一つの例ですけれど

こすらない球を打つには
ダウンスイングで左腕を下げたい、
もしくは
からだの回転に「グリップ」を遅らせない
のが理想ではあるけれど
長年の習慣でそれが「やり辛い」…

であるのなら
始めから グリップを上げない
左腕をたくさん動かさない で
打てるなら その方が簡単ですね。

ダウンスイングでフェースを下に向ける
よりも 始めから、そして ずっと
向けて置く方が やはり簡単でしょう。



からだの回転で クラブを動かす
コトに覚える、移行する には
やはり ヘッドを振らない と言う感覚を掴む
必要があります。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)







V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






技術的な習得 と言う意味では
ものすごく簡単 なのですが、
今までやってきたコトを捨てられるか
「ヘッドを振るコト がスイングで、
 ヘッドを振るコト が強く打つコト」

として覚えてきたスイングの要(かなめ)を捨てられるか、
発想の転換が出来るか どうか だと思います。

✋ヘッドを移動させたいのなら
からだの向きを変えて グリップを移動させれば良い
✋より速く ヘッドを移動させたいのなら
より速くからだの向きを変え、
より速くグリップを移動させれば良い

という 至極当たり前のコトを 体現出来るかどうかです。


やりたくないのに
結果、ヘッドを振ってしまう ヒトの多くが
回転の仕方〜手順を間違えているケースが多く、
その多くが 「ヘッドの重さ 〜〜ヘッド遅れ」
の対処の仕方の間違い、
対処してしまってるコト自体が間違い なのです。

V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)





ヘッドの遅れ(ロフトやフェースの開き) を悪者として
それを対処しようとするのが ヘッドの返し で
ヘッドの遅れを ロフトの立ち として扱えば
それは半ば放置して置けば良く、
その方が その重さはスイング、回転の助力になります。

(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
多くの人が
カラダと平行になったクラブ(シャフト)の角度を
開こう(角度を変える/クラブを回転させる)としますが
どの道 回転するなら
その角度は変えず、それを持った自分が回転する
というのが 「からだの向きの変更で打つ」打撃 です。

クラブを回転させようとすると
当然、からだの回転とクラブの回転の関係は途切れ ますから
軸の有る動作、動作に軸は発生しません。

そこの 脳内イメージを変換できる か どうかには
とても良いドリルであり、練習になると思います。