これは Rさんだけでなく
一度は体験として やって頂きたい のですが、
ごくごく 軽いショットで良いと思います。
ボールを置いての軽〜い素振り位で良いと思います。 

➀トップの位置からやってみましょう。
 スイング、ショットはスローですが、
 強く叩きませんが、スタートは
 一番深いトップの位置が望ましい
 です。

➁寝かせ気味の方、その傾向の強い方は
 トップの体の向き のまま、
 右腕を 伸ばし始める位のつもり
 で
 スタートしてみましょう。

 外(アウト)から振る「つもり」でもいいかも、です。


✋このドリルの最大の目的は
 からだの向きの変更 と
 腕の曲げ伸ばし(利き腕の動作) を
 同時に行う感覚 です。


多くのゴルファーは
🔴からだの向きを変えている時、腕は止まっていて
🔴腕の曲げ伸ばし は からだの止まった時、行われます。


手を使っちゃいけない
手打ちはイケナイ と言う意識の表れかも知れませんが…。

テークアウェイで(結果的に)手で上げてしまったり
オーバースイングやシャフトのクロスもそれが要因の場合も
少なくありません。

クラブを寝かしてしまったり
最終的に インパクトそのものを 手だけで行う のも
それが要因だったりします。


スイング、ショットは 手は使います。
半分は 手で打ちます。。。 もっとかも。
でも からだの向きも混じる だけと考えて良いでしょう。
からだの向きの変更👉ターンに関して
 手がしない と言うだけ かも知れません。

安定と、再現性、そして 飛距離に対する最大効率

を考えると 交じり合った状態の方が
双方の作業が少なく、シンプルで済みますので…。


リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(5)






Rさんの例で言うと
手で打っちゃいけない意識が強いので
ダウンスイングで先に体だけ向きを変えます。
グリップを置いてきてしまう傾向が強いので
からだの向きで 低さを確保できる期間 を逸して
手で 下に振らなければならなくなります。
からだの向きの変更にグリップが付いてこないので
回転の遠心力で グリップが高い状態で
ボールの方に出てしまい、それによってクラブが寝ます。
👉フェースで当てるには ヘッドターンが必要になりますが
 からだの回転は半分終わってしまっているので
 アームローテーションが必要になります。
 それをするには からだを止める必要が生まれます。
👉低さが確保出来ていないので、届かせるには
 今度は先行してしまったからだの回転を止め、
 その反動で アームローテーション、左右のグリップの
 上下の入れ替えが必要になります。


右手のリリース感とからだの向き_Moment

からだの向きの変更と右手(右打ち)の兼ね合い は
右手を伸ばした時、左腕にどういう圧力がかかるか
と言っても良いかも知れません。


Rさんの場合は 左グリップの下に薀哀螢奪廚鯑れよう、
グリップの上下を入れ替える動きが多いので
右腕を伸ばすコトによって 左腕を上に上げる、
左肩に上への圧力がかかっています。
届かなくなるといけないので 余計体が止まります。

右手を伸ばすコトによって
 左グリップは 傾きに沿って、
 からだの回転通り 横へ、横へと逃げるモノ 
です。

 重さによって からだの向きの変更、
 移動に対して グリップを付かせる のが
 右手の役割 とも言えます。

 それは最終的には同時です。

 同時ですが、今までの習慣、感覚からすると
 右腕の伸ばし
(押しと呼べるほどのモノではありませんが)
 右腕の伸ばし『始め』の方が先 と考え
 トライしてみた方が良いでしょう。