なのですが、
この方の強みは ドライバーだけでなく ココにもあります。
スピンを強くかけたい意識が強いのか
教え子にソコを見せたいのか
テークアウェイは少しシャットが強めですが
(あんまり真似し過ぎないように…
 ちょっとパンチ気味ですので
 真似はもっとソフトに、滑らかにした方がいいかも、です)

トップの位置で出来た 股関節から上の姿勢、
特に手、腕、クラブは 概ねロックし、
足の動きを主に ボールを打っています
緊張感の高い場面で ミスが出にくい
狙ったラインに 狙った通り
 いつも安定した 計算できるスピン量を確保する

ジャンボならでは、です。



距離や振る量にもよりますが、
ある程度 ボールを「打撃する」となると
(5ヤードでも10ヤードでも) 
一番確実な方法  は
  ほぼすべてのモノを固定し、
足とお尻中心で
からだの向きを動かして打つコト
 
 をお薦めします。
皮肉と言うか 冗談の様ですが
からだの回転で打つのを目指していると
カラダ自体は使わない
四肢(主に太ももと上腕)しか使わないような感じです。

切り返しで 腕クラブを固定、半固定して
あとは 緩やかに 足とお尻で向きを変えるだけ。
正確に入れ、狙った距離、狙った方向、狙った球筋、
狙ったスピン量 を高い再現性で行うには
最適の方法だと思います。

また、これが確立できれば
ボールの位置、セットアップが
球筋に反映し易くなります。