ゴルフスイングは
傾き と言うモノの中で向きを変えます。

故に 見ている、
スイングを見る側は錯覚してしまう、
騙されてしまうコトが往々にしてあります。

アプローチなどの小さなショット
ゆっくりした動きであっても それは起こります。



テークアウェイを始め
からだの向きを変えると
「傾き」前傾姿勢 があるので
右打ちの場合、
右肩が高くなっていくように見えます。
動作として、右肩を高くしている訳ではありません。

ゴルファーを惑わせる振り子式_Moment(2)


と同時に、このアングルから見ると
まるで 振り子のように見える訳 ですが、
からだの向きを変えているから
そう見えるだけ であって
クラブを振り子のように動かしている訳ではありません。


実際に振り子式で打ってみて 確認をしてみると
不要な両肩の上下の動きが入るため、
回転で打っているよりも
ダフリ気味、トップ気味の頻度が高く、不安定です。



傾き、前傾姿勢は股関節、
大腿骨と骨盤の傾きの角度差 です。

その傾きがあって
股関節から上の胴体が向きを変えるから
テークアウェイでは右肩が
フォローでは左肩が高くなっていく、
テークアウェイで左肩を、
フォローで右肩を
動作として 低くしてイクモノ ではありません。

(回転力を付けたい_Moment

テークアウェイ初期で
「左肩を入れる」と言う言葉がありますが、
基本、回転する とは 横の動きです。
胴体の向きが変わるから 左肩が入る になるのであって
左肩を低くするとか
左サイドだけを動かす のではないのですが、
非常に多く見られます。
何気ない その初期の動きが スイングを難しくします。

また テークアウェイ初期で
グリップを動かそう とする気持ちもわからないでは無いですが、
からだの向きが変わる から グリップが移動するのであって
そこで グリップを左腕で押そう とするのはお勧めできません。





振り子式は 胴体の側帯 を潰し
その潰れた方の腰回りに 
不必要な重さをかけるので 故障の要因にもなります。

小さなショット、アプローチ、グリーン周りのショットでは
ダフリ、トップの動きは出来るだけ避けたいのですが、
振り子式の場合、グリップが自分の体から離れ、
手の入れ替え を 肩で行いますので
どうしても左右の肩の上下の動きが必要になり、
回転とは異なる 上下の動きがあり、
ダフリ、トップを誘発し易くなります。

本当に 百害あって一利なし の振り子式。。。

冗談ですが、これを違法行為にする法案を
検討して貰いたいほどです😵