✋動画の番号順に書いています。
 動画は素振りです。
 比較対象として
 からだの回転で直にクラブを動かす
 を乗せていますので ご覧ください。



―蕕瓩謄乾襯侫ラブを握る、
 もしくは振る 方にとって
ゴルフクラブは 長い棒状の物体 です。
普段の生活習慣などから
 手さばきで棒を振る と言う感覚が体現されるのは
ごく自然、なのかもしれません。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

ゴルフをやってみよう と言う時点で
視覚的にもゴルフスイングのイメージや
それなりの ゴルフ用語、スイング用語などは
インプットされている可能性も高いですから
やはり 円 を作る と言うイメージがあるでしょう。

体を廻す と言うのはイメージで来ても
体を廻すと 当人の視覚的には
 ボールから一旦離れたり、近づいたり
 するので
「当たりそうもない」と思いがち ですし、
棒状の物体でボールを打つ となると
手さばき 手(腕)でやり繰りするのが
スタート になることが多いでしょう。


多くの方は
 コレでボールが当たる、打てる、前に飛ぶ
 となると ゴルフ、ゴルフの練習が楽しくなるわけです。
👏 👏 👏 👏 嬉しいですね。

 もっと上手く打ちたい、真っ直ぐ飛ばしたい、
 もっと飛ばしたい、コースにも…出てみたい

など 欲というか 向上心が湧く訳ですが
そうなると 本を読む、雑誌を見る、ネットで調べる、
写真や動画を見る、誰かに教わる、レッスンを受ける、
と スイングやショットに関する なにがしかの情報を
仕入れることになります。

ココで二つに別れる のではないかと思います。

➋ ,亮蠖兇蝓+ 肩の回転、もしくは からだの回転

 多くのボールを打撃するスポーツでは
 手振り、手打ち と言う言葉には
 あまり 良いイメージが付いていません。
 どちらかと言えば やらない方が良いコトに属します。

 ですので ,亮蠅気个に からだの回転
 もしくは 肩の回転(胴体の捻じり)を加えます。
 △肩の回転、導体の捻じり は
 手さばきの延長に属しますので ほとんどがそちらになります。


 ´△匹舛蕕任△辰討
 クラブを捩じる、ひねる、
 動かしている限り、常時、ヘッドが回転しているコトが
 (常時、フェースの向き、ロフト角度が変化している)
 後々の苦労を生んでいきます。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)

 おそらく 始めは 
 そこそこのスピードが出せるなら 右に出てのハイボール、スライス
 遅い速度であれば 上がらない 飛ばない 遅い弾道です。

 ゴルフクラブはほかの打撃系のスポーツと道具と異なり、
 距離や高さ、方向などを決める大きな要素
 ロフト、ライ、フェースなどの角度が備わっています。
 また 打撃部のヘッドの重心が
 持っている棒の延長に無く、ズレているコトも有り、
 クラブを捩じるコトの苦労は 生涯付いて回ります。 

肩をまわして、胴体をひねっていても
「からだ」を全く使っていない訳 ではないので
手打ち、手振り と言う認識はありません。


人体の構造において 積極的に、胴体を捩じるのは
あまり 推奨出来ることの出来ない、無理な動きです。
「歳をとって からだがまわらない(胴体が捩じれない)」
は からだが固い のではなく 正常な反応です。
胴体を捩じるために 勢い付け として 左腕を振る、
ヘッドや腕の重さを利用する は必要悪になります。
それも 肩を入れる/左肩を入れる と言うゴルフ用語
によって 正当性をもったりします。


また、これは人によって
その順序は異なりますが、
「スイング、ショットは遠心力で飛ばす」
と言う言葉も なんとなく 自分のスイングの正当性
になっていたりします。


  〜〜つづく