Q:質問です。
テークアウェイ時の右ひじの引き
高さ、引き具合はどの位が良いでしょうか



A:ご質問有難うございます。
テークアウェイ時の右ひじのクランチ、は
勿論 それぞれの方によって異なるとは思いますが、
高さ の目安は 右ひじではなく、
 その対になる 左ひじの高さによります

スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)dW l (2)_Momentスナップショット 4 (2017-06-28 19-07)




クランチでの右ひじの高さ の目的は
 クラブを寝かせないコト✊
 クラブを倒さないコト
✊ にありますので
左ひじの高さと同じ分 プラス 傾き。。。
 右を向いた時、右サイドの方が高くなる分、
左ひじよりも高ければOK、十分で、
始めから 左腕の高さを取らない方 であれば
 右ひじも高さを取らず 外に張った分(肘が曲がった分)
 で十分なケースもあると思います。 
スナップショット 9 (2013-05-14 8-12)

右ひじの引き、外への張り に関して ですが、
腕立て伏せをした時の ひじの張り程度 で
アドレス時を基準に
背後方向に 肘を引いていく感じになりますが、
外に張る というよりは
からだの向き、胴体の右向きを誘発する為のモノ
自然な張り で良いと思います。

腕の曲げ の場合
41Wc7ybG1zL__SL500_AA300_一直線上で腕をたたんでしまうと
クラブの構造、
ヘッドの重心位置の関係から
右腕の捻じり【回外】が発生し易く
腕も、クラブが捩じられます。

ヘッドは兎も角、グリップは
からだの正面、からだの幅の中に収めたいですね。


テークアウェイに限りませんが、
肘使い、腕使い とは からだの向きの連動、
からだの向きを誘発する、
からだの向きを誘導する為のモノ
 ですので
テークアウェイ時は 右ひじの移動、曲がり と
向きは連携、一つの動き
 と考える方が良いと思います。
スナップショット 8 (2013-06-03 19-46)スナップショット 9 (2013-06-03 19-46)スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)



例え、の話しですが、
◉右ひじの曲がり、引き具合がハーフ  は
 右向き具合もハーフ
◉右ひじの曲がり、引き具合が スリークォーター3/4 の時は
 右向き具合もスリークォーター 3/4

といったイメージです。