ダウンスイング、切り返しに
『腰を切る、脚でお尻を引く動き』 と
クラブの寝かしの強い方が
踏み込んで 肩でまわろう にトライしても
そう簡単には行かない と思います。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(4)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)





腰で廻る、もしくは脚で腰を引く動きは
クラブの寝かしとパックになっていますので
打つ方向、飛球線方向の感覚が
パニックに陥る可能性もあります。



開いて/寝かす
アプローチなど ゴルフのショットには
スタンスの向きやボールの位置などで
こういう関係でショットを打つコト も
無いとは言えませんが、
「基本になるショット」の亜種です。

#スタンスの開き や ボールの置き場所
によって ロブショットや緊急なハイボール を
打つ時に使う クラブの入れ方 です。
☑ボールを右に置き
☑ロフトを開いて
打つ時と同様になります。
 ボールを体の正面でとらえる
 インパクトを体の正面で
と言う目標があるのだと思いますが、
この回し方には からだの正面〜ボールと対峙する
と言う瞬間が生まれません。



どちらかと言えば 緊急時の対策用ショットです。
ですので 「通常のショット」を「通常のショット」に
するため
🔴正面が存在する周り方
🔴クラブを寝かさないで済む周り方

を少なくとも体感しておく必要があると思います。

脚で腰を廻さない、
回転することに「直接的」に脚を使わない、
腰を廻さない、とまで言いませんが
それをするが故に
クラブを持つ腕、その腕の付け根 や グリップが
不必要な程、遅れ クラブが寝てしまう…
その結果、ボールさばきは 腕の返し……であるのなら
からだを廻す本質が失われます。


既に 感覚として
腰を廻すからだの周り方 は 本能的、反射に近い程の経験、
年月が経っている訳ですから
放っておいても それをするでしょうし、
薄れることはあっても、消えることは無いかとは思いますが、
腕、腕の付け根、グリップ、クラブを遅らせない為
クラブを寝かし、要らない筈のクラブターンを無くす
為にも 踏み込んで 肩で廻るドリル と
トライしてみて下さい。
✋クラブの不必要な 寝 は かなり減少すると思います。

からだの向きの変更を考えてみよう_Momentからだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(3)