ダウンブローのスピンオフ話し です。


20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-788フレームショット













まあ 正直、ダウンブロー、上から打つ、上から潰す
 なんて 死語になりつつあります。
  絶滅危惧種です。 

今から そうですね 40年以上前のゴルフクラブ、
 特に アイアン は 工業技術上、
 超"高"重心 超浅重心 超低慣性モーメント でした。
u=2368701261,1095988984&gp=0

しかも 当時のボール、糸巻 では
 ロフトを立て、キッチリ下がり軌道でとらえないと
 飛距離も出ませんし、止まるようなスピンや高さが得られません。

今のボール、ゴルフクラブは
 言葉は悪いですが、しゃくって打っても、煽って打っても、
 十分楽しめます。
 40年前のクラブ のまま だったら
 世界のゴルファーの半分は続けていないかも。。。
  と言う程 差があります。


昔、ダウンブローの練習をするのに
やや高めのティーでアイアンを打ち、
ティーアップしているのに 『その先の』ターフ、もしくは地面を取る
というのがありましたね・・・。
ウソのようなホントの話しです。


クラブ と言う側面で見ると
今のクラブは かなりアリーリリース、
悪く言えば キャストしてしまっても
ボールは上がりますし、十分飛びます。
昔のクラブ、であれば。。。
 ボールを過ぎてもリリースしない、その位の違いです。

そこまでやる必要はサラサラないですけれど、
からだの回転というか、
左サイドが低い内に ボールに入っていける方が
距離と安定の両立はし易いでしょうね。

全然 別な話…ですが
なんで最近 マッスルバックアイアンが流行ってるんでしょう…
さすがに 40年前のモデルよりも易しくはなっていますが、
大型化したドライバー、ウッドとは
 どんどん かけ離れたモノになってます。
ハミングバードのように 重量級ヘッド であれば
結構、マッスルバックも自由度があるんですけど
今は 軽量軽量 の時代。
軽量スチールもすごい軽量になってきたので
安全上、重量増やせないですよね〜




1.踏み込んで 体重移動して
2.腰 か 肩をまわして…
3.ある地点が来たら 左サイドを止めて
 アームローテーション(手の返し) して 打つ


1.2.3.の順序があります。
ダウンブローを推奨します って意味ではないですが
ダウンブローの時期は 1. かなり譲って 1.5 位までで
2.よりも先になったら
 上への動きの反動で クラブを下へ って感じになります。
 ワークシェアリングし過ぎ、って言うか
 体重移動も、腰や肩の廻しも
 打撃の真打ち、手の返しの準備でしか ありません。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ダウンブローは からだの向きの変更 プラス 前傾
って言う 一つの回転〜円運動 から生まれるのですが、
腰と肩の別々なタイミング、角度の回転、
 振り子を入れたり、手の返しを入れたり
別な円を入れると 途端に その時間は失われます。