❶手だけで振る
➋ミックスタイプ 
 打撃の要は手だけ ですが からだも回すパターン
➂ミックスタイプ  今回 の被検体さん(初めての方)
❹参考例 からだの回転でクラブを動かす



❶始めから ヘッドを振る、クラブを振る
スイングは円である を体現する為、
両手、両腕のさばき だけ で振るのは
出来れば避けたい、ですね。

 ⇒遠心力で飛ばす のも似たり寄ったり…。

ゴルフクラブの重量配分、構造 から考えると
意図的に 遠心力をヘッドに掛ければ
必然的に 手も長く使うこと(からだから離れる)になります。
自分とボールの関係、距離は決まっていますから、
長くなっていく 腕とクラブ、の分、
自分は ボールから離れる、からだを開かない と ボールに当たりません。

両腕のさばきでクラブを振ると
腕やクラブを体に巻きつかせるように使います。
(腕やクラブが極端に短くなる のと同じです)
それが 遠心力によって 長くなるのです。
その差が大きい、その対処 は
 どうすれば良いのでしょうか❓
ダフリやトップ、チョロの
 根本原因にならないのでしょうか❓

また 重要なポイントとして、
ゴルフクラブには 各番手ごとに ロフト角度
という 距離を決める角度が存在していますが、
それは無視されている使い方 とも言えます。
 遠心力「で」 クラブを遠くに投げる競技なら
 それで良いかも知れませんが、
 クラブでボールを打つだけでなく
 そこに 距離・方向 があるのですから
 すこし 冷静に考え直した方が良いでしょう。

➋ ,亮蠅気个に からだの回転、肩の回転を
 プラスしたタイプです。

とても多いパターンですね。
殆どのゴルファーが…と言っても過言ではないかも知れません。
ハミングバードで推奨している
 からだ と 足 の境目、 を 股関節として
 胴体をひねらずに からだそのものを廻す を
 今までのクラブ扱いに そのままプラスすると
 このパターンになるのですが、
 クラブの横倒し、ひねりはそのまま で
 全体の動作が増えるので 基本に変わりは無い。。。
 もしかすると フェース・ロフトの開きは
 より一層増える可能性もあります。
葛谷 2017-2020_Moment葛谷 2017-2020_Moment(2)葛谷 2017-2020_Moment





右ひじをやや外目に張って 高めにしましょう
と提唱するのは
その肘…『かたち』がポイントになるのではなく、
クラブを横倒し、ひねらないコトを実践する為 です。

横(向きの変更)の動きは 胴体の向きの変更に任せ
手では グリップを少しだけ高くするだけ
 右ひじが曲がる分 程度 グリップに高さを与えるだけ、
クラブに 横の動き、ねじりの動きを加えない
というのを 同時進行させないと
 からだ(胴体、股関節よりも上)を右に向ける を
 実践しても 効果は多くありません。