ごく小さなアプローチ 数m であれば
刷毛塗だけで打つのもいいでしょう。
ただ ある程度 「打つ」 のであれば
 その度合いは距離に応じて、ですが
ちゃんとした右向きの作法 は必要です。

肩を揺さぶる「振り子」や
胴体を捩じる肩だけ、手だけ の 上げ方
 では
左右の腕の長さ が合いにくくなります。
ショットをスピードで誤魔化せる状態
ダフリやトップをスピードで誤魔化せる距離
であれば どうにかなりますが、
距離調整の必要な場合はそれが誤魔化せません。

ハンドファーストのインパクト
右手首のロックを維持したインパクト
を思うあまり、ヘッドだけを動かしてスタートする
ということも起こり得ると思いますが、
からだの向きを変え グリップを動かし
  その結果、ヘッドが動くが最適解です。

2021-04-17_15


ハンドファースト、右手のロック は
切り返しに少しだけヘッドを置いてくれば良いだけ です。
進行が逆転する 切り返し で
ヘッドは その重さ分、そこに留まろうとします。
それを利用し ヘッドを少しだけ置いてくれば良い のです。


✋アプローチ に限りませんが、
 この手の練習、ドリルにおいて
 気を付けなくてはならないのは
 インパクトでからだの回転、向きを止めないコト。

 勿論、アプローチであれば その打つ距離分、
 その速度分ではありますが、
 最後まで、 左を向いて終わるコト です。

 俗に言う フォロースルー とは
 ヘッドを前に、進行方向、飛球方向に出すコト ではなく
 左を向くコト によって 作られます。

2021-04-17_15-32-27_Moment(4)2021-04-17_15-32-27_Moment(3)







 フォロースルーを『作ろう』として
 ヘッドを前に出す、グリップを追い越す 動きは
 からだの回転を止めます。
 望みの場所にヘッドを移動させるのは
 自分が左を向くコトで造りだします。

 速い速度の動き、フルショットで
 動作、として フォロースルーを作ろう とし、
 手さばきでヘッドを前に出そう、もしくは
 右手を伸ばそうとするのには
 からだの止まり が 必要で、
 その結果、クラブが自分に巻きつき
 左ひじが抜けてしまったり、
 ヘッドの急激な内入り
 急激なヘッドの向き、ロフトの変化が訪れたりします。