長さがあって、先に重しが付いている…
いかにも 振り子 が適しているように思えますが、、、

それは 支点が固定できる機械 の場合です。


よく言われる
胸〜肩と両腕で作られる三角形 と クラブ
その支点になるのは どこなんでしょう?
2020-12-26_13-52-13_Moment
首だとしても、頭だとしても
人間には防衛本能や反射がありますので
何かの作用には 絶えず 反応して
動いています。

からだ、胴体の向きを変えるコト と
振り子に振るコト は
動作としても まるで違う動きです。

振り子に振ると 一見
よく言われる 軸の有るスイング になりそうですが、
人間のからだの構造上
 軸の無いスイングというか
 軸が常時動いている(軸とは言えないモノ)スイングに
 なってしまいます。


首や背中だとすれば
振り子(クラブ)が振られれば
その反対の位置にある 頭は
 振り子と反対に動くコトになります。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)





テークアウェイをすれば
クラブは 右に動きますから
頭は 左に倒れ
フォローでは その反対 になります。

頭は重量としてかなりのモノですから
理想的な 体重移動、体重配分の逆の重さがかかります。

頭がクラブと反対に傾く ということは
背骨が左右に傾く、反るコトになります。



からだの向きの変更で クラブを動かせば、
円弧の最下点、一番低くなる位置は
概ね からだの正面辺り になりますが、
振り子でスイングすると
左右の肩が常時上下しているうえに
背骨も傾いたり、反ったりするので
スイングの最下点になる位置が特定出来ません。

振り加減や傾斜などの影響も多く受けるでしょう。


骨盤に対し 肩をまわす と言うのも
激しくはありませんが 振り子の動きに該当します。
肩の向きと腰の向きを
完全に一致させることは難しいですが、
意図的には 出来るだけ その向き差を作らない方が
トップやダフリの原因になる、
 最下点ズレは少なくなると思います。