アプローチの距離感…と言うご質問を頂いた、のですが、
そこへ行く前に
スイングの始まり、覚え始めた(始める)頃の
 ものすごく大きな『ボタンの掛け違い』のお話し
 (二部か三部構成)を。

20190811-OYT1I50023-1


まずは
 50度のPS(アプローチウエッジ)と
 56度のSW の2本を併用して
 左回転の球のいろいろな球筋 で
 70ヤードのアプローチをしてみました。
 ピンを基準に5mの半径に集まったモノのデータです。 


Desktop 2021.03.11 - 21.58.07.01_Moment(2)

見ての通り
似たような高さ 似たようなボールスピード
似たような着弾点 であっても
ボールの回転数はかなり 本当にバラバラ と言った感じです。

最大回転数と最小の回転数では 4倍以上も差があります。

また 回転数が多いから 打ち出し角度が高いか 
 と言うと そこには規則性が少ない…。
⁂ただ 回転数が高いものは 動作速度、
 もしくはヘッドスピードは高め です。


ほどほど成功したショット で限定すると ドライバーショットでは
 意図的にいろいろな球を打っても ここまでの差は出ません。
もう少し 似た感じのデータになります。

✋これは なぜ 発生するのか? というと
 クラブの長さが短く
 その為 前傾姿勢が深く
 元々の入射角度 〜ヘッドがボールに進入する角度が深く(きつく)
クラブが長く、前傾姿勢も緩い ドライバーに比べると
  入ってくる入射角度に種類、
 また それに対するヘッド姿勢(ロフト)にも種類の幅
 があるから なのです。


そして 円弧も小さくなる為
 ヘッドの左右の入射角度 に対する
 フェースの角度も 非常に繊細、
 つまり 横回転にも敏感 になります。

左回転 で言うと ものすごく大きな数値 になっていますが、
ボールの曲がりは 分母分子、分母→縦回転 分子→横回転 の関係なので
平均値では 縦回転の大きなウエッジでは
この程度の回転では 曲がり にはなりません。
この横回転の数値そのままで 
 縦回転が1/2〜1/3になるドライバーであれば
  ぶんぶん 左に曲がる(確実にさよなら〜)でしょう。
逆 に言えば
 ドライバーでは使えない弾道が
 ウエッジショットでは使えてしまう
というのが 距離感を苦しめるのです。



ロフトの大きな、クラブの短いクラブの場合、
上下、左右の軌道、と ロフト、フェースの向きの関係が
非常に繊細になるので
ちょっとした感じで 全く違う距離、違う球筋になり易い のです。

アプローチの距離感は
❶似たような ロフト、ヘッドの向き効果  であるコト が
前提に、練習によって
❷運動の速度 で 距離感を構築します。

❶似たようなロフト効果(打ち出し角度/縦回転)
 似たようなヘッドの向き効果(打ち出し角度/横回転)
はクラブの中で一番繊細です。

ですので まずは 「打つ前」の準備 として
1.出来るだけいつも同じボールを使う
2.ボールの置き位置に決まりを作る

というのが スタートです。

そして フルスケールのショット、フルショット の方が
入射角度やヘッド姿勢にはばらつきは小さくなるので
PW でハーフショットを打つよりは
SW でフルショットを打つ方が安定度は上がります。

✋このデータから見る限り、
距離を クラブを短く持つコト で調整する
 には 疑問符が付きます。

❷の動作速度、ヘッドスピードを
反復練習をして 感覚に刷り込む をするには
インサイドアウト アウトサイドインなどの
横の軌道だけでなく、
ヘッドの入ってくる入射角度に対する ロフト姿勢
と言うのを 複雑にしない、
変化の幅を出来るだけ狭くする
 のが必要です。

    → 続く

そういう意味で
気持ちとしては分からないではありませんが、
学生やセミプロのような練習量を取れない限り
続けられない限り、
いろいろな球を打てるようになる、よりは
同じ球を打てる確率が高い の方がベター
 だと思います。