腰痛に悩むゴルファーも少なくないか
 と思うのですが、
スイングの動き、動作 ソノモノ だけでなく
アドレス(ポスチャア)やグリップが
 その腰痛の因子
 となっているコトも
少なくありません。 

(インから振るのがすべて!じゃない_Moment


背の高い、手足の長い方、細身の方 にありガチなのですが、
前傾姿勢が深過ぎて
アドレス時から 頭など重さのある部分が
前に出過ぎてしまっているケースがあります。
アドレス❷
このブログ内でも
 前傾姿勢と言う言葉が多用されるため
前傾に対し 意識が強すぎてしまうコトも危惧されます。


前傾姿勢とは その言葉の通り
自分の体の前に対する からだの傾きで
箇所としては
 大腿骨に対する骨盤の傾き、
股関節の前に対する傾きです。

その 前傾姿勢は 有れば 良いので
無理に深くする必要はなく、
有るのなら 浅い方がからだへの負担、
特に、腰への負担は少なくなります。

✋スイング中、動作中 維持出来る
 ということを優先させると
 アドレス時のみ、前傾が深く、維持に苦労する より
 浅くとも維持できる度合いが良いと思います。


どの位 とは一概には言い切れませんが、
(ウッドやユーティリティ、6番アイアン位で)
アドレスした時、靴(足)よりも
余り多くの部位が 前(ボール側)に出ていない方が良い…
と思います。
目安 としては つま先の真上に
首〜あご 位がある程度でしょう。
・・・・・肩では ちょっと深いかも…知れません。
若林純一 2021_Moment(3)

あまり 多くの部位がつま先よりも前、
ボール側にあると 胴体を廻すことが出来ず
腕だけや肩だけを廻すコトになってしまい
始めの負担 ばかりでなく
腰に負担のかかる 動作になりガチ です。



IMG_0772

🔴また これは アドレスだけでなく
グリップから始まるコトもあるのでご確認ください。

コチラに関しても、ですが、
腕とクラブの関係にはディッシュアングルと言い
一直線ではない 角度の付いた関係
というのを 当ブログ内で強調していますが、
これも 有れば 良いので
アドレス時、グリップが大きく前に出ない程度に
薄い角度関係の方が良いと思います。

IMG_12982021-03-14_15-04-50_Moment












 ↑↑↑ 左手とグリップが こういう角度
の関係であれば
こういうアドレスになり易いですし

IMG_12992021-03-14_14-42-45_Moment










 ↑↑↑ 左手とグリップの角度 が直角に近い
モノになれば 深い前傾のアドレスになり易くなります。