久しぶりのゴルフ、緊張した場面
などで 当然、、、ですが
ボールには当てたいモノですよね。

手さばきでボールを探りたい気持ち
は分かりますが、
反復性の乏しく、疲労に弱い
手さばきでの打撃は避けたいトコロです。



感覚として
リリースするコト
クラブを放り投げるような
利き腕である右腕を伸ばすコト

ボールを打ちたい感覚は理解出来ますし、
ショットに「リリースが無い」訳ではないですが、
✋からだの回転、向きの変更によって
 遠心力が発生する訳ですが、
 その遠心力によって
 腕は伸ばされるモノ(受動的)であって
 伸ばすことで打つ(能動的)のではありません。

飛ばすために叩きたい気持ちは分かりますが、
利き腕を伸ばすが主になってしまうと
それをするのには からだの回転を止めねばならず
気持ちを除いて 強いインパクトは望めませんし、
フェースを自分に向けて 掻きこむ、
円弧の中に向けて フェースを使い
  ロフトを増やしてしまいますから
動作感 を除いて、強い球にはなり難いのです。


腕を伸ばす〜リリースを打撃の主にしてしまうと
ヘッドを速く動かそうとする為、
ボールに当てようとする為、
結果として 緩い入射と多いロフトで
インパクトしてしまう行為になります。



ボールを遠くに飛ばすのには
スピードも必要ですが、
どのようなロフト、どのようなヘッドの入り方が重要で、
そうですね、車で言えば
エンジンの回転数を上げても
適切なギアでないと 車速にはつながらないのと同じです。
ドライバーヘッドのテストでも分かるかと思いますが、
似たようなヘッドスピードであっても
それが どんなロフト姿勢、どんな入り方をするか
によって あからさまに距離が変わります。


と同時に ゴルフショットは反復性、再現性が
重要なので クラブの重さの影響を受け易い
クラブに近い 小さな筋肉は出来るだけ使わない意識
(動かすコト ではなく、ロックすることに使う位が良いかも?)
の方が良いかと思います。
(リリースとからだの向きの変更_Moment(リリースとからだの向きの変更_Moment(2)









トップの位置で 腕周りはロックして
その腕周りゴト からだの向きを変える
そうすると クラブや腕の重さによって(遠心力)
グリップは その付け根である肩から離れようとする
→腕が伸びようとする

程度の意識で打つ方がベターだと思います。

グリップをどこに持って行くか
よりも
どういう回転の仕方をすると
望んでいる位置に
望んでいる形で入っていくか

と考えるのも良いかも知れません。